医療HIFUマシンのウルセラによる効果のピークとダウンタイム・リスク

鏡を見てたるみを気にする女性

加齢によるフェイスラインのたるみを改善へ導く医療HIFUマシン「ウルセラ」。長期的なダウンタイムを必要とする外科的手術をおこなわず、超音波を照射することで表情筋を覆う筋膜(SMAS層)が熱により収縮して、たるみを強力に引き上げることが可能とされています。

ウルセラによって発生する熱エネルギーはSMAS層だけでなく、真皮層にある線維芽細胞を刺激することでコラーゲンやエラスチンの生成を促して、たるみ治療と同時にハリ感のある肌質を目指す照射施術といわれています。

一方、HIFUの強力な熱エネルギーによる施術トラブルも少なくありません。ウルセラによる安全性の高いたるみ治療を受けるためには、その効果とリスクをしっかり理解して信頼のおける医療機関を選ぶことが大切です。

ウルセラは超音波による医療用たるみ治療マシン

ウルセラ(UltheraSystem)は、ドイツMerz Pharma 社(開発した米国ウルセラ社を買収)の高密度焦点式超音波といわれるHIFU(ハイフ)を利用した、たるみ治療マシンです。ウルセラピーともいわれ、ウルセラによるたるみ引き上げ施術をウルセラリフトとする医療機関も多くあります。

HIFUは施術部位をピンポイントで照射可能

施術を受ける女性のイメージ

HIFUとはHigh Intensity Focused Ultsasoundの略で高密度焦点式超音波を意味します。超音波によるエネルギーを焦点に集中、60℃以上の高熱を発生させることで皮下脂肪と筋肉の間にあるSMAS層が熱により収縮(熱タンパク質変性)をおこすため、フェイスラインのリフトアップなどに効果があるといわれています。

虫眼鏡で太陽光を一点に集中させると焦点が高温になる現象に近しいですが、HIFUの熱エネルギーは表皮にやけどの影響を与えることなく、たるみ改善に作用します。

HIFUによるたるみ治療は個人差はあるものの、照射直後から肌のハリ改善を感じることも多いとされています。また施術2カ月~3カ月後が最もリフトアップ効果を得られるといわれます。

ウルセラは皮膚を切らずにSMAS層を引き上げる

光(IPL)やレーザー、高周波(RF)といったほかのエネルギーソースでは届かない、表情筋の表面にあるSMAS層にまで作用するのが、HIFUによるウルセラ施術のおもな特長です。

顔のたるみ改善において効果的な方法は、表情筋を広範囲に覆うSMAS層を引き上げることといわれています。

これまでSMAS層を引き上げるためにはフェイスリフトといわれる外科的手術によっておこなわれていました。額の生えぎわや耳前部を切開後、皮膚をはがしSMAS層と靭帯を引き上げ余った皮膚を切除する手術は大きなたるみ改善効果が期待できる一方、長期にわたるダウンタイムを必要としました。

ウルセラによる施術は全身麻酔やメスを必要とせず、皮膚の上からHIFUを照射することでSMAS層のゆるみを収縮・改善して、リフトアップへと導きます。フェイスリフトなど外科的手術に抵抗がある、また長期的なダウンタイムをとることができない方に適したたるみ治療といえます。

コラーゲン生成の促進により肌のハリ改善

皮膚は外側から表皮・真皮・皮下組織の層状となり、真皮には保湿や弾力性維持を担うコラーゲンやエラスチンなどを生成する線維芽細胞が多く存在します。線維芽細胞は加齢や紫外線などの影響により衰え、生成力が低下することで肌のハリ感が失われて、たるみやシワを引きおこすとされています。

ウルセラにより真皮層へ熱エネルギーが与えられることで線維芽細胞が刺激されて、コラーゲン生成が促されます。真皮の約70%はコラーゲンが占めることから新しいコラーゲンに置き換わることで、肌のハリ改善や毛穴の収縮効果が期待できます。コラーゲン生成により、弾力性や保水性が向上するとターンオーバーといわれる皮膚の代謝周期が整うため、全体的な肌質改善へ導くとされています。

ウルセラの効果のピークは約3カ月後で持続は約半年

鏡を見る女性のイメージ

ウルセラは施術を受けた直後から、肌のハリに変化を感じる方もいるとされています。一般的に効果が現れる目安は、真皮層のコラーゲンが熱刺激による反応で新しいコラーゲンに置き換わる約2カ月~3カ月後からです。さらにその後も効果は半年程度、持続するといわれています。

最初の施術から数カ月後に追加の施術(タッチアップ)をおこなうと、さらに効果が高まり持続期間が長くなるといわれています。

ウルセラのHIFU治療が向いている方

  • 1回の治療で大きな効果を得たい方
  • 顔や首のたるみが気になる方
  • 肌のハリ、小ジワ、毛穴の開きが気になる方
  • ほうれい線、マリオネット線、ゴルゴ線が気になる方
  • 外科的な手術は受けたくない方
  • ダウンタイムを短く済ませたい方

ウルセラによるワキガ治療

ウルセラは、ワキガ・多汗症を改善に導く作用も期待できます。これまでワキガ・多汗症の治療には、皮膚を切開してにおいの原因を含む汗の出るアポクリン腺を取り除く手術が最も有効とされていました。

ウルセラによるワキガ・多汗症施術は医療機関によって「ウルセラクール」「ウルセラドライ」と呼ばれています。HIFUの熱エネルギーによりアポクリン腺・エクリン腺へ限局的な熱損傷を与えることで発汗および発汗によるにおいを抑えるとされます。外科的な手術をおこなわないことから、施術当日より日常生活を送ることが可能です。

ウルセラ以外にHIFU施術ができるおもなマシン

マシン名 メーカー 特徴
ダブロ・ゴールド Hironic社
(韓国)
・HIFUの焦点が大きく痛みが少ないといわれている
ウルトラフォーマーⅢ Classys社
(韓国)
・マシンの先端(カートリッジ)を付け替えることで、皮膚深部に熱エネルギーを伝える
・照射スピードが速く短時間で施術可能
ソノクイーン Newpong社
(韓国)
・ミニカートリッジにより目元などの浅い層へ施術可能

ウルセラはFDAによって安全性と有効性が認められている

ウルセラは開発段階よりハーバードメディカルスクール、マサチューセッツ総合病院などをはじめ、米国にある数々の医療研究機関で臨床実験を重ねて誕生しました。

日本の厚生労働省にあたるFDA(米国食品医薬品局)により、「リフトアップ」の分野ではじめて、医療機器としての安全性と有効性が認められています。

韓国で医療機器として認められているウルトラセルQプラス(韓国Jeisys社製)やウルトラリフト(韓国EVO社製)などがあり、マシン名が類似していますがウルセラとは異なる機種となります。

たるみは真皮・皮下組織・筋層のゆるみがおもな原因

肌を確認する女性のイメージ

加齢などにより現れるたるみ、シワの原因は皮膚から筋層の全てにあるとされています。

  • 真皮の変化:加齢や紫外線などの外的刺激により、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが減少。ハリ・弾力性が失われ、皮膚のたるみが生じる。
  • 皮下組織の変化:加齢とともに代謝機能が衰えて脂肪細胞が肥大化。重力の影響で下垂したりSMAS層が衰えて脂肪を支えられないことから、たるみが生じる。
  • 筋肉の変化:加齢に伴い顔にある筋肉、表情筋が衰えて脂肪層を支えきれず、たるみが生じる。

ウルセラは深さが異なる3つの層に照射できる

顔のたるみは真皮だけでなく、その下にある皮下組織とSMAS層の衰えによって現れます。

ウルセラは、トランスデューサーと呼ばれるマシンのハンドピース先端を付け替えることで、深さが異なる層に適切な熱エネルギーを届けることができます。

照射の深さ 作用
真皮層(1.5mm) 真皮層の中央部に照射。コラーゲンやエラスチンの生成を促してハリや弾力を改善
皮下組織(3.0mm) 真皮層の深い部分からSMAS層に照射。
肥大した皮下組織(脂肪)の引き締め作用
SMAS層(4.5mm) SMAS層に照射。皮膚を支えきれなくなったSMAS層の引き締め作用

照射部位によって異なる作用と効果的な焦点深度およびショット数

ウルセラの効果はHIFUのショット数と出力の高さによって左右されます。ウルセラには、米国でおこなわれた臨床実験によって作成されたガイドラインが存在して、部位ごとにショット数や出力の目安が設けられています。

部位 目まわり(ウルセラアイ ) 頬~フェイスライン 首(あご下)
期待できる施術効果の目安 シワが目立たなくなり、ハリが出る 額とこめかみに照射することで眉をリフトアップ
まぶたのたるみを改善
・ほうれい線、ブルドッグ状の頬が目立たなくなる
・フェイスラインの引き締まり
二重あご、フェイスラインのたるみ改善
トランスデューサー 1.5mmまたは3.0mm 1.5mm 4.5mmまたは3.0mm 4.5mmまたは3.0mm
ショット数の目安 40~100 40~60 130~ 50~140

ショット数が多く出力が高いほどリフトアップ効果を得られやすい一方で、出力の高さにより痛みも感じやすくなります。そのため、医療機関ごとに麻酔の使用や出力の調節に加え、一人ひとり異なるたるみの程度や皮下組織、骨格にあわせたショット数で施術がおこなわれます。

ウルセラとほかのたるみ治療の比較

マシン/施術 サーマクール タイタン スレッドリフト
メーカー solta medical社
(米国)
Cutera社
(米国)
-
エネルギーソース 高周波 近赤外線 スレッド(糸)
施術の特徴 ・ウルセラがリフトアップなのに対してサーマクールは引き締め効果
・適用範囲が広く、ボディにも施術可能
・米国FDA認可
・真皮層に刺激を与えて、コラーゲンやエラスチンの再生を促進
・コラーゲンを収縮・再生させることでたるみを改善
・HIFUに比べると痛みが少なく、施術費がリーズナブルな傾向
・効果はゆるやかなので複数回の治療が必要
・皮膚を切開せず、糸で皮膚を引き上げる
・糸で固定される分、強力かつ自然なリフトアップ効果が期待できる
・糸の種類によって持続期間は異なる

ウルセラとサーマクールを併用したたるみ治療

サーマクールは、ウルセラと同じたるみ治療に使用するマシンですが、目的と照射深度が異なります。

ウルセラはHIFUによって脂肪層の下にあるSMAS層に作用するリフトアップの施術といわれますが、サーマクールは高周波で脂肪層を引き締めるタイトニングといわれ、ボディへの施術も可能 です。

SMAS層を引き上げるウルセラと、顔の脂肪を引き締めるサーマクールを併用することで効果的なたるみ治療がおこなえるといわれています。治療例としてウルセラ照射の1カ月以内にサーマクールを照射するなどがありますが、ドクターの診断のもと適切な施術をおこなうことが大切です。

リフトアップ効果の即効性が期待できるたるみ治療

ウルセラによるリフトアップの効果が現れるのは2カ月~3カ月後がほとんどであるため、早期にたるみを改善したい場合は即効性の高い施術を選択してください。またウルセラと同日に併用できる施術もあるとされています。

施術 作用
ヒアルロン酸注入 皮下にヒアルロン酸を注入することで直後より、シワ・たるみを目立たなくさせることが可能なダウンタイムの短い注入施術
ボツリヌス注射 筋肉のはたらきを弱める作用があり、筋肉内に注入することで表情筋を弛緩させて表情ジワができにくい状態にする注入施術(注入2、3日後から効果・約2週間で安定)
スレッド(糸)リフト 皮膚を切開することなく専用針により皮下に糸を通し、糸で皮膚を引き上げた状態で固定する施術であり、吸収糸・非吸収糸など多くの種類が存在する

ウルセラを受ける前に確認しておくべきこと

チェックリストのイメージ

ウルセラを受けられない方

  • 埋め込み式除細動器(ペースメーカー、金属製インプラントなど)を体内に留置している方
  • 重度の心臓疾患がある方
  • 創傷治癒の遅延を招く疾病がある方
  • 自己免疫疾患の方
  • てんかん発作の既往がある方
  • 顔面神経麻痺の疾病がある方
  • 妊娠中または授乳中の方
  • 関節リウマチなどの膠原病の疾病がある方
  • ケロイド体質の方
  • 施術部位に皮膚疾患や外傷がある方
  • 副腎皮質ステロイドまたは非ステロイド性抗炎症薬を慢性投与されている方
  • 施術部位に金の糸やシリコンが入っている方
  • 出血性障害または止血機能障害の疾病がある方

ウルセラで施術できるのは顔と首

ウルセラが対象としているのは、顔から首にかけての部位で、首より下の体の部位に対する施術は適応していません。

また、ウルセラは照射面が浮かないように強く押し付けながら皮膚の深くに熱エネルギーを作用させるため、皮膚の薄い上まぶたへの直接照射や、鼻や喉ぼとけなどに対する施術はおこなわれません。

ウルセラは軽度のたるみでは効果を感じづらい

ウルセラはたるみを改善に導く施術なので、加齢によるたるみがない方では効果が感じられない傾向にあります。目の下や頬まわりの脂肪が下がりはじめる30代以降の方に向いている施術とされています。

たるみ治療はさまざまな方法があるため、施術を受ける医療機関でドクターに相談して決める必要があります。また肌質はとくに問わず、男性でも施術可能です。

ウルセラの施術中や施術後の痛みとリスク・副作用

ウルセラは出力の高い照射治療であることから効果が現れやすい一方で、照射部位によっては強い痛みを感じることも少なくありません。

痛みをやわらげるために冷却しながら施術をおこなったり 、出力の調節や麻酔を使用する医療機関も多くあります。また施術後は顔の表面に赤み・ヒリヒリ感・筋肉痛のような痛み・腫れ・むくみ・色素沈着などの症状が現れることがありますが、数日から1週間ほどで落ち着くとされています。

額への照射をおこなった際、まれに神経に影響して額から頭頂部にかけて若干のしびれが感じられる場合がありますが、2週間~4週間で消失することがほとんどです。

エコー画像をモニターで確認しながら安全に施術

ウルセラには施術部位の断面を映し出すエコー画像(超音波画像)機能によって、モニターで照射の様子を確認しながら施術します。照射する深さが分かるので、表面に熱が加わることで生じる火傷のリスクを防ぎながら、的確な深さにエネルギーを作用させることができます。

ウルセラ施術後の注意事項

血行が促されることで赤みやほてりが強まる可能性があるため、施術当日は飲酒やサウナ、長時間の入浴を避けてください。

筋肉痛のような痛みが出る場合がありますが、ほとんどの場合は数日で落ち着くとされています。照射部位は、強いマッサージや圧迫は避けてください。また施術後は、肌に負担がかかる日焼けはしないように紫外線対策をおこなってください。

ウルセラと相性が良く相乗効果が期待できる施術

施術 特徴
サーマクール 高周波を広範囲に照射して対象の皮膚全体の引き締めが可能なサーマクール、狙った層にピンポイントで熱エネルギーを伝えてリフトアップをおこなうウルセラの相乗作用によって、単一で施術を受けるよりも高いたるみ改善効果が見込める
Vシェイプ
クラリティタイトニング
・皮下脂肪に作用する超音波を照射し、脂肪の代謝を促す作用のあるVシェイプ
・線維芽細胞に熱エネルギーを与えて、コラーゲンとエラスチンの増生を促す作用のあるクラリティライトニング
・それぞれとウルセラを併用することで効率的なリフトアップと引き締め効果が見込める

ウルセラと併用して受ける際は注意が必要な施術

注意が必要な施術 注意点
ピーリング系の施術 前後2週間はあけたほうが良い
光治療系の施術 前後1ヶ月はあけたほうが良い
糸(スレッド)リフト ・糸のタイプによってはウルセラとの併用可
・金の糸などの金属が入っている場合は不可

ウルセラの料金相場

部位 施術の料金相場
両頬 100,000~180,000円
目尻+下眼瞼+額外側 70,000~200,000円
下あご+頚部 90,000~400,000円
顔全体(両頬+目尻+額外側) 180,000~500,000円
顔全体 (両頬+目尻+額外側+下眼瞼) 200,000~700,000円

ウルセラは自由診療のため料金設定は医療機関によって異なります。

ウルセラ施術の流れ

(1)カウンセリング・診察

ドクターによるカウンセリングを受けます。肌の状態を診察して、ウルセラの施術に関することや注意事項について説明を受けます。施術について心配なことや疑問など、不明な点はしっかり質問して解決してください。

(2)クレンジング・洗顔

メイクをしている場合はクレンジングで落とし、洗顔して施術部位を清潔な状態にします。

(3)マーキング・ジェルの塗布

照射をおこなう部位にマーキングをおこない、冷却用のジェルを塗布します。

(4)施術

痛みが苦手な方は塗るタイプの麻酔、笑気麻酔のいずれかを使用する場合もあります。テスト照射をおこない、肌に異常が出ないかチェックしたうえで施術を進めます。

(5)クーリング・終了

医療機関によって施術後、保湿・鎮静パックでクーリングをおこないます。ダウンタイムはほとんどないので、照射直後に通常通りメイクが可能です。施術にかかる時間は部位やショット数によって異なりますが、顔全体の場合は45分前後が目安とされています。

ウルセラで安全性の高いたるみ治療をおこなうために

白衣を着た医療従事者のイメージ

HIFUによる施術は医療機関だけでなくエステサロンなどでもおこなわれる一方、国民生活センターには火傷や神経損傷などの事例が報告されています。

「エステサロン等でのHIFU機器による施術でトラブル発生!」

医療機関(美容クリニック)で使用されるウルセラなどのHIFUマシンは医療機器となり、エステサロンで使用されるマシンは美容機器に分類されます。薬機法により美容機器は出力の上限が厳しく設定され、体(細胞)への効果・作用は認められていません。また顔は重要な神経が多数走行しているため、医療資格のない施術者によるHIFU照射は、さまざまな危険が伴うことも少なくありません。

医療機関においても、ウルセラ施術による失敗やトラブルのリスクを避けるためには解剖学に熟知し、経験豊富なドクターによる適切な診断と施術が大切といえます。