美容医療の症例写真で統一感を出す方法と写真の構図

Instagramのギャラリーイメージ

最近は、インスタグラムやLINE@などのSNSで症例写真を紹介する医療機関が増えています。また、ビフォーアフターがわかる施術写真だけでなく、ドクターの人柄が伝わるような日常のひとコマの写真や医療機関の最新情報のお知らせの投稿も見られます。

このときに注意したいのが、ただ並べているだけだとうるさい写真になってしまう可能性があることです。複数の写真が並んでいてもスッキリ感じたり、うるさく感じたりする違いはどこにあるのでしょうか。

写真の並べ方や掲載する写真によって、印象はかなり変わります。また、日常の様子を撮影する際に参考にできる写真の構図を理解することで、統一感のある写真の投稿ができるようになります。

症例写真で統一感を出す方法

スマホで見る好印象の施術写真美容医療の症例写真や経過の様子を伝えやすいSNSは、写真の共有アプリケーションでSNS機能もある「Instagram(インスタグラム)」でしょう。

インスタグラムでは、プロフィールを見たときにギャラリーといわれる最新投稿が9枚表示されます。プロフィール画面におけるギャラリーが占める割合は大きく、アカウントの印象を左右するので、投稿する写真のテーマや写真に統一感を出すことはとても大切です。

一般に、ギャラリーに統一感がないアカウントはフォロワーが増えにくいといわれています。また、同じような写真ばかりで変化がなかったり、クリニックの宣伝の投稿ばかりが続いてしまうと、ただのPRアカウントだと思われてフォローしてもらえない可能性が高まります。

そこで、思わずフォローしたくなるギャラリーになるよう、投稿数写真に統一感を持たせながら変化をつける方法を4つ、紹介します。

症例写真の撮り方を統一する

症例写真の目的と撮影で気を付けるポイント」でお伝えしたように、ピンボケせず部屋の明るさが一定しているなど安定してきれいな症例写真が撮れると、投稿写真に統一感がでます。

症例写真は撮った後、どのように使うかでお客様へのアピール度が変わってきます。せっかく綺麗に撮影できた症例写真を最大限に活用して、お客様への印象度アップや集客アップにつなげたいものです。

症例写真の見せ方を工夫する

症例写真はパーツによって、ルールをつくっておくと統一感がでます。

縦横どちらで比較するのか、背景の色、色のついた罫線で囲むのかなど、それぞれのパーツでルールを決めておくとよいでしょう。

スマホで見るインスタグラムのギャラリー印象NG例
NG:比較する写真が左右か上下で統一されておらず、写真の大きさがバラバラ
スマホで見るインスタグラムのギャラリー印象OK例
OK:比較する写真は上下で統一されていてスッキリしている

左側のNG例は、左右で比較したり上下で比較したり、また写真の大きさも違うので、バラバラに見えますが、右側のOK例では、比較する2枚の写真が上下の配置で統一されているのでスッキリ見えます。

症例写真のトーンをそろえる

美容医療にはさまざまな施術がありますので、異なる施術内容の症例写真で「トーンをそろえる」といっても難しいものがありますが、9枚で見たときに肌の色が撮影者によって違ったり、ビフォーアフターの縦横や枚数のバランスに統一感がなかったりすると、バラバラでまとまりのない印象になります。

9枚を1単位と考え、写真のトーンをそろえるようにすると、フォロワー増が期待できます。

症例写真以外の写真も配置する

症例写真のトーンがそろっていても、たとえば目だけなど、同じ部位だけがたくさん並んだギャラリーは、やや息苦しさを感じますので、いろいろなパーツの症例写真をバランスよく入れるようにしましょう。

また、症例写真ばかりではなく、クリニックの様子やドクターの人柄が伝わるような写真が入っていると、安心感にもつながります。

スマホで見るインスタグラムのギャラリー印象、目だけが並んで怖いNG例
NG:同じパーツが並ぶと落ち着かない
スマホで見るインスタグラムのギャラリー印象NG例
NG:写真の明度や彩度、見せ方がバラバラ
スマホで見るインスタグラムのギャラリー印象OK例
OK:写真の明度や色彩、見せ方が統一されている

左側の見せ方は、同じパーツだけなので落ち着かず、比較する写真の枚数も2枚だったり3だったりと統一されていません。また、中央の見せ方は、色の明度や彩度、テーマ性がバラバラです。

一方、右側の写真は、写真の明度や彩度、見せ方が統一されているので見やすくスッキリしています。

印象を大きく左右する写真の構図

症例写真のほかに、医療機関の様子やドクターの人柄が伝わるような写真を撮る時に、覚えて置くと便利なのが構図です。写真は構図によって見せたい印象を変えることができます。

三分割法

3分割法を表すイラスト画面の長辺と短辺をそれぞれ3分割する線を引き、その交点の○部分に主題(写したいもの)を置くと、美しくみせることができます。

花畑の写真
三分割法を使っていない写真
三分割法の構図におさめた花畑の写真
三分割法を使った写真
三分割法の構図におさめた花畑の写真
三分割法を使った写真

構図を考えずに撮影した左端の写真は、すべての要素が均等で、ありきたりな風景写真になっていますが、同じ風景でも右端の写真のように三分割法で撮影すると、花畑の奥行きと臨場感が感じられる印象深い一枚になります。

四分割(交点に被写体を配置する)法

四分割法を表すイラスト画面を縦に四分割した線と対角線の交点のうち、中心をのぞいた4点のどれか(イラストの○部分)に主題(写したいもの)を置くと、おさまりのいい写真が撮れます。

蝶と花の写真
四分割法を使っていない写真
四分割法の構図におさめた花の写真
四分割法を使った写真
四分割法の構図におさめた花の写真
四分割法を使った写真

同じ写真を右端の写真のように四分割法で撮影すると、奥行きが感じられて蝶と花が引き立ちます。

日の丸構図

日の丸構図主題(写したいもの)を画面の真ん中に置く構図です。主題を強調したい時や、訴求力を出したいときに有効です。

海にある岩の写真
日の丸構図を使っていない写真
日の丸構図におさめた海にある岩の写真
日の丸構図を使った写真
日の丸構図におさめた海にある岩の写真
日の丸構図を使った写真

左端の写真はバランスが悪く、なんとなく落ち着かない印象ですが、右端の写真のように日の丸構図で撮影すると、見せたいものがセンターにあり、力強いインパクトを与えられます。

二分割構図

二分割法を表すイラストシンメトリー(対称)に見せたいときにおすすめの構図。構図を二分割して、主題(写したいもの)をバランスよく配置します。

線路の写真
二分割構図を使っていない写真
二分割構図におさめた線路の写真
二分割構図を使った写真
二分割構図におさめた線路の写真
二分割構図を使った写真

左端の写真はバランスが悪く不安定な印象を与えますが、右端の写真のように二分割構図で撮影すると、安定感があり、落ち着いた印象を与えられます。

三角構図

三角構図を表すイラスト上がすぼまって底辺にいくほど大きくなる、三角形のような構図です。背の高さを強調する時などにおすすめです。

ビル群の写真
三角構図を使っていない写真
三角構図におさめたビル群の写真
三角構図を使った写真
三角構図におさめたビル群の写真
三角構図を使った写真

左端の写真は印象に残りにくいよくある写真ですが、右端の写真のように三角構図で撮影すると、高さが感じられる印象的な一枚になります。

イメージを決めるプロフィール欄

インスタグラムでは、ギャラリーだけでなくプロフィール画像やプロフィール欄を充実させましょう。

プロフィール画像はクリニックのロゴのほか、ドクターの写真にすると「この人が施術してくれるんだ」という安心感につながるかもしれません。当たり障りのない写真を選ぶのではなく、清潔感や信頼性が増すようなプロフィール画像にすることをおすすめします。

また、プロフィール欄では、クリニックや担当ドクターの名前、連絡先、休診日、予約方法、公式サイトなど、必要な情報をしっかりと設定するしておきましょう。

 

撮影・監修:フォトグラファー竹内美保