レーザー治療でしみやニキビなどの肌悩みが改善する理由とレーザーの種類

レーザー治療を受ける女性

レーザー治療はメスを使用しない美容医療なので、腫れや出血がなくて体への負担が少ないという特徴があります。メスを使う外科手術に比べると一度に得られる美容効果は比較的おだやかですが、そのため美容医療がはじめてでも受けやすい治療の一つです。

レーザー治療は、しみ・そばかす、肝斑、ニキビ、ニキビ跡、毛穴、しわ・たるみ、脱毛の効果があります。そして波長や照射時間の違いにより、さまざまな種類のマシンがあります。

レーザーがどのように作用して症状を改善するのか、改善したい症状にはどのような波長や照射時間のレーザーを選ぶと良いのか、などをしっかり理解することが大切です。

特定の物質を選択して破壊できるレーザー治療

レーザー(Laser)とは「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」の頭文字をとった略語で「誘導放出による光の増幅」という意味があります。

太陽の光や白熱電球などから出る白色光を、光を分散させることができるプリズムに通すと7色に分離されるように、光は複数の波長(色)の集まりです。対してレーザーは、光の波長から特定の一つの波長(一色の光)を人工的に取り出して増幅したもので、光よりも鋭く一直線に進むという特徴をもっています。

レーザーと光の波長の比較表

レーザーでは、波長が皮膚のなかにある色素や物質によって選択的に吸収されることと、レーザーの照射時間、照射エネルギーを調整することで、特定の症状を治療することができます。

レーザーの波長を使い分けて肌悩みを改善

美容医療では波長が異なるレーザーを使い分けて、しみやニキビ、毛穴の開きなどの特定の肌悩みを改善に導きます。

レーザーには、しみ・そばかすの原因であるメラニンなどの黒い色素に吸収される波長と、赤ら顔やニキビ跡の改善に関係する毛細血管などの赤い色素に吸収される波長、水分に吸収されて温める作用がある波長があります。

たとえば、しみ、そばかすの原因であるメラニンの黒色に作用するのは600nm~800nmあたりの波長帯で、波長が短いほどメラニンに吸収されやすいといわれています。また、ヘモグロビンの赤い色素は吸収されやすい波長のピークは3回あって、420nm、540nm、580nmあたりで吸収されやすいとされています。

肌悩みに効果的な波長のレーザーを肌に照射すると、メラニンやヘモグロビンに吸収されて熱エネルギーに変換されます。するとメラニンやヘモグロビンが破壊されるので、肌悩みが改善されます。レーザーはターゲット以外に反応しないので、まわりの組織にダメージを与えることはありません。

また、この反応によって起こる熱刺激によって、肌の弾力成分であるコラーゲンやエラスチンを生成する繊維芽細胞が活性化され、みずみずしくハリのある肌へと導きます。

レーザーの種類 波長 作用
Nd-YAGレーザー 532nm、1064nm メラニン色素・ヘモグロビンの赤い色素に反応
表在性、深在性のしみやそばかす、赤アザの治療
ダイレーザー 585nm付近 ヘモグロビンの赤い色素に反応
赤アザや血管性疾患の治療
ルビーレーザー 694nm メラニン色素に反応
表在性のしみやアザを治療
アレキサンドライトレーザー 755nm メラニン色素に反応
しみやアザの治療
ダイオードレーザー 810nm~940nm メラニン色素に反応
深在性のしみやアザの治療
CO2(炭酸ガス)レーザー 10600nm ホクロやイボの切除

レーザーの照射時間を調整してターゲットだけを破壊

レーザー治療で肌悩みを解決するためには、波長だけでなくレーザーの照射時間である「パルス幅」の概念も重要です。

パルス幅が短いほど威力が強くなりますが周りに熱が広がりにくいため、照射時の痛みと肌へのダメージが少なくなります。そして同じ波長のレーザーでもパルス幅が変わると効果やダウンタイムが異なります。

パルス幅は、ミリ(1/1000)秒、マイクロ(1/100万)秒、ナノ(1/10億)秒、ピコ(1/1兆)秒があって、ミリ秒のレーザーをロングパルスレーザー、ナノ秒のレーザーをQスイッチレーザー、ピコ秒のレーザーをピコレーザーといいます。レーザーマシンのなかには、ターゲット(症状)によってパルス幅を変えられるように、複数のパルス幅を搭載しているものもあります。

ロングパルスレーザー

1/1000秒で照射するロングパルスレーザーには、アレキサンドライトレーザー、Nd-YAGレーザー、ダイオードレーザーがあります。

おもに脱毛の施術で使用されますが、アレキサンドライトレーザーやNd-YAGレーザーは色素沈着・肌質の改善といった総合的なエイジングケアレーザーして高い効果があるとされます。

Qスイッチレーザー

しみ治療として多く使用されています。メラニンだけを選択的に破壊して、周りの皮膚へのダメージを避けられる、パルス幅を短くしたレーザーです。Qスイッチレーザーは1/10億1秒(1ナノ秒)の照射が可能で、Qスイッチレーザーには、Qスイッチアレキサンドライトレーザー、Qスイッチルビーレーザー、QスイッチNd-YAGレーザーがあります。

レーザートーニング

QスイッチNd-YAGレーザーを低出力で照射する方法はレーザートーニングといわれていて、肝斑の治療に使われます。

ピコレーザー

Qスイッチレーザーより短いパルス幅のレーザーとして、ピコ単位で照射できる「ピコレーザー」というマシンです。ピコとは照射時間を表す単位で、1/1000億秒という一瞬の照射が可能です。

レーザーの波長やパルス幅にこだわらないフラクショナルレーザー

レーザー治療ではレーザーの波長とパルス幅の概念が重要になりますが、波長とパルス幅にこだわらない照射方法としてフラクショナルレーザーがあります。ドットプリンターのように皮膚表面に極小の穴をあけるようにレーザーを多数照射する方法で、点状に細かく照射することで、高出力でも照射ができます。

蒸散型フラクショナルレーザー

蒸散型フラクショナルレーザーは、アブレイティブ(ablative)フラクショナルレーザーともいわれます。レーザーを点状に照射することで皮膚の正常部分が残るので、ダウンタイムが長引くことなくレーザー照射部分は組織が修復されていきます。

フラクショナルレーザーは、盛り上がりのあるほくろやイボの治療で、炭酸ガスレーザーのフラクショナルレーザーがよくつかわれます。水分に吸収されやすい10,600nmの波長の炭酸ガスレーザーを照射することで細胞内の水分を温めて蒸散でほくろやイボを破壊します。

非蒸散型フラクショナルレーザー

蒸散型フラクショナルレーザーに対して、皮膚(上から表皮層、真皮層、皮下組織)の真皮層だけを損傷させてるフラクショナルレーザーを、非蒸散型フラクショナルレーザー、ノンアブレイティブ(non ablative)フラクショナルレーザーといいます。

レーザー治療をほかの美容治療と比較

IPLと高周波と超音波の波長の違い

レーザー治療と光治療の違い

レーザー治療と似て異なる光治療は、広範囲に均一に照射することができるので顔全体に広がるしみ治療に適しています。レーザーと比較すると穏やかなエネルギーでの照射治療なので、かさぶたや炎症などのダウンタイムは少ないですが、繰り返しの治療が必要となります。

また、レーザーが一つの波長であるのに対して、光にはさまざまな波長が含まれるので、しみ・そばかす、肌の赤みなど、異なる悩みに同時に働きかけることができます。そのため、しみを含めた複数の肌悩みにアプローチするなら光治療、部分的なしみだけに作用させたい場合はレーザー治療が適しているといえるでしょう。

レーザー治療と高周波・ラジオ波(RF)治療の違い

高周波(ラジオ波・RF)は光と同様に、電磁波の一種です。高周波の周波数帯は、ラジオの周波数帯であることからラジオ波、英語のRadio Frequencyの頭文字をとってRFともいわれます。

レーザーは強いエネルギーを短時間で照射しますが、高周波は比較的に弱いエネルギーを長時間あてて体の深部を加熱して、血流と代謝力を促すことで肌のハリを取り戻すことや痩身を目指します。また、光治療と高周波治療が一度に施術できるマシンもあります。

レーザー治療と超音波(HIFU)の違い

超音波(HIFU)は約70℃ほどの点状の熱で、皮膚表面を傷つけることなく皮膚の深いところである真皮層や、皮膚の下にあるSMAS層(表在性筋膜)にアプローチします。レーザー治療と違って、しみのある皮膚表面への作用はないことから、深いしわやたるみの改善、痩身治療に使われます。

レーザー治療と家庭用美顔器との違い

脱毛やLED、RFなど家庭用美顔器もさまざまな機種があり、誰でも手軽に購入することができます。中には痛みを感じるほどハイパワーの美顔器も販売されていますが、家庭用美顔器と美容医療のレーザーマシンには、薬機法でさだめられたルールにより明確な違いがあります。

家庭用美顔器は誰もが安全に使うことができて「肌・体の構造、機能に影響をあたえないもの」となります。このため家庭用美顔器には「小顔になる」「しわやしみが消える」「たるみ改善」などの効果効能はなく、そして広告での表現も違法となります。

レーザーなどの美容医療マシンは国家資格をもった医療従事者のみが使用することができます。これにより脱毛やしみ、皮膚組織や脂肪細胞などの「治療・改善」をおこなうことができるのです。

レーザー治療の必要な回数とおもなレーザーの種類

しみ・そばかす治療

鏡を見る女性

しみ、そばかすの原因となるメラニンに働きかける波長のレーザーによって、メラニン色素(しみ・そばかす)のみを破壊します。しみ以外の皮膚には負担がほとんどかかりません。破壊されたメラニンは、ターンオーバーにより肌の表面に徐々に押し出され、排出されます。

レーザー照射部位は黒く、かさぶたのように浮き上がりますが約1週間~10日で自然と剥がれるので、無理に剥がすことのないよう注意が必要です。照射後の状態によっては保護テープや軟膏が処方されることもあります。

推奨されている施術回数

1回で効果を実感できる治療もありますが、ターンオーバーにあわせ約4週間おきに3~6回ほど照射を重ねることで、しみを取ることができるといわれています。しかしレーザー治療により、一度治療したしみが再び現れることも少なくありません。その際はドクターに相談して適切な治療をおこないましょう。

おもなレーザーの種類

  • レーザートーニング
  • QスイッチYAGレーザー
  • ピコレーザー

肝斑治療

肝斑がある女性

頬の左右対称にぼんやりと広がる薄いしみ、肝斑。女性特有の疾患でストレスやホルモンバランスが原因といわれています。肝斑は通常のしみ治療レーザーによる強いエネルギーでの刺激はメラニンを増産してしまい、悪化の原因になることも。

メラニンを作るメラノサイトへの刺激を最小限に抑え、肝斑のメラニンのみを破壊するレーザーでの治療が必要となります。かさぶたができることはありませんが照射部位に刺激を与えないよう注意が必要です。

推奨されている施術回数

しみの程度にもよりますが、約1~2週間おきに約5~10回の治療後、ドクターの診断により継続を検討しましょう。

おもなレーザーの種類

  • レーザートーニング

ニキビ・ニキビ跡治療

肌を気にする女性

レーザーを照射すると、ニキビの原因菌であるアクネ菌が殺菌されて、過剰な皮脂分泌がコントロールされるため、ニキビを改善に導いてくれます。また、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどを活性化させて、代謝力を促すことで肌を健康な状態へ底上げしてくれるので、ニキビが再発しにくい肌質になります。

さらに、赤みのあるニキビ跡や凹みがあるニキビ跡も、熱変性により真皮組織を再構築させて改善されるといわれています。

施術後は保護テープなどでカバーする必要はありません。直後は赤みと軽い痛みを伴いますが、1~2日ほどで治まります。

推奨されている施術回数

ニキビの状態によってはすぐに効果を感じる場合もありますが、ほとんどはターンオーバーにあわせ約4週間おきに4~6回ほどの照射を重ねることで、なめらかな肌へ近づきます。

おもなレーザーの種類

  • アレキサンドライトレーザー
  • フラクショナルレーザー

毛穴の開き・黒ずみ治療

毛穴を気にする女性

毛穴の開きは肌コラーゲンやエラスチンなどの真皮層の衰えや変化によっておこります。レーザーを照射することによって皮下組織に刺激を与えて、弾力成分を再生され肌にハリがでることで毛穴が縮小します。

黒く酸化した皮脂が毛穴につまった状態、いわゆるイチゴ鼻にもレーザー治療は効果が高いとされています。レーザー治療で肌コラーゲンを再生して毛穴を縮小させることで、黒ずみを伴う広がった毛穴とイチゴ鼻の改善に導きます。

レーザー治療の直後は赤み、ヒリつきが出る場合もありますが約2~3日で治まるといわれています。当日のメイクも可能ですが、照射部位への強い刺激はさけることが大切です。またフラクショナルCO2レーザーでの治療後は24時間メイクができないのでご注意ください。

推奨されている施術回数

約1カ月半~2カ月おきに5回ほど繰り返すと良いといわれていますが、レーザーの種類や症状によって施術回数は異なります。とくに深いクレーター状のニキビ跡は繰り返しの治療が大切です。

おもなレーザーの種類

  • アレキサンドライトレーザー
  • フラクショナルCO2レーザー
  • ピコレーザー
  • YAGレーザー

しわ・たるみ治療

乾燥や紫外線、加齢などが原因で現れるしわや初期のたるみは、レーザー治療で肌質の改善が期待できます。

レーザーで繊維芽細胞が刺激されると、コラーゲンの生成が促進されて肌にハリが出るので、しわやたるみにも作用するといわれています。

直後は赤みやほてりが出る場合もありますが約2~3日で治まるといわれています。施術後のメイクは可能ですが、レーザーの種類によって24時間はメイク不可の施術もあるのでドクターに事前に確認するのが安心です。

推奨されている施術回数

一度で劇的にしわやたるみがなくなることはありません。約1カ月半~2カ月おきに5回ほど繰り返すと良いといわれていますが、しわの深さやたるみの症状によって施術回数は異なります。

ほくろ・あざ治療

ほくろ、あざも症状によってはレーザー治療で改善されます。手術療法とは異なり、色をもった細胞だけを破壊するため、肌に傷跡が残ることは少ないとされていますが、ほくろ・あざの種類によっては対応するレーザーの種類が異なり、また繰り返しの治療が必要なことがあります。まれに、ほくろでなく悪性黒色腫(メラノーマ)の場合もあり、気になるほくろや、あざは健康のためにも早期の受診が大切です。

おもなレーザーの種類

  • Qスイッチレーザー
  • ロングパルスレーザー
  • フラクショナルCO2レーザー

刺青(タトゥー)除去

レーザーによる刺青除去も、しみやほくろと同様に皮膚の中にある色素のみにレーザーエネルギーが反応し、除去することができます。以前は黒い色素しか改善できなかったのですが、ピコレーザーの登場により赤、青などの色素も治療可能となりました。

刺青除去は刺青の入っている面積などによって治療回数が異なり、多くの場合は

繰り返しのレーザー照射が必要です。個人差があるためドクターの診断のもと、適切な治療をおこないましょう。

おもなレーザーの種類

  • アレキサンドライトレーザー
  • フラクショナルCO2レーザー
  • ピコレーザー
  • YAGレーザー

レーザー治療の流れと注意事項

レーザー治療は対応する症状がさまざまですが、おおむね治療の流れは同じです。

(1)洗顔

洗顔をして肌を清潔にします。

(2)目をゴーグルで保護

レーザーの光が目に入らないようゴーグルで保護します。

(3)麻酔クリームを塗布

強いレーザーを当てる治療の場合は麻酔クリームを塗ることがあります。

(4)レーザー照射

治療部位にレーザーを照射します。

(5)クーリング

レーザーの熱でほてっている肌を冷やして落ち着かせます。また、治療によっては保護テープをしたり、軟膏を塗ったりします。

レーザー治療は10分から20分ほどで終了します。施術直後のメイクが可能な場合がほとんどですが毛穴の開き治療など、レーザーの種類によっては直後のメイクは不可の場合がありますので、必ずドクターの指示に従いましょう。

レーザー治療の痛みは輪ゴムで弾かれたよう痛み

症状や治療する面積・部位によって痛みの感じかたは個人差がありますが、レーザー治療の痛みは、輪ゴムで弾かれたような痛みと表現されます。無痛とまではいかないまでも成人であれば充分に耐えられる痛みといえるでしょう。レーザー治療でつかわれる麻酔には、局所麻酔(クリーム・テープを含む)や全身麻酔がありますが、レーザー治療の多くは短いものでは数分、長くても30~40分の間には終わることが多いので、深度の深い麻酔が用いられることはあまりありません。

レーザー治療の注意点とアフターケア

美容レーザーの施術後は赤みやほてりを感じることもあります。そのときは保冷剤を清潔な布などに包んで患部を冷やしましょう。これらの症状はほとんどの場合は数時間から数日以内に鎮静します。

施術後の肌は乾燥しやすいため、しっかり保湿ケアを心がけましょう。外出時には紫外線対策をしっかりおこない、患部のマッサージや過度な洗顔による摩擦などで、メラニン生成がおこらないよう気をつけましょう。

レーザー治療後は入院・通院の必要はありません。ただし飲酒や長時間の入浴、激しい運動などは控えましょう。過度な血行促進によって照射部位の赤みやかゆみが増してしまう可能性があります。翌日からは生活に制限はありません。

レーザー治療の費用相場

医療機関や治療内容によって異なりまりますが、1回の照射で10,000円~50,000円程度が相場です。

レーザー治療と併用すると良い美肌治療薬

美肌治療薬

美容レーザー照射後の肌はいつも以上にデリケートです。ドクターに相談の上、内服薬や点滴などで肌回復を早めることも方法のひとつといえるでしょう。

  • 高濃度ビタミンC点滴(美白効果、抗酸化作用、免疫機能強化作用)
  • シナール(メラニン色素生成の抑制、既成メラニン色素の還元促進)
  • トラネキサム酸(メラノサイト活性化の抑制、抗炎症作用)
  • 飲む日焼け止め(抗酸化成分による日焼けダメージケア)

レーザー治療で失敗しないために

レーザー治療に適した時期

レーザー治療は基本的に年中いつでも可能ですが、治療後は紫外線を防ぐことが大切です。そのため、「徹底した紫外線予防ケアに自信がない」「屋外活動が多い」という方などは紫外線が強く降り注ぐ春夏をさけ、秋冬に施術をおこなうのもよいでしょう。

注意したいのは結婚式やイベントへ向けての美容レーザー施術です。しみとりレーザーなどは一時的にかさぶたとなるので、イベント直前での施術はさけ、万が一の肌トラブルに対応できるよう余裕ある期間での治療計画をおこないましょう。

レーザー治療の副作用とリスク

美容のためレーザー治療を繰り返すことでおこるリスクは、比較的少ないとされています。

レーザー治療を繰り返すと皮膚が薄くなる、硬くなるといった副作用は、適切な周期での照射であれば影響はないといえるでしょう。

レーザーによる刺青(タトゥー)の除去治療も、以前であればケロイドのような治療跡となるリスクがありましたが、ピコレーザーの登場により比較的、治療跡が残りにくい施術となりました。

レーザー治療とビニール肌

過度なスキンケアや美容施術が原因でおこるといわれる「ビニール肌」。これは一見、ツヤがあり、美しい肌と思われがちですが、強い摩擦をともなう間違ったスキンケアや、肌代謝の周期を無視した短期間でのピーリングやレーザー照射によってキメが摩耗してしまった状態のことです。

「キメが細かい」「キメが整っている」など肌の美しさを表すキメとは、皮膚表面にある皮溝(ひこう)と皮丘(ひきゅう)とが規則正しく並んでいる状態をあらわします。紫外線や摩擦、過度なスキンケアによってこの並びが乱れると、皮膚のバリア機能が弱まり保水力が失われて、肌荒れや老化を招く原因となるため注意が必要です。

適切なレーザー施術であればビニール肌となる心配はありません。ドクターの診断のもと、正しい周期で症状にあった治療により、若々しく美しい肌を目指しましょう。