効果的なハイドラフェイシャルの回数・頻度を知って整える肌のターンオーバー

ハイドらフェイシャルのマシン

「毛穴が気になる」「肌のハリがなくなってくすみが出てきた」など肌の調子がよくないと感じている方は、古い角質や余分な皮脂の蓄積による皮膚のターンオーバー(新陳代謝)の周期の乱れが原因かもしれません。

食事や睡眠などの生活習慣やスキンケアのやり方を見直すことで改善が見られるかもしれませんが、ハイドラフェイシャル(HydraFaicialMD)なら、わずか30分の施術で古い角質や毛穴の余分な皮脂を除去することが可能です。定期的に受けることで乱れたターンオーバーの周期が整うので、ニキビや小じわ、しみやくすみが生じにくくなるといわれています。

施術中の痛みもなく、肌荒れなど施術後のダウンタイムもないので、美容医療がはじめての方でも抵抗なく受けることができるほか、光(IPL)やレーザーといった照射治療の前に受けることで、治療効果が高まるともいわれています。そのため、美容医療がはじめての方だけでなく定期的に美容医療を受けている方も、ハイドラフェイシャルを取り入れることで照射治療の効果を高められる可能性があります。

ハイドラフェイシャルで肌の汚れを取り除く仕組み、ターンオーバーの周期が整う仕組みと必要な回数や頻度を知っておくことで、期待するハイドラフェイシャルの効果、照射治療との相乗効果を手に入れることができるでしょう。

保湿しながら角質除去するハイドラフェイシャル

ハイドラフェイシャルの渦巻き水流ハイドラフェイシャルの施術は、水流の力をつかって1回わずか30分で、皮膚を柔らかくして汚れを浮かす「洗浄(クレンジング)」、角質を除去する「ピーリング」、余分な皮脂を浮かせて毛穴を洗浄する「ディープクレンジング」、潤いをあたえる「保湿」の工程をおこないます。

毎日の洗顔では落とすことがむずかしい肌表面の古い角質や毛穴の余分な皮脂がなくなることで、施術直後に肌がツルツルになって、メイクののりが良くなったことを実感いただけるでしょう。

ハイドラフェイシャルが刺激の少ない施術でしっかり汚れを落とす理由

ハイドラフェイシャルはアメリカのEdga Systems社に開発されたピーリングマシンで、日本の厚生労働省に当たるFDA (米国食品医薬品局)のほか、CE(EU加盟国基準)にも安全性と有効性が認められています。

ハイドラフェイシャルが、施術中に痛みがなくて刺激も少ないのにしっかり汚れを落とす理由は、4つの工程でつかい分ける、美容成分が豊富に含まれた4種類の薬液と、特許を取得したピーリングやクレンジング効果を高めるマシンの先端部分にあります。

美容成分が豊富に含まれたハイドラフェイシャルの薬液

スキンソリューションハイドラフェイシャルの施術 では水流を使用しますが、施術につかわれるのはただの水ではありません。抗酸化成分や保湿成分、鎮静成分がふくまれた「スキンソリューション」とよばれる薬液をつかいます。

スキンソリューションは4種類あって、ハイドラフェイシャルの4つの施術工程ごとにつかい分けます。

Step1:クレンジング

ソリューション「Activ‐4™」:汚れを落としてしわを改善する作用がある成分が入っている

Step2:ピーリング

ソリューション「Glysal™」:角質を取り除く作用がある成分が入っている

Step3:ディープクレンジング

ソリューション「Beta‐HD™」:角栓や余分な皮脂を取り除いて保湿する作用がある成分が入っている

Step4:保湿

ソリューション「Antiox+™」:保湿したり肌を鎮静化させて抗酸化作用がある成分が入っている

ピーリングやクレンジング効果を高める特許取得の「ハイドロピールチップ」

ハイドラフェイシャルのハンドピースハイドラフェイシャルは、ハンドピースと呼ばれる手で握る部分の先端に、特許を取得した、らせん状の特殊構造になっているハイドロピールチップをつけて施術します。

チップがらせん状になっていることで、スキンソリューションが渦巻き状の水流になって保湿と吸引を同時におこないながら、皮脂や汚れを浮かして毛穴の奥までクレンジングをおこないます。

ハイドロピールチップまた、先端についている複数のエッジ(刃)が皮膚をこすることで古い角質をはがします。取り除かれた汚れや角質は、出口専用の穴から汚れたスキンソリューションの廃液とともに吸引されて排出されます。

チップは使い捨てで、ハイドラフェイシャルの施術工程によって、青色チップ、水色チップ、クリアチップの3種類のチップをつかいわけます。

ハイドラフェイシャルの4つの工程でつかいわける薬液とチップ

工程 ソリューション ソリューションの成分 チップ
Step1:
クレンジング
皮脂を柔らかくして汚れを浮かせることで、毛穴の奥まで洗浄 Activ‐4™ グルコサミンHCL:剥離 乳酸:剥離
酵母エキス:ひきしめ・しわの改善
ハイドロピールチップのブルーチップ
Step2:
ピーリング
角質の除去 Glysal™ グリコール酸(Gly):剥離
サリチル酸(Sal):剥離
通常Gly 7.5% Sal2% pH3.4を使用。
汚れをしっかり落としたい部位にはGly15% Sal 1.5% pH3.1をピンポイントで使用。
ハイドロピールチップの水色チップ
Step3:
ディープクレンジング
角栓を除去して余分な皮脂を取り除く Beta‐HD™ ペンチレングリコール:保湿
サリチル酸:剥離
蜂蜜エキス:保湿
スピレア抽出エキス:自然のサリチル酸で肌を鎮静化して滑らかにする
ハイドロピールチップの水色チップ
Step4:
保湿
ピーリングとクレンジングをした肌を落ち着かせて潤いを与える Antiox+™ ヒアルロン酸:保湿
ペプチド(銅PCA、亜鉛PCA,MgPCA):しわを防ぎ肌の弾力改善
アルニカ花エキス:炎症化作用、消炎、鎮静
緑茶エキス:消炎、鎮静
栃の実エキス:抗酸化
ハイドロピールチップのクリアチップ

ハイドラフェイシャルで改善を目指せる肌悩み

  • にきび・ニキビ跡
  • 毛穴の開きや黒ずみ
  • 鼻の黒いポツポツ(いちご鼻)
  • 小じわ
  • 肌にハリがなくなってきた
  • 肌のくすみ
  • 化粧のりや化粧水の浸透を良くしたい
  • 肌のごわつき
  • 背中や二の腕のニキビやブツブツ

ハイドラフェイシャルができる部位

  • 顔全体
  • 顔のTゾーン
  • デコルテ
  • 二の腕
  • 背中

鼻は顔のなかでも毛穴(皮脂腺)が多くて皮脂が過剰に分泌されやすい部位です。古い角質や皮脂が毛穴に溜まって汚れが混ざると角栓となって毛穴にフタをしてしまいます。この状態で時間が経つと皮脂が酸化してポツポツと黒い点に見えてしまいます。

ハイドラフェイシャルは毛穴にたまって黒くなった皮脂も取り除きます。また、ハイドラフェイシャルでターンオーバーの周期が整うと、古い角層がはがれるので毛穴がふさがれることよる皮脂の毛穴残りが生じにくくなるといわれています。

ハイドラフェイシャルは、顔だけでなく二の腕や背中も施術可能です。背中は毛穴(皮脂腺)が多くて皮脂分泌が活発なのでニキビが繰り返しできやすい部位です。ハイドラフェイシャルで毛穴に溜まった角質や汚れ、皮脂の詰まりをなくすことで背中のニキビも改善に導きます。

ほかの施術の前におこなうことで施術効果を高めるハイドラフェイシャル

たとえば、しみを薄くしたり赤ら顔を改善したりする光(IPL)治療の前に、ハイドラフェイシャルで古い角質という壁をなくすと、しみや赤ら顔の原因であるメラニン色素やヘモグロビンの赤い色素を狙いやすくなります。

光(IPL)、レーザー、高周波(RF)といった美容医療の前にハイドラフェイシャルでしっかり汚れを落とすと、古い角質などが残った状態で施術を受けるより、光やレーザー、高周波といったエネルギーソースが届きやすくなるというわけです。

照射治療のほかにも、肌の有効成分であるビタミンC、トラネキサム酸などを導入するイオン導入や超音波導入治療の導入効果が高まるといわれています。

ハイドラフェイシャルで整うターンオーバーの周期

表皮の構造皮膚は、外側から表皮層、真皮層、皮下組織の3層構造になっていますが、一番外側の表皮はさらに、角質層、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層(きていそう)の4つの層にわかれています。

表皮層の一番下にある基底層で新しく細胞がつくられるとどんどん上にあがっていって最終的には垢となってはがれ落ちます。表皮層の細胞が生まれてはがれ落ちるまでのサイクルを皮膚の新陳代謝、ターンオーバーといいます。

肌の細胞はおおよそ28日周期のターンオーバーによって絶えず生まれ変わっているのです。

乱れることがあるターンオーバーの周期

古い角質や余分な皮脂の蓄積がない健康的な肌を保つためには正常なターンオーバーの周期を保つ必要があります。しかし、ターンオーバーの周期は、加齢のほかに睡眠や食生活など生活習慣の影響と、紫外線による日焼けや空調による乾燥といった外部からの刺激によって乱れてしまうことがあるのです。

ターンオーバーが遅くなると、角質が垢となって剥がれにくくなるので角質層が厚くなって、逆にターンオーバーが早すぎると、肌を守る機能が十分に備わるまえに細胞が肌表面に出てきてしまうことになります。このようなターンオーバー周期の乱れが引き起こすのが以下のような肌トラブルです。

  • 毛穴が詰まることで毛穴が目立ったり、ニキビや肌荒れが生じやすくなる
  • 角質がたまることで肌が硬くなるのでごわつく
  • メラニン色素が排出されずに残るので、シミが増えて肌がくすんで見える
  • 乾燥に敏感になってトラブルが起きやすい

毎日石鹸で時間をかけて洗顔していたとしても、毛穴の汚れを十分に落とすことはできません。洗顔では落とせない汚れや角質は、放っておくとどんどん蓄積されてしまいます。毎日歯を磨いていても、歯医者さんで定期的に歯のクリーニングをすることで健康な歯を保てるように、肌もクリーニングすることで化粧水などの保湿成分も浸透しやすくなって健康的な肌を保つことができるのです。

ハイドラフェイシャルで肌の汚れを取り除いてターンオーバー周期が整うと、ニキビや小じわ、しみやくすみが生じにくい肌の状態に整うといわれています。

ハイドラフェイシャルとケミカルピーリングとの違い

古くなった角質を除去して肌のターンオーバーの周期を整える方法にはハイドラフェイシャルのほかにケミカルピーリングがあります。ケミカルピーリングは、肌にサリチル酸、グリコール酸といった薬剤を塗って角質を溶かして拭き取りますが、薬剤が肌に合わなかったり古い角質が除去されることで乾燥や肌荒れを起こしてしまう方もいます。

一方、ハイドラフェイシャルは、ケミカルピーリングのように薬剤を直接肌に塗ってマッサージしたり拭き取ったりする工程がありません。肌に美容成分を補給しながら水流の力で汚れを排出するので、肌への刺激は最小限に抑えられています。角質や汚れを取り除くだけでなく保湿も同時にできるのがハイドラフェイシャルの特徴です。

ハイドラフェイシャルの施術の流れと必要な回数や料金

(1)カウンセリング

ハイドラフェイシャルの詳しい説明をうけてどのような効果が期待できるかなど不明点を確認しておきましょう。

(2)クレンジング

顔まわりの施術の場合はメイクを落とします。

(3)施術

ハイドラフェイシャルは痛みがないので麻酔の必要はありません。施術は約30分です。

(4)終了

施術直後からメイクが可能です。

ハイドラフェイシャルの回数と頻度

ハイドラフェイシャルは古い角質や角栓がスッキリ取れることで、1回でも肌のトーンが明るくなったりメイクのりが良くなるなどの効果を実感される方が多い施術です。

また、肌のターンオーバーに合わせて1カ月に1回の施術を5回ほど継続することで、ターンオーバーの周期が整うので健康的な肌の状態を保つことができるといわれています。

ハイドラフェイシャルの施術料金

顔の場合は1回おおよそ15,000円~20,000円程度、背中は1回おおよそ30,000~50,000円程度です。ハイドラフェイシャルの施術は自由診療になりますので、医療機関によって料金が異なります。

ハイドラフェイシャルの注意事項

副作用(リスク)と注意事項

ピーリングをおこなうことから、まれに皮むけや軽度のひきつれを感じる場合があります。また、一時的な赤みが生じることがあります。

肝斑は施術の刺激で悪化してしまう可能性があるので肝斑部位はさけておこないます。

しみやそばかすなのか、肝斑なのかの判断はむずかしいので、診察を受けるドクターの判断に従ってください。

1カ月以内にピーリング施術をおこなっていると肌が敏感になっているので2週間ほど空けてからおこうようにしましょう。

ハイドラフェイシャルを受けられない方

  • 妊娠中、妊娠の可能性がある方
  • 肌の炎症が強い方
  • アスピリンアレルギーのある方
  • 過度な日焼けをしている方

ハイドラフェイシャルを受けるならオプションメニューがある医療機関

ハイドラフェイシャルにはオプションメニューがありますが、全ての医療機関でオプションメニューが選べるわけではありません。オプションメニューが揃った医療機関を選ぶとより高いハイドラフェイシャルの効果を実感できるでしょう。

ハイドラフェイシャルのオプションメニュー

ハイドラフェイシャルをおこなう前にリンパドレナージュ

ハイドラフェイシャルの前にリンパドレナージュをおこなうと、毒素の排出を助けて肌をデトックスしてむくみの改善、リラクゼーションの効果があります。

有効成分導入

ハイドラフェイシャルの施術工程(Step3のディープクレンジングのあと、Step4の保湿のまえ)に、肌タイプに合わせた以下の有効成分を導入することでより効果を高めることができます。

有効成分 作用
DermaBuilfer™ 抗酸化ペプチドにより、しわや小じわを改善し、キメを整えて肌の弾力やハリ感をアップさせます。
Britenol® 美白効果のあるアルブチンとビタミンCを豊富に含んでいるので、シミを減らし明るく整った肌色にします。
CTGF™ 成長因子であるタンパク質のグロースファクターがアンチエイジング効果や、肌荒れを改善し小じわを減らします。

LEDライトセラピー照射

最後のSTEP4の保湿のあとに、LEDライトセラピーを照射することで、栄養豊富な美容成分が毛穴に確実に吸収されるといわれています。LEDライトには2つあって、2つ同時に照射することもできます。

LEDライト 作用
赤色LED 600~1000nmの波長のライトでしわや小じわを減らし、肌のキメを整えます。
青色LED 420nmの波長のライトでニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、オイリー肌を改善します。

医療機器ではないエステマシンのAQUA ELLA(アクアエラ)との違い

エステでつかわれるAQUA ELLA(アクアエラ)とハイドラフェイシャルの違いは、美容液を含んだ渦巻き状の水流で毛穴洗浄とピーリングをおこなう同じようなマシンですが、アクアエラは医療機器ではありません。ハイドラフェイシャルは、安全性と有効性をFDAとCEに認められていて、マシンの先端部分が特許を取得している医療機器です。

どちらのマシンが合うか合わないかは個人の肌質によって異なりますので、しっかり診察を受けて何があっているか相談して決めたい場合はドクターのいる医療機関を選ぶと安心です。