スレッドリフトとウルセラを比較検討するための効果やダウンタイムの違い

スレッドリフトとウルセラ比較検討

スレッドリフトとウルセラはどちらもたるみの改善に効果がありますが、結論からいうと、スレッドリフトのほうがリフトアップ効果が高い施術です。スレッドリフト単独でも効果が見込めますが、ウルセラを併用することでより効果的にたるみを改善に導きます。

とはいえ、たるみの程度やたるみが気になる部位は人それぞれなので、併用せずどちらかの施術で満足できるケースもあります。また、スレッドリフトのほうがリフトアップ効果は高いですが、ウルセラよりもダウンタイムが長いというデメリットもあります。

それぞれたるみにどう作用するのか?痛みやダウンタイムはどう違うのか?効果の持続期間や費用はどれくらい違うのか?それぞれにどんなデメリットやメリットがあるのか?などをあらかじめ知っておくことは、満足のいく施術効果を得ることにつながります。

ウルセラよりスレッドリフトのほうがリフトアップ効果が高い理由

引き上げ効果が高いスレッドリフト

ウルセラは照射治療のなかではほかのマシンよりもたるみを改善する効果が高い施術ですが、糸でたるみを引き上げるスレッドリフトと比較すると、スレッドリフトのほうがリフトアップ効果が高い治療方法です。これまでウルセラを受けても満足できなかった人が、スレッドリフトを受けるケースもあります。

加齢によって皮膚のハリや弾力が失われると、どうしても重力に逆らえず皮膚は下垂します。スレッドリフトは下垂した皮膚を糸で物理的に引き上げることができるので、見た目にわかりやすいリフトアップ効果が期待できます。

たとえば、たるみが気になるおもな部位にほうれい線がありますが、スレッドリフトは重力に負けてたるんだ皮膚を糸で物理的に引っぱり上げるため、ほうれい線を薄くすることができます。

それに対してウルセラは、加齢とともにゆるんでたるみの原因となっている表情筋をおおっている筋膜に作用する施術です。ほうれい線を直接改善する効果よりも、全体的なハリ不足が改善することにより「ほうれい線も少しは薄くなったみたい」と感じられる傾向にあります。

スレッドリフトとウルセラを併用すると高まるたるみ改善の効果

スレッドリフトとウルセラ併用で高まるリフトアップ効果

老化にともなうたるみの進行を完全にとめることはできませんが、スレッドリフトで下垂した皮膚を引き上げて、ゆるんでくる筋膜を定期的にウルセラでメンテナンスすることで、たるみの進行を遅らせることが期待できます。

ヒトの皮膚は、外側から表皮層、真皮層、皮下組織(脂肪)の3層構造になっていて、その下にSMAS層(表在性筋膜)、さらにその下に表情筋(筋肉)があって、筋膜は皮膚と表情筋をつなぐ役目を果たしています。

皮膚の構造たるみの原因は、1)表皮層の水分量の減少や真皮層のコラーゲンやエラスチンの減少2)脂肪などの皮下組織の下垂および変化3)表情筋のゆるみと筋力低下4)皮膚と骨をつないでいる支持靭帯のゆるみ5)骨の容積減少、の5つが考えられます。ひとつの治療だけではひとつの角度からしかアプローチできないので、治療方法を併用することでより効果を高めることができるのです。

スレッドリフトは、重力に負けてたるんだ皮膚を糸で物理的に引っぱり上げることはできますが、加齢による表情筋の衰えをとめることはできません。対してウルセラは、ゆるんだ表情筋をおおっている筋膜に作用して皮膚の深層部から引き締める施術です。

スレッドリフトだけでもたるみを引き上げる効果は期待できますが、スレッドリフトとウルセラではたるみに対するアプローチの方法が違うため、施術を併用することで施術効果が高まるといえます。

しかし、最初からスレッドリフトとウルセラを併用するのは金銭面での負担も大きいので、まずはどちらかを選んで治療を受けてみるのも方法のひとつです。

たるみの程度や気になる部位は人それぞれなので、ウルセラだけで満足できる方もいます。スレッドリフトとウルセラのそれぞれ異なる特徴やデメリット・メリットを知って、どちらを選んだらいいかの判断基準にしてください。

糸でたるみを引き上げるスレッドリフトとは

スレッドリフトは、皮膚の下のおもに脂肪である皮下組織に針で糸を挿入して、たるみを引き上げる治療です。

スレッドリフトは種類が豊富で、糸の素材には溶ける糸と溶けない糸があって、糸にコグやバーブと呼ばれるとげ型の突起や、バイオコーンと呼ばれる円すい型の突起がついているものがあります。

突起の形状や数、糸の上端を側頭部の筋膜に固定するかしないかによっても引き上げる力が変わるので、引き上げたい部位やたるみの状態をみて、数種類の糸を組み合わせて併用するケースもあります。

たるみを改善する治療のなかでは外科的手術でメスを使って切開して引き上げるフェイスリフト手術がもっとも効果が高いといわれていますが、腫れやむくみといったダウンタイムも大きいことから、身体へのダメージを少なくし、ダウンタイムを短くしながらもリフトアップ効果が大きいスレッドリフトが考案されました。

表情筋と皮膚をつなぐ筋膜を引き締めるウルセラとは

照射治療の中ではたるみの改善に高い効果があるといわれ、切らないフェイスリフトともいわれているウルセラは、ハイフ(高密度焦点式超音波)マシンを使って皮膚の一番深い層のSMAS(スマス)層(表在性筋膜)に高密度の超音波をあてることでゆるんでしまった表情筋をおおっている筋膜を熱刺激で引き締めてリフトアップ効果を狙います

フェイスリフト手術はメスを使って皮膚を切開し、SMAS層(表在性筋膜)を引き上げますが、ウルセラは皮膚を切らずに超音波でSMAS層(表在性筋膜)にアプローチします。

たるみ改善に効果がある照射治療としてウルセラとよく比較されるマシンにサーマクールがありますが、サーマクールは筋膜まで深くアプローチできません。筋膜を引き締めることでたるみの改善が見込める場合はウルセラで施術がおこなわれます。

スレッドリフトとウルセラの適応部位

スレッドリフトとウルセラの適応部位はほとんど変わりませんが、スレッドリフトは特に頬のたるみを引き上げて、ほうれい線やマリオネットラインを目立たなくするのに効果的です。

ウルセラは、眉上へ照射することで、スレッドリフトではできない上まぶたのたるみを改善することができます。ウルセラは特に上まぶたのたるみや首のたるみのリフトアップに効果的です。フェイスラインがシャープになることで小顔効果も期待できます。

  スレッドリフトの適応部位 ウルセラの適応部位
額のシワ
こめかみの下垂  
眉の下垂  
上まぶたの下垂  
目尻やゴルゴラインなど
目もとのシワ
頬のたるみ、ほうれい線
マリオネットライン
あごのたるみ
首のたるみ・シワ
フェイスラインの引き締め  

スレッドリフトとウルセラの効果と持続期間を比較

スレッドリフトとウルセラの効果を比較

即効性があるスレッドリフトの効果と持続期間

スレッドリフトは、施術直後からたるみが引きあがるのを実感できるので即効性があります。 スレッドリフトは種類が豊富ですが、糸の吸収性(溶ける・溶けない)、糸についている突起の形状(とげ型・円すい型)、糸を側頭部の筋膜に固定するものとしないもの、と大きく3つのパターンでわけられます。

スレッドリフトの持続期間は、溶ける糸で1年~2年、溶けない糸で4年~5年です。溶けない糸は安全性が高く体内で変質する心配のない素材が使われていて、溶ける糸よりも引き上げ効果の持続期間が長いですが、体内に異物が残るのが心配な方は溶ける糸を選ぶと安心です。

糸についている突起の形状としては、コグやバーブと呼ばれるとげ型の突起よりも、バイオコーンと呼ばれる円すい型の突起のほうが、360度しっかり皮下組織をつかんで持ち上げるのでリフトアップ効果が高いといわれています。

また、スレッドリフトには糸の上端を側頭部の筋膜に固定するタイプと固定しないタイプがありますが、固定するタイプのほうが引き上げる力が強力です。

スレッドリフトにはリフトアップ効果だけではなく、糸や突起物の周りで傷を治そうとする創傷治癒が働き、肌のハリや弾力の元であるコラーゲンの生成が促されるので、肌質を改善する効果があります。

溶ける糸は、糸が吸収されたあとも糸の結び目や糸の通り道にコラーゲンなどの繊維組織が増殖するため、美肌効果が持続するといわれています。

溶ける糸の場合、1年~1年半で体内に吸収されるので、リフトアップ効果を維持するには年に1回ほど継続して受けることが推奨されています。

2段階の作用があるウルセラの効果と持続期間

ウルセラは熱刺激によってSMAS層(表在性筋膜)のたんぱく質が凝縮されて(肉を焼くと縮むのと同じイメージ)、真皮層とSMAS層(表在性筋膜)のゆるみが引き締まるので、1度の施術でリフトアップ効果を感じることができます。

施術直後から3カ月後くらいまでのあいだ、熱ダメージによる損傷を治癒するためにヒトの創傷治癒作用が働き、コラーゲン生成が促進されます。皮膚の厚みやハリ、弾力が増して、肌質改善の効果が期待できます。

ウルセラの施術直後はSMAS層(表在性筋膜)の引き締め効果によってすぐにリフトアップ効果があらわれ、その後、一度少し戻りますが、肌質改善の効果で再び、徐々にハリや毛穴の引き締めを感じることができます。約3ヶ月後に効果がピークとなり、その後半年くらい効果が持続します。

ウルセラのリフトアップ効果を維持するには、半年に1回くらいの頻度で継続して受けることが推奨されています。

スレッドリフトとウルセラの所要時間・施術中の痛みを比較

スレッドリフトとウルセラの施術中の痛みを比較

スレッドリフトの施術中の痛みは局所麻酔で軽減

スレッドリフトの施術時間は、部位や糸の本数にもよりますが、1時間程度です。

スレッドリフトは局所麻酔の注射を打ってからおこなうのでほとんど痛みを感じません。もちろん、痛みの感じかたには個人差があるため、別途オプション費用がかかることもありますが、静脈麻酔で眠っているあいだに施術をおこなう医療機関もあります。

ウルセラの施術中の痛みは麻酔なしで我慢できる程度

ウルセラの施術時間は部位によって異なり、部分的な頬や眉リフトは30分程度、顔全体で60分程度です。

ウルセラによる施術中の痛みは、麻酔なしで我慢できる程度の熱感やチクチク刺すような痛みといわれていますが、痛みの感じ方は個人差があるので、施術中の痛みはスレッドリフトよりウルセラのほうが少ないとは言い切れません。痛みに弱い方は別途オプション費用がかかる場合がありますが、クリームタイプの麻酔で痛み対策をしてくれる医療機関もあります。ただし、麻酔クリームを塗ったとしても、多少の痛みを感じることがあります。

スレッドリフトとウルセラのダウンタイムを比較

スレッドリフトとウルセラのダウンタイムを比較

スレッドリフトとウルセラのダウンタイムを比較すると、針を使うスレッドリフトよりも、マシンを使った照射治療のウルセラのほうがダウンタイムが軽度です。

糸が定着するまで1カ月程度かかるスレッドリフト

スレッドリフトは細い針を使って糸を通すだけなので、切開をともなうフェイスリフト手術と比べればダウンタイムは軽度ですが、ウルセラと比較するとリフトアップ効果が高いぶん、ダウンタイムが多少長くなります。

スレッドリフトの施術後は腫れやむくみ、鈍い痛みや口を大きく開けたときのひきつれ感や違和感などがありますが、2日~3日ほどでおさまります。糸が定着するまで、1カ月程度はあまり口を大きく開けないように気をつけてください。

側頭部の筋膜に糸を固定するタイプのスレッドリフトの場合、固定しないタイプよりも引き上げる力は強力ですが、側頭部の鈍い痛みやひきつれが多少長く生じる場合があります。ただしこれも数日から1週間程度で落ち着きます。

針あとは施術当日は小さな絆創膏で保護しますが、翌日からはがしてメイクをすることが可能で、2日~3日ほどで消えるのでご安心ください。

軽い筋肉痛のような痛みが1週間程度のこるウルセラ

ウルセラのダウンタイムはスレッドリフトに比べると軽度です。赤みがでることがありますが1日~2日程度でおさまります。また、軽い筋肉痛のような痛みが残ることがありますが、数日~1週間程度で落ち着きます。

スレッドリフトとウルセラの費用相場を比較

スレッドリフトとウルセラの費用相場を比較

糸の種類によって幅があるスレッドリフトの費用相場

スレッドリフトはスレッド(糸)の種類や、挿入する糸の本数によって費用が異なります。医療機関によってはセット料金もありますが、糸を1本追加するごとに金額が増えるのが通常です。

たるみの状態や引き上げたい部位によって使用する糸の本数が変わり、頬のたるみを改善したい場合、片頬に3本~4本程度を挿入するのが一般的です。

スレッドリフトの種類によって1本あたり25,000円程度~100,000円程度と金額の幅があって、両頬に入れた場合の費用相場はおよそ15万円程度~60万円程度になります。

施術部位が増えると高くなるウルセラの費用相場

ウルセラの費用は施術する部位によって異なりますが、一般的に照射する面積が広くなると金額も上がる傾向にあります。

おおまかな費用相場は顔全体で20万円程度~35万円程度顔全体+首・アゴ下で30万円程度~50万円程度となります。麻酔を希望する場合は、麻酔代が別途かかるケースもあるので各医療機関にご確認ください。

スレッドリフトとウルセラを比較したデメリット・メリット

スレッドリフトとウルセラのデメッリトとメリット

スレッドリフトとウルセラの比較まとめ
  ウルセラ スレッドリフト
特徴 超音波で皮下組織より深い筋膜に
アプローチして、ゆるんだ表情筋を
凝縮させてたるみを引き締める
突起のついた糸を
針で皮下組織に挿入して
たるみを物理的に引き上げる
リフトアップ効果 照射治療の中では
リフトアップ効果が高い
ウルセラよりも
リフトアップ効果は高い
持続期間 約半年 溶ける糸:約1年~2年
溶けない糸:約4年~5年
施術中の痛み 熱感、チクチクと
刺すような痛み
局所麻酔のため、
ほとんど痛みなし
ダウンタイム 赤み(1日~2日程度)、
軽い筋肉痛のような痛み(数日~1週間程度)
腫れ、むくみ、鈍い痛みや
ひきつれなどの違和感(2日~3日程度)
費用 顔全体で約30万円 約15万円~60万円
向いている人 なるべくダウンタイムが少なくて
たるみ改善に効果的な
治療をしたい人
多少ダウンタイムがあっても
より大きなリフトアップ効果と
持続力を求める人

ウルセラと比較したスレッドリフトのデメリット・メリット

腫れや鈍い痛みが2日~3日程度生じるスレッドリフト

スレッドリフトのデメリットは、ウルセラよりもダウンタイムが長いことです。腫れ、むくみ、鈍い痛みやひきつれなどの違和感が2日~3日程度残るので、施術直後は人と会う予定やイベントごとを避けたほうが無難です。

リフトアップ効果と持続期間が長いスレッドリフト

スレッドリフトのメリットはウルセラよりもたるみを引き上げる効果が高く、持続期間も長いことです。

たるみを引き上げる力はスレッド(糸)によっても異なりますが、溶ける糸のなかでも引き上げる効果が高いといわれているのはバイオコーンと呼ばれる円すい型の突起がついているシルエットソフトです。不自然なひきつれを起こすことなく、自然で立体的なリフトアップが可能といわれています。

スレッドリフトに向いている方
  • 頬のたるみが気になる
  • 口元のたるみを改善したい
  • ほうれい線やマリオネットラインが深くなってきた
  • すぐにリフトアップしたい、即効性がほしい
  • 多少ダウンタイムがあってもより高いリフトアップ効果を求めたい
  • リフトアップ効果を長持ちさせたい

スレッドリフトと比較したウルセラのデメリット・メリット

効果はおだやかで持続期間が短いウルセラ

ウルセラのデメリットは、スレッドリフトよりもリフトアップ効果が低く、持続期間が短いわりに費用が高いことです。 ウルセラのリフトアップ効果のあらわれかたとしてはスレッドリフトよりもおだやかで、持続期間は半年程度。1回の施術で効果はありますが顔全体で約30万円なので、半年に一度施術を繰り返すためにはそれなりに費用がかかります。

ダウンタイムが軽度なウルセラ

ウルセラのメリットは、スレッドリフトに比べてダウンタイムが軽度であることです。周囲に施術したことを気づかれることなく自然にリフトアップしながら、フェイスラインが引き締まる小顔効果により、体重に変化がなくても周囲に痩せた印象を与えることがあります。

ウルセラに向いている方
  • 肌のハリや弾力がおとろえてきた
  • 毛穴のたるみが気になる
  • 頬のたるみが気になる
  • ほうれい線が気になりはじめた
  • 二重あごが気になる
  • フェイスラインを引き締めたい、小顔になりたい
  • 効果はしっかり求めたいが、糸を入れるのには抵抗がある
  • ダウンタイムが軽いほうがいい

たるみ治療で迷ったら実績が豊富な医療機関に相談

スレッドリフトとウルセラ迷ったらたるみ治療の実績ある医療機関へ

スレッドリフトとウルセラではたるみ改善に対するアプローチの仕方も作用も異なるので、併用することで多方面からのアプローチと作用による相乗効果が期待できます。

しかし、一人ひとりたるみの程度は異なるため、ウルセラあるいはスレッドリフトのいずれかの施術だけで満足できる場合もありますし、スレッドリフトやウルセラ以外の施術のほうが効果があらわれるケースもあります。

たとえば、水分量やコラーゲン、エラスチンの減少、骨の減少といったボリュームロスには、ヒアルロン酸注入などの注入治療を併用することでボリュームを補って、頬の位置を高くふっくらさせるなどすると、より若々しくみせることができます。

どの施術を選ぶべきか迷った場合は、たるみ治療の種類が豊富で経験と実績がある医療機関でカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

たるみ治療に詳しいドクターなら、一人ひとりのたるみの程度や希望する部位などを考慮して、より効果的な治療の提案をしてもらえます。