肌質の改善まで目指せるフォトフェイシャルM22のニキビ治療で知っておくべきこと

ニキビ

フォトフェイシャルM22は、さまざまな肌悩みの改善が期待できるIPL(光)治療マシンです。一般的に、シミやそばかす、赤ら顔、毛穴の縮小、皮膚のキメなど肌質を改善に導くマシンとして知られていますが、ニキビの鎮静やニキビ跡の改善にも効果が期待できるとされています。

ニキビにはさまざまな治療方法がありますが、フォトフェイシャルM22によるニキビ治療の場合、ニキビだけではなくて肌質の改善も目指すことが可能です。ただし、フォトフェイシャルM22は、すべてのニキビの症状を改善できる施術ではありません。 そのため、フォトフェイシャルM22の施術で効果が期待できるニキビの種類と、効果が期待できないニキビの種類を事前に知っておくことが大切です。

また、フォトフェイシャルM22以外のニキビの治療方法を把握しておくことで、自身のニキビの症状にあった治療方法で症状の改善を目指せます。

ニキビは毛穴の詰まりが原因

ニキビができるメカニズム

毛穴が詰まって毛包に皮脂が溜まることで、ニキビができます。

毛穴が詰まる原因は、偏った食生活や睡眠不足といった生活習慣によって、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーの周期が乱れることにあります。ターンオーバーの周期が乱れて滞ることで毛穴の内側の上部に古い角質が溜まり、毛穴が詰まります

通常、皮脂は毛穴から分泌されますが、毛穴が詰まると、毛根を包んでいる発毛組織の毛包の周囲に皮脂が溜まって、肌に小さな盛り上がりができます。この小さな盛り上がりがニキビの初期段階です。

毛包に溜まった皮脂を栄養源に、皮膚の常在菌であるアクネ菌が増殖して、アクネ菌が代謝をすることで発生するポルフィリンという酵素が毛穴に溜まった皮脂を分解すると、遊離脂肪酸が生成されます。 遊離脂肪酸は、皮脂などの脂質の構成成分である脂肪酸のひとつで、毛包を刺激して炎症を引き起こす性質があります。また、白血球のひとつである好中球・リンパ球がアクネ菌を殺菌・攻撃することでも炎症が起きます。

遊離脂肪酸や好中球・リンパ球によって炎症が起きると、ニキビが赤くなったり膿(うみ)が出たりします。炎症が続くと、毛包が破壊されて周囲の真皮までダメージを受け、ニキビが重症化することもあります。

症状によって異なるニキビの種類と見分け方

ニキビの種類

ニキビは症状によっていくつかの種類に分けられていて、それぞれ医学的な病名と一般的な呼び名がある点に加えて、症状ごとにニキビの見た目も異なります。

小さく盛り上がった白ニキビ

不規則な生活習慣などが原因で皮膚の新陳代謝であるターンオーバーの周期が乱れると、毛穴が詰まって毛包に皮脂が溜まり、肌に小さな盛り上がりができます。肌の小さな盛り上がりは、一般的に「白ニキビ」、医学的には「閉鎖面皰(へいさめんぽう)」と呼ばれるニキビです。

白ニキビは、毛穴に溜まった角質が取り除かれて、毛穴の詰まりが解消されることで改善する傾向にあります。

毛穴が開いて黒く見える黒ニキビ

白ニキビが進行して毛包内の皮脂が多くなると、毛穴の詰まりの原因だった角質が押し広げられて、毛穴が広がります。毛穴が広がることによって、毛穴の中の角質や皮脂は空気中の酸素と反応して、酸化することで黒くなります。 毛穴が開いて黒くなった状態が、一般的に「黒ニキビ」、医学的には「解放面皰(かいほうめんぽう)」と呼ばれるニキビです。

毛穴の中の角質や皮脂が排出されれば、黒ニキビは鎮静します。

赤く炎症を起こした赤ニキビ

毛穴が詰まって皮脂が溜まると、皮膚の常在菌であるアクネ菌が、皮脂を栄養源として増殖します。増殖したアクネ菌は代謝によりポルフィリンという酵素を排出しますが、このポルフィリンが皮脂を分解すると、脂肪酸のひとつである遊離脂肪酸を生成します。

遊離脂肪酸は毛包を刺激して炎症を引き起こす性質があるため、炎症が生じることで肌に赤みを伴ったニキビである「赤ニキビ」、医学的には「紅色丘疹(こうしょくきゅうしん)」と呼ばれるニキビを引き起こします。 また、白血球のひとつである好中球・リンパ球が、毛穴の内部で増殖したアクネ菌を殺菌・攻撃することでも炎症が起きて、赤ニキビに進行する場合があります。

遊離脂肪酸や好中球・リンパ球による炎症が収まれば、症状が重症化することはありません

膿が溜まってニキビの頂点に膿が見える黄ニキビ

赤ニキビが進行して、好中球・リンパ球により殺菌されたアクネ菌や、アクネ菌と戦ったことで崩壊した好中球・リンパ球が大量に発生すると、炎症による赤みに加えて膿を伴ったニキビになります。ニキビの頂点に溜まった膿が見えるようになった状態が、一般的に「黄ニキビ」、医学的には「膿疱(のうほう)」と呼ばれるニキビです。膿が溜まった場所は黄色く見えますが、ニキビ自体は炎症によって赤みがある状態です。

溜まった膿が排出されて、遊離脂肪酸や好中球・リンパ球による炎症が収まれば黄ニキビは鎮静化しますが、ニキビ跡になる可能性があります。

膿などが溜まって大きくなる、しこりになる紫ニキビ

黄ニキビの状態からさらに炎症が続くと、遊離脂肪酸が毛包の壁を損傷させて破ってしまい、破れたところから毛穴に溜まっていた皮脂や膿、血液が真皮まで入り込み、袋状になります。一般的に「紫ニキビ」と呼ばれる状態で、医学的には「嚢腫(のうしゅ)」と呼ばれています。

また、袋状に溜まった皮脂や膿、血液が固まることで、ニキビのある部位がしこり状になることもあります。しこり状になったニキビも一般的には紫ニキビと呼ばれますが、医学的には「硬結(こうけつ)」と呼ばれています。

ニキビが重症化すると残りやすいニキビ跡

白ニキビや黒ニキビのように炎症を起こしていない状態や、赤ニキビのように炎症を起こしていても症状が軽微であれば、ニキビ跡が残ることはほとんどありません。しかし、黄ニキビや紫ニキビのように炎症が重症化した場合は、ニキビ跡が残りやすくなります

ニキビ跡には5つの種類があります。

  • 赤みが残る炎症後紅斑(えんしょうごこうはん)
  • 色素沈着をしてシミのようになる炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)
  • ニキビがあった範囲が赤く盛り上がる肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)
  • 肥厚性瘢痕より赤く盛り上がる部分が広がったケロイド
  • 皮膚が凹んだ状態の萎縮性瘢痕(いしゅくせいはんこん)

フォトフェイシャルM22によるニキビ治療

フォトフェイシャルの施術

フォトフェイシャルM22は、IPL(Intense Pulsed Light)という電磁波のエネルギーを照射する医療マシンのひとつです。メラニンやヘモグロビンといった特定の物質のみに作用するIPLを照射して、損傷させることで、シミやそばかす・赤ら顔・毛穴・皮膚のキメ、ニキビといった肌悩みを改善へ導きます。

IPLには複数の波長が含まれています。IPLのようなエネルギーには波形の性質があり、山と谷を繰り返す波形の山から山(もしくは谷から谷)の長さを波長といって、波長の単位は10億分の1メートルにあたるナノメートル(nm)と表記されます。

フォトフェイシャルM22で使用される波長は515nm~1200nmで、波長が長くなるほど皮膚の深部までエネルギーを届けることができます。また、9種類のフィルターを使い分けることで施術に不要な波長をカットして、ニキビやシミといった改善したい肌の悩みごとに適した波長を照射できるので、さまざまな肌悩みの改善が期待できます。

フォトフェイシャルM22による施術では、次のようなニキビの症状の治療を目指すことが可能です。

フォトフェイシャルM22で改善が期待できる赤ニキビ

400nm~600nmのニキビ専用フィルターを使用することで、アクネ菌の代謝で排出された酵素のポルフィリンに作用するIPLのエネルギーを届けることができます。IPLのエネルギーを受けたポルフィリンは、活性酸素のひとつである一重項酸素(いちじゅうこうさんそ)を生成する性質があって、一重項酸素にはアクネ菌を殺菌する働きがあります。

アクネ菌が減ることで好中球・リンパ球が毛包内から減少し、炎症が抑えられます。アクネ菌から排出されるポルフィリンが減ると、ポルフィリンが皮脂を分解することで生成される遊離脂肪酸も減少するので、遊離脂肪酸による炎症も抑えられて赤ニキビの改善が期待できます。

また、800nm~1200nmのニキビ専用フィルターを使用することで、皮脂腺に栄養を送る役割がある深部の血管を収縮させて、皮脂の分泌を抑えてニキビの再発・新生を予防する効果も期待できます。

フォトフェイシャルM22で改善が期待できるニキビ跡

フォトフェイシャルM22によって改善を目指せるニキビ跡は、炎症が収まった後に赤みが残った炎症後紅斑(えんしょうごこうはん)と、炎症が収まった後に色素沈着を引き起こしてシミのようになってしまった炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)です。

炎症後紅斑は、フォトフェイシャルM22から照射されるIPLエネルギーによって、広がった毛細血管を収縮させることで、赤みを目立たなくさせる効果が期待できます。赤みの原因である広がった毛細血管が存在する皮膚の深さによって使用する波長を選択するので、ニキビ専用以外のフィルターを使用する場合もあります。

炎症後色素沈着に対しては、フォトフェイシャルM22のIPLエネルギーを、色素沈着の原因であるメラニンに吸収させて熱エネルギーを発生させる作用によって、メラニンを損傷させて体外への排出を促すことで改善へ導きます。炎症後紅斑と同じく、施術で使用する波長は、色素沈着の原因であるメラニンが存在する皮膚の深さによって異なります。

施術を受ける前に知っておきたいこと

チェック

フォトフェイシャルM22による施術の痛み

フォトフェイシャルM22は、施術部位を冷やしながらIPLを照射できるコンタクトクーリングという機能が搭載されています。 また、IPLの照射をおこなう際に肌と触れる部分が、冷却機能に優れているサファイアガラスでできていて、IPLの照射によって発生する熱を冷やして緩和できることから、施術中に痛みを感じにくいとされています。

フォトフェイシャルM22のダウンタイム・施術回数

フォトフェイシャルM22によるニキビの治療はほとんどダウンタイムがない施術で、施術直後からメイクをすることも可能です。

フォトフェイシャルM22でニキビ治療をおこなう際に必要となる施術回数は、ニキビの炎症の程度や、ニキビ跡の原因であるメラニンが存在する皮膚の深さ、滞留しているメラニンの量によって個人差があります

フォトフェイシャルM22によるニキビ治療の料金相場

フォトフェイシャルM22によるニキビ治療は、保険適用外の治療のため、全額自己負担となります。全顔の施術である場合、1回あたりの料金相場は15,000円~30,000円です。

また、ニキビやニキビ跡が少ない場合は、狭い範囲にIPLを照射する「スポット照射」という照射方法が適応となり、比較的に安い料金で施術を受けられることがあります。スポット照射を希望する場合は、スポット照射専用のアプリケーターがあるか事前に医療機関へ確認してください。

フォトフェイシャルM22以外のニキビ治療

医者の紹介

ニキビ治療の種類 改善が期待できるニキビの種類
内服薬・外用薬 すべてのニキビ 、ニキビ跡(炎症後紅斑・炎症後色素沈着・肥厚性瘢痕)
ケミカルピーリング 白・黒・赤ニキビ、ニキビ跡(萎縮性瘢痕)
レーザー治療 赤ニキビ、ニキビ跡(炎症後色素沈着・炎症後紅斑・萎縮性瘢痕)
注射 紫ニキビ(嚢腫)、ニキビ跡(萎縮性瘢痕・肥厚性瘢痕・ケロイド)

すべてのニキビの症状に効果が期待できる内服薬・外用薬

ニキビ治療において多く使用されているのが内服薬・外用薬です。薬の種類は多岐にわたって、それぞれ含有している成分によって抗菌・殺菌・角質の剥離などの作用が異なり、ニキビの症状ごとに合わせて使用することで、ニキビの炎症を抑えたり毛穴の詰まりを解消するなどの効果が期待できます。

ニキビ治療において使用される主な内服薬・外用薬は、次のような種類があります。

内服薬

・ドキシサイクリン ・キノサイクリン ・ロキシスロマイシン ・ファロペネム ・テトラサイクリン ・エリスロマイシン ・クラリスロマイシン ・レポフロキサシン ・トスフロキサシン ・シプロフロキサシン ・ロメフロキサシン ・セフロキシムアキセチル ・トラニラスト ・低用量エストロゲン、プロゲスチン配合薬 ・スピロノラクトン ・ビタミン薬内服

外用薬

・クリンダマイシン ・過酸化ベンゾイル ・アダパレン ・ナジフロキサシン ・オゼノキサシン ・イブプロフェンピコノールクリーム ・アゼライン酸外用 ・ビタミンC外用 ・イオウ製剤外用

すべて保険適用の薬で、皮膚科で処方を受けることが可能です。

ただし、同じ薬を長期間つかっていると、アクネ菌が薬に対して耐性を持つことで効果が減衰することがあります。また、内服薬・外用薬には乾燥・不快感・刺激感・皮膚剥脱・紅斑・瘙痒・接触皮膚炎などの副作用があるので、副作用が出た場合は内服薬・外用薬の使用を中止することもあります。

内服薬・外用薬による治療を希望していたとしても、副作用が生じるなど体質に合わない場合はほかの治療が適応となることがあります。

白・黒・赤ニキビとニキビ跡に効果が期待できるケミカルピーリング

薬剤を直接肌に塗り、皮膚を薄くはがすことによって皮膚の再生を促す施術のケミカルピーリングは、紫ニキビ以外のニキビと、皮膚が凹んだ状態のニキビ跡である萎縮性瘢痕(いしゅくせいはんこん)に効果が期待できます。

ケミカルピーリングによって毛穴の詰まりを解消して、溜まっていた皮脂や膿の排出を促すことで、アクネ菌の増殖を抑制してニキビの進行を抑制する作用があります。

萎縮性瘢痕に対しては、ケミカルピーリングで皮膚を薄くはがした後に、皮膚が再生する過程で皮膚表面が平らかになり凹みが軽減される効果が期待できます。

ケミカルピーリングでニキビの治療を目指す場合、グリコール酸やサリチル酸マクロゴール、サリチル酸エタノールといった薬剤を使用しますが、はがせる皮膚の厚さは薬剤によって異なります。そのため、施術で使用する薬剤は、ニキビの症状があらわれている皮膚の深さによって決まります。

また、保険適用外の施術であるため、費用は全額自己負担となります。

赤・黄ニキビとニキビ跡に効果が期待できるレーザー治療

電磁波のひとつであるレーザーは、さまざまな光の波長から特定の波長を人工的に取り出して、増幅することで光よりも鋭く一直線に進む性質があるエネルギーです。IPLには複数の波長が含まれていますが、レーザーにはそれぞれ特定の波長があって、波長よってレーザーの名称が異なります。

レーザーはターゲットとなるメラニンやヘモグロビンなどの物質に吸収されると熱エネルギーとなり、ターゲットの物質を変性させたり破壊する作用があります。

次のように照射するレーザーの波長によって、どのようなニキビに対して効果が期待できるかが変わります。

波長 レーザーの名前 改善が期待できるニキビの種類
1064nm Nd:YAGレーザー 赤・黄ニキビ、ニキビ跡(炎症後色素沈着・萎縮性瘢痕)
532nm KTPレーザー 赤・黄ニキビ
585nm~595nm パルスダイレーザー 赤・黄ニキビ、ニキビ跡(炎症後紅斑)
810nm~1450nm ダイオードレーザー ニキビ跡(萎縮性瘢痕)

レーザーによるニキビ治療は保険適用外となるので、施術にかかる費用は全額自己負担となります。

レーザーによる赤・黄ニキビの治療

レーザーの波長がアクネ菌の代謝により排出されたポルフィリンに吸収されると、活性酸素のひとつである一重項酸素を生成し、生成された一重項酸素がアクネ菌を殺菌します。アクネ菌が減少することで、炎症を伴う赤・黄ニキビの改善が期待できます。

レーザーによるニキビ跡の治療

色素沈着をしてシミのようになった状態の炎症後色素沈着・赤みが残った状態の炎症後紅斑といったニキビ跡は、メラニンやヘモグロビンが原因です。レーザーの波長がニキビ跡の原因であるメラニンやヘモグロビンに吸収されて熱エネルギーとなり、メラニンやヘモグロビンを破壊することで、ニキビ跡を改善に導きます。

また、皮膚が凹んだ状態のニキビ跡である萎縮性瘢痕には、真皮にレーザーを照射して熱エネルギーを発生させると、コラーゲンの生成を促進、皮膚組織の再構築を促すことができる作用を利用して、皮膚表面の凹みを平らかにすることで改善が期待できます。

紫ニキビ(嚢腫)・ニキビ跡に効果が期待できる注射

紫ニキビ(嚢腫)・ニキビ跡に薬剤を注射をすることで、ニキビの炎症を抑えたり、皮膚が凹んだ状態のニキビ跡である萎縮性瘢痕の改善が期待できます。

紫ニキビには、炎症を抑える作用があるとされるステロイド剤を注射することで、嚢腫を小さくすることが可能とされます。また、肥厚性瘢痕・ケロイドに対しても、ステロイド剤の注射をおこなうことで改善を目指せます。

萎縮性瘢痕には、コラーゲンやヒアルロン酸を注射することで皮膚表面の凹み軽減が期待できます。ただし、ニキビ治療におけるコラーゲンやヒアルロン酸の注射は保険適用外なので、施術にかかる費用は全額自己負担となります。

フォトフェイシャルM22によるニキビ治療を受ける医療機関の選び方

問診

フォトフェイシャルM22にはニキビ専用フィルターを含めて9種類のフィルターがありますが、照射をするときに肌と触れる部分のライトガイドも複数の種類があります。額や頬などの広い部位に使用する15mm×35mmのスクエア型、目元や口元などの細かい部位に使用する8mm×15mmのスクエア型、狭い部分にスポット照射できる直径6mm丸型の3種類です。

ただし、医療機関によって取り扱っているフィルターとライトガイドの種類は異なります。そのため、事前にニキビ専用のフィルターがあるか、ニキビが気になる部位に対して最適な施術をおこなえるライトガイドがあるか確認することが大切です。取り扱っているフィルターとライトガイドの種類は、各医療機関のホームページやお問合せ先にて確認してください。

また、原則として施術の前にはドクターの診察が必要になりますが、複数回セットでフォトフェイシャルM22の施術を契約した場合、2回目以降の施術はドクターの診察がなく、看護師が症状を見ながら施術をする医療機関もあります。複数回セットの施術を契約した場合でも、毎回の施術前にドクターの診察がある医療機関を選ぶことで、より効果的な治療を目指すことが可能です。