• HOME

コラーゲン生成を促進するマッサージピールPRX-T33でハリ不足を改善する効果

0
0

SHARE

コラーゲン生成を促進するマッサージピ―ルPRX-T33でハリ不足を改善する効果

PRX-T33は、皮膚に塗布しマッサージすることで成分を浸透させてコラーゲンの生成促進をもたらすことから、「マッサージピール」「コラーゲンピール」ともいわれます

PRX-T33は、施術直後に肌が引き締まる効果を実感できることや、成分をマッサージで浸透させるという施術がわかりやすいことから、美容医療がはじめての方でも受けやすい施術のひとつです。また、すでに美容医療を受けている方の場合は、現在の施術にPRX-T33を併用することで効果が高まる可能性があります。

PRX-T33の効果や施術頻度・回数のほか、併用することで効果が高まる施術を知っておくことで、効率的な肌質の改善を目指せます。

コラーゲン生成を促進してハリをもたらすPRX-T33

PRX-T33はイタリアのカステラーナドクター(Dr.Rossana Castellana)によって、医療機関向けのピーリング剤として10年以上の臨床研究を経て開発されました。

ケミカルピーリングは薬剤を皮膚に塗布して皮膚を剥離させるフロスティング作用により、古い角質や老廃物を取り除く施術です。PRX-T33はピーリングの一種ではあるものの、フロスティング作用を起こさずコラーゲン生成を促進させます。PRX-T33を皮膚に塗布してマッサージをしながら浸透させることで、古いコラーゲンが新しいコラーゲンに置き換わり、肌にハリが生じるため、顔への施術では小じわ・毛穴の開き・ニキビ・ニキビ跡の改善、体への施術であれば妊娠線の改善が期待できます。

表皮に作用するケミカルピーリングとの違い

もともとピーリングという言葉が「剥く」という意味であることから、ケミカルピーリングの作用は、皮膚表面の古い角質を取り除くことです。皮膚の剥離を促進させることで、くすみ・肌荒れ・毛穴トラブルなどの改善を目指す施術です。

ケミカルピーリングは,主にざ瘡,色素異常,光老化に伴う疾状などの治療や皮膚の若返り rejuvenation,しみ,くすみ,質感などの皮膚の美容的改善を目的としている.その基本は,創傷治癒機転による皮膚の再生が主なものであり,皮膚科学に立脚した施術がなされなければならない.

引用元:日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第3版)日本皮膚科学会雑誌/118 巻 (2008) 3 号

一般的なケミカルピーリングは、グリコール酸や乳酸などの酸やハーブ(グリーンピールなどのハーブピーリング)によるピーリング薬剤で、皮膚表面に蓄積した古い角質や汚れを取り除きます。皮膚の表皮細胞の新陳代謝であるターンオーバーを促進することで、ニキビ治療に使われることが多くあります。

一方、PRX-T33は皮膚の剥離であるフロスティング作用を起こさず、表皮の下の層である真皮に成分が浸透して効果が得られます。真皮に作用することでコラーゲンの生成元である線維芽細胞が刺激されて、新しいコラーゲンが生成され肌にハリがもたらされます

肌の乾燥や毛穴トラブル・くすみの改善も改善

皮膚は、外側から表皮・真皮と層状になっていますが、肌のハリや弾力に影響を与えるコラーゲンは皮膚の真皮に存在します。PRX-T33が真皮に浸透してその刺激によってコラーゲンの生成が促進されると、真皮の上にある表皮の細胞の増殖が促されて、皮膚の細胞が生まれ変わるターンオーバーの周期が整い、肌の乾燥や毛穴トラブル・くすみの改善が期待できます。

人体へのリスクは極めて低いPRX-T33

日本における医療機器は「医療機器クラス分類」において、人体へのリスクに応じて4つのクラスに分類されますが、PRX-T33は人体へのリスクが極めて低い「クラスI」に属しています。また、EU (欧州連合) 加盟国の安全基準条件を満たすことを証明するCEマークを取得しているため、安全性が認められています

真皮を刺激してコラーゲンの生成を促す施術は、PRX-T33だけではありませんが、真皮を刺激する方法が異なります。たとえば、皮膚の創傷治癒力を促すことでニキビ跡の治療につかわれることが多いフラクショナルレーザーは、レーザーで点状に目に見えない微細な穴をあけることでコラーゲンの生成を促します。一方、PRX-T33は薬剤を真皮に浸透させてコラーゲンの生成を促進します。

肌にハリをもたらす施術にはフラクショナルレーザーのほかにも、IPL治療・高周波治療や注入施術がありますが、安全性の観点から、美容医療がはじめての方や注入施術や照射施術に抵抗がある方でも受けやすい施術といえます。

PRX-T33が向いている方

  • 肌のたるみが気になる方
  • 小じわや肌の乾燥が気になる方
  • くすみが気になる方
  • 肌のハリやツヤの低下が気になる方
  • ニキビ・ニキビ跡を治したい
  • 鼻の毛穴の開き(イチゴ鼻)を改善したい方
  • 開き毛穴・たるみ毛穴の予防や改善したい方
  • ハリ・弾力をアップして首のシワを改善したい方
  • 妊娠線や肉割れが気になる方
  • 従来のケミカルピーリングが合わなかった方
  • 注射や照射による施術は抵抗がある方
  • 美容医療がはじめての方
  • ダウンタイムがとれない方
  • 施術時間がとりにくい方(施術時間が短い)

PRX-T33で施術できる部位

首などマシンでの美肌治療では照射が難しい部位も施術が可能です。

  • デコルテ
  • わき
  • 手の甲
  • バスト
  • 背中
  • デリケートゾーン
  • ヒップ

PRX-T33に配合された3つの成分の異なる作用

PRX-T33には「高濃度TCA(トリクロロ酢酸)」と「低濃度過酸化水素(H2O2)」「コウジ酸」の3つの成分が配合されていて、それぞれ作用が異なります。

TCAがターンオーバーとコラーゲン生成を促進

表皮への作用 ケラチノサイトともいわれる表皮細胞の増殖因子を活性化、表皮細胞の新陳代謝であるターンオーバーを促進
真皮への作用 バイオリバイタライジング作用(コラーゲンの生成元である線維芽細胞や細胞の働きを促進させる成長因子を増殖させることでコラーゲンの生成促進)

トリクロロ酢酸は、英語表記の「trichloroacetic acid」から略してTCAといわれ、PRX-T33の33%を占めています。PRX-T33のT33は TCA が33%含まれることを意味します。

TCAが皮膚に浸透すると真皮が刺激されてコラーゲンが生成されます。ただし、コラーゲン生成を狙って高濃度のTCAを使用すると、表皮細胞も傷つくことで痛みや赤みをともなう傾向にあるため、扱いが難しい製剤とされてきました。

PRX-T33の厳密な成分配合は特許を取得

副作用をともなうため一部位に限定するなどでつかわれてきた高濃度のTCAですが、PRX-T33では、オーストラリア・日本といった複数の国で特許を取得したとても厳密な pH 値(酸性・アルカリ性の程度)で低濃度の過酸化水素を混合させることで、フロスティング作用を起こさずにコラーゲンの生成促進を実現しました。PRX-T33は、TCAによるコラーゲンの生成作用を活かすことができる画期的な処方といわれています。

TCA は蛋白との結合が強く,塗布部位の蛋白と結合してその作用を失う.従って,ケミカルピーリングの標準的な塗布による全身的な副作用はないが,局所では強く,瘢痕形成のおそれがある.角化細胞への傷害は濃度・時間依存性で,低濃度の TCA はゆっくりと細胞傷害を来すが,高濃度の TCA は早期に細胞傷害を示す.

引用元:日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン(改訂第3版)日本皮膚科学会雑誌/118 巻 (2008) 3 号

過酸化水素が皮膚を保護

表皮への作用 TCAの強いピーリング作用を抑えて皮膚を保護
真皮への作用 TCAによるバイオリバイタライジング作用をサポート

過酸化水素は一定方向に広がる性質があり、皮膚に塗布すると表皮細胞に素早く浸透します。PRX-T33は、低濃度の過酸化水素によって高濃度のトリクロロ酢酸による刺激から表皮や真皮を保護しつつ、コラーゲンの生成を促進できます。

肌にPRX-T33をマッサージしながら塗布すると、TCAと過酸化水素が異なるスピードで皮膚に浸透していきます。

過酸化水素は表皮細胞と親和性が高いので、皮膚の浅い層に素早く浸透し、TCAは表皮から真皮にゆっくり深く浸透していきます。このように、浸透スピードに時差があることで、TCAによるコラーゲンの生成の促進作用が得られます

なお、過酸化水素は0.15%の低濃度でつかうことで、TCAによるバイオリバイタライジング作用(コラーゲン生成の促進)をサポートしますが、3%ほどの高濃度になると逆に創傷治癒の過程を長引かせることになるため、配合する濃度が重要です。

コウジ酸による炎症後色素沈着の予防と美白効果

PRX-T33には、コウジ菌が5%配合されていて、シミやくすみ・傷跡などによる炎症後色素沈着(PIH)を防ぐ効果が期待できます。

キレート作用による美白効果

シミの元であるメラニンは、アミノ酸の一種である「チロシン」という物質が化学変化を起こすことで、黒い色素に変化します。この変化はチロシナーゼといわれる酵素が銅イオンを持つと活性化するのですが、コウジ酸には、チロシナーゼから銅イオンを奪い取ることで活性化を阻止する「キレート作用」があります。そのため、PRX-T33はコウジ酸が配合されていることで、美白効果も期待できます。

TCAの濃度が高いミラノ・リピール

TCAを高濃度に配合した製剤として、PRX-T33のほかに「ミラノ・リピール」があります。施術効果はPRX-T33と同様、コラーゲン生成の促進です。

ミラノ・リピールは、顔用と体用で製剤が異なり、TCAの濃度が顔用は35%、体用では50%と、PRX-T33よりTCAが高濃度で配合されています。またその他の配合成分もPRX-T33と異なることで、PRX-T33は2℃~8℃で保存しなければなりませんが、常温の保存が可能です。

PRX-T33の施術頻度と料金相場

PRX-T33は週1回を1回~5回継続を推奨

PRX-T33は、1回の施術でもフェイスラインが引き締まりリフトアップ効果を実感できるため、即効性が期待できます

施術直後に効果がわかることからリピートする方もいる施術で、一般的には1週間ごとに1回の施術を1回~5回ほど継続して受けることが推奨されています。施術によってコラーゲンの生成が促されることから、施術後数カ月にわたって施術効果が続きます。

PRX-T33の料金相場

PRX-T33を用いたピーリングの施術は自由診療となり全額自己負担です。料金は医療機関ごとに異なりますが、顔全体の施術で12,500円~18,000円程度です。施術の推奨回数である5回でコースを設定している医療機関もあります。

PRX-T33を受ける前に知っておくべきこと

肌に合わないケースがある

配合成分であるTCAや過酸化水素水に敏感に反応してしまう場合や、肌荒れ等で肌の状態が悪い場合は施術中に痛みを感じたり赤みが長引いたりする可能性があります。

施術中に異常を感じた場合はすぐに施術者にお伝えください。また、施術後に赤みやかゆみ、水疱ができてしまった際は、ステロイドなどの抗炎症剤が処方されますので指示に従って塗布します。

PRX-T33が浸透するピリピリとした刺激がある

施術は、PRX-T33を塗布してマッサージしながら浸透させていきます。徐々に浸透していくことで、我慢できる程度のピリピリ感や熱感を感じる場合があります。ただし、薬剤を拭き取りクーリングすることでおさるため、強い刺激を感じた場合は施術者にお伝えください。

PRX-T33の施術によるリスク・副作用とダウンタイム

ダウンタイムはほとんどなく、施術直後にメイクが可能ですが、施術後の肌は刺激を受けやすいため、十分な保湿と紫外線対策をおこなってください。また乾燥肌や敏感肌だと、赤み・皮膚がもりあがって赤い斑点ができる膨疹(ぼうしん)・皮膚の乾燥などが生じる場合がありますが、施術後1時間~2時間でおさまることがほとんどです。まれに赤みがおさまるのに1週間程度かかることがあります。その場合は赤みがおさまるまで、スクラブ剤など肌を刺激するようなスキンケアは控えてください。

施術後の数日間は、皮膚の細胞が生まれ変わるターンオーバーが促されることで、施術数日後に皮むけや薄いかさぶたが生じる場合があります。無理に剥がすと色素沈着が生じる可能性がありますので自然に剥がれるまで待ちます。

PRX-T33を受けられない方

  • 皮膚炎症や皮疹、ヘルペス発疹のある方
  • 敏感肌の方
  • 脂漏性皮膚炎の部位の方
  • TCAやコウジ酸アレルギー・ラテックスアレルギーのある方
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方
  • アスピリン喘息・アスピリンアレルギーのある方
  • 日焼けされてる方
  • ハイドロキノン・トレチノイン・ディフェリンゲル・デュアック配合ゲル・ベピオゲル・エピデュオゲル、レチノールを使用中の方(施術2週間前までに使用を中止すれば施術可能)
  • 糖尿病、光線過敏症、心臓疾患、脳疾患、悪性腫瘍がある方
  • アルコール過敏症の方
  • ニキビ・強い炎症(アトピーなど)のある方
  • 日光過敏症の方

肝斑に特化した治療を希望するならリバースピール

リバースピールは、PRX-T33のあとに肝斑に作用する2つの薬剤によるピーリングの施術工程がプラスされることで、肝斑や色素沈着の改善が期待できる施術です。

PRX-T33が真皮に作用、2つ目の薬剤が表皮の深い層に作用、3つ目の薬剤が表皮の浅い層に作用することで、それぞれの皮膚の層に存在しているメラニンの排出を促します。

PRX-T33は厚生労働省未承認の薬剤

PRX-T33は国内で未承認の医薬品にあたります。そのため、施術を検討する際は次の注意点があることを理解して、医療機関でリスク・副作用などについても十分な説明を受けた上で施術をおこなうか決定してください。

PRX-T33は国内未承認の医療機器です。
医薬品の入手経路:入手経路は各医療機関のドクターによるメーカーからの個人輸入です。
個人輸入において注意すべき医薬品等について(厚生労働省のページ)
日本国内での承認の有無:PRX-T33と同一の成分・作用があり、日本国内で承認を受けているほかの医薬品はありません。
諸外国における安全性等に関する情報:開発元であるイタリアのWiQo med社によると、イタリアの保険省では医療機器として登録されておりCEマークも取得している[※1]と示されています。

起こり得る主なリスク・副作用としては、施術部位に生じる一過性の赤み・膨疹・皮膚の乾燥・皮むけ・かさぶた・色素沈着などが挙げられます。

[※1]Indicazioni PRX-T33 della linea WiQomed commercializzato da GPQ:WiQo med

PRX-T33の施術の流れ

(1)カウンセリング

クレンジングでメイクを落とし、患者様のお肌の状態を確認し、医師と施術についてドクターから説明をうけます。そのあとクレンジングでメイクを落とし、施術効果が半減する可能性があるため水分をしっかり拭き取ります。

(2)薬剤の塗布・マッサージで施術

薬剤による刺激の度合いを確認しながらマッサージの時間や強さが調整されるため、痛みや異常を感じた場合は施術者にお伝えください。

(3)鎮静

赤みやほてりをクールダウンして、しっかりと保湿してお肌を整えます。施術時間は10~15分程度です。

PRX-T33はセルフではなく医療機関で受けるべき理由

PRX-T33を購入して家庭でためす方もいらっしゃいますが、自分でおこなった場合は医療機関で受けた場合とおなじ効果を得ることは難しいといえます。

PRX-T33と併用できる施術がある

医療機関であれば併用できる施術が複数あるため、相乗効果でより高い施術効果が期待できます。

PRX-T33と併用することで相乗効果が期待できる施術がいくつかありますが、PRX-T33による施術後、皮膚の赤みが強く出る場合などは、PRX-T33と同日ではなく、別の日に受けた方が良いと判断されるケースもあります。

そのため施術スケジュールは、医療機関にご確認ください。

ベルベットスキンといわれるダーマペン4との併用施術

PRX-T33とダーマペン4を組み合わせる施術は、ベルベットスキンともいわれます。ダーマペン4は、髪の毛ほど細い針を高速で上下運動させて意図的に傷を作ることで、皮膚の創傷治癒力を促す施術です。ダーマペン4の施術のあとにマッサージピールをおこなうとPRX-T33が肌の奥まで浸透し、PRX-T33単体でおこなうより高い施術効果が期待できます。

肌の悩みにあわせた有効成分のイオン導入

イオン導入は、微弱な電気を流す機器をもちいて皮膚に有効成分を導入していく施術です。

通常ヒトの皮膚には外部からの異物の侵入を防ぐバリア機能が働いていて、化粧水などスキンケア用品の成分は皮膚表面の保湿作用にとどまり、皮膚の奥深くまで浸透することはありません。

イオン導入による施術は、導入する薬剤がマイナスならマイナスの電極を肌にあて、プラスならプラスの電極をあてることで電極に反発した有効成分が、皮膚のバリア機能を超えて皮膚深くまで届くという仕組みです。

マッサージピールで施術をした後の肌はバリア機能が一時的に弱まるため、肌の悩みにあわせた有効成分のイオン導入の効果が期待できます。

改善したい肌の悩み イオン導入で導入する成分
ニキビの改善・美白 ビタミンC
肝斑の改善 トラネキサム酸
毛穴の開き グリシルグリシン
ハリをもたらす プラセンタ・成長因子・ヒアルロン酸

コラーゲン生成の相乗効果が期待できる照射治療

IPLやレーザー、高周波やHIFUなどのエネルギーを照射する治療期間のあいだにPRX-T33をおこなうと、より線維芽細胞の働きが活性化しコラーゲン生成が促進するとされています。

PRX-T33専用のアフターケア

PRX-T33の施術後は、表皮細胞の新陳代謝であるターンオーバーが促進されるため、施術数日後に皮むけが起きる場合があります。自宅でもPRX-T33専用のクリームと美容液を使うことで、十分に保湿することが推奨されていて、専用のクリームと美容液は医療機関で購入できます。

WiQo保湿ナリシングクリーム

高い保湿力を持ったPRX-T33トリートメント専用のクリームで、水分の蒸発を防ぐ効果があります。通常ヒトの肌は体外から細菌などの侵入をブロックしているバリア機能が働いています。WiQo保湿ナリシングクリームを、バリア機能が弱くなっているPRX-T33施術後の肌に塗布すると、バリア機能がサポートされながら栄養分が届きます。

施術から数日間は 1 日 に2回~3 回、それ以降 1 日 1回~2回の塗布が推奨されています。

WiQoフェイスフルイド(美容液)

施術の翌日から1日1回の使用が推奨されています。皮膚に潤いを与えて、PRX-T33の施術効果を高めつつ持続させる作用が期待できます。

適切なマッサージにより効果が高まるPRX-T33

PRX-T33は、ただ薬剤を塗布して終了する施術ではありません。

施術部位を前額部、頬といったように部位ごとにPRX-T33を塗布しマッサージで浸透させていきます。赤みやPRX-T33が浸透することによる痛みの感じ方は部位ごとに異なるためその都度確認を取り、皮膚の薄い部位と厚い部位でPRX-T33の量やマッサージの回数を変えながら施術がおこなわれます。

皮膚の薄い部位は1回~2回、皮膚の厚い部位は最大で5回というようにメーカーによって目安の回数が示されているものの、マッサージによる触感と肌を見てハリが生じていることを確認しながら適度な回数が判断されます。

マッサージの仕方が施術効果に影響するため、PRX-T33開発者のドクターから直々にやり方を教わる医療機関も多く、PRX-T33は医療機関で、適切なマッサージを受けることにより施術効果が得られるといえます。

エステと医療機関で受けるピーリングの違い

厚生労働省が2000年に発表した資料によると、薬剤を用いて皮膚の表層を人工的に剥がすケミカルピーリングを業としておこなう場合は医業に該当すると明言されていますが、一方で、エステサロンなど医師免許を持たない事業者によってケミカルピーリングが提供されている事案もあると示されています。

参考文献:医師法上の疑義について

エステサロンなどの医師免許を持たない業者が「ケミカルピーリング」をおこなうことは禁止されていて、グリコール酸についてはph3.0以上、薬剤濃度10%以下であれば施術は可能とされていますが、万が一に肌トラブルが生じた際でも迅速に対応できる医療機関でドクターの診断のもと施術をうけることが安心といえます。

(2021年1月更新)

0
0

SHARE