Qスイッチレーザーやほかのピコレーザーマシンと比較したピコシュアの特徴とダウンタイム

ピコシュアを受けて良かったと持っている女性のイメージ

美容医療でつかわれるレーザーはしみ・そばかす、しわ、ニキビ・ニキビ跡の改善、入れ墨(タトゥー)の除去、脱毛の効果がありますが、レーザーのなかでも照射時間が短くてダウンタイムが軽度なのがピコレーザーです。

ピコレーザーのなかにもいくつかマシンがありますが、日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAに、しみ、しわ、ニキビ跡の改善、入れ墨(タトゥー)の除去について認められているのがピコシュアで、従来のQスイッチレーザーでは効果が物足りなかったという方も効果を期待できる可能性があります。

「ピコシュアを選んでよかった」と思えるように施術を受ける前に、ピコシュアの特徴やダウンタイムを知っておきましょう。

照射時間が短いピコレーザーをQスイッチレーザーと比較

レーザーにはいくつかの種類がありますが、レーザーの照射時間であるパルス幅が従来のQスイッチレーザーより短いのがピコレーザーです。ピコレーザーを照射できるレーザーマシンとして、世界で初めてアメリカのサイノシュア社が開発したのが「ピコシュア」です。

Qスイッチレーザーのパルス幅は、ナノ秒(1/10億秒)ですが、ピコレーザーのパルス幅はQスイッチレーザーより1/1000秒短い、ピコ秒(1/1兆分秒)です。パルス幅が短いほど照射パワーは強くなるので、ピコレーザーの方がQスイッチレーザーよりもターゲットを破壊する照射パワーは強くなります。

レーザーのパルス幅

レーザー治療とよく比較される光(IPL)治療のパルス幅は、ピコレーザーのピコ秒より10億倍も大きいミリ秒です。光はレーザーよりもパルス幅が長いので、照射した部位のまわりにも熱が広がりやすくて影響が広範囲にわたりますが、照射パワーが弱いので皮膚の浅いところにあるしみに効果を発揮します。

パルス幅が短いほど照射パワーが強く影響が局所的になるので、スポットのしみにはレーザー治療の方が向いていて、顔全体にあるしみやそばかすには光(IPL)治療の方が向いています。

レーザーのパルス幅が短いことにより得られる効果

薄いしみの改善が期待できる

レーザーは、メラニン色素が多い濃いしみのほうがよく反応するので、濃いしみに比べると薄いしみはレーザーが反応しにくいというデメリットがあります。

Qスイッチレーザーで色素の薄いしみを狙って照射すると、しみのない正常な皮膚部分が熱作用で火傷してしまうことがありますが、ピコレーザーはパルス幅が短い分、瞬間的なパワーが強いため、薄いしみでもメラニン色素を破壊することができます。

QスイッチレーザーやIPL治療で取り切れなかった色素が薄いしみにも効果が期待できます。

炎症後色素沈着を起こしにくい

パルス幅が長くなると熱作用が強くなって火傷や炎症後色素沈着のリスクが高まりますが、Qスイッチレーザーと比べて照射時間が1/1000秒短いピコレーザーは、周辺に熱が広がることがなくて周辺組織のダメージがほとんどありません。

Qスイッチレーザーではレーザーの熱作用でしみの原因となっているメラニン色素を破壊しますが、ピコレーザーは熱作用ではなくてピコレーザー照射の衝撃波で色素を砂のように細かく砕くことができます。そのため熱作用で起こる施術後の炎症後色素沈着のリスクが少ないという特徴があります。

少ない施術回数で効果が期待できる

ピコレーザーは、衝撃波で色素が細かく砕かれるので、色素が早く除去されるため、しみ治療や入れ墨(タトゥー)の除去において少ない施術回数でも効果が期待できます。

ダウンタイムが少ない

一般的に、レーザー照射後には照射した部位がかさぶたになるので、しばらくの間テープ保護が必要となりますが、ピコレーザーではテープ保護が不要です。

ピコレーザーではメラニン色素が細かく砕かれるので、かさぶたになることが少なくて、かさぶたができても薄くて剥がれやすいのでテープで保護する必要はありません。また、メイクは当日または翌日から可能で、シャワーは当日から、運動、飲酒、喫煙については翌日から可能です。

照射方法を変えてでさまざまな肌悩みを解決に導くピコシュア

ピコシュアは、ピコトーニング、ピコフラクショナル、ピコスポットの3種類の照射を一つでおこなうことができるので、照射方法を変えることで幅広い肌の悩みを解決に導きます。

肝斑、肌のくすみ、色ムラにはピコトーニング

レーザーの照射方法の一つである「トーニング」は、弱いレーザーを顔全体に当てることでメラニン色素を分解・排出することを助けて、肌全体のしみやくすみを薄くする治療です。

月に1回のペースで少しずつしみなどを薄くしていき、3~7回施術を受けるのが一般的です。2~3回目くらいから肌に透明感が出たことを実感することができるでしょう。

毛穴、ニキビ跡、しわ、肌のキメにはピコフラクショナル

レーザーの照射方法のひとつである「フラクショナル」とは、レーザー光を点状(フラクショナル)に照射する方法です。

微細な点で照射することで、皮膚の真皮内に微細な傷を作ることで、コラーゲンの生成が増加して肌が再生する自己再生機能にスイッチを入れます。これによりお肌が若々しくなって、毛穴の引き締め、小じわ・ニキビ跡を改善する効果があります。

フラクショナル照射として一般的な炭酸ガスによる施術では、点状に照射すると一瞬で皮膚組織が気化して飛ばされるので皮膚に小さな穴が開きます。穴があいた皮膚部分がかさぶたになるのでダウンタイムを必要としますが、ピコシュアのピコフラクショナルでは、表皮の下部分にダメージを与えるので皮膚表面に傷をつけません。

施術回数は、月1回ペースで3~7回受けるのが一般的です。

しみ、そばかすにはピコスポット

ピコレーザーをひとつひとつのしみに強く当てる照射方法が「ピコスポット」です。しみの濃い薄いにかかわらずピンポイント照射ができるので、照射パワーが弱い光治療やQスイッチレーザーはではむずかしい薄いしみの改善も期待できます。

ピコレーザーでは照射の衝撃波でメラニン色素が細かく砕かれるので、かさぶたになることが少ないのも魅力です。

肌全体の若返りなら3つの照射方法を組み合わせて施術するピコプレミアム

紹介した3つの方法を組み合わせた「ピコプレミアム」という照射方法では、肌全体の若返りが期待できます。

目立つしみにはピコスポットでシミを除去して、顔全体の肌質改善、若返り効果を狙うにはピコフラクショナルでハリを取り戻すなど、肌の状態にあわせてピコトーニング・ピコフラクショナル・ピコスポットを組み合わせた施術ができます。

ピコシュアが向いている方

  • 顔のしみが目立つ
  • 肌の色むら・くすみが目立ってきた気がする
  • 肝斑が気になる
  • そばかすを消し去りたい
  • 年とともに肌のたるみが気になるようになってきた
  • 肌のハリツヤを取り戻したい
  • 毛穴を引き締めたい
  • ボコボコになったにきび痕を滑らかにしたい
  • 肌の調子が悪い
  • 小じわをなくして老け顔を脱出したい
  • 長年悩んできたあざのようなしみ(ADM)を取りたい
  • 入れ墨(タトゥー)の除去したい
  • アトピー跡をなくしたい
  • ニキビ跡の凹凸が気になる
  • 加齢によるイボ(脂漏性角化症)を取りたい

ピコシュアとほかのピコレーザーを比較

比較する女性のイメージ

FDAの認証を得ているので安全性が認められている

ピコシュアは、アメリカの厚生労働省にあたるFDAという機関で「色素性病変(しみ等)」、「しわ」、「ニキビ跡」「入れ墨(タトゥー)の除去」の症状の改善が認められています。ピコシュア以外では「入れ墨(タトゥー)の除去」においてFDAの認証を得ているピコウェイがありますが、しみ、しわ、ニキビ跡の分野でも公的に改善が認められているのはピコレーザーのなかでピコシュアのみです。

メラニン色素への反応が高い

ピコレーザーを照射するマシンは複数ありますが、ピコシュアの特徴はレーザーの波長にあります。

しみ、そばかすの原因であるメラニン色素に作用するのは、600nm~1000nmあたりの波長帯といわれていて600nmに近いほどよく吸収されます。ピコシュアは波長が1064nmであるほかのピコレーザーに比べて、メラニン色素に対するレーザーが吸収される度合いが3倍高い755nmの波長の照射ができるため、しみ・そばかす治療で非常に高い効果が期待できます。

さまざまな色の入れ墨(タトゥー)を除去

今まで、レーザーは黒い色に反応するものが多くて、青色や赤色のカラフルな色のタトゥー(刺青)を除去するためのレーザー治療はむずかしい状況でした。そのため、タトゥーを除去しようとすると外科的治療を施す以外に方法がありませんでした。

しかし、ピコシュアなら1064nm、532nm、755nmの3つの波長を用いるので、ほとんどの色のタトゥーの除去に効果を発揮できて、2つの波長を用いるほかのピコレーザーよりも多彩な色のタトゥー除去に対応できます。

マシン名 製造会社 レーザーの波長
ピコシュア サイノシュア社 Nd:YAGレーザー(1064nm)、KTPヤグレーザー(532nm)、アレキサンドライトレーザー(755nm)
ピコウェイ シネロンキャンデラ社 Nd:YAGレーザー(1064nm)、KTPヤグレーザー(532nm)
エンライトン キュテラ社 Nd:YAGレーザー(1064nm)、KTPヤグレーザー(532nm)
ディスカバリーピコ クワンタ Nd:YAGレーザー(1064nm)、KTPヤグレーザー(532nm)、 ルビーレーザー(694 nm)

ピコシュアの施術料金

ピコシュアは、以下の通り体の各部位に施術が可能です。

部位 参考料金
25,000~50,000円
手の甲 7,500~30,000円
9,500~100,000円
デコルテ 40,000~70,000円
背中・ドレスライン 100,000~200,000円
鼻・鼻周り 25,000~50,000円
8,000~30,000円

※上記以外にも、脇、膝、お尻などしみや黒ずみのあるところであれば施術可能です。対応しているかについては各医療機関にお問合せください。

※料金は自由診療のため医療機関ごとに異なりますので、正確な料金については事前にお問合せください。

ピコシュアの施術の流れ

診察・カウンセリング

ドクターによるカウンセリングを受けます。心配なこと、疑問などはこのときに聞いておくようにしましょう。

クレンジング

洗顔し、メイクを落とします。医療機関によってはレーザー照射を行う前の状態を撮影します。

施術

痛みがかなり少ないので、使用しないことも多いですが、どうしても気になるなどの場合はクリーム状の麻酔をしてから、レーザーを照射します。
レーザー照射をした部位を冷却して終了です。

ピコシュアのダウンタイムとリスク

  • やけど
  • 色素沈着
  • 色素脱出
  • 点状出血
  • 水泡
  • 炎症性色素沈着
  • 赤み(ピコフラクショナルとピコスポットで施術後数時間程度)
  • 肝斑が悪化することもある(その場合は内服薬治療)

炎症後色素沈着については、しみ治療のピコスポットでは1週間程度しみの色が濃くなることがありますが、ピコシュアのレーザーは照射時間が短いので、ほかのレーザー治療に比べるとリスクは低いです。

ピコシュア照射によるチクチクとした痛み

レーザー照射の熱によるチクチクと表現されるような痛みがありますが、局所麻酔薬を前もって塗ったりして回避することができるので、「痛みに弱い」、「痛いのは絶対に嫌だ」という方は事前に医療機関のドクターに相談しましょう。

ピコシュア施術後のアフターケアと注意事項

施術後の過ごし方は医療機関の指示に従ってください。

ピコシュア後は、しっかりと保湿をして紫外線を防ぐようにしましょう。帰り道の日差しには要注意です。

ピコトーニング、ピコフラクショナルは当日からメイク可能なので、施術後に日焼け止めやメイクをしてから帰ることができます。ピコスポットは翌日からメイク可能です。

入浴やシャワーは当日から可能ですが、当日中のスポーツやサウナなど、発汗を伴う行為は避けてください。運動、飲酒、喫煙は翌日から可能です。

ピコシュアの施術ができない場合

バツ印を作る女性

  • 妊娠中
  • 金の糸(ゴールデンリフト)が入っている方
  • 光線過敏症
  • ケロイド体質
  • 一部の内服治療(イソトレチノイン)を受けている方

また、施術前4週間以内の日焼けは、ピコシュア施術がNGと判断される可能性が高いので、事前に医療機関に相談するようにしましょう。

レーザー治療の問題を軽減したピコレーザーのピコシュアを受けるなら

ピコレーザーは、自由診療であるため料金は医療機関ごとに異なって、ほかのレーザー治療と比較して1回あたりの料金設定が高いところがデメリットといえるかもしれません。

施術料金は従来のQスイッチレーザーと比べると高めではありますが、レーザー治療のデメリットといわれている痛み、炎症後色素沈着やかさぶたができてしまうといった問題が軽減されています。

そのなかでも、しみ・しわ・ニキビ跡の改善、入れ墨(タトゥー)を除去の効果を公的に認められているのがピコシュアです。

医療機関によって照射技術のレベルに差は大きくありませんが、ケミカルピーリングやハイドラフェイシャル、炭酸ガスレーザーの併用などを併用することで効果が高まる症状もあります。ピコシュアと併用できるマシンもあって、もっとも効果的な方法を提案してくれる医療機関を選ぶと良いでしょう。