ダウンタイムがほとんどないフォトフェイシャルM22でおこなうそばかすの治療

美肌のイメージ

フォトフェイシャルM22は厚生労働省から安全性や有効性の承認を受けている医療機器で、さまざまな肌悩みの改善が期待できるIPL(光)治療マシンです。そばかすの改善にも効果があるとされ、フォトフェイシャルM22と一緒に受けると相乗効果が期待できる施術もあります。

そばかすの改善にはフォトフェイシャルM22以外の治療方法もあるので、施術を受けたあとの経過やダウンタイムの症状、料金などの違いを知ることで、自分にあった最適な治療方法でそばかすの改善が目指せます。

そばかすの定義

そばかすは、鼻から頬にかけてできる細かいシミのことで、雀の卵のカラに似ていることから、雀卵斑(ジャクランハン)とも呼ばれています。

そばかすは遺伝によってできることが多く、子供のころに発症し、思春期になるにつれて増えて濃くなる傾向があります。一般的に思春期を過ぎると減ったり薄くなることが多いとされますが、そばかすが減る、薄くなるなどの変化は個人差が大きく、また、人によってそばかすの量や濃さは異なります。

そばかすができるメカニズム

そばかすができるメカニズムそばかすは、メラニンが表皮細胞に過剰に蓄積されることで発生します。

メラニンは、皮膚を紫外線などの刺激から守るために生成されますが、メラニンの量が増えると、通常は皮膚の新陳代謝であるターンオーバーによって体外に排出されるので、そばかすのように目に見える状態にはなりません。

しかし、そばかすができる方の場合、紫外線などの刺激でメラニンが過剰に生成されやすく、過剰に生成されたメラニンは表皮細胞に蓄積されてしまいます。メラニンの量が増えすぎるとターンオーバーで排出できる量を上回り、メラニンが蓄積してそばかすとして目視できるようになります。

シミも同じメカニズムでできますが、そばかすと違って加齢で発症するので30代以降目立ちやすくなります。またそばかすに比べて大きく、耳の前やこめかみなどにできやすいといった違いがあります。

フォトフェイシャルM22がそばかすに効くメカニズム

フォトフェイシャルM22は、IPL(Intense Pulsed Light)という電磁波のエネルギーで、メラニンやヘモグロビンといった特定の物質を損傷させて肌悩みを改善するマシンです。

そばかすを薄くする波長の照射が可能

IPLには複数の波長が含まれていて、波長がメラニンやヘモグロビンといった特定の物質に吸収されると熱エネルギーを発することで、特定の物質は損傷して体外に排出されやすくなります。フォトフェイシャルM22では、届けたい場所や改善したい肌悩みに反応する波長を照射して肌の悩みを改善に導きます。

フォトフェイシャルM22で使用されるIPLの波長は515nm~1200nmですが、9種類のフィルターによって施術に不要な波長をカットして、改善したい肌の悩みやエネルギーを届ける深度に最適な波長を照射できます。波長は長くなるほど皮膚の奥深くまでエネルギーを届けることができます。そばかすは、皮膚の一番上層である表皮に蓄積されるメラニンが原因なので、515nmや560nmといった短い波長を使用して表皮にあるそばかすに作用させます。

瞬間的に発生する熱エネルギーの維持が可能

そばかすに対してどれくらいの強さで波長をあてるか(出力)によって、メラニンが波長を吸収したあと変換される熱エネルギーが変わります。

ほかのIPL治療マシンでは、出力を上げると1ショットあたりの照射時間(パルス幅)が長くなることで、瞬間的に発生する熱エネルギー(ピークパワー)が低くなってしまいます。ピークパワーが低くなるとそばかすに作用するエネルギーが弱まります。対して、フォトフェイシャルM22の場合は、出力を上げてもパルス幅が長くなることはなく、ピークパワーを維持できるという特徴があります。

ただし、出力を上げすぎると炎症をおこしたり炎症後に色素沈着が生じるリスクがあるため、そばかすの改善には、適切な波長と出力でメラニンを損傷させる必要があります。

広い範囲のそばかすを薄くすることが可能

そばかすは広範囲に広がっていて多数あるので、一つひとつに照射をすると時間がかかりますが、フォトフェイシャルM22では一度に広い範囲に照射ができます。顔全体の施術では、10分~15分程度と短時間です。

フォトフェイシャルM22には肌に直接あたる部分であるライトガイドが3種類あって、照射の範囲を変えることができます。額や頬などの広い部位には15mm×35mmのスクエア型を、目元や口元などの細かい部位には8mm×15mmのスクエア型を、狭い部分には直径6mmの丸型をつかうことで、打ち漏らしを防ぎます。

フォトフェイシャルM22によるそばかすの治療

そばかすのイメージ図

フォトフェイシャルM22による施術の痛み

フォトフェイシャルM22は、皮膚を冷やしながらIPLを照射できるコンタクトクーリングという機能が搭載されています。また、肌と触れる部分が、冷却機能に優れているサファイアガラスでできていて、照射による熱さを冷やすことによって、施術中に痛みを感じにくいとされています。

フォトフェイシャルM22のダウンタイム

フォトフェイシャルM22による施術ではほとんどダウンタイムはなく、施術直後からメイクができます

施術したあとのそばかすの経過

赤みが生じる

個人差はありますが、IPLの波長に反応した部位に赤みが生じる程度で、数時間すれば落ち着きます

3日~1週間ほどで薄いかさぶたがはがれ落ちる

皮膚層のイメージ図

熱エネルギーでメラニンを損傷させると、メラニンを多く保持している表皮細胞や、メラニンを生成するメラノサイトも同時に損傷します。

通常、表皮細胞やメラノサイトは、表皮の基底層・有棘層・顆粒層に存在するので、ターンオーバーによって角質層に押し上げられるまでは体外に排出されることはありません。しかし、フォトフェイシャルM22の施術によって損傷した表皮細胞やメラノサイトは、1日~2日で角質層まで押し上げられて、マイクロクラストと呼ばれる薄いかさぶたになり、3日~1週間ほどで角質と同時にぽろぽろとはがれ落ちそばかすが薄くなります

赤みやマイクロクラストができても普段どおりメイクが可能です。

フォトフェイシャルM22による施術頻度と回数

1回の施術でメラニンを多く保持している表皮細胞やメラノサイト全てを損傷させようとすると、肌に大きな負担がかかって炎症を起こし、炎症後に色素沈着が生じるリスクがあります。そのため、3週間~4週間の周期で5回前後の施術で徐々にそばかすを薄くすることが推奨されています。

フォトフェイシャルM22の料金相場

フォトフェイシャルM22の料金相場は全顔の施術で30,000円~35,000円です。

初回の施術が安くなっていたり、相場と比べて安い場合は、照射する回数(ショット数)が少ない傾向があります。また、相場より高い金額の場合は、ケミカルピーリングやイオン導入など併用すると相乗効果が期待できる施術がセットになっていることもあります。HPにセット内容を載せている医療機関もありますが、セット内容の記載がないものの、相場よりも高い料金設定となっている場合もありますので、気になる場合はフォトフェイシャルM22だけの施術料金なのか、ほかの施術がセットになっている料金なのかを医療機関に確認するのがいいかもしれません。

フォトフェイシャルM22と併用すると効果的な施術

サポートのイメージ図

  • ケミカルピーリング
  • イオン導入
  • レーザー
  • 内服薬・外用薬

ターンオーバーを促進させるケミカルピーリング

薬剤を直接肌に塗ることによって皮膚をはがすケミカルピーリングは、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーを促進させることができます。

過剰に生成されたメラニンは、ターンオーバーにより角質層まで押し上げられて体外に排出されます。ただし、すぐに目に見える変化があるわけではなく徐々に薄くなるので、ケミカルピーリングだけでそばかすの治療をしようとすると、数カ月から年単位の期間がかかる傾向にあります。

しかし、フォトフェイシャルM22の施術ではメラニンを損傷させたあと、1日~2日でマイクロクラストとして角質層に現れます。マイクロクラストがすべて取れるまで3日~1週間ほどかかりますが、ケミカルピーリングを併用するとフォトフェイシャルM22だけの施術をしたときよりもマイクロクラストが取れやすくなり、メラニンの排出がよりスムーズにおこなわれます。

美容成分を肌の奥深くまで浸透させるイオン導入

イオン導入は、微弱な電流で美容成分を肌の奥深くまで浸透させる施術です。フォトフェイシャルM22の施術をおこなうと、肌が乾燥しやすくなりますが、ビタミンなどの保湿効果のある美容成分をイオン導入することで、施術のあとの乾燥を防げます。またトラネキサム酸などの美白効果のある美容成分をイオン導入すると、メラニンの過剰な生成を抑制できます。

フォトフェイシャルM22ですでにあるメラニンを排出して、イオン導入でこれからできるメラニンを抑制することで、そばかすへの相乗効果が期待できます。

メラニンを破壊するレーザー

レーザーはそばかすの治療につかわれますが、そばかすの一つひとつに照射する必要があります。基本的に、レーザーの施術料金は、一箇所あたりで計算されることが多いので、無数にあるそばかすの治療をするには、時間やお金がかかります。

フォトフェイシャルM22の施術は広範囲に数多くあるそばかすに作用しますが、メラニンの量が多かったり、メラニンが存在する表皮の層がほかと違うと、施術の回数によってはそばかすが残ってしまうことがあります。施術効果を求めて施術の回数を増やせばお金と時間がかかります。

フォトフェイシャルM22の施術で残ったそばかすの改善において効果が期待できるのがレーザー治療で、一般的には1回の施術でそばかすに作用するといわれています。

フォトフェイシャルM22とレーザーの施術を併用することで、金銭的・時間的な負担を減らしたそばかすの治療となる可能性があります。

自宅で手軽に使用できる内服薬・外用薬

内服薬・外用薬でそばかすの治療をした場合、半年~1年ほどかけて徐々にそばかすが薄くなるので、目に見える変化が小さく、治療に対する満足感が低くなる傾向にあります。

ただし、フォトフェイシャルM22と内服薬・外用薬を併用することで、より効果的なそばかす治療が期待できます。

フォトフェイシャルM22の効果で角質層まで出てきたメラニンを、L-システインといったターンオーバーを促進するような薬を併用することで、さらに体外への排出を促します。また、トラネキサム酸やビタミンCといった薬は、メラニンの過剰な生成を抑制することができるので、フォトフェイシャルM22の施術後、メラニンが過剰に生成されてそばかすが再発する確率を下げることができます。

フォトフェイシャルM22以外のそばかすの治療方法と比較

比較のイメージ図

ピコトーニングとの違い

ピコトーニングは、ピコレーザーを使っておこなう施術で、一つひとつに打つ必要があったレーザーを、低出力で照射することによって顔全体に照射ができるようにした施術方法です。

1週間~2週間の周期で5回~10回の施術が推奨されていて、平均的な1回の施術料金は15,000円~25,000円です。施術の痛みは、フォトフェイシャルM22と変わらずゴムではじかれたような小さな痛みとされています。ただし、出力によってはフォトフェイシャルM22よりも痛く感じるという方もいらっしゃいます。麻酔がなくても我慢できる痛さといわれていますが、痛みの感じ方は個人差があるので、痛みに弱い方にはクリームの麻酔を使う場合があります。

  フォトフェイシャルM22 ピコトーニング
施術の頻度 3週間~4週間ごと 1週間~2週間ごと
施術回数 5回前後 5回~10回
痛み 痛みは少ない 痛みは少ない
ダウンタイム ほとんどなし ほとんどなし
平均の施術料金 30,000円~35,000円 20,000円~30,000円

そばかすの治療をフォトフェイシャルM22でおこなうときの医療機関の選び方

選ぶイメージ

フェイシャルM22のそばかす治療は、肌の状態や肌悩みにあわせて照射する出力や波長を調整することが重要といわれています。また、1回の施術で何回照射をおこなうか(ショット数)も大事で、顔全体に照射する場合100ショット~150ショットが平均的なショット数です。ショット数が多いほど施術効果が高まると考えられがちですが、ショット数が多すぎると肌に負担をかけてしまうこともあります。

効果をより実感するには、5回前後の施術を受けることが推奨されていますが、初回だけドクターが診察をして、そのあとは看護師が施術をする医療機関もあるようです。しかし、施術を受けるときの肌の状態は毎回変わるので、照射する出力や波長、ショット数などを毎回見極めることが重要で、肌の状態を見極めるにはドクターの診察が必要です。また、ドクターによっても経験があるかないかで、施術効果に違いが出るともいわれています。

施術の前に毎回ドクターの診察があるか、ドクターが施術をするかは、各医療機関のHPや、カウンセリングを受けることで確認できます。フォトフェイシャルM22の症例写真が多ければその分施術経験が豊富であることが分かります。また、カウンセリングのときに、自分の症状はフォトフェイシャルM22で改善するのかなど、不安なことに親身に答えてくれるドクターを選ぶと安心です。