二重まぶたを形成する埋没法の知っておくべき注意点や術後の経過とダウンタイム

hutaewoman

皮膚の切開を必要とせず、医療用の糸を用いて二重のラインを作る二重術が埋没法です。人工的に二重を形成する二重術は、埋没法のほかに切開法が存在します。

埋没法は術後に糸が外れて一重に戻ってしまうこともありますが、切開法と比べてダウンタイムが少ない点に加え、抜糸をおこなうことで元のまぶたの状態に戻すことも可能です。

元のまぶたの形や理想とするまぶたのデザインは一人ひとり異なるので、糸がすぐに取れるなどの失敗を防ぐためには、埋没法の施術内容や切開法との違いを知ることはもちろん、リスクやダウンタイムの過ごし方も知っておく必要があります。

埋没法は切らずに二重まぶたを形成できる

埋没法は、極細(髪の毛以下)の糸をまぶたの内側に通し、皮下組織と結んで留めることで二重のラインを作る二重術です。

埋没法の施術にかかる時間は両目で10~30分程度と短いことから、クイック法という表記をおこなっている医療機関も少なくありません。埋没法は医療機関によって多様な糸の通し方が考案されているため、それぞれ表記や呼称は若干の差異が見られることもあります。

埋没法と切開法の違い

白い服の女性

埋没法は施術に際して皮膚を切らない一方で、切開法はまぶたを切る必要があるという点が大きな違いです。埋没法は比較的ダウンタイムの症状がマイルドで、腫れにくく、術後の抜糸も不要のため、日常生活に支障をきたすことは少ないといえます。

埋没法は施術を受けたあと、仕上がりが気に入らなかった場合は元に戻すことも可能ですが、加齢よる体質の変化などで二重幅が狭くなったり、一重に戻るケースも少なくありません。切開法は半永久的に二重まぶたをキープ可能ですが、まぶたの皮膚を切って脱脂などをおこない縫合するため、元のまぶたの状態に戻すことは困難です。

埋没法が適している方と切開法が適している方

埋没法が適している方 ・まぶたの脂肪が少ない方
・まぶたの皮膚が薄い方
・長いダウンタイムを過ごすのが厳しい方
・術後の通院が難しい方
・切開法に抵抗がある方
・なるべく自然な二重にしたい方
・気に入らなかった場合は元のまぶたに戻したい方

切開法が適している方

・まぶたに多くの脂肪がついている方
・まぶたの皮膚が厚い方
・埋没法を繰り返しおこなっている方
・まぶたを開く力が弱い方
・幅の広い二重を希望している方
・目を開ける力が弱い方
・アトピーやアレルギーなどで目をよくこする方

埋没法も切開法も年齢制限は設けらていません。切開法は埋没法に比べてダウンタイムが長く、値段も高額な傾向です。まぶたの皮膚が厚い方や、二重を形成するに際して余分な皮膚を取り除かなくてはいけないケースに適した方法といわれています。

一方で、まぶたの皮膚が薄いのであれば埋没法が適しており、まぶたに余分な脂肪がついている場合、皮膚を数ミリ切開し余分な脂肪を取り除いたうえで、埋没法をおこなう医療機関もあります。

また、過去に埋没を受けて糸が簡単に外れてしまった経験のある方は、ドクターから切開法を提案されるケースも少なくないので、再び埋没法を受けようと考えている方はドクターに相談してみるのもよいでしょう。

埋没法で使用する糸は体内に残っていても害はない

まぶたに埋め込む極細の糸はナイロン製で、体内で分解されない非吸収性です。埋め込んだ糸は、抜糸をおこなわない限り自然に消えることはありません。外科でも用いられている医療用の糸であり、通常は体内に残していても害はありませんが、まれに感染や炎症が生じた際は抜糸をおこなわなくてはいけません。

埋没法で使用する糸は、耐久性の面からすると細いほど切れやすいですが、細いほど術後にポコっとした小さな膨らみ(糸の結び目)がまぶたに生じにくいといわれいます。糸の長さや細さといった規格はメーカーによって異なり、針と糸が別になっているものもあれば、一体化されているものもあります。

埋没法は再手術を受けることが可能

目元を触る女性

術後、過度に太ったり痩せたりすると二重のラインがなくなってしまう可能性に加え、まぶたを掻いたり強い力でこすったりすると、留めた糸がとれてしまう場合もありますが、埋没法を受ける回数に制限はなく、繰り返し受けることができます。再手術は、加齢とともに二重が薄くなってきたタイミングでも受けることが可能です。

二重の状態が継続する期間には個人差があり、まぶたの脂肪の厚さによっては数カ月で外れてしまう方や、10年以上の長期で持続する方もいます。保証期間内であれば治療費なしで再手術を受けられる医療機関もあるため、事前に保証期間の有無や期間を確認しておきましょう。

再手術を受ける場合、一般的に前回の施術で埋め込んだ糸の抜糸が必要となるため、初回に施術を受けたときよりも、腫れが大きくなるケースがほとんどです。皮膚の薄い部位に負荷がかかる施術のため、何度も再手術を繰り返すのは医学的にも好ましくありません。再手術のたびに腫れや痛みといったダウンタイムに加えてトータルの費用も高くなるので、確実に二重をキープしたいのであれば切開法も検討するべきです。

埋没法は二重幅をさらに広げたい場合や片側だけの施術も可能

埋没法は元から二重の方にも適応であり、二重幅をさらに広げたいというケースにも適応するとされます。さらに片側だけの施術も受けられるため、まぶたの左右差を整えることも可能であり、昨今は女性に限らず男性の患者様も増えつつあります。

埋没法はまぶたを好みのデザインに仕上げることも可能

埋没法は二重まぶたを人工的に作れるだけではなく、まぶたを好みのデザイン(形状)に仕上げることも可能とされます。元のまぶたの状態によっては近づけるのが困難なまぶたもありますが、再現可能な二重まぶたの形は、主に以下の4種類があります。

  • 末広型二重:日本人の二重まぶたにおいて最も多いとされている形で、目頭の近くでは二重のラインがほとんど現れませんが、目尻にかけて二重の幅が広くなります。
  • 奥二重:ナチュラルな印象を与える奥二重は、パッチリ二重は恥ずかしいという方にも向いています。また、男性で選ぶ方が多い傾向のまぶたとされています。
  • 平行二重:二重の幅が目頭から目尻にかけて一定で、まつ毛のラインに沿って平行な形。埋没法に加えて、目頭切開が必要となる場合があります。
  • 幅広の平行二重:西洋人やハーフの方によく見られる二重まぶたであり、目をより大きく見せる効果が期待できますが、まぶたの一部切開を必要になることもあります。

一重まぶたを二重まぶたにする方法をまぶたの構造から確認

一重と二重の違い

一重まぶたと二重まぶたの違いは、目を開く役割を持つ眼瞼挙筋腱膜(がんけんきょきんけんまく)が、まぶたの皮膚とつながっているかどうかです。眼瞼挙筋腱膜が皮膚とつながっていないと、一重まぶたになります。皮膚との接続があるケースでも、結合力が弱かったり過剰な皮下脂肪がついていたりすると、開眼時にまぶたの皮膚が持ち上がらず、二重のラインが現れません。

二重まぶたの構造は、眼瞼挙筋腱膜がまぶたの皮膚とつながっています。目を開いた際、眼瞼挙筋腱膜が収縮して皮膚が引き上げられることで、まぶたに溝(ヒダ)が生じ、二重のラインとして現れます。埋没法は糸を使用し、まぶたに溝ができるメカニズムを再現することで人工的に二重を作ります。

埋没法の種類

埋没法には挙筋法(きょきんほう)と瞼板法(けんばんほう)の2種類があります。それぞれの方法について詳しくみてみましょう。

挙筋法は幅の広い二重ラインを形成できる

挙筋法

まぶたの裏側にある眼瞼挙筋腱膜と、まぶたの皮膚を糸で結び固定し、二重にする方法が挙筋法です。眼瞼挙筋腱膜はまぶたを開閉する役割があるので、糸をかけることにより術後は一時的にまぶたを開閉しづらいと感じることもありますが、眼瞼挙筋腱膜は瞼板よりも高い位置にあるため、瞼板法より幅の広い二重に仕上がるとされています。

先述したとおり、生まれつき二重まぶたである場合は、眼瞼挙筋腱膜から伸びた筋と皮膚がつながっていて、目を開ける際にまぶたの皮膚が内側に引き込まれることで、二重のラインが発生します。挙筋法は、眼瞼挙筋腱膜から伸びている筋の役割を糸で再現する方法です。

挙筋法が適している方

  • まぶたが腫れぼったく、余分な皮膚がある方
  • 幅の広い二重を理想としている方

瞼板法は眼瞼下垂を引き起こすリスクが低い

瞼板法

瞼板法は、まぶたの縁に存在する瞼板と、皮膚を糸で留める方法です。まぶたの開閉をおこなう筋肉組織に糸をかけないので、まぶたの開きが重く垂れ下がった状態になってしまう眼瞼下垂を起こすリスクが低いといわれています。

瞼板は軟骨のように硬い組織なので固定が安定し糸が取れてしまう可能性が低く、二重のラインが続く期間が比較的長いといわれています。

瞼板法が適している方

  • まぶたが腫れぼったく、余分な皮膚がある方
  • 奥二重などの幅が狭い二重を理想としている方

埋没法の「〇点留め」とは片目に使用する糸の数

埋没法における「〇点留め」とは固定する箇所の数ではなく、基本的に片目あたりに使用する糸の数を表すものです。埋没法は、1本の糸をまぶたへ通す際に針を入れる場所と針が出る場所の2箇所で針穴ができます。たとえば「2点留め」の埋没法は使用する糸の数が片目につき2本で、針穴は4つということです。

ただし、自由診療の美容外科では施術のメニューを自由に決められるため、医療機関によっては表記の内容が異なるケースもあるため、施術を受ける際はドクターに確認しましょう。

まぶたに通す糸の数は、皮膚の厚みや脂肪の量、希望する仕上がりのデザインによって変わります。1点で留めるよりも2点や3点など複数の糸で留めた方が、二重の持続性は高くなりますが、そのぶんダウンタイムも長くなるといわれています。糸を通す際にループ状の線を使い固定する、結び目を増やす、糸同士を絡めるなどして、糸が外れにくい方法を独自で考案している医療機関もあります。

埋没法のダウンタイムと注意事項・術後の経過

埋没法のダウンタイムと注意事項

・術後の腫れ
個人差はありますが、腫れのピークは術後の翌日~3日目で、腫れは2週間ほど経てばほとんどの方が緩和するといわれています。また、腫れが気にならなければ、翌日から仕事に行くことも可能です。

・メイク
アイメイク以外のメイクは翌日から可能ですが、摩擦によって糸がゆるんだり、外れることがあるため、アイメイクは1週間ほど控える必要があります。

・入浴や洗顔、プール
入浴により体が暖まることで血液循環がよくなり、内出血が起きたり腫れが悪化する可能性があるため、術後1週間ほどは湯舟に浸からずシャワーのみで過ごした方がよいとされています。洗顔は術後の24時間後から可能です。なお、プールは創部に細菌が入り炎症を引き起こすリスクがあるため、1週間は控えましょう。

・運動
施術を受けた当日~翌日ほどまでは、針穴が十分に塞がっていないことがあります。運動により汗をかくと、針穴に汗が入り感染を起こす可能性があるため、激しい運動は1週間ほど控えるべきです。

・喫煙や飲酒
タバコを吸うと血液循環が滞り治癒力が低下するため、施術受けた当日の喫煙は控えましょう。また、飲酒により血行がよくなりすぎると内出血や腫れが長引くことがあるため、数日~1週間は控えましょう。

・コンタクトの着用
施術中はコンタクトを外す必要がありますが、術後は数日~1週間でソフト、ハードともに着用可能です。

・まつ毛パーマやエクステ
パーマ液や接着剤との相性によって変わりますが、糸が緩む原因にもなるので、目安は傷が完治してから1カ月後です。エクステが付いた状態でも埋没法を受けることは可能ですが、施術中に取れてしまうことがあります。

・フェイスエステやマッサージ
固定した埋没糸が緩んでしまうリスクがあるため、エステやマッサージは2週間~1カ月は控えましょう。

・レーシック
埋没法の施術を受けた場合でも、1ケ月経過すればレーシック治療を受けることは可能とされています。

・ルミガン点眼液
まつ毛の育毛作用が期待できるといわれているルミガン点眼液ですが、感染のリスクを減らすために2週間ほどは控えるべきです。

・レントゲン検査
埋没法で使用される糸は医療用のナイロン糸であるため、レントゲンを撮っても糸が映り込むことはありません。

ダウンタイムを短くする方法

カレンダー

埋没法によるダウンタイムは、以下のような過ごし方を心がけることで腫れや内出血といった症状が落ち着く傾向にあるとされています。

  1. 安静:まぶたが心臓より高い位置にあった方が腫れにくいので、椅子やソファなどで安静に過ごします。
  2. クーリング:治療を受けた当日はできるだけタオルに包んだ保冷剤や氷などで冷やします。
  3. 血行をよくしない:入浴はシャワーなどにして、運動・飲酒は控えましょう。

埋没法を受けた直後や、ダウンタイム中はまぶたの腫れや赤みが目立ちます。腫れや赤みが完全になくなるまでの期間は個人差があります。

埋没法の施術を受けた後日の経過

直後 まぶたが腫れる、二重を形成した部分に赤い点状の傷が目立つ、目に異物感を覚えることがある
1~2週間後 まぶたの傷が目立たなくなる
2~3週間後 目のゴロゴロとした異物感が落ち着く
1カ月後 まぶたの腫れがなくなる
3~6カ月後 目元の組織が落ち着いて安定する

施術を受けた医療機関によっては点眼薬や、鎮痛剤が処方されることがあります。また、埋没法によって上まぶたに小さな傷ができるため、ドクターから抗菌作用のある軟膏を1週間ほど塗布するように指示される場合もあります。

施術後は二重を形成した部分に赤い点状の傷ができますが、1~2週間ほどで目立たなくなります。白目の表面を覆っている眼瞼結膜の一部が腫れて目に異物感を覚えることがありますが、2~3週間ほどで落ち着きます。

腫れが完全になくなるのは1カ月後、目元の組織が完全に落ち着くのは3~6カ月後です。奥二重のように二重のラインが控えめだと腫れが少ない一方で、二重のラインが広いと腫れやすい傾向にあります。

埋没法を受ける前に知っておくべきこと

埋没法のリスク

リスクのイメージ

埋没法による視力低下などのリスクはありませんが、糸は人体にとって異物であるため、術後はものもらいになりやすくなります。まぶたの内側にある瞼板腺(マイボーム腺)が糸によって塞がれ、炎症を起こしてしまうことが原因です。また、埋没法による主なリスクは以下の通りです。

・内出血
施術に際して麻酔注射や針を通すことによって細かい血管に傷がついた場合、まぶたの皮膚で内出血が起きることがありますが、通常は1~2週間でおさまるといわれています。

・埋没糸の露出
まれに、埋没糸がまぶたの皮膚の表側に露出することがあり、その際は抜糸が必要です。まぶたの裏側に糸が露出した場合は、目の痛みや異物感、結膜の充血といった症状が現れ、角膜が傷つくリスクがあるため、早急に施術をうけた医療機関で抜糸をおこないましょう。

・まぶたの左右差
糸を通す位置や結ぶ強さが不適当であった場合、まぶたの仕上がりに左右差が生じるケースがあります。

・埋没糸が透けて見える
埋没法では、術後に抜糸が必要となった際のために、わかりやすい色のついた糸を使用するのが一般的です。まぶたの皮膚が薄い方や、糸を埋め込んだ位置が浅かった場合、糸が皮膚の上から透けて見えることがあります。

・ニキビのような炎症
術後、糸の結び目が埋め込まれている部位に、ニキビのようなできもの(炎症)が生じることがあります。埋没法を受けた医療機関から処方された点眼薬を数日使用することで落ち着くこともありますが、日数が経つほどニキビが大きくなったケースや、痛みを感じる際などは医療機関に相談しましょう。

・結び目による膨らみ
皮膚の浅いところに糸の結び目がある場合、目を閉じたときにポコっとした小さな膨らみが二重のラインに現れることがあります。一方で皮膚の深すぎるところに糸の結び目があると、目がゴロゴロとした異物感を覚えることがあります。痛みを伴った異物感の場合、糸がまぶたの内側で外れている可能性もあるため、医療機関やドクターに相談しましょう。

埋没法の施術を受けられない方

  • キシロカイン(麻酔)アレルギーのある方
  • ものもらいや結膜炎を発現している方
  • ナイロンアレルギーのある方
  • ケロイド体質の方
  • 癒着が起きやすい体質の方
    (※切開法の方が向いています)
  • 妊娠中、授乳中の方

抜糸をしてやり直す場合は糸と皮膚が癒着する前に

埋め込んだ糸は、時間の経過につれて皮膚との癒着が進行します。糸と皮膚が完全に癒着すると、抜糸をおこなう際に糸の発見が困難になります。保証期間内であれば無料で抜糸できる医療機関もあるため、術後に元のまぶたの状態に戻したくなった場合や埋没法をやり直す場合は、糸と皮膚の癒着が進行する前に医療機関に相談するのが良いでしょう。

糸と皮膚の癒着が進行した場合、癒着が起きている部位ごと切開することで糸を取り除くことも可能ですが、まぶたの皮膚の表面に傷が残ることがあります。

埋没法の施術の流れ

(1)診察・カウンセリング

まぶたの状態を診断し、ドクターから施術内容や治療方針、リスク、麻酔方法などの説明を受けます。また、希望の二重の幅やデザインを伝えましょう。

(2)デザイン

鏡を見ながら理想の二重のラインをシミュレーションし、マーキングをおこない仕上がりのデザインを決めます。

(3)局所麻酔

まず目薬タイプの麻酔を点眼して痛覚をやわらげ、まぶたに局所麻酔を注射します。麻酔によって痛覚が麻痺するため、施術中に痛みを感じることはほとんどないといわれています。

(4)施術

針を使いまぶたの裏側に糸を通し、結んで固定します。使用する糸の数によって変わりますが、施術にかかる時間は両目で10~30分ほどが目安です。

二重テープは治療を受ける1週間ほど前から禁止です。実際に施術を受けるのは、診療・カウンセリングを終えて、まぶたのデザインが決まった後日となります。麻酔の効力は2時間ほどですが、術後に麻酔が完全にきれた後でも痛みを感じる方は少ないといわれています。

術後は痛み止めの薬を処方している医療機関もありますが、ドクターから特別な指示がない限り術後の通院は必要ありません。

埋没法の施術料金の目安

電卓と小物

糸の固定数によって多少変動しますが、埋没法の施術料金は平均すると50,000~100,000円ほどが目安です。安い医療機関では、30,000円以下で施術をうけられるケースもあります。

美容目的として二重を形成する埋没法は基本的に保険適応外ですが、まつ毛が内側を向いてしまう内反症(ないはんしょう)の診断がなされた場合、保険適応可能となるケースがあります。医療機関によっては現金払いのほか、カード払いや分割払いなどが選択可能です。

埋没法の施術で納得できる医療機関の選び方

病院の選び方のイメージ

糸の留め方や部位が不適当であると、左右差のある不自然な二重になったり、短期間で糸が緩んで一重に戻ってしまうことがあります。ドクターのスキルと経験によっては、初対面の人であれば「埋没法を受けたかどうか」がわからないほど自然な仕上がりとなるため、美容整形外科の専門医や、実際の施術実績を公開しているなどの信用できる医療機関で施術を受けましょう。

希望する二重まぶたのデザインによっては埋没法より切開法の方が適しているケースもあるので、施術に対する疑問にドクターがしっかりと応えてくれるか見極めることも重要です。信用できるドクターに担当してもらうことで、自身の顔のパーツにあったまぶたのデザインや、まぶたの状態にあった施術を提案してもらうことができます。