たるみ治療のシルエットソフトの注意点と併用治療で軽減できるデメリット

シルエットソフトはデメリットがあるのか

シルエットソフトは、糸(スレッド)を皮膚の下に入れて顔や首元のたるみを引き上げる「糸リフト(スレッドリフト)」の1つで、溶ける糸を使うタイプのスレッドリフトのなかでも高いリフトアップ効果があるといわれています。

しかし、シルエットソフトをやってみたいけれどデメリットが気になっている方や、効果がどのくらいあるのか心配な方がいるかもしれません。

シルエットソフトの痛みやダウンタイムはどのくらいなのか、また、効果や費用面でほかの糸と比較したデメリット・メリットスレッドリフト以外のたるみ改善治療と比較したデメリット・メリットを知れば、安心してシルエットソフトを受けることができます。

たるみを改善するシルエットソフトの効果

シルエットソフトの効果

シルエットソフトは、円すい形のバイオコーンと呼ばれるコーンが、糸の中心に向かって向かい合わせについている糸による施術です。

シルエットソフトの糸を針で皮膚下の2方向に挿入すると、糸の中心部を支点として向かい合うように設置されたコーンが挿入後お互いを引っ張り合うように作用するため、自然でふっくらとした立体的な引き上げが可能です。ほかのスレッドリフトのように単純に引き上げるだけでなく、頬に高さを出したり、自然な丸みのあるフェイスラインをつくるのに効果があります。

バイオコーンは8カ月~10カ月ほど、糸は1年半ほどかけて体内に吸収されていきます。バイオコーンで引き上げられた皮膚組織において傷を治そうとする創傷治癒の働きで、肌のハリや弾力の元であるコラーゲンの生成が促されます。

リフトアップ効果の持続期間は1年~1年半ほどですが、バイオコーンと糸が吸収されたあとも、糸の結び目や糸の通り道にコラーゲンなどの繊維組織が増殖するため、美肌効果が持続します。

シルエットソフトの施術部位

シルエットソフトは顔の輪郭や下顎、頬、額、眉の周り、首など、主に顔全体のたるみの改善に向いています。シルエットソフトはほかのスレッドリフトに比べて施術範囲が広く、デザインの自由度も高い施術です。

  • 額…額のたるみ、額のしわ、眉の下垂
  • 頬…頬のたるみ、ほうれい線
  • 輪郭…フェイスラインのたるみ、あごの輪郭、小顔効果
  • 首…首のしわ、首のたるみ

シルエットソフトが向いている方

  • ほうれい線が濃くなってきた
  • 口元のマリオネットラインが気になる
  • 顔全体のたるみが気になる
  • 下あごがたるんでフェイスラインがぼやけてきた
  • ハリや弾力も同時に取り戻したい
  • 高いリフトアップ効果がほしいが、切開手術など、切るのは怖い
  • 溶けずに体内に異物が残るのは不安なので、溶ける糸を使いたい
  • 腫れや痛みが少ない治療がいい

シルエットソフトの注意点

シルエットソフトのデメリット

施術中の静脈麻酔は別費用

シルエットソフトの施術中は局所麻酔が効いているので痛みを感じることはほとんどありません。局所麻酔の注射の痛みをやわらげるにはリドカインクリーム(クリーム状の麻酔)を皮膚に塗ります。

局所麻酔でも不安な方は静脈麻酔を併用すれば、うとうとと眠っている間に施術が終わります。ただし、静脈麻酔を希望すると別途費用がかかる場合もあります。静脈麻酔の対応をしているかどうかは各医療機関に確認が必要です。

2日~3日程度ダウンタイムがある

施術後は2日~3日くらいの間、腫れやむくみが出て、針の挿入箇所をさわると鈍い痛みや違和感がある場合がありますが、シルエットソフトのバイオコーンはとげ状の突起があるタイプの糸と比較すると、尖った部分の刺激によるチクチクとした痛みや引きつれ感が少ないのが特徴です。

それでもピリピリした痛みなどが気になるようなら鎮痛剤を服用してください。通常は痛みがあっても、2日~3日でおさまります。

また、大きく口をあけるとひきつれ感が出ることがありますが、1カ月程度でおさまります。シルエットソフトは皮膚を切開することなく、針を刺して糸を通すだけなので、痛みやダウンタイムが軽度です。

ゼロではないシルエットソフトのリスク

シルエットソフトはメスを使って皮膚を切開したりしないので身体への負担は少ないですが、リスクがゼロというわけではありません。

  • まれに感染症のリスクがある
  • 身体の許容範囲を越えた数の糸を挿入した場合、不自然さやひきつれ感などを起こすことがある
  • 人によっては施術後の内出血や痛み、腫れ、むくみなどが出ることがある
  • 針を刺した部分に軽い陥没や肌の異常がみられることがある
  • 皮膚組織を引きあげることで皮膚表面に凹凸が生じることがある

これらの異常が出た場合でも一般的には施術後数日で解消することがほとんどです。万が一、症状が続くようならドクターに相談してください。

針の跡が数日のこる

1本の糸を挿入するのに3つの針穴ができます。施術当日は針穴に小さな絆創膏を貼って保護します。翌日からはコンシーラーやファンデーションで隠せる程度ですが、針跡が数日のこります。

シルエットソフトの注意点

シルエットソフトは施術後すぐにリフトアップ効果を実感できますが、個人差はあるものの腫れやむくみなどのダウンタイムが数日続くので、結婚式や同窓会など、イベントの直前には施術しないほうがいいでしょう。 そのほか、施術当日や施術後1カ月くらいまでは普段の生活のなかで注意すべき点があります。

シルエットソフト施術後当日の過ごし方

  • 施術当日は炎症を抑えるために、できるだけ保冷剤を患部にあてて冷やす
  • 施術当日はメイクや洗髪を控える(最低24時間)
  • シャワーや軽い洗顔は当日から可能

シルエットソフト施術後の過ごし方

  • 痛みがある場合は鎮痛薬を飲む(2~3日間程度)
  • 血流を落ち着かせて炎症を抑えるために、寝る時は仰向けになり枕で頭をやや高い位置に保つ(3~5日間程度)
  • 洗顔や髭剃り、顔をタオルで拭く時などは、皮膚を擦ったり刺激しないように優しくそっとおこなう(5日間程度)
  • 顔や首をあまり激しく動かさず、激しい運動を避ける(2週間程度)
  • 直射日光に過度に当たらない、日焼けマシンも使用禁止(2週間程度)
  • ドライ/ミストサウナは使用禁止(3週間程度)
  • 歯科手術を避ける(3週間程度)
  • マッサージをおこなうと糸の定着が乱れるので、顔と首のマッサージやエステでの顔と首の施術を避ける(4週間程度)

シルエットソフトを受けられない方

シルエットソフトを受けられない方

皮膚感染、皮膚に炎症を起こしている方や、ケロイド、創傷治癒に問題のある方、アレルギーが起きやすい方、出血しやすい方など、体質によっては施術を受けることができません。

また、感染症にかかっている方、感染症がきっかけとなって細菌などが増殖して炎症が全身に広がる敗血症(はいけつしょう)にかかっている方や、糖尿病などの基礎疾患を抱えている方なども適応外となります。

妊娠中の女性や授乳中の女性も、安全性が確認されていないので施術が受けられません。

何か思い当たる症状やそのほかに気になることがある方は事前にドクターにご相談ください。

併用治療で軽減できるシルエットソフトのデメリット

併用治療で軽減できるシルエットソフトのデメリット

シルエットソフトはたるみを改善できてもボリュームを補えない

加齢によってたるみが起きる大きな原因のひとつは、骨や筋肉、皮下脂肪などの委縮です。 シルエットソフトは糸の中心に向かって引っ張るように肌を持ち上げるので、頬の位置を高くみせるなど立体的なリフトアップが可能といわれていますが、糸をいれるだけでは加齢にともなって失われたボリュームを補うことはできません。

ヒアルロン酸注入など注入治療の併用が効果的

加齢にともなって痩せこけてしまった頬やこめかみにヒアルロン酸注入を併用することでボリュームを補てんし、ふっくらとハリのある肌に導きます。また、ヒアルロン酸注入で細かいしわを目立たなくすることが可能です。

シルエットソフトの効果の持続期間は約1年~1年半程度

シルエットソフトのリフトアップ効果の持続期間は約1年~1年半なので、溶けない糸のスレッドリフトや、切開して皮膚を引き上げてたるみを解消するフェイスリフト手術に比べて効果の持続期間が短いことがデメリットです。効果を持続させるには1年に1回程度の施術を継続する必要があります。

照射治療で定期的にメンテナンス

また、スレッドリフトにしてもフェイスリフト手術にしても、老化の進行をストップさせることはできないので、施術をおこなったあとのメンテナンスとして、定期的にサーマクールやハイフ(高密度焦点式超音波)などのマシンによるたるみ引き締め効果や、肌にハリ・弾力をもたらす肌質改善の効果がある照射治療をおこなって、できる限りたるみの進行を遅らせることも方法のひとつです。

シルエットソフトの施術の流れなど詳しくはこちらもあわせてお読みください。

シルエットソフトとほかのスレッド(糸)リフトのデメリット・メリットを比較

シルエットソフトとほかのスレッドリフトのデメリット・メリット

ほかのスレッドリフトと比較したシルエットソフトのデメリット

溶けない糸を使うスレッドリフトに比べて効果の持続期間が短い

シルエットソフトの糸とバイオコーンは溶ける素材なので、溶けない糸を使うスレッドリフトに比べて効果の持続期間が短い(1年~1年半)のがデメリットです。

スレッドリフトに使われる糸には溶ける素材と溶けない素材があります。溶けない糸は安全性が高く体内で変質する心配のない素材が使われていて、溶ける糸よりも引き上げ効果の持続期間が長いのが特徴です。

骨膜に糸を固定するタイプのスレッドリフトに比べて引き上げる力が弱い

シルエットソフトは糸を側頭部の骨膜に固定しないので、固定するタイプのスレッドリフトに比べて引き上げる力が弱いというデメリットがあります。

スレッドリフトには糸を側頭部の骨膜に固定するタイプと固定しないタイプがあって、固定するタイプのほうがより強力な引き上げ効果があります。ただし、固定するタイプはひきつれや側頭部の痛みといったダウンタイムが長い傾向にあります。

とげ状の突起がついた糸と比べて肌表面の凸凹が目立つケースがある

スレッドリフトによる施術は、挿入した糸の深さが一定ではなく位置がずれて一部だけが深さが変わってしまった場合、歪みが生じて肌の表面が凸凹になることがあります。特にシルエットソフトのバイオコーンはとげ状のものと比べて突起が大きいので、凸凹が目立ってしまうケースがあります。

シルエットソフトの施術実績が多い医療機関を選び、しっかりカウンセリングを受けて、信頼できるドクターを選ぶことでこのようなトラブルを回避できます。

費用が高め

シルエットソフトは溶ける糸の中では引き上げ効果が高い施術ですが、費用が高めになる傾向があります。糸の長さやコーンの数によって金額が変わりますが、糸1本あたり約7万円~10万円です。また、たるみの状態や引き上げたい部位によって使用する糸の本数が変わります。使用する糸の数は、頬のたるみを改善したい場合、片頬3本~5本を挿入するのが一般的です。

ほかのスレッドリフトと比較したシルエットソフトのメリット

ほかのスレッドリフトと比較したシルエットソフトのメリット

骨膜に糸を固定しないタイプのスレッドリフトのなかでは引き上げ効果が高い

シルエットソフトは、バイオコーンと呼ばれる円すい形の突起が皮下組織を360度しっかり持ち上げるので、バーブやコグと呼ばれるとげ状の突起がついた糸よりも引き上げる力が強いのがメリットです。糸を側頭部の骨膜に固定しないタイプのスレッドリフトのなかでも高いリフトアップ効果があります。

ダウンタイムが軽度

シルエットソフトは糸を側頭部の骨膜に固定しないので、ひきつれや側頭部の痛みなどが起こりにくくて、ダウンタイムが軽度です。

体内に異物が残らないので安心・安全

シルエットソフトのバイオコーンは8カ月~10カ月ほど、糸は1年半ほどかけて体内に吸収されていきます。 ほかのスレッドリフトで使われる溶けない糸も体内で変質する心配のない安全性の高い素材が使われていますが、やはり体内に異物が残るのは不安という方には、シルエットソフトなら安心して受けていただけます。

スレッドリフトの特徴・効果・持続期間・ダウンタイム・費用を比較

  シルエットソフト スプリングスレッド ミントリフト ミラクルリフト
固定性 固定しない 固定しない 固定する 固定する
吸収性 溶ける 溶けない 溶ける 溶けない
突起の形状 円すい形の突起で
皮下組織を360度引き上げる
丸みをおびた4方向のとげが
1センチにつき24個
らせん状についたとげ ギザギザがらせん状に
特殊加工された40cmほどの糸
皮膚・皮下組織の切開 切開なし 切開なし 切開あり
側頭部の深層(深側頭筋膜)に固定
切開あり
側頭部の真皮と皮下の浅筋膀層に固定
傷跡 のこらない のこらない 側頭部の髪の毛で隠れる部位に
目立たない程度
側頭部の髪の毛で隠れる部位に
目立たない程度
ダウンタイム 腫れやむくみ、
鈍い痛みや違和感(2~3日程度)
腫れやむくみ、
鈍い痛みや違和感(2~3日程度)
腫れ、側頭部に
鈍い痛みや違和感(2~3日程度)
腫れ、痛みやひきつれ、
違和感(数日から1週間)
感染症などのリスク 非常に低い 溶ける糸に比べると高い 非常に低い 溶ける糸に比べると高い
効果 自然で立体的に引き上げる 不自然なひきつれを起こす
ことなく自然に引き上げる
側頭部に糸を固定するので
高い引き上げ効果
側頭部に糸を固定するので
高い引き上げ効果
持続期間 約1年~1年半 約4年~5年 約8カ月~1年 約4年~5年
費用(両頬で4本~8本挿入した場合) 30万円~60万円程度 20万円~50万円程度 15万円~25万円程度 30万円~50万円程度
特徴 固定せず溶けるタイプのなかでは
引き上げ効果が高いが費用は高め
柔軟性や伸縮性がある糸で
筋肉の動きに負荷がかからず
自然なリフトアップで効果長持ち
糸が柔軟なのでなじみやすく
違和感が少ないため
自然な引き上げ
高い引き上げ効果があるが、
糸に伸縮性がないのでひきつれや違和感を
強く感じるケースがある

シルエットソフトとたるみを改善するほかの施術のデメリット・メリットを比較

シルエットソフトとほかのたるみ改善治療のデメリット・メリットを比較

フェイスリフト手術とシルエットソフトの比較

フェイスリフト手術と比較したシルエットソフトのデメリット

フェイスリフト手術は、耳からこめかみあたりの目立たない部位の皮膚を外科手術によって切開して、皮膚を引き上げてたるみを解消する治療です。

シルエットソフトはフェイスリフト手術に比べ、効果と持続期間の点で劣ることがデメリットです。シルエットソフトの効果はあくまでも自然なリフトアップなので、劇的に変わることはありません。フェイスリフト手術のほうがリフトアップ効果が高く、圧倒的に見た目が変わって、効果の持続期間も5年~10年といわれています。

軽度のたるみにはシルエットソフトが適していますが、重度のたるみを改善したい場合、シルエットソフトを1年おきに繰り返し受けるよりもフェイスリフト手術を1度受けたほうがコストパフォーマンスがいいケースもあります。

フェイスリフト手術と比較したシルエットソフトのメリット

シルエットソフトはメスを使って皮膚を切開することなく針を刺して糸を通すだけなので、フェイスリフト手術に比べて痛みやダウンタイムが軽度なのがメリットです。

フェイスリフト手術はメスを使って皮膚を切開し、たるんだ皮下組織を切除するので、施術後のダウンタイムが長くなります。

シルエットソフトとフェイスリフト手術の効果・持続期間・ダウンタイム・費用を比較

  シルエットソフト フェイスリフト手術
皮膚・皮下組織の切除 切除なし 切除あり
1週間後に傷口の抜糸
傷跡 のこらない 側頭部の目立たないところに
小さな傷跡がのこる
麻酔 リドカインクリーム+局所麻酔 静脈麻酔+局所麻酔
ダウンタイム 腫れやむくみ、
鈍い痛みや違和感(2~3日程度)
腫れや内出血、
鈍い痛みや違和感(2週間程度)
感染症などのリスク 非常に低い シルエットソフトよりは高い
施術時間 約1時間 約4時間
効果 自然なリフトアップ しっかりリフトアップ
5歳~10歳程度の若返り効果
持続期間 約1年~1年半 約5年~10年
費用 30万円~60万円程度
(糸の長さや本数によって変わる)
ミニリフト(頬のみなど):30万円~50万円程度
スタンダード:100万円~250万円
(術式や組み合わせなど、手術の内容によって料金が異なる)
向いている人 30代~40代前半・
軽度のたるみ・
ほうれい線やマリオネットラインが浅い・
ナチュラルな仕上がりを求める人
40代後半~50代以降・
重度のたるみ・
ほうれい線やマリオネットラインが深い・
変化を実感したい、
若返りの効果を求めたい人

照射治療とシルエットソフトの比較

照射治療と比較したシルエットソフトのデメリット

シルエットソフトは針を刺して皮膚の下に糸を通すので、マシンをつかった照射治療に比べてダウンタイムが長いのがデメリットです。

照射治療はマシンを使って高周波や超音波によって皮膚の深い層に熱刺激を与えて肌をひきしめるものです。施術中は多少の熱感や痛みを感じることがあったり、施術後に赤みが残ることがありますが、数日で落ち着くので、ダウンタイムが軽度で肌への負担が少なくてすみます。

照射治療と比較したシルエットソフトのメリット

糸を使ってたるみを引き上げるシルエットソフトは、照射治療よりもたるみの引き上げ効果と持続性が高いことがメリットです。

照射によるたるみ治療は、シルエットソフトやフェイスリフト手術のように「フェイスラインが引き上がる」といった皮膚の移動や大きな変化を起こせるものではなくて、皮膚に含まれるコラーゲンやエラスチンの再生・増加を促すことにより肌のひきしめをおこなったり、筋肉のひきしめに作用して、たるみを改善するものです。 物理的に皮膚を引き上げるシルエットソフトやフェイスリフト手術には敵いません。

ただし、シルエットソフトやフェイスリフト手術はたるみを引き上げる効果として即効性がありますが、老化をとめることはできません。加齢とともにまた少しずつたるんでいきます。

照射治療は肌にハリや弾力をもたらす肌質改善の効果や、筋膜に作用して肌をひきしめるなど内側からたるみのもとを改善する効果が高いので、シルエットソフトやフェイスリフト手術をおこなったあとに、定期的なメンテナンスとして適度な刺激をいれていくことで、加齢とともに肌が緩んでくるのを自然な範囲で軽減する治療といえます。

シルエットソフトと照射治療の効果・持続期間・ダウンタイム・費用の比較

  シルエットソフト 高周波治療
(サーマクールなど)
ハイフ[高密度焦点式超音波]
(ウルセラなど)
効果 たるんだ皮膚を
糸で引き上げる
引き締め、小顔効果 表情筋の筋膜に作用して
たるみを引き上げる
即効性 施術後すぐ 施術後すぐ 施術後すぐ
持続期間 約1年~1年半 約1カ月~6カ月 約半年~1年
施術中の痛み 局所麻酔をおこなうので
ほとんど痛みなし
熱感、痛み 熱感、痛み
ダウンタイム 腫れやむくみ、鈍い痛みや
違和感(2~3日程度)
赤みやかゆみが生じることが
あるが数日で落ち着く
赤みや熱感、筋肉痛のような
痛みがでることがあるが
数日で落ち着く
費用 30万円~60万円程度
(糸の長さや本数によって変わる)
8万円~10万円
(部位やショット数に応じて変わる)
20万円~30万円
(部位やショット数に応じて変わる)

たるみ治療とスレッドリフトを熟知しているドクターなら安心

たるみ治療とスレッドリフトを熟知したドクターなら安心

スレッドリフトには種類がたくさんあって、それぞれ異なるデメリットとメリットがあります。シルエットソフトにもデメリットとメリットがあるので、一人ひとりのたるみの程度や希望によって、異なる特徴をもった糸を組み合わせて使用することによって効果を高めることもできます。

また、シルエットソフトと併用してヒアルロン酸注入をおこなったり、シルエットソフト施術後のメンテナンスとして照射治療を受けることも若々しい肌を保つために効果的です。

よりよい効果を求めるには、たるみ治療に精通していて、シルエットソフトをはじめとするスレッドリフトを熟知しているドクターに相談することをおすすめします。