• HOME

ウルトラセルQプラスのたるみ治療の効果と痛みが少ない理由

0
0

SHARE

指を頬にあてた女性の画像

ウルトラセルQプラスは、HIFU(High Intensity Focused Ultrasound)によるたるみ治療マシンです。皮膚のハリの減少、皮下にある筋膜のゆるみが原因で起こる目もとや頬・あごまわりといった顔のたるみや、皮下脂肪の増加による太もも・二の腕といった体のたるみに効果が期待できます。

一般的にHIFU(ハイフ)による施術は、皮膚深くにエネルギーが届くことから施術効果が高いとされる一方で、痛みを伴う施術といわれています。しかし、ウルトラセルQプラスはHIFU施術でありながら、痛みを感じにくいという特長があります。

痛みが少ない施術では、施術効果が弱まるイメージを持たれる傾向にありますが、ウルトラセルQプラスの作用と効果を知っておくことで、満足のいくたるみ改善を目指せます。

HIFUによるウルトラセルQプラスの効果

皮膚断面図の画像

ウルトラセルQプラス(ULTRAcelQ+)は韓国のJeisys(ジェイシス)社によるHIFU(ハイフ)マシンです。HIFU(ハイフ)は「高密度焦点式超音波」といわれる2万ヘルツ以上の超音波を1点に集めて照射する方法で、超音波が集中することで発生する高温の熱エネルギーの作用によりたるみを改善に導きます。HIFUは選択的に狙う層に対してのみ高温の熱エネルギーを照射するため、皮膚表面が熱で損傷を受けることはありません

皮膚の下から顔のたるみを引き上げるウルトラセルQプラス

皮膚から筋肉までの構造は、外側から表皮層・真皮層・皮下組織・筋膜・筋肉と層状になっています。体の筋肉は、筋肉一つひとつがそれぞれ筋膜といわれる薄い膜に覆われていますが、顔にある複数の表情筋は、頭から額・こめかみ・頬・首まで一枚の筋膜で覆われていて、顔の筋膜はSMAS層(SMAS筋膜)といわれます。

SMAS層はコラーゲンやエラスチンといったたんぱく質でできており、歳とともにコラーゲンやエラスチンが減少するとSMAS層はゆるみます。SMAS層がゆるむとSMAS層の上に位置する脂肪や皮膚がたるみます

そこで、ゆるんだSMAS層にウルトラセルQプラスによるHIFUで熱エネルギーを与えると、SMAS層が縮む「熱収縮」といわれる現象が起こりゆるみが改善されて、SMAS層の上にある脂肪や皮膚が即時的に引き上がる効果が期待できます。美容医療にはHIFUのほかにもレーザーや高周波などの照射施術がありますが、SMAS層まで作用が届く照射施術はHIFUにおける施術のみです。

またエステサロンでおこなわれるHIFU施術は、出力が低く設定されているため、SMAS層より上の皮膚層までの作用となります。

皮下組織の脂肪細胞を破壊してたるみを改善

HIFUの熱エネルギーは皮下組織にある脂肪細胞を破壊します。顔のあごまわりや、体の二の腕・腹部・わき腹・太ももなどの皮下脂肪を狙って照射することで脂肪細胞が破壊され、破壊された脂肪細胞は1カ月~3カ月かけて体外に排出されます。脂肪細胞の数自体が減少し、減少した脂肪細胞が再び増えることはないためリバウンドが起こりにくいといわれます。

汗腺を破壊することで多汗症やワキガを治療

多汗症の治療を目的にウルトラセルQプラスを使用するケースもあります。汗を出す器官である汗腺には「エクリン汗腺」「アクポリン汗腺」があり、エクリン汗腺から放出される汗はほとんどが水分です。一方、アクポリン汗腺からの汗は脂質やたんぱく質、アミノ酸などにおいのもとになる成分を多く含みます。

ウルトラセルQプラスで2つの汗腺を狙ってHIFU施術をおこなうことで、汗腺が熱で破壊されるため汗の量を少なくなり臭いが改善するとされます。

小ジワの改善や毛穴の縮小も

皮膚の真皮層にはエラスチンやコラーゲンが存在し肌のハリ・弾力を保っています。真皮層にHIFUの熱エネルギーが加わると、熱によってダメージをうけた部位箇所を修復する創傷治癒(リモデリング)の過程で、コラーゲンが生成され皮膚にハリや弾力がもたらされます。これにより、皮膚表面の小ジワの改善や毛穴の収縮効果が期待できます。

施術効果は直後にあらわれ半年ほど持続

熱収縮による即時的なリフトアップ作用

ウルトラセルQプラスの熱エネルギーを加えることで、SMAS層や真皮層にあるたんぱく質が収縮するため、即時的に皮膚が肌が引き上がり、施術直後にリフトアップ効果が得られるとされます。

コラーゲン生成による中長期的なリフトアップ作用

熱エネルギーでダメージを受けたSMAS層や真皮層では、ダメージを修復するためにコラーゲンの生成が促されるため、肌のハリや弾力が回復することによるリフトアップ作用が期待できます。コラーゲン生成は照射直後の一過性のものではなく一定の期間にわたって続く作用で、施術後2カ月~3カ月後をピークに半年~1年持続するとされます。

ウルトラセルQプラス施術後の経過

施術直後~3ヵ月 ・施術直後から肌の引き締まりを感じられる
・コラーゲン増生がおこり徐々にジワジワとリフトアップ作用が強くなる
施術後2カ月~3ヵ月 最もリフトアップ作用を実感できる
施術後半年~1年 ・コラーゲンの生成によるハリ感は最長6カ月持続する
・トータルの持続期間は半年~1年が目安

1回の施術で効果を実感できるとされますが、効果を持続したい場合は半年に1度を目安に施術の継続が推奨されています。

ウルトラセルQプラスが向いている方

  • 顔に重度のたるみや深いシワがある
  • あご下にたまった脂肪やたるんで大きく見える顔に悩んでいる
  • ほうれい線やマリオネットラインが目立ってきた
  • フェイスラインがあいまいになってきたように感じる
  • ダウンタイムが取れない
  • 体にあるつまめる脂肪を解消したい
  • メスを使用しない痩身治療を希望する
  • ほかのHIFUマシンによる施術を痛みにより断念した方

ウルトラセルQプラスは顔と体の施術が可能

HIFUによる施術マシンには、顔から首までを対象とするマシンもありますが、ウルトラセルQプラスはカートリッジを付け替えることで、顔と体の施術が可能です。目もと・口もと・あごといった顔の部位ごとの引き締めから、二の腕・腹部・太ももといった体の部位ごとの部分痩せに対応します。所有するカートリッジは医療機関ごとに異なります。

ドット式とリニア式がある顔用のカートリッジ

ウルトラセルQプラスの顔用のカートリッジには点状に照射するドット式と線状に照射するリニア式があります。それぞれにおいて、照射深度の違いで複数のカートリッジが用意されており、ドット式には1.5mm・2.0mm・3.0mm・4.5mmの4つ、リニア式には2.0mm・4.5mmの2つがあります。カートリッジによって、皮膚表面に近い層から皮膚の下に存在するSMAS層の間で熱エネルギーが届く深さを変更できるため、施術部位ごとに深度を調節して施術します。

顔部分の画像

深度(部位) 照射 適応
1.5mm
(表皮層~真皮上層)
ドット式 コラーゲン増生による引き締め、小ジワの改善、ハリ不足改善
2.0mm・Topical
(真皮層の中央部)
ドット式 コラーゲン増生による引き締め、小ジワの改善、ハリ不足改善(とくに目元)
3.0mml
(真皮下層~皮下脂肪)
ドット式 フェイスラインのたるみやほうれい線、脂肪による二重あご
4.5mm
(SMAS筋膜付近)
ドット式 SMAS筋膜の収縮による深いシワ・ほうれい線・フェイスラインのたるみ
2.0mm
(真皮層の中央部)
リニア式 肌のハリ感の改善
4.5mm
(SMAS筋膜付近)
リニア式 脂肪細胞を破壊することで二重あごなどを改善へ導きフェイスラインを整える

ドット式は引き上げ・引き締め作用

ドット式はエネルギーを点状に集中させる点照射で、たんぱく質が熱収縮をおこす65℃の熱を届けます。これにより真皮層やSMAS層にあるたんぱく質が縮むことで、皮膚を引き上げ・引き締めます。

ドット式のカートリッジは、1照射で熱を伝導できるのが約4㎟と細いため、施術が難しい目のキワやカーブした部位など細部にも対応して点状に、そして局所的に加熱します。とくに目もとなどの皮膚が薄い部位には、照射深度が1.5mmや2.0mmのカートリッジを使用します。

リニア式は脂肪細胞破壊

リニア式はドット式より新しく開発されて、照射深度が2.0mmと4.5mmの2種類のカートリッジがあります。

照射数はショット数として換算されますが、リニア式は1ショットで、ドット式の約6倍にあたる約23㎟に熱を伝道できます。また1ショットあたりの照射スピードは、ドット式が約1.5秒であるところ約0.7秒で照射できるため、全顔への照射は5分程度で完了します。これはドット式のカートリッジによる施術の約半分の時間です。

線状に照射することで広範囲に熱を届けるリニア式は、皮下脂肪がある皮下組織に熱を伝えられるようになっています。ドット式ではリフトアップ・タイトニング作用を狙いますが、リニア式では脂肪細胞の破壊を目指せる約58℃の熱で、二重あごなどにある皮下脂肪の脂肪細胞を破壊してフェイスラインを整えます。

リニア式のカートリッジによる脂肪細胞の破壊を目的としたHIFU施術を「エラーズハイフ」とよんでいる医療機関もあります。

一般的にHIFUによる施術は、施術後ダメージ修復のためにコラーゲン生成がおこなわれる3カ月程度は、同じ部位への照射は控える必要がありますが、脂肪細胞の破壊が期待できるリニア式は2週間後に同じ部位にも照射が可能です。そのためドット式によるHIFU施術よりも短期間でたるみの改善が期待できるといわれています。

照射タイプ ドット式 リニア式
照射範囲 約4㎣/line
局所加熱
約23㎣/line
広域加熱(バルクヒーリング)
照射スピード 約1.5秒/1ショット 約0.7秒/1ショット
深度(部位)
※部位や脂肪の厚みによって調整
約65℃ 約58℃
美容作用 引き上げ・引き締め 脂肪細胞の破壊

ショット数で変わる施術効果

ウルトラセルQプラスの施術では、照射数であるショット数は400ショットあるいは600ショットの設定が多くなっています。400ショットの場合であれば、たとえば照射深度1.5mmのカートリッジで50ショット、3.0mmで200ショット、4.5mmで150ショットのようにショット数が配分されます。配分に決まりはなく、一人ひとりで異なるたるみの症状や肌の状態にあわせて照射されます。

400ショットより600ショットの方が多く照射できるので、その分施術効果も高まるとされます。

体用には4つのカートリッジ

体用のカートリッジには、照射深度別に6.0mm・9.0mm・11.0mm・13.0mmの4つがあり、部位や脂肪の厚みによってカートリッジを付け替えて施術がおこなわれます。

ボディの画像

ウルトラセルQプラスとウルトラセルとの違い

ウルトラセルは高周波も照射可能

ウルトラセルQプラスと同じジェイシス社による先代のマシン「ウルトラセル」では、HIFU+高周波の施術を1台で受けられます。また高周波の照射技術として、点状に照射するイントラセル(SRR)と格子状に照射するイントラジェン(GFR)の照射技術が塔載されており、SRRはおもに目まわり、GFRは顔全体、HIFUで額・こめかみ・頬まわりの施術をおこないます。

ウルトラセルの照射方法 イントラセル(SRR) イントラジェン(GFR)
照射イメージ 先端に高周波が流れる7×7の計49本の極細針(マイクロニードル)もしくはノンニードルタイプで点状に照射 格子状になった1.5cm×1.5cmの照射口を肌にあてながら照射
美容作用 真皮層のコラーゲン増生と新陳代謝の促進 真皮層の熱刺激による即時的なタイトニング作用と、コラーゲン増生によるハリ感の回復
適応症状 目もとや口もとの小ジワ・軽度のたるみやほうれい線・肌質改善・ニキビやニキビ跡・毛穴の開き 小ジワ・軽度のたるみやほうれい線・肌のハリや弾力不足
照射深度 表皮〜真皮上層 真皮層〜皮下脂肪

ウルトラセルQプラスではエネルギーを変えることなくHIFUのみで、目もとなどの皮膚が薄くて小回りが必要な部位から、あご下などの皮下脂肪が広範囲で気になる部位の施術も可能となっています。

施術時間が短いのはウルトラセルQプラス

ウルトラセルQプラスで顔全体の施術をおこなった場合、400ショットで照射施術時間は15分~20分程度です。

ウルトラセルQプラスでは、ウルトラセルと比べると3倍の照射スピードになり、1ショットあたりの照射スピードが短いのが特長です。カートリッジを付け替えることで、目もとなどの細かい部位やあごまわりのようなカーブに沿った照射もおこないやすくなっています。

また痛みが軽減されていることで麻酔が必須ではないこと、施術直後も照射部位を冷やすクーリングが不要であることで、施術は短時間でおこうことができます。

ウルトラセルQプラスとほかのたるみ治療を比較

痛みが少ないウルトラセルQプラス

HIFUを使ったたるみ治療マシンは施術時の痛みを強く感じるため、2回目以降の施術を断念するケースも少なくありませんでした。痛みには個人差がありますが、ウルトラセルQプラスは、エネルギーの焦点密度が低くなっていることと施術時間が短縮されたことで、施術中の感覚はチクチクと感じる熱さと鈍痛がある程度とされます。痛みが心配な方には麻酔クリームを用意している医療機関もありますので、施術を受ける医療機関に確認しておくと安心です。

出力が強く痛みを伴うほかのHIFUマシンと比較すると施術効果はマイルドになりますが、それでもウルトラセルQプラスが選択されるのは、半年から1年に一度の施術を継続することを考えてより痛みが少ないマシンを選びたいという理由が挙げられます。

ウルトラセルQプラス以外のマシンによるたるみ治療

マシンによるたるみ治療はウルトラセルQプラス以外の施術もあります。多少痛みを伴っても施術効果を重視したい方、細かい部位のたるみが気になっている方、施術費用を抑えたい方、たるみの程度が軽い方など、それぞれの希望や目的に合ったマシンを選んでください。

ウルセラ(HIFU)

ウルセラは顔と首もとの施術が可能です。照射できる深度別のカートリッジの種類はウルトラセルQプラスよりも少ないものの、出力はウルトラセルQプラスより強くリフトアップ作用は高いとされます。その分照射時には痛みがあり、周囲の骨や歯に響くような痛みを感じることもあります。施術効果を優先するならウルセラが適しているかもしれません。

ソノクイーン(HIFU)

目のキワや口もと・眉下・額など、細かくカーブの多い部位への施術に向いているとされます。なかでも直径5.0mmのカートリッジで皮下2.0mmの深さへの照射は、目もとのたるみを集中的にケアする「アイシャドウHIFU」といわれソノクイーンの代表的な施術といえます。

ダブロ(HIFU)

顔と体への施術が可能で、施術料金が安い傾向にあります。ほかのHIFUマシンと比較すると施術効果の持続が短くなりますが、痛みが少ないとされます。そのため、HIFUによる施術がははじめてでも受けやすいといわれています。

サーマクール(高周波)

高周波(RF)を照射することによってたるみを改善に導く医療マシンです。旧型のサーマクールは照射時の痛みが大きいというデメリットがありましたが、改良された新型のサーマクールFLXではマシンは痛みが大幅に減少したといわれています。

照射深度は2.0mm~3.0mmほどでウルトラセルQプラスよりも浅く、皮膚深層やSMAS層までには届きません。重度のたるみではなく、SMAS層の上に位置する真皮層の熱収縮とコラーゲン増生による引き締め作用があるといわれています。

マシン名
エネルギーソース)
期待できる作用 持続時間
ウルセラ
(HIFU)
肌の引き上げ
シワ・たるみの改善
半年~1年
ソノクイーン
(HIFU)
口もと・目もと・眉間などのシワ・たるみの改善 半年~1年
ダブロ
(HIFU)
肌の引き上げ
シワ・たるみの改善
3カ月~半年
サーマクール
(高周波)
肌の引き締め
シワ・たるみの改善
毛穴縮小
半年~1年

マシン以外のたるみ治療

マシンによるたるみ治療以外に、注入施術、糸によるスレッドリフト、メスを使う外科手術があります。それぞれ施術直後に効果を感じされやすいことから即効性を求める方に向いているといえます。

ヒアルロン酸注入

女性の頬に注射をしている画像

シワやほうれい線にヒアルロン酸を注入し、溝を盛り上げることでたるみを目立たなくする施術です。あくまで皮膚の溝を埋める治療なのでタイトニング作用はありません。

ウルトラセルQプラスと比較すると低価格ですが、注入した薬剤は3カ月~6カ月かけて体内に吸収され元の状態に戻るため、効果を持続させるためには定期的な注入が必要です。

スレッドリフト(糸リフト)

突起のついた糸を皮下に挿入して引っぱり、糸の突起でたるみを引き上げます。糸の力で物理的に皮膚を持ち上げるため、施術直後からリフトアップ作用を実感しやすい点がメリットとされています。使用する糸には吸収糸と非吸収糸があり、効果や持続期間はそれぞれ異なります。

フェイスリフト手術

皮膚にメスを入れているイメージ画像

耳やこめかみ、頭部など目立たない部位の皮膚を切開し、たるんだ皮膚を切除して皮膚を引き上げる外科的手術です。マシン・注入施術・糸による切らないたるみ治療と比べて確実なリフトアップ効果が期待できますが、ダウンタイムが2カ月~4カ月程度と長く体への負担も大きい治療です。

たるみ治療 期待できる作用 施術時間 持続期間
ヒアルロン酸注入 肌のハリ向上
シワ・クマの改善
5分~10分 半年~1年
スレッドリフト
(糸リフト)
肌の引き上げ
シワ・たるみの改善
40分~60分 半年~3年
フェイスリフト手術 肌の引き上げ
シワ・たるみの根本的な改善
1時間~2時間 5年~10年

ウルトラセルQプラスのリスク・ダウンタイムと注意点

女性が座って考え事をしている画像

顔のやけどやしびれなどのリスクがある

ウルトラセルQプラスはHIFUの熱刺激によってやけどや赤みが生じる場合があります。施術中に熱さを感じた場合はすぐにドクターに伝えてください。施術後にやけどや水疱があらわれた場合は、施術をおこなった医療機関で早めに受診しましょう。

顔への照射時に感覚神経にあたることで、痺れなどの違和感があらわれることがありますが、一過性のもので通常1カ月~3カ月月ほどで回復するとされます。

また、元から痩せていて皮下脂肪が少ない頬やこめかみなどの部位に照射すると、必要以上に脂肪が減少して、頬がコケて見える可能性があります。頬やこめかみが痩せているとかえって老けた印象を与えてしまうため照射部位は慎重に決定しなければなりません。

ダウンタイムはほとんどなし

ウルトラセルQプラスは痛みが少なく切開を伴わない施術なのでダウンタイムはほとんどないとされ、施術後すぐにメイクをして帰宅できます。

SMAS層へ照射をおこなった場合は筋肉痛と似た痛みや違和感を伴う場合がありますが、数日で落ち着くことがほとんどです。皮膚の赤みは多くの場合は当日中、長引いても2日~3日とされ、腫れが出ることはほとんどないとされます。

ウルトラセルQプラスを受けられない方

ペースメーカーのイメージ画像

  • 日焼け直後の方(皮膚が熱を持ちやけどのリスクが高くなるため)
  • 過去に美容施術で金属の糸やプレートを体内に挿入している方や、ペースメーカーなど埋め込み型の医療機器を使用している方
  • 施術部位に皮膚疾患や皮膚悪性腫瘍、前癌病変を伴う方や、ケロイド体質、感染症にかかっている方
  • 血糖コントロール不良(糖尿病)の方、糖尿病の合併症がある方、高血圧の方
  • 妊娠中の方(胎児への悪影響や急な体調の変化を考慮するため)

ウルトラセルQプラスの施術の流れと費用相場

(1)カウンセリング

ドクターが照射部位を決める。施術のメリット・デメリットや費用、期間、使用する機器などについての説明を受け、理解した上で同意書にサインする。

(2)洗顔

メイクを落とし洗顔をして肌を清潔な状態にする。

(3)施術

冷却ジェルを塗布し、ウルトラセルQプラスを照射。
照射時にはHIFUマシン特有の骨に響くような痛みを感じることもあるが、麻酔なしでも耐えられる程度といわれる。

(4)洗顔

施術後はジェルをふき取り、洗顔をしたらすぐにメイクをして帰宅することが可能。
トータルの施術時間は1時間前後。

施術後の注意点

  • 施術後すぐの肌は敏感になっているため、施術部位に刺激を与えないようにぬるま湯で優しく洗顔をおこない、丁寧に拭き取るようにしてください。
  • シャワーは当日から可能ですが、血行がよくなると腫れや赤みが生じる可能性があります。お風呂に浸かる、サウナや激しい運動などは控えるようにします。
  • 施術後は皮膚の内部がダメージを受けている状態なので、光やレーザーなどの照射治療を受ける場合は、施術から2週間以上間隔をあける必要があります。
  • 赤みや腫れが1週間以上続くなど施術部位に異変を感じた場合は、施術を受けた医療機関にご相談ください。

ウルトラセルQプラスと併用可能な美容施術

施術マシンの画像

ウルトラセルQプラスは注入施術やほかのマシンによる施術との併用が可能で、相乗効果が期待できます。注入後のHIFU施術は1カ月以上開けてからおこないます。

施術名(併用するメリット) 特長
脂肪溶解注射 薬剤を注入して脂肪細胞を破壊し、二重あごなど皮下脂肪によるたるみを改善
ボツリヌス注射 筋肉の緊張を緩和させ、目尻や眉間、額などの表情ジワが刻まれるのを防ぐ。エラへの注入で顔を小さく見せる作用も
ハイドラフェイシャル 余分な皮脂や毛穴汚れを除去し、保湿成分や抗酸化成分を補給。みずみずしい肌に整え、毛穴の開きやニキビを改善
HIFUシャワー 表皮層への連続照射により、リフトアップ作用に加え、ハリ感の向上、毛穴縮小、肌のトーンアップが期待できる

ウルトラセルQプラスの費用

ウルトラセルQプラスは厚生労働省未承認機器です。自由診療になり全額自己負担となります。費用は医療機関や照射範囲によって異なります。

目の周り 30,000円~70,000円
80,000~120,000円
全顔 100,000円~170,000円
全顔+あご下+首 120,000円~200,000円

ウルトラセルQプラスの医療機関選びで失敗しないためのポイント

女性ドクターと看護師の画像

ウルトラセルQプラスは、照射の仕方や照射部位を誤ると施術部位にやけどが生じたり、顔面の中にある神経組織を傷つける恐れがあります。そのリスクを避けるためには解剖学やマシンに詳しいドクターによる施術をおこなっている医療機関を選択してください。また、自分の改善したい悩みに対応するカートリッジを所有しているかなどをも事前に確認しておくと良いかもしれません。

医療機関とエステサロンのHIFU治療の違い

エステサロンのイメージ画像

ウルトラセルQプラスは医療機関でしか取り扱うことができない医療マシンで、ドクターの診断のもと施術をおこなう必要があります。

エステサロンでもHIFUによるサービスが提供されていることがありますが、医療機関のHIFUマシンと比べると出力が弱いという特徴があります。また、消費者庁によると医療機関以外のHIFU施術によってやけどや神経の損傷などさまざまなトラブルが発生しています。HIFUマシンで施術を受ける際は医療機関を選択すると安心です。

0
0

SHARE