• HOME

毛穴の悩みを改善できるダーマペン4と毛穴トラブルによって選べる薬剤の種類

0
0

SHARE

毛穴の悩みを改善するダーマペン4

ダーマペン4は毛穴の開きを改善に導く施術のひとつです。髪の毛ほどの極細の針で皮膚表面に微細な穴をあけることで、ヒトが本来もっている創傷治癒力を促し、針穴を修復する過程で皮膚細胞が新しく生まれ変わるため、肌質改善の効果が期待できます。

またダーマペン4は施術と同時あるいは施術後、皮膚表面に高密度の穴が開いている状態でさまざまな薬剤を塗布することで美容成分の浸透率をアップさせる「ドラッグデリバリー」の作用に優れています。ダーマペン4に細胞の成長や修復を促す薬剤を組み合わせることで、毛穴の目立たない肌に導く効果をより高めることができます。

毛穴の悩みを改善したい方は、毛穴トラブルの種類とそれぞれの原因のほか、毛穴の悩みをより改善に導くダーマペン4のオプションメニューや、併用するとより効果的な施術を知っておくことが大切です。また、ダーマペン4を受ける前に、ダウンタイムやリスク、施術を避けたほうが良いケースなどを知っておくと安心して施術を受けられます。

ダーマペン4によって改善が期待できる毛穴トラブルの種類と原因

毛穴トラブルの種類

毛穴の悩みの多くは、毛穴が開いてしまうことによって毛穴が目立つ症状です。毛穴が開いてしまうのにはさまざまな原因があって、原因ごとに毛穴トラブルの種類がわけられます

たるみ毛穴

たるみ毛穴は、皮膚のたるみによって本来毛穴があった位置から重力で下に引っ張られ、細長くしずく型に伸びて開いてしまった毛穴のこと。肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンを生成する機能が加齢や紫外線、睡眠不足や食生活の乱れなどによって衰えて肌がたるんでしまったためにおこる症状です。

女性の場合、肌のハリやツヤを保つ働きがある女性ホルモンの「エストロゲン」が加齢によって減少することも肌のたるみを引き起こす原因といわれています。

帯状毛穴

たるみ毛穴が進行すると、毛穴同士がつながって線のように見える帯状毛穴になります。 毛穴と毛穴が小ジワで繋がった状態で、頬の下部に多く見られます。

肌に必要な水分を保持できなくなるとたるみ毛穴や帯状毛穴の原因となるので、肌の乾燥に注意して保湿をすることや、日焼け止めを使用するなどして肌のハリや弾力を保つ役目であるコラーゲンやエラスチンにダメージを与える紫外線を予防することが大切です。

また、無表情やうつむきがちの姿勢など、表情筋をつかわないでいると頬を引き上げる力が衰え、たるみ毛穴が進行して帯状毛穴になってしまうので、意識して表情筋を動かすことも大切です。

クレーター毛穴

毛穴の凸凹部分にニキビ跡がある場合は、ニキビによる炎症が原因で、毛穴部分にニキビ跡が残ってしまった状態であるクレーター毛穴の可能性があります。 雑菌によって炎症・肌荒れを起こしている毛穴の状態で、原因はニキビだけでなく、毛穴から無理やり角栓を押し出そうとすることで皮膚が傷ついてできることもあります。

角栓毛穴

角栓毛穴は、皮膚細胞の生まれ変わりであるターンオーバーのサイクルの乱れにより蓄積した角質が皮脂と混ざって毛穴に詰まり、角栓をつくってしまうことによって毛穴が目立つ症状で、鼻や額などのTゾーンに多くみられます。洗顔時に肌をゴシゴシとこするなど、強い刺激を与えている方が発症しやすい傾向にあります。

角栓毛穴が気になる方はダーマペン4とあわせて古い角質や汚れを除去するピーリングの併用が推奨されています。

黒ずみ毛穴(いちご鼻)

毛穴に詰まった角栓を放置していると、角栓内の皮脂が紫外線やストレス、空気中の酸素に触れることで酸化して黒ずんでしまいます。毛穴の黒ずみは鼻や頬に生じやすく、とくに鼻先や小鼻が黒ずむと毛穴が目立っていちごのように見えることから「いちご鼻」とも呼ばれます。 ダーマペン4の施術前にピーリングを併用して毛穴に詰まった汚れを取り除くと効果的です。

皮脂毛穴

気温の上昇、インスタント食品や脂質の多い偏った食生活など、さまざまな要因が重なって皮脂の分泌量が過剰になると、皮脂によって毛穴の出口が押し広げられて毛穴の開きが目立つ状態になってしまいます。

皮脂は本来、汗と混ざり合って皮脂膜となって肌の乾燥を防いでくれるものです。顔がベタつくからと1日に何度も洗顔するなど必要な皮脂を落とし過ぎると、皮膚を保湿して雑菌から守ってくれる皮脂が不足して、毛穴が自らを守るために皮脂を分泌してさらに毛穴が脂っぽくなってしまうという悪循環を引き起こします。

また、肌が乾燥しすぎても、肌内部の少ない水分を少しでも守ろうと、皮膚組織は皮脂分泌を活発化させてしまいます。保湿は、肌のバリア機能を高めるためだけではなく、皮脂の過剰分泌を抑えるためにも重要です。

ダーマペン4が毛穴トラブルを改善できるメカニズム

ダーマペン4が毛穴トラブルを改善できるメカニズム

肌再生や肌質改善が期待できるダーマペン4

ダーマペン4は、針が1秒間に120回ともいわれる高速で上下運動することで、皮膚表面に目に見えない微細な針穴をあけていきます。

毎秒1,920(16本の針×120回)もの針穴を、皮膚の厚みによって適切な深さでつくることで、あいた針穴を修復しようとする創傷治癒力が働きます。傷を治そうと細胞の活動を活発化させる成長因子が分泌されて、肌のハリ・弾力や保湿を保つコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生成する線維芽細胞の働きとともに、皮膚のターンオーバーが活性化します。

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで、古い細胞がそれより下層で生まれる新しい細胞に押されて皮膚の表面まで上がり、最終的には角質となって自然にはがれ落ち、肌が新しく生まれ変わるサイクルのことです。

ダーマペン4が毛穴の悩みを改善に導く仕組み

ターンオーバーのサイクルが乱れると、古くなった角質がはがれ落ちる機能も低下するため、一定期間が過ぎてもはがれ落ちず蓄積します。そうした角質の行き先は毛穴です。角質が積み上がり、そのまま毛穴に落ちていって角栓が形成され、毛穴を押し広げることで毛穴が目立つようになってしまいます。

ダーマペン4の施術によって傷を修復する過程で皮膚細胞の再生がはかられ、ターンオーバーを正しいサイクルで活性化させることで、角栓毛穴や黒ずみ毛穴の開きを改善してハリのある肌へと導きます。

ダーマペン4には、肌のハリや弾力を保つコラーゲン・エラスチンや、保湿に関わるヒアルロン酸を生成する線維芽細胞の働きを活性化させる作用があるので、たるみ毛穴や皮脂毛穴の引き締めにも効果が期待できます。

また、ダーマペン4では新たな機能として瘢痕治癒(はんこんちゆ)モードであるスカートリートメントモード(STモード)が搭載され、クレーター状のニキビ跡や傷跡の治療を重点的におこなうことが可能となりました。毛穴部分にニキビ跡が残ってしまった状態であるクレーター毛穴を改善に導きます。

併用すると効果が高まるオプションメニュー(薬剤)・施術

併用すると効果が高まるオプションメニュー

ダーマペン4に、さまざまな薬剤を組み合わせると、薬剤の美容成分が微細な針穴から肌の奥まで均一に浸透することで薬剤の効果が加わります。

ヒトの皮膚にはバリア機能が働いていて、体外からの細菌の侵入を阻止しています。バリア機能のおかげで異物の侵入がブロックされる一方で、通常では皮膚に塗布した化粧水や美容液などの有効成分は皮膚表面にとどまり、皮膚の奥まで浸透することはできません。

しかし、ダーマペン4で皮膚表面に高密度の針穴をあけることで、本来は塗っただけでは浸透しない薬剤の有効成分が肌の奥までしっかりと入り込みます。この効果は「ドラッグデリバリー」といわれます。

症状や希望に応じて塗布する薬剤を選択することで、有効成分が肌の奥まで届き、細胞に直接働きかけるので、より高い効果が得られます。ここでは毛穴の悩みを改善に導く薬剤をご紹介します。

ダーマペン4の施術と同時に塗布すると効果が高まる薬剤

たるみ毛穴・帯状毛穴や皮脂毛穴に毛穴の開きを引き締めるボツリヌス製剤

ボツリヌス製剤は筋肉の働きを緩和させて、表情ジワの改善や咬筋の発達によるエラの張りを抑制する効果が期待できる薬剤ですが、毛穴を引き締める効果もあるといわれています。

ボツリヌス製剤を筋肉ではなく、たるみ毛穴が気になる部位の皮膚の浅いところへ浸透させると、たるんだ肌の引き締め効果を促すと同時に、毛穴の開きを目立たなくさせる効果が期待できます。

さらさらした柔らかいヒアルロン酸とボツリヌス製剤をミックスして浅い皮膚へ浸透させることで、ヒアルロン酸の保湿効果に加え、ボツリヌス製剤が肌を引き締めるので、たるみ毛穴や皮脂毛穴を改善に導きます。

たるみ毛穴・帯状毛穴や皮脂毛穴に保湿力に優れたヒアルロン酸

ヒアルロン酸は極めて高い水分保持能力と粘性を持っていて、ヒアルロン酸1gで2ℓ~6ℓの保水力があるともいわれています。ヒアルロン酸の保湿効果によってハリ・ツヤのある肌に導き、たるみ毛穴、帯状毛穴を改善するとされています。

また、ヒアルロン酸の保湿効果は乾燥によるダメージから肌を守るバリア機能を高めるだけではなく、皮脂の過剰分泌を抑えて皮脂毛穴の改善にも効果が期待できます。

たるみ毛穴・帯状毛穴や角栓毛穴・黒ずみ毛穴に肌の再生をはかる成長因子

成長因子は体内にもともと存在するタンパク質の一種で、体内の細胞を活性化させたり細胞分裂を促進したりといった、細胞活動をコントロールする機能があります。 ハリや弾力の回復による、たるみ毛穴の引き締めや、肌のターンオーバーの活性化による作用が期待できるので、角栓毛穴や黒ずみ毛穴にも効果が期待できます。

クレーター毛穴に自身の血液によって肌の若返り効果が期待できるPRP(多血小板血漿)

PRP(多血小板血漿)とは、自身の血液から遠心分離で抽出した血小板と白血球を肌に浸透させる、再生医療から生まれた若返り治療です。

血小板や白血球に含まれる豊富な成長因子がコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生み出す線維芽細胞を活性化させます。細胞自体を再生し、内側からハリ・弾力を取り戻してツヤ肌へ導くとともに、毛穴の開き、毛穴部分にニキビ跡が残ってしまったクレーター毛穴の改善が期待できます。

ダーマペン4と併用すると効果が高まる施術

ダーマペン4はあらゆる毛穴トラブルの改善が期待できますが、ほかの施術と併用することでさらなる効果が期待できます。

たるみ毛穴・帯状毛穴や角栓毛穴に皮膚の再生を促進して毛穴を目立たなくするマッサージピール(コラーゲンピール)

マッサージピールは、通常のピーリングとは異なり、皮膚を剥離させずに薬剤を皮膚の深部に浸透させて、コラーゲンの生成促進をもたらし、肌に弾力やハリをもたらすため、コラーゲンピールとも呼ばれています。肌にハリや弾力を与えて、たるみ毛穴を改善に導きます。

肌をやさしくマッサージしながら専用のピーリング薬剤を浸透させ、線維芽細胞を活性化させることによりコラーゲン増生を図り、毛穴の開きを改善するといわれています。

また、薬剤に配合された高濃度のトリクロロ酢酸が肌のターンオーバーを促進するので、キメの乱れからくる毛穴の目立ちや毛穴のざらつきを改善するとされています。

さらにメラニン色素の生成抑制作用があるコウジ酸によりシミやくすみも改善に導きます。ダーマペン4の施術後にマッサージピールを受けることで薬剤の浸透率がアップするので相乗効果が期待できます。

角栓毛穴・黒ずみ毛穴に潤いを保ちながら毛穴の奥まで汚れを洗い流すハイドラフェイシャル

ハイドラフェイシャルは、薬剤によって肌表面の角質を除去するピーリングとは異なり、水流を利用してピーリングをおこなうマシンによる治療です。

美容成分を含んだ薬剤と水を同時に使用し、肌の表面だけでなく、毛穴の奥までしっかりクレンジングします。不要な皮脂・角質を除去し、潤いを保ちながら、透明感のあるみずみずしい肌を取り戻します。

角栓や黒ずみが気になる方は、ダーマペン4を受ける前にハイドラフェイシャルを受けることで毛穴の奥に詰まった古い角質や黒ずみ、皮脂などの汚れ、角栓を渦巻き状の水流を利用して洗い流すことができるので、ダーマペン4による創傷治癒力に相乗効果が期待できます。

クレーター毛穴やたるみ毛穴・角栓毛穴にハリや弾力をアップさせて毛穴を目立たなくする医療用美容パック(SRSマスク)

医療用美容パック(SRSマスク)は、線維芽細胞増殖因子(bFGF)や上皮細胞成長因子(EGF) など、美肌に作用する成長因子を配合したシートマスクです。bFGFには線維芽細胞を活性化させ傷が治る時間を早める作用、EGFには乱れたターンオーバーのサイクルを正常に戻す作用が期待できます。

ダーマペン4の施術後に医療用美容パック(SRSマスク)をすることで、成長因子が針穴から浸透し、傷を治す力を高めることができるので、ニキビによる炎症が原因のクレーター毛穴を改善してツヤのある健康的な肌に導きます。

ダーマペン4で毛穴トラブルの施術を受ける前に知っておくべきこと

ダーマペン4のダウンタイムやリスク

ダーマペン4の施術頻度・回数

ダーマペン4は、1回の施術で効果を感じられることもありますが、より効果を高めて毛穴の目立たない肌に導くために、コース料金を設定している医療機関もあります。月に1度の頻度で、3回~5回程度の治療を繰り返すことが推奨されています。

ダーマペン4の施術中の痛み・ダウンタイム

ダーマペン4の施術中の痛みは麻酔クリームで軽減

ダーマペン4は麻酔クリームを塗っておこなわれるため、施術中の痛みは皮膚の薄い部位や針を深く刺した際にチクチクと軽い痛みを感じる程度といわれています。 痛みに弱い方は、施術中に痛みを確認しながら針の深さを調整してもらうなど、ドクターにご相談ください。

ダーマペン4のダウンタイム

ダーマペン4による針穴は微細で皮膚への負担が少なく、施術後の皮膚の回復が速やかであるため、ダウンタイムはほとんどないとされています。

ただし、肌の悩みに応じて針の深さを調整するので、針を深く刺した場合、施術直後から赤みやかゆみが生じる・表皮がむける・かさぶたができるなどの症状が生じることがありますが、3日程度でおさまるといわれています。

ダーマペン4を受けられない方・施術できない部位

以下の項目に当てはまる方は施術を受けられない可能性があるため、事前にドクターにご相談ください。

  • 妊娠中・授乳中の方
  • ケロイド体質の方
  • 麻酔薬アレルギーのある方
  • 金属アレルギーのある方
  • 感染症疾患がある方
  • 毛細血管拡張・出血傾向にある方
  • 糖尿病合併症および重大な疾患のある方
  • アトピー性皮膚炎や湿疹、かぶれで赤み、かゆみが強い部位
  • 膿をともなうニキビができている部位(炎症が落ち着いていれば施術可能)
  • 日焼け後の色素沈着の強い部位

ダーマペン4の料金相場

ダーマペン4は厚生労働省未承認機器です。自由診療になり、美容を目的とした施術なので医療保険が適用されず、全額自己負担となります。

ダーマペン4の料金相場は、単体での全顔の施術で、15,000円~50,000円程度です。オプションメニューを追加する場合は、薬剤や施術によって異なりますが、単体での施術に10,000円~100,000円ほどプラスされます。

家庭用のセルフダーマペンによる施術効果とリスク

医療機関で施術をおこなうダーマペンの類似機器で、家庭でつかえるダーマスタンプやダーマローラー、家庭用のセルフダーマペンが一般販売されていますが、皮膚に微細な穴を開けるため、衛生管理ができていない場合や正しい知識をもたずに使用すると細菌感染するリスクが高まり、肌荒れなどのトラブルを引き起こしかねません。

ダーマペン4は、細菌感染や肌を傷つけるなどのトラブルがないよう、医療機関で施術を受けてください。

また、家庭用のダーマスタンプやダーマローラー、セルフダーマペンは家庭で安全に使用できるように針が皮膚深くまで刺さらない設計になっています。一般の方は症状に合わせた適切な薬剤の入手もむずかしいため、医療機関で医師がおこなう施術と同等の施術効果を得ることは困難です。

ダーマペン4以外で毛穴ケアに効果が期待できる施術

ダーマペン4以外で毛穴ケアに効果が期待できる施術

毛穴の目立たないすべすべの肌に導く水光注射

水光注射とは、皮膚の浅い層へヒアルロン酸、アミノ酸、抗酸化成分などを配合した美肌効果の高い薬剤を肌にダイレクトに注射する肌質改善の治療で、潤いやハリ、弾力、透明感のある肌に導くといわれています。

水光注射で毛穴の開きを引き締めるには、ヒアルロン酸とともに微量のボトックスを皮膚の浅い部位に注射します。筋肉ではなく皮膚の浅い部分に注射することで、肌の引き締め・毛穴の縮小のほか、シワ、皮脂のベタつき・テカリ、ニキビにも効果が期待できます。

また、水光注射でPRP(多血小板血漿)を注射することも毛穴を目立たなくさせるのに有効といわれています。 自身の血液から採取したPRPの働きによって皮膚が再生されて、古くなった角質が剝がれ落ちるターンオーバーのサイクルが整うと、新しい細胞を次々と作り出して古い細胞を押し上げ、ニキビによって毛穴部分が凹んだ状態のクレーター毛穴も繰り返し治療を受けることで改善に導きます。

たるみ毛穴を引き締めるサーマクール

サーマクールは、電磁波の1つである高周波を照射して皮膚を引き締めるマシンです。加齢や紫外線などによる肌のたるみを改善して、ハリをもたらすといわれています。

皮膚は外側から表皮層・真皮層・皮下組織で構成されていて、真皮層と皮下組織は皮膚の弾力やハリを左右する重要な役割があります。表皮層の下の真皮層には、皮膚の弾力やハリを保ちながらキメを整える線維状のタンパク質であるコラーゲンがあって、その下にある皮下組織が皮膚をクッションのように支えて持ち上げる働きをしています。

サーマクールは、皮膚の真皮層と、主に脂肪の層である皮下組織に高周波エネルギーを照射して、熱収縮によってコラーゲンなどのタンパク質を引き締め、余分な脂肪を減少に導く施術です。皮膚の表面積を収縮、ボリュームダウンさせて重力の影響を緩和させる効果が期待できるので、サーマクールはたるみによる毛穴の開きの改善や、たるみの予防に役立ちます。

また、皮脂腺の収縮作用があるので、皮脂の過剰分泌を抑制することで皮脂による毛穴の開きを改善に導きます。

毛穴の開きを改善に導くレーザー治療・光治療

レーザーによる毛穴治療は、レーザーを面ではなく、小さな点の集まりで照射をおこなう点状照射により、皮膚に目には見えない微細な穴を開けると同時に熱刺激を与え、肌の再生を促して毛穴を目立たなくさせるフラクショナルCO2レーザーがあります。

また、光治療は「IPL」という光を照射して毛穴のメラニン色素に反応させて毛穴の黒ずみ、うぶ毛を除去するとともに、熱によるコラーゲン再生効果でハリや弾力を取り戻し、徐々に毛穴を引き締めていきます

ダーマペン4でより毛穴改善効果を得るための医療機関の選び方

ダーマペン4を受ける医療機関の選び方

ダーマペン4は、ヒトが本来もっている創傷治癒力を利用して肌の再生を図り、毛穴を目立たなくする以外にも小ジワやニキビ跡、ハリ感のアップなど肌質改善に効果が期待できます。

ただし、皮膚に微細な穴を開ける施術のため、使用する医療器具の衛生管理ができていないと血液感染によるB型・C型肝炎やエイズなどの感染症を引き起こすリスクがあります。 感染症のリスク対策で使い捨ての針を使用するのはもちろん、専用の本体カバーをしっかり装着しているなど衛生管理について信用できる医療機関を選ぶと安心です。

また、ダーマペン4の施術効果を充分に得るためには、部位ごとに異なる皮膚の厚みと効果的な針の深さを熟知しているドクターによる施術が安心です。 たとえば、ダーマペン4の開発元であるダーマペンワールド社のトレーニングドクターから正しい施術の手技について直接レクチャーを受けたドクターが在籍する医療機関で施術を受けるという選択肢もあります。

0
0

SHARE