• HOME

目の横幅を広げる目尻切開の効果とダウンタイム・失敗しないために知っておきたい基礎知識

0
0

SHARE

目尻に指をあてている女性

目尻を切開することで、目の横幅を広げて大きく見せる目もと整形の手術が目尻切開です。目尻側の目の横幅が広がることによって、切れ長で印象的な目もとにしたり、カーブが緩やかなやさしい印象の目もとへ導くことが可能なほか、つり目や小さい目の改善が期待できます。

目尻切開の術式は主に2種類があって、それぞれ切開の方法や仕上がりの変化といった特徴が異なるため、手術を検討する際は事前に術式ごとの特徴について理解しておくことが大切です。また、手術によって切開できる目尻の範囲は限られているため、目尻切開の手術だけでは外見上の変化を感じにくいこともあり、自身が理想とする仕上がりによっては、目頭切開や二重形成術といったほかの手術の組み合わせが必要になることがあります。

目尻切開によって目の横幅が広がる仕組みと手術内容、手術後のダウンタイムや経過の目安について把握することはもちろん、目尻切開と併用可能な手術と組み合わせることによって得られる効果を知ることが、自身にとってより良い目もと整形の選択につながります

目の幅を外側に広げる手術の目尻切開

目の幅を外側に広げる手術の目尻切開

目尻を意味する外眼角(がいがんかく)の皮膚と粘膜を2mm~4mm程度切開したり一部切除をおこなって、目尻を外側に広げる手術を目尻切開と呼びます。

外眼角のすぐ外側の皮下には目を囲む眼窩骨(がんかこつ)という顔の骨があって、外眼角と眼窩骨の間には結膜円蓋部という小さなポケットがあり、目尻切開ではこのポケット(結膜円蓋部)を覆う皮膚を切開することで、目尻で隠れていた白目を露出させます

結膜円蓋部を覆っている目尻側の皮膚を切開することで目の横幅が広く見えたり、目尻に緩やかなカーブをつくることで、つり目を改善してやさしい印象へ導くことが可能です。また、目の幅が外側に広がることにより小顔に見える効果も期待できます。目尻切開の手術では目尻側のを切開して物理的に目の横幅を広げるため、手術後の効果の持続は基本的に半永久的であるとされます。

目頭切開は一重まぶたの方も二重まぶたの方も受けることが可能ですが、目尻側の皮膚を切開することで目の幅を外側に広げる手術であって、目そのものを大きくする効果や二重まぶたを形成する効果は期待できません。

目尻切開で改善が期待できる悩み

男女を問わずに、以下の項目に当てはまる方は目尻切開が向いている傾向にあります。ただし、もともとの目の形状や希望する目もとの仕上がりによっては目尻切開が相応しくない場合もあるので、手術が適応であるかどうかはドクターによる診断を受ける必要があります。

  • 目の横幅を大きくしたい
  • 切れ長の目もとにしたい
  • タレ目やつり目を改善したい
  • 目尻からこめかみまでの距離が長い
  • 目が小さく顔が大きく見えてしまう
  • 一重のまま目の横幅を広くしたい
  • 目の左右差を改善したい
  • 軽度の外斜視(黒目が外側に向いている状態)を改善したい

目尻切開が向いていないと診断を受ける可能性のある方

目尻のポケットが狭い方

外眼角と眼窩骨の間にあるポケットの結膜円蓋部の広さ(約1mm~6mm)には個人差があります。目頭切開は結膜円蓋部の皮膚を切開することで目尻側の白目の露出を増やす手術であるため、このポケットがもともと狭い方は切開できる部位が少ないため術後の効果を実感しづらいため、不適応と診断されることがあります。

目尻のポケットが狭いにもかかわらず切開部位を無理に広げるようとすると目尻の粘膜が露出してしまい、不自然な目もとに仕上がるなどの失敗につながる可能性があるため、ポケットが狭いと診断を受けた方はドクターにほかの目もと整形術を提案してもらいアドバイスを受けてください。/p>

切れ長の目もとにしたくない方

目尻を指で外側に引っ張ると目の縦幅が狭くなるのと同様に、目尻切開をおこなうと横方向に広がる分、縦幅が狭く見えて切れ長の印象の目もとに仕上がることがあります。目の横幅を広げたい一方で切れ長の目もとにしたくない場合は、目尻切開だけではなくて目頭切開やタレ目形成(グラマラスライン)などのほかの手術を組み合わせることで、より理想の目元に近づくとされます。

三白眼で白目の露出を増やしたくない方

もともと三白眼(黒目の下に白目が見えている状態)の方は、目尻切開をおこなうことで目尻側の白目の露出が増えて、三白眼がより目立つようになる可能性があります。そのため、現在よりも白目の露出を増やしたくない方は目頭切開の手術が向いていないといえます。

目尻切開の主な2種類の術式とそれぞれの特徴

目尻切開の主な2種類の術式とそれぞれの特徴

目尻切開の主な術式は2種類があって、多くの場合「V-Yフラップ法」または「W法(内田法)」によっておこなわれます。どちらの術式で手術がおこなわれるかは、一人ひとり異なる目のもともとの形状や理想とする目もとの仕上がりなどに応じてドクターが最適な術式を選択します。以下では、2種類の術式ごとの特徴について解説します。

目尻の皮膚と粘膜を切開して縫合する「V-Yフラップ法」

目尻切開の手術で一般的に多く用いられている術式が、目尻の皮膚と皮下の粘膜を切開した後に切開部位を縫合して固定するV-Yフラップ法です。

基本的な手術の内容としては、結膜円蓋部を覆う目尻の皮膚と粘膜をアルファベットのY字状に横方向に切開して、目尻側の白目の露出を増やして目の横幅を広げた後に、縫合糸を用いて横V字状に切開部位を縫い合わせて固定します。

手術後はダウンタイムとして1週間ほど腫れが生じて、切開部位に軽微な赤みが1カ月~3カ月程度続く傾向にあります。また、V-Yフラップ法は余分な皮膚組織の切除を伴わずに切開と縫合のみで仕上げる術式であるため、次の「W法」に比べると施術者に求められる手技の難易度は低く、手術の所要時間も短いとされますが、手術後に皮膚の治癒力が働くことによって手術前の状態に戻ってしまう可能性があります。

余分な皮膚を切除して縫合する「W法(内田法)」

考案者の名前からとって「内田法」とも呼ばれている術式が、W法です。基本的な手術の内容としては、結膜円蓋部を覆う目尻の皮膚と粘膜をアルファベットのW字状に横方向に切開して、余分な皮膚を切除した後に、切開によってできて三角形の皮膚の弁を上下に広げて外側(目尻側)の皮膚と縫合することで、目の横幅を広げることに加えて上下の幅も調節します。

V-Yフラップ法に比べると施術者に求められる手技の難易度が高くて技術による仕上がりの差が現れやすいとされる一方で、皮膚の切除をおこなうことから、皮膚の自然治癒力によって手術後にもとの状態に戻る後戻りのリスクが少ないとされています。

また、手術後はV-Yフラップ法と同様に1週間ほどの腫れや1カ月~3カ月程度の軽微な赤みなどがダウンタイムの症状として現れますが、W法は目尻側の横幅に限らず上下の幅も若干調節できるため、自然な仕上がりになりやすい術式とされています。

V-Yフラップ法とW法それぞれの特徴を比較

目尻切開の術式 V-Yフラップ法 W法
方法 目尻の皮膚と粘膜をY字状に横方向に切開した後、横V字状に縫合をおこなう 目尻の皮膚と粘膜をW字状に横方向に切開して、余分な皮膚を切除した後に縫合をおこなう
メリット W法に比べると手技の難易度は低いとされ、手術の所要時間も短い 皮膚を切除して縫合するため後戻りのリスクが低く、自然な仕上がりになりやすい
デメリット 皮膚の治癒力により後戻りの可能性がある W法に比べると手技の難易度が高いとされ、仕上がりの差が生じやすく手術の所要時間が長い

目尻切開に使用されている糸の種類

目尻切開の手術で切開部位の縫合をおこなう際に使用される糸は医療機関によって異なりますが、材質は多くの場合ナイロン製です。ナイロン製の縫合糸は体内で異物反応がおこりにくいとされており、美容医療の施術に限らず外科手術の現場において長年使用されています。

また、目頭切開は手術を終えた約1週間後に抜糸をおこないますが、医療機関によっては抜糸が不要な吸収性の縫合糸により手術をおこなう場合もあります。体内に異物が残ることに抵抗がある方は、抜糸をおこなう医療機関で手術を検討してください。

糸の色としては黒や青のほか、抜糸をおこなわないケースでは目立ちにくい透明の糸を使用している医療機関もありますが、いずれの場合も極細の糸を使用するため目立つ心配は少ないとされて、糸の細さは髪の毛より少し太い「6-0」、髪の毛と同じくらいの太さの「7-0」、髪の毛より細い「8-0」などが使用されています。

目頭切開で仕上がりのデザインを決める際のポイント

目の黄金比率を参考にデザインを決める

目尻切開の手術を受ける際は事前に仕上がりのデザインを決める時間が設けられるため、施術者に希望する目もとのイメージをしっかりと伝えることが大切です。仕上がりの具体的なイメージが定まっていないという場合にデザインの基準となるのが「目もとの黄金比率」で、一般的に美しく見えるとされる目の縦幅と横幅のバランス、目の縦幅と上まぶたのバランスを次のように表したものです。

目の黄金比率

一般的に美しく見えるとされる目もとの黄金比率は「左目の幅:両目頭間の幅:右目の幅=1:1:1」とされます。この基準をもとにデザインの微調整をおこなうことで自分の顔立ちに似合う目もとの仕上がりを目指すことができ、目尻切開によって目尻側の目の横幅を広げることで黄金比率に近いバランスへ整えることが可能です。

目尻切開とほかの手術を組み合わせることでより理想のデザインに

目尻切開は目の横幅を自然に大きく見せることができる反面、外見上の変化を実感しにくい手術ともいわれていて、理想とする目もとの仕上がりによっては、ほかの目もと形成術の併用が必要となります。目尻側の横幅に加えて、たとえば、二重まぶたの形成や目頭側の横幅も広げたいといった変化を希望する場合は、ほかの目もと整形術の組み合わせが必要です。

下記では、目尻切開と併用しておこなわれる手術に関係するまぶた周辺の組織や役割と、それぞれの手術を併用することによって期待できる変化について説明します。

手術に関係するまぶた周辺の組織

前頭筋(ぜんとうきん)
眉の上から額に位置する筋肉で、眉を引き上げる役割がある

眼窩脂肪(がんかしぼう)
眼球を保護する役割のある脂肪で、加齢などにより垂れ下がってくると目のくぼみやたるみの原因となる

眼輪筋(がんりんきん)
目の周囲を取り囲むように覆っている表情筋で、主にまぶたを閉じる際につかわれる

眼瞼挙筋(がんけんきょきん)
収縮することでまぶたを開く役割があって、眼球の後方から上部に存在する筋肉

挙筋腱膜(きょきんけんまく)
眼瞼挙筋と眼球を保護する役割がある瞼板を結合している薄い膜状の組織で、眼瞼挙筋の収縮と連動して挙筋腱膜が瞼板を引っ張ることでまぶたが開かれる

ミュラー筋
挙筋腱膜の裏に存在する筋肉で、挙筋腱膜と同様に眼瞼挙筋と瞼板をつないでいて、収縮することにより挙筋腱膜が瞼板を持ち上げる働きを補助する役割がある

瞼板(けんばん)
眼球を保護する役割があり上下まぶたのフチに存在するコラーゲン繊維が密集した板のような組織で、眼瞼挙筋とミュラー筋の収縮によって引き上げられる

タレ目形成術(グラマラスライン形成・下眼瞼下制術)

下まぶたの裏側を切開した後に、下まぶたを引っ張る結膜と筋肉を縫合して縮める手術がタレ目形成術です。タレ目形成術によって目尻側から下まぶた半分のラインを下げることができるため、タレ目がちな印象の目もとに導くことが可能とされていて、医療機関によっては「グラマラスライン形成」や「下眼瞼下制術」とも呼ばれています。

目尻切開によって広くなった目尻側の目の横幅に加えて、タレ目形成術によって目尻側から下まぶた半分のラインを下げることで白目が露出する範囲がさらに広くなるため、より目を大きく見せる効果が感じられるようになります。また、タレ目形成を同時におこなうことによって、目尻切開の手術後の後戻りを抑制することも可能とされます。

タレ目形成術の主な術式
  • 下まぶたの皮膚表面から切開して、皮膚の切除をおこなう方法
  • 下まぶたの裏側(結膜・粘膜側)から切開して、皮膚の切除をおこなう方法
  • 下まぶたの裏側(結膜・粘膜側)から切開して、皮膚の切除をおこなわない方法
  • 下まぶたの結膜と筋肉を糸で縫い留める方法

目頭切開

目頭側の白目を覆うようについている薄い皮膚の蒙古ひだを切開または切除することで、目頭にあるピンク色の涙丘(るいきゅう)という粘膜を露出させる手術が目頭切開です。アジア人の目もとに多くみられる傾向の蒙古ひだの有無は遺伝によって決まるとされて、この蒙古ひだを解消することによって目頭側の目の横幅が広がって見えるようになり、印象的なパッチリとした大きな目もとを目指すことが可能です。

また、目と目の間隔が狭まるため離れ目の改善などが期待できるほか、鼻すじが通って見えるようになるなどの効果も期待できます。目尻切開と同時におこなうことで目尻側と目頭側のそれぞれで白目の露出が広がり、さらに目の横幅を広げることができます

目頭切開の主な術式
  • 三日月法
  • Z型形成
  • W型形成

二重形成術(二重整形)

二重形成術(二重整形)は、二重まぶたのラインが出現するまぶたの構造を人工的に形成する手術で、多くの医療機関でおこなわれている美容整形のひとつです。一重まぶたの方に限らず、もともと二重まぶたの方が「平行型の二重」や「末広型の二重」などより理想の二重のラインへ近づけるために手術を受けることもあります。目尻切開と同時におこなうことで、印象的な二重まぶたにしつつ目の横幅を広くしたいなどの理想とする仕上がりを目指すことが可能です。

二重形成術の主な術式
  • まぶたの皮膚を切開せずに糸で二重のラインを形成する埋没法
  • まぶたの切開して二重のラインを形成する切開法
0
0

SHARE