メディカルダイエット治療法「脂肪溶解注射」の顔とボディへの効果

二の腕の脂肪を気にする女性

脂肪溶解注射は顔や体の皮下脂肪に薬剤を直接注射するだけで、脂肪細胞を破壊して溶解するといわれるメディカルダイエット治療法(医療機関でおこなわれる痩身治療)のひとつです。

食事制限など通常のダイエットでは痩せにくいとされる、あご下や二の腕などの余分な脂肪に作用して、メスを使うことなくラインを整える効果がある一方、変化がわからない、内出血が起こってしまったといった報告も少なくありません。

脂肪溶解注射で後悔しないためには、小顔治療や部分痩せなど、脂肪溶解注射の効果とリスク・デメリットをしっかり理解することが大切です。

薬剤注入で脂肪細胞を減少させる脂肪溶解注射

驚く女性

脂肪溶解注射は脂肪吸引のように麻酔やメス・吸引管を使用しないため、治療後のむくみや腫れなどのダウンタイムが短く、二の腕などの部分痩せ、頬やあご下はもちろん、鼻についた脂肪(だんご鼻)へも作用してすっきりとしたフェイスラインへ導くといわれています。

脂肪溶解注射はメソセラピー(Mesotherapy)ともいわれますが、本来メソセラピーとは「皮下に薬剤を直接注入する治療法」のことを意味します。メソセラピーを施術名とするクリニックもあるので、メソセラピーと脂肪溶解注射は同義語として扱われることも少なくありません。

脂肪溶解注射は極細の注射針でおこなわれることから、比較的痛みの少ない治療法で、脂肪吸引のように血管や神経へのダメージは少ないとされています

脂肪溶解注射で脂肪が減少する仕組み

脂肪溶解注射は皮下脂肪の減少をサポートする痩身治療です。気になる部位に薬剤を注入すると、その部位の脂肪細胞が破壊されて、マクロファージ(死滅した細胞を捕食する体内の掃除細胞)によって、尿や便とともに体外へと排出されます。

破壊された脂肪細胞は再生しない

一度破壊された脂肪細胞は再生することがありません。

肥満の症状は脂肪細胞が増加するのではなくて、脂肪細胞の膨張によって引き起こされます。脂肪細胞の数は成人すると増減することはほぼないといわれているため、脂肪溶解注射により脂肪細胞を減少させることで気になる皮下脂肪も減少するといえるでしょう。

脂肪溶解注射で痩身をおこなうメリット

ヒップの脂肪

リバウンドの心配が少ない

脂肪溶解注射で薬剤を注入した部位の脂肪細胞は体外に排出されて数が減少して、排出された脂肪細胞は再生することがないといわれています。しかし、暴飲暴食・運動不足などの不規則な生活習慣によって、破壊されず残った脂肪細胞が肥大化すると、リバウンドをしてしまう可能性があります。健康的な食生活と適度な運動を心がけることが大切です。

部分痩せを目指せる

部分痩せは自己流のダイエットでは難しいといわれています。無理な食事制限では基礎代謝力が低下して痩せにくい体になるので、運動によるダイエットでも胸やヒップなど、残したい脂肪のみを維持することは容易ではありません。

脂肪溶解注射は、薬剤注入部位の脂肪にのみ作用するといわれているため、無理なく部分痩せを目指すことができるでしょう。

セルライトをなめらかに

太ももやヒップラインなどに現れる肌の凹凸は一般的にセルライトと呼ばれていますが、他の皮下脂肪と構造は同じとされています。そのためセルライトが気になる部位に脂肪溶解注射で薬剤をを注入して、脂肪細胞を破壊、除去することで肌の凹凸をなめらかに整えることができるといえます。

小顔改善へと導く

顔についた脂肪が落ちにくいとされる理由のひとつには表情筋の働きが関係しています。

日常的に使われている表情筋は20~30%程度といわれていて、筋肉を使わないことで代謝が下がると、むくみや脂肪のたるみの原因につながります。しかし表情筋を過度に鍛えることは咬筋が発達して、エラが張ってしまうといったデメリットも考えられるため注意が必要です。脂肪溶解注射による治療は、顔の余分な脂肪を破壊、溶解することで脂肪によるたるみを改善に導きます。

脂肪溶解注射による治療が可能な部位

脂肪溶解注射は皮下脂肪がついている部位であれば、施術が可能とされています。

脂肪溶解注射を受ける女性

顔の脂肪

まぶた・目の下の脂肪・頬・鼻・フェイスライン・あご下

ボディの脂肪

首・二の腕・胸部(バスト)・腹部(ウエスト)・背中・ヒップ・太もも・ひざ・ふくらはぎ・足首

脂肪溶解注射に適した方

  • 脂肪吸引など大がかりな手術に抵抗がある
  • まぶたの厚みを感じさせる脂肪の改善
  • 鼻すじ(だんご鼻)をすっきりさせたい
  • 口角やほうれい線の脂肪たるみの改善
  • 頬やフェイスラインのたるみの改善
  • あご下のたるみ、二重あごの改善
  • 二の腕やブラジャーの上にのった脂肪の改善
  • バストのボリュームを抑えたい
  • ウエストラインを整えたい
  • ひざ上やふくらはぎの脂肪の改善
  • ヒップや太腿の脂肪の改善
  • 背中についた厚みのある脂肪の改善
  • 周囲に気づかれることなく自然に痩身したい

脂肪溶解注射の成分の違いと薬剤の種類

脂肪溶解効果があるとされる薬剤には、さまざまな種類がありますが、大きくはPPCやDOC配合の薬剤と植物抽出成分配合の薬剤にわけることができます。

脂肪細胞を破壊して溶解する点は同じものの、植物抽出成分配合の薬剤は顔の施術に使用されることが多くて、PPCやDOC配合の薬剤と比べると炎症や腫れが少ないといった違いがあります。

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射のおもな成分

フォスファチジルコリン(PPC)

脂肪溶解注射の主成分となることが多いフォスファチジルコリン(PPC)は、大豆から抽出されるアミノ酸の一種であるレシチンです。もともと脂肪肝や高脂血症などの治療薬剤として使用され、脂質の代謝を高めたり血中コレステロールを乳化し、血管壁にコレステロールが付着することを防ぐ働きをするといわれています。

PPCを主成分とした脂肪溶解注射は炎症と腫れが起こりやすいので、1~2週間程度のダウンタイムが必要といわれていましたが、現在では改良が進んで従来の薬剤と比べると、炎症や腫れなどが少ないとされています。

大豆アレルギーのある方は事前に担当ドクターに相談しましょう。

デオキシコール酸 (DOC)

アメリカのFDA(米国食品医薬品局)により脂肪溶解効果が認められた医薬成分です。デオキシコール酸(DOC)はもともとヒトの胆汁に含まれる胆汁酸の一種で、脂肪部位への注入によって、脂肪細胞膜を直接破壊するとされています。

近年の研究により、脂肪細胞をおもに溶解していたのはPPCではなく、PPCの溶解補助剤として配合されていたDOCであったという結果報告もあるといわれています。

植物抽出成分などその他の脂肪溶解薬剤

各製薬会社で、さまざまな脂肪溶解成分が配合された薬剤が作られています。

従来のPPC、DOCなどを含まず炎症が少ないとされる植物抽出成分が主成分の薬剤や、植物抽出成分にデオキシコール酸を配合した薬剤などがあります。

顔への脂肪溶解注射

脂肪溶解注射の注入量と治療間隔

ダイエットに成功した女性

脂肪溶解注射は、脂肪量や部位によっては繰り返しの治療が必要ですが、脂肪溶解注射で1度治療した部位の脂肪細胞は再生せず、治療期間が長くあいたとしても次の治療での脂肪溶解効果に問題はないとされています。

また、治療期間や回数、注入量は、施術部位や痩身目標のほか、脂肪溶解注射の薬剤によって異なりますが、顔の施術では、体と比較すると脂肪量が少ないため一度の施術で終了となる場合もあります。

  PPC・DOC配合の薬剤 植物抽出成分配合の薬剤
特徴 個人差はあるが炎症や腫れを引き起こすこともあるとされている 顔に使用されることが多く、PPCやDOCと比較すると炎症や腫れが少ないとされている
一度の治療の注入量 注射2~10本程度(薬剤や治療部位によって異なる)。 最大注入量は顔5本、体は50本程度
治療間隔 1~2週間あけて注入が可能 1週間おきの注入が可能

メジャー

PPCやDOCと比較すると炎症や腫れの少ないとされる植物抽出成分配合の脂肪溶解注射も、その副作用などには個人差があります。治療部位や治療回数など、担当ドクターの診断のもと適切な治療をおこないましょう。

脂肪溶解注射のおおよその価格と注入本数

脂肪溶解注射は、注射1本でハガキ1枚サイズ(10×15cm)ほどの範囲に数回に分けて薬剤を治療部位へ注入します。

  PPC・DOC配合の薬剤 植物抽出成分配合の薬剤
価格 1本あたり約20,000円~ 1本あたり約10,000円~
部位 本数 回数 本数 回数
まぶた(目まわり) 1本 1回~ 1本~ 1回~
1本~ 3回~ 2~4本 1回~
頬(両方) 1~2本 3回~ 2~4本 1回~
ほうれい線(両方) 1~2本 3回~ 2~4本 1回~
フェイスライン 2~3本 3回~ 2~4本 1回~
二重あご 1~3本 3回~ 3~5本 1回~
1本~ 3回~ 2~3本 1回~
二の腕(両方) 5本~ 3回~ 20本~ 1回~
背中 4本~ 3回~ 20本~ 1回~
腹部 4本~ 3回~ 20本~ 1回~
ウエスト 4本~ 3回~ 10本~ 1回~
ヒップ(両方) 8本~ 3回~ 20本~ 1回~
太もも(両方) 8本~ 3回~ 20本~ 1回~
ひざ(両方) 2本~ 3回~ 20本~ 1回~
ふくらはぎ(両方) 8本~ 3回~ 10本~ 1回~
足首(両方) 2本~ 3回~ 20本~ 1回~

脂肪溶解注射のおもな薬剤名

どの薬剤も顔・体の両方への注入が可能といわれていますが、中には炎症や強い腫れが起こるため顔には不向きな薬剤も少なくありません。顔の脂肪溶解効果に特化した薬剤もありますので、ドクターの診断のもと、適切な薬剤での治療をおこないましょう。

薬剤名 成分 特徴
リバイタルセルフォーム PPCを主成分にアミノ酸、ビタミン成分 ダウンタイムが少なく、むくみの改善にも作用
輪郭注射 メディカルハーブ由来の成分 腫れにくく、ダウンタイムもほとんどない
リジェンスリム PPCが主成分(大豆由来ではない) DOCは含まれず、比較的腫れの少ない
ハイパーリポリシス PPCとDOCが主成分 ほかと比較して炎症・腫れなどが少なくて、脂肪溶解効果が早く現れるといわれている
リポビーン PPCとDOCが主成分 ほかと比較して効果が強い一方、腫れやダウンタイムが長い。MFDS(韓国食品医薬品安全処)の承認製剤
サゴニメルト DOCを主成分にイチョウ抽出成分、カルニチンなど 二重あご治療に特化。腫れや炎症が少ない
ファットエックス 高濃度のDOCを主成分とし、植物抽出由来のアミノ酸やカルニチン 代謝促進作用がある薬剤を配合。腫れや赤みなど、数日~数週間のダウンタイムがある
カイベラ DOCを主成分 2015年4月にFDA(米国食品医薬品局)が二重あご改善製剤として承認。あご下の脂肪溶解効果は強い一方、腫れや数日のダウンタイムがある。
カベリン 高濃度のDOCを主成分にカルニチンやアーティチョーク抽出成分などが配合 カイベラの有効成分DOCを高濃度にした薬剤。腫れや炎症が少なく二重あご改善だけでなく、全身の痩身治療が可能。
BNLS メディカルハーブや海藻など、植物抽出成分が主成分 肌の引き締めや代謝作用に優れているとされ、炎症や腫れが少なく、小顔治療に適した薬剤。
BNLSneo BNLSにDOCを配合 BNLSの改良薬剤。炎症や腫れといったダウンタイムがほとんどなく、数日で脂肪溶解の効果がある。
ミケランジェロ PPC、DOCにカルニチンやカフェイン、アルファリポ酸を配合 従来の薬剤に代謝作用のある成分を配合。痛みや腫れが出にくいとされている。

脂肪溶解注射を受ける前に知っておくべきこと

脂肪溶解注射に体重を減らす効果はない

脂肪溶解注射は脂肪細胞を減少する効果があるといわれますが、それによって体重が減ることはありません。脂肪は水より密度が低く比重が軽いため、1リットルの脂肪を除去したとして1㎏も減少することはありません。脂肪溶解注射は減量が目的ではなくボディラインを整える治療となります。

脂肪溶解注射は繰り返しの治療が必要

脂肪溶解注射は一度の注入で直後に変化が現れる治療ではないので、脂肪量や部位によっては繰り返しの治療が必要となります。注入量や回数などは個人差があるため、担当ドクターと相談のうえ無理のない治療スケジュールを組みましょう。

脂肪溶解注射の効果を高めるために

エクササイズをする女性

治療後、注入部位をマッサージすることで脂肪溶解薬剤が脂肪層に広がり脂肪細胞の排出を促すといわれています。ただし、痛みや腫れがある場合はマッサージを控え、安静にすることが大切です。

脂肪溶解注射による治療部位の脂肪細胞は再生しないとされていますが、日頃から規則正しい食生活と適度な運動により、健康的なボディラインを目指しましょう。

脂肪溶解注射の施術の流れ

治療時間は脂肪溶解注射の注入部位により異なりますが、麻酔なしであれば5~20分ほどで終了します。

(1)ドクターによる診断

治療部位と理想のライン、また大豆アレルギーなどの有無をしっかりドクターに伝えます。気になることや不安なことがある場合はカウンセリング時に解決しておきましょう。

(2)麻酔

極細の針による注入のため比較的痛みは少ないとされますが、注射が苦手、または痛みに弱い方は麻酔クリームなどで表皮麻酔をおこないます。個人差はありますが、施術直後から熱感をともなう痛みや筋肉痛に似た痛みが1~2週間ほど続くこともあります。

(3)施術

脂肪が気になる部位に薬剤を注入します。この時、痛みなどの異常があった場合はすぐにドクターに伝えましょう。

(4)施術後

注入部位の止血を確認し、治療は終了となります。また医療機関によっては薬剤の効果を高めるためマッサージをおこなうこともあります。

脂肪溶解注射と併用できる美容施術

  • ボツリヌス注射によるエラ(咬筋)治療
  • ヒアルロン酸注入
  • 高周波、HIFU、レーザーによるたるみ治療
  • ゼニカル、サノレックスなど医療痩身薬剤など

脂肪溶解注射後の注意点

  • 施術当日は過度な運動、飲酒は控えましょう。
  • サウナ、プール、入浴は控えましょう。シャワーは問題ないとされています。
  • 顔への治療の場合、注入部位をさけることで治療直後もメイクが可能です。
  • 炎症を抑えるためにも水分をしっかり補給しましょう。

脂肪溶解注射の副作用とリスク

脂肪溶解注射による治療での副作用やリスクの発生頻度は低いといわれています。しかし、体質などにより重篤な副作用を引き起こす可能性がないとはいいきれません。

施術を受ける前には必ず担当ドクターに体調やアレルギーの有無などを事前に伝えることが大切です。

  • 腫れ、熱感、赤み、鈍痛、かゆみ(1週間程度で改善するとされる)
  • まれに注入部位にしこり(数カ月程度で改善するとされる)
  • 注入部位の内出血
  • まれに2~3日程度の発熱
  • 体質によってはアレルギー症状

脂肪溶解注射が受けられない方

  • 妊娠中、授乳中の方
  • 糖尿病、心疾患、腎疾患、高血圧、高脂血症、甲状腺機能亢進症など
  • 大豆アレルギーをお持ちの方はPPCによる治療は受けられません。

脂肪溶解注射による治療で大切なドクター選び

夏のファッションを楽しむ女性

脂肪溶解注射は注射のみでおこなえる手軽な痩身治療です。しかし、脂肪量の少ない顔への薬剤注入には繊細な医療技術が要されます。

目まわりや、頬など必要以上に脂肪細胞を破壊してしまうと、肌のハリ感が失われ、老けた印象を与えてしまうことも少なくありません。また脂肪溶解薬剤を注入し、一度破壊された脂肪細胞は再生されないといわれています。

そのため解剖学に精通し、脂肪量を見極め痩身後のラインを予測できるドクターを選ぶことが大切です。脂肪溶解注射による適切な治療と規則正しい生活習慣で、理想のスリムラインを目指しましょう。