部分痩せができるといわれる医療痩身の効果を種類別に解説

腹部の脂肪をつまむ女性

医療痩身は自己流のダイエットではどうしても落とせない部位の脂肪や、あと少しだけ引き締めたい部分痩せなどが可能といわれています。

医療痩身には、薬剤を皮下脂肪に直接注射して脂肪細胞を破壊する治療、レーザーや高周波などのエネルギーを照射するマシン治療、脂肪吸引など外科手術による治療などがあります。また、内服薬による治療では食欲を抑えたり、食事による脂肪分を吸収せず便とともに排出するなど治療法はさまざまです。

それぞれの治療の特徴を知って、ドクターの診断のもと、痩身を希望する部位や目指したいイメージにあわせて痩身治療法を選ぶようにしましょう。

医療痩身で見た目の印象が変わる皮下脂肪を落とす

本来、脂肪(脂肪細胞)は、体温の保持・骨や筋肉などを衝撃から守るクッション、そしてエネルギーを蓄えるなど生命維持に重要な働きをしています。しかし、脂肪細胞は過度なカロリー摂取や運動不足などにより活発に肥大化していきます。これを肥満といい、肥大化した脂肪細胞からは糖代謝や脂質代謝に影響をおよぼす「悪玉アディポサイトカイン」を分泌し、より痩せにくい体へとなってしまうのです。

脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類があります。

内臓脂肪は胃や腸など内臓のまわりにつきやすい脂肪です。メタボリックシンドロームなどの生活習慣病に強く影響していますが、食事制限や運動で比較的減らしやすく増えやすい脂肪です。一方、皮下脂肪は皮膚の下に蓄積する脂肪で、顔や二の腕、ふくらはぎなど全身どこにでもつきやすいという特徴があるため、すっきりとしたボディラインや見た目になるためには皮下脂肪を減らす必要があります。しかしながら、皮下脂肪は通常のダイエットでは、なかなか減らすことができません。

この落としづらい皮下脂肪も減少に導くことができるのが医療痩身による治療で、脂肪細胞そのものにアプローチします。全身痩身はもちろん、気になる部位の脂肪のみなど、それぞれの悩みに適した治療をおこなうことができるのです。

医療痩身で部分痩せ(ボディ・コントゥアリング)治療

医療痩身では、減量ではなくて見た目の体形改善を目的とした、気になる部位の脂肪のみを落とす部分痩せ(部分痩身)ができます。メスを使う施術と比べて、体への負担が小さい薬剤の注入やマシンによる部分痩身(非侵襲型部分痩身)の方法で、以下の部位の施術が可能といわれています。

  • あご下
  • ウエスト
  • 背中
  • 二の腕
  • 太もも
  • ヒップ

薬剤の注入・点滴による医療痩身

薬剤を注入することによる医療痩身には、食欲を抑制する治療、脂肪細胞を分解する治療、脂質代謝を促す治療などが挙げられます。

医療痩身の薬剤注入

「GLP-1ホルモン療法」で食欲を抑えて自然な体重減少

「GLP-1」というホルモンを注射で体内に注入する治療法です。GLP-1とは「痩せるホルモン」といわれていて、もともと体に存在するホルモンの一つです。血糖値をコントロールして食欲を抑える働きがあるので、糖尿病の治療薬としても使用されています。

このホルモンを体内に注入すると食欲が抑えられて、少量の食事で満腹感を得られるため、ストレスを感じることなく自然な体重減少が期待できます。また、ドクターの指導により自身で注射をするため、医療機関に通うことなく自宅での治療が可能です。使用する注射針も細く短いものなので、痛みはほとんどありません。

部分痩せを叶えたいなら「脂肪溶解注射」

脂肪溶解注射とは、皮下脂肪に脂肪細胞の数を減らす薬剤を注射する痩身法です。脂肪溶解注射の主成分(フォスファチジルコリン)は、脂肪肝や高脂血症の治療に使われていた大豆抽出成分の薬剤です。この薬剤を皮下脂肪に注入すると脂肪細胞が破壊され、掃除細胞といわれるマクロファージによって便などとともに体外に排出されます。一度破壊された脂肪細胞は再生することがないため注入部位は脂肪がつきにくくなります。

頬や二の腕など、ピンポイントの脂肪を狙うことも可能です。

脂質代謝力をアップする「ダイエット点滴」

点滴による痩身法です。処方は各医療機関によって異なりますが、脂質代謝を促進する「Lカルチニン」や「アルファリポ酸」などがおもに配合されています。「Lカルチニン」は肝臓や腎臓で作られる特殊アミノ酸の一種で、体内の脂質をエネルギーへと変える栄養素です。脂質代謝を高め、太りにくい体を作ることができるといわれています。

「アルファリポ酸」は、抗酸化作用によって新陳代謝を促すことで、体重の増加を抑えるといわれています。またその抗酸化力により、若々しい肌へと導くエイジングケアとしても注目されています。

ダイエット点滴は脂質代謝を高めるだけでなく、免疫力の向上や疲労回復にも効果があるとされているので、運動によるダイエットとあわせておこなうことで、効率よく痩身を目指すことができます。

皮下脂肪に炭酸ガスを直接注入する「カーボメッド」

皮下に点滴針よりも細い極細針により、血中の酵素を放出させる効果がある医療用炭酸ガスを直接注入して、脂肪を減少する痩身治療です。注入部位のみが有酸素運動をした時と同じような状態になって代謝が促されることで、痩身へ導くとされています。

マシンによる医療痩身

マシンによる医療痩身は、筋肉を鍛えて引き締める治療、脂肪細胞を破壊して体外へ排出させる治療、血流を促進して代謝力をあげる治療などがあります。

医療痩身機器による施術を受ける女性

筋肉を鍛えて太りにくい体にする「医療用EMS」

EMSとはElectric Muscle Stimulation(電気筋肉刺激)のことで、電気刺激により筋肉を収縮させて鍛えるマシンによる治療法で、筋肉を鍛えることによって太りにくい体を作ることができます。医療の現場で使用されるEMSは市販のマシンとは違い、体の深部にまで大きな刺激を与えることができるため効率的な筋肉運動が可能です。無理な運動をすることなく、特定の部位の筋肉強化と基礎代謝力の促進を目指すことができるので、運動が苦手な方のダイエットにも向いています。

リバウンドが少ない脂肪細胞を破壊する医療痩身

脂肪細胞を破壊する医療痩身にはさまざまな治療法がありますが、いずれも破壊された脂肪細胞はマクロファージ(体内の掃除細胞)による自然な代謝により、数カ月かけて体外へ排出されます。脂肪細胞そのものの数が減るため、施術した部位のリバウンドは少ないといわれています。

レーザーで脂肪細胞を破壊する「スカルプシュアー」

レーザーにより皮下脂肪を42〜47℃まで加熱することで脂肪細胞を減少させます。皮膚に接触する部分には冷却機能が付いているため、施術中の熱や痛みは少ないとされています。また、皮下脂肪が少ない部位にも照射できて、皮膚の引き締め効果も狙えるといわれています。

脂肪を凍らせ破壊する「クールスカルプティング」

皮下脂肪がある部位にマシンを装着し、冷却・凍結することで脂肪細胞を除去します。水は0℃で凍結しますが、脂肪は4℃で凍結するという凍結温度の差を利用して皮膚や血液に影響することなく、脂肪細胞だけを破壊します。施術可能な部位は幅広く、あご下などの細かいパーツの脂肪から背中などの広範囲の脂肪まで対応可能です。

脂肪細胞を高周波で加熱破壊する「トゥルースカルプ」

皮下脂肪が気になる部位に高周波を照射する痩身治療です。高周波により、脂肪細胞が破壊するのに適した45℃以上の温度を一定時間、安定的に保つことで皮膚や筋肉などの組織を傷つけることなく、脂肪細胞のみにダメージを与えます。冷えによる代謝力の低下、太ももなどの広範囲の凹凸脂肪(セルライト)の改善にも効果が期待できる痩身治療法です。

マシンが肌に触れずに脂肪細胞を破壊する「ヴァンキッシュ」

高周波を照射して広範囲の脂肪細胞を減少させる非接触型の痩身マシンです。肌に触れることなく皮下脂肪だけを加熱・破壊するため、施術中の痛みやダウンタイムが少ない治療です。また、通常の痩身マシンでは難しかったBMI数値が30以上の人でも施術を受けることが可能といわれています。1回の治療で広範囲の脂肪にアプローチが可能なので、ウエストやヒップ、太ももに適した痩身マシンです。また、非接触型で皮下脂肪をマシンで挟んだりするなどの必要がないため、脂肪量の少ない体型にも対応が可能です。

細胞振動で代謝力アップの「インディバ」

高周波エネルギーを体の深部まで到達させて体を温めることにより、体内にある老廃物の排出を促して、代謝力をあげる痩身マシンです。深部加熱によって血行や代謝力が促進することから、冷え性やむくみの改善や全身痩身(または部分痩身)への効果が期待できます。痛みや刺激が苦手な方に適した痩身治療です。

手術による医療痩身

手術をおこなうドクター

「調節性胃内バルーン留置痩身治療」で食欲抑制

BMI27以上の高度肥満症例が対象の痩身療法です。胃の中にシリコン製バルーン(風船)を留置し、胃の容積を少なくすることで空腹感を抑えられ、自然な体重減少に導きます。バルーンは最長12カ月間胃の中に留置することができ、現在の体重の約10%程度の減量を目指せます。

皮下脂肪を吸引管で直接取り除く痩身「脂肪吸引」

脂肪吸引とは、脂肪細胞そのものを物質的に取り除く痩身手術です。脂肪を吸引する部位を5ミリほど切開した後、カニューレと呼ばれる専用の吸引管を挿入して、皮膚下の脂肪を吸引することでボディラインを整えていきます。最大のメリットは気になる部位を確実に痩身できることです。バストのサイズをキープしたまま、ウエストやヒップだけを細くしたいという方に適した痩身法ともいえます。一方、長期間のダウンタイムが必要であることや、麻酔による医療トラブル、ドクターの技術力不足により吸引後の皮膚がデコボコしてしまうことなどがあるため医療機関選びは慎重におこなうことが大切です。

内服薬・サプリメントによる医療痩身

サプリメントを飲む女性

食欲抑制のダイエット内服薬「サノレックス」

「サノレックス」という錠剤で、厚生労働省が承認した初めての食欲抑制剤です。主成分である「マジンドール」が満腹中枢に作用することで食欲を抑制するので、ストレスのないダイエットが可能となります。また、新陳代謝が促進されるため有酸素運動と組み合わせると、より効率的な痩身を目指すことができます。食欲が抑えられない方や一回の食事量が多い方など、食事によるダイエットに悩んでいる方はドクターの診断のもと検討しても良いでしょう。

脂肪吸収を阻害するダイエット内服薬「ゼニカル」

「ゼニカル」とは日本の厚生労働省に当たるアメリカ食品医薬品局(FDA)認可の安全性の高いダイエット薬です。食後1時間以内に飲むだけで食事で摂取した脂肪分を大幅にカットしてくれます。

ゼニカルに含まれるオーリスタットという有効成分が、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを抑制。脂肪分が体に吸収されず、そのまま便とともに体外に排出されます。

市販でも購入可能なダイエットサプリメント「BBX」

「BBX」とは、コルチゾールの分泌を整えることで食欲を抑制して、摂取カロリーの約50%をカットしてくれるサプリメントです。ストレスなどによる過食太りや肥満症の方に向いています。

コルチゾールとはストレスホルモンとも呼ばれ、コルチゾール値が高くなることで、イライラしたり食欲に異常が生じることがあるため、コルチゾール値のバランスを整えることはダイエットの成功に大きく関係するといえるでしょう。

医療痩身とエステ痩身メニューとの違い

エステの施術を受ける女性

医療機関でおこなう痩身治療とは医療行為であるため、その効果はエステサロンでの痩身施術とは大きく異なります。

医療機関での痩身はドクターが体質や肥満度数などを診断したうえで、使用薬剤や痩身マシンなどにより最適な治療がおこなわれます。一方、エステでは医師法により脂肪細胞への影響は違法行為となり認められていません。痩身マシンの出力も医療用と比較し、医療従事者以外のスタッフが取り扱い可能なまでに低い出力設定となります。

効率のよい全身痩身や部分痩身を目指すためには、ドクターによるしっかりとした診査のもと、医療機関による痩身治療をおこなうことが大切です。また日頃からバランスのとれた食生活や適度な運動により、健康的なボディラインを目指しましょう。

自分にあった医療痩身を選択するためには

相性の良い痩身治療を選択することは理想のプロポーションを叶えるための近道になります。自分にあった医療痩身メニューを選択するためには以下のような項目をチェックするとよいでしょう。

  • 部分痩せをしたいのか、全体的に痩せたいのか
  • メスを使用する痩身治療に抵抗は無いか
  • 一気に痩せたいのか、徐々に痩せたいのか
  • 続けやすい料金設定か
  • 料金相場は低すぎず高すぎないか
  • 医療機関は通院しやすい場所にあるか
  • 症例が多く技術が豊富なドクターが在籍している医療機関か
  • 自分にあった施術を提案してくれるドクターか
  • 治療内容をしっかり説明をしてくれるか

医療痩身に伴うリスクや注意事項を把握しておく

医療痩身は医療技術によって痩身効果を得ることができるので、運動や食事制限などはしなくてもよく気軽に感じられますが、あくまでも医療行為なのでリスクはゼロではありません。

希望する施術がある場合は施術内容や料金、リスクや注意事項など事前にリサーチし、不安や疑問はドクターに相談・解決したうえで施術を受けましょう。

医療痩身後は適度な運動と正しい食生活でリバウンドを予防

医療痩身治療は保険が適用されない自由診療メニューが多いため比較的高額になりやすいという特徴があります。せっかく高額な痩身治療で脂肪を落としても、偏った生活習慣を続けるとリバウンドしてしまいます。

適度な運動や正しい食生活を心がけて理想的なボディラインの維持に努めましょう。