• HOME

糸による鼻形成術のMISKO(ミスコ)の効果と施術で失敗しないために知っておくべきこと

0
0

SHARE

女性の横顔

鼻先や鼻すじに引っ掛かりのある特殊な糸を挿入することで、鼻の高さや形を補う鼻形成術のノーズリフト(スレッドノーズ)で使用される糸のひとつが、MISKO(ミスコ)です。

MISKOはメスによる皮膚の切開を伴わないため身体への負担が少なく、施術部位を切開してシリコンプロテーゼ(人工軟骨)や自身の軟骨を鼻に移植することで理想の鼻を目指す外科的な手術と比べてダウンタイムが短いです。しかし、自身が希望する鼻の仕上がりによっては、MISKO以外の鼻形成術が適していることがあります。

そのため、MISKOによる鼻形成術で「イメージしていた仕上がりと異なる」などの失敗を防ぐためには、MISKOの糸の特徴と施術によって得られる効果や持続期間について知ることはもちろん、ほかの糸や施術との違いを事前に理解して検討することが大切です。

鼻先や鼻すじの低さを改善に導くMISKO

鼻先や鼻すじの低さを改善に導くMISKO

MISKOとは、引っ掛かりのある特殊な糸(スレッド)を鼻に挿入して鼻を高くしたり形を整えたりする施術のノーズリフトで使用される糸のひとつで、主に鼻すじや鼻先の高さを補うことを目的とした鼻形成術に使用されます。

マレーシアのHaju Medical社によって開発されたノーズリフト用の糸であり、MISKOによる鼻形成術は「クレオパトラノーズ」などと呼ばれることもあります。MISKOを鼻の付け根から鼻先までの部分である鼻背(びはい)や左右の鼻腔を隔てている仕切り部分の鼻中隔に挿入することで、鼻の高さを補い団子鼻などの悩みを改善に導きます

MISKOは二方向に突起がついた吸収性の糸

MISKOは直径0.6mmほどの細い糸で、表面には二方向に切れ込み状の深い突起がいくつも付いており、さらに糸の両端はホウキのように細かい繊維が扇状に広がっている構造です。皮下へ挿入した際、糸の表面の突起と両端の扇状に広がった繊維が皮下組織にしっかりと引っ掛かることで、挿入した部位の皮下組織の位置を保持して支える役割を果たします。

また、MISKOの素材は、世界中の医療現場で使用されている縫合糸の素材でもあるPDO(ポリジオキサノン)です。PDOは体内の水分と反応して少しずつ分解されていく性質があり、分解されたPDOは白血球の働きによって捕食・消化された後に、尿などの老廃物として体外へ排出されます。

そのため、MISKOは挿入後に少しずつ体内へ吸収される糸であり、素材であるPDOは、EU(欧州連合)加盟国の安全基準条件を満たすことを証明するCEマークを取得しているほか、韓国のMFDS(韓国食品医薬品安全省)の認可を受けているため、安全性が認められている糸といえます。

MISKOは施術後に糸が皮膚から突出しにくい構造

糸の表面に限らず両端でも皮下組織を引っかけられるように加工されていない糸の場合、糸の両端では皮下組織を引っかけて支える力が働かず、稀に歳月の経過や施術部位に衝撃が加わった際に糸が皮膚から突出してしまうリスクがあるとされます。

MISKOは糸の表面と両端の扇状に広がった繊維によって皮下組織をしっかりと引っ掛かけることができる構造であるため、皮下組織を支えて保持する力が糸の両端でも作用し、皮膚からの突出が生じにくいとされます。

糸が分解される際に生じるコラーゲンの産出作用

MISKOをはじめとする吸収性の糸は、分解される際に強度のある線維状のタンパク質であるコラーゲンの産出を促す作用があるとされます。糸と置き換わるようにして周囲でコラーゲンが産出されることで皮下組織を支える構造がつくられるため、糸が完全に分解された後も鼻の高さや形状を維持する作用はある程度持続するとされます。

ただし、糸が分解された後に持続する鼻形成の作用は、糸を挿入した直後に比べておよそ30%前後まで低減するといわれており、理想とする鼻の高さや形状を維持するためには定期的に施術を受ける必要があります。

MISKOによる鼻形成術が向いている方

  • 高さのある鼻先や鼻すじを目指したい方
  • 鼻の低さが原因の団子鼻を改善したい方
  • メスを使用した手術による鼻形成術には抵抗がある方
  • ダウンタイムの短い鼻形成術を希望している方
  • 自然な変化が得られる鼻形成術を希望している方

MISKOの挿入方法と部位ごとの効果・本数

MISKOの挿入方法と部位ごとの効果・本数

MISKOは一般的に左右の鼻孔を隔てる仕切り部分の鼻中隔、あるいは鼻すじの部分に挿入して、鼻の高さや形を補うことを目的とした施術で用いられる傾向です。また、鼻中隔と鼻すじの両者に対して同時に挿入することも可能とされます。

鼻中隔への挿入方法と期待できる効果・本数

鼻先の高さを出すことを目的とした施術の場合、鼻中隔にMISKOを挿入します。糸を挿入する際は、局所麻酔を使用して痛みをやわらげた状態でおこなわれます。

一般的な挿入方法としては、麻酔下で鼻先に針で小さな穴をあけ、鼻を指でつまみ上げた状態で、糸が装着された専用の医療器具(インジェクター)を鼻先から挿入します。さらにインジェクターを鼻中隔に沿って平行に数センチほど奥へ刺し込み、内部の糸だけを皮下に残すようにしてインジェクターの外筒を抜き去ることで、鼻中隔に糸を設置します。

引っ掛かりのあるMISKOの糸が鼻中隔に挿入されることで、挿入部位の皮下組織が支えられて鼻がもとの高さよりも高い位置で保持されるようになり、鼻先の低さを改善に導くことが可能です。

挿入する糸の本数は4本が目安で、より糸の引っ掛かりの作用を高めるために、糸を交差させるように挿入して鼻中隔内で「X」を作る方法もあります。施術で用いる糸の本数や挿入方法は医療機関によって異なることがあるので、施術を検討している医療機関で用いられている術式が気になる方は、ホームページやお問い合わせ先から確認してください。

鼻すじへの挿入方法と期待できる効果・本数

鼻の付け根から鼻先までの部分を鼻背(びはい)と呼び、いわゆる「鼻すじ」の高さを出すことを目的とした際は、この鼻背にMISKOを挿入していきます。施術をおこなう際は、鼻中隔への施術と同様に、糸を挿入する前に局所麻酔を使用します。

麻酔によって痛みをやわらげた後、針で鼻先に小さな穴をあけます。鼻背の中央部分を指でつまみ少し下方(口もと側)に引っ張った状態で、糸が装着されたインジェクターを鼻先から鼻の付け根側へ向かって挿入し、数センチほど奥へ刺し込んだ後に、内部の糸だけを残すようにしてインジェクターの外筒を抜き去るのが一般的な挿入方法とされます。

挿入する本数は4本が目安であり、MISKOによって鼻背の皮下組織が支えられることで以前よりも鼻すじが高い位置で保持されるようになり、団子鼻の改善が期待できます。ただし、シリコンプロテーゼを使用した隆鼻術や自身の軟骨を鼻に移植することで理想の鼻を目指す外科的な手術などと比べると、大きな変化は期待できず効果はおだやかです。

MISKOの持続期間と施術の痛み

MISKOの持続期間と施術の痛み

MISKOによる鼻形成の持続期間

素材であるPDOは約2カ月後から少しずつ体内で分解がはじまり、個人差はありますが6ヶ月~12カ月後には糸がほぼ完全に吸収されるといわれています。そのため、MISKOによる鼻形成の持続期間は挿入してから6カ月~12カ月が目安となります。

糸が完全に吸収された後もある程度は鼻形成の効果が持続するとされていますが、十分な効果を継続して得るためには、施術を受けてから数か月後に効果が低減してきたと感じたタイミング、または6カ月~12カ月以内に再び施術を受けることが推奨されています。

MISKOによる施術の痛み

MISKOによる鼻形成は局所麻酔を使用しておこなう医療機関がほとんどであるため、施術中に痛みを感じることはほとんどないとされます。ただし、痛みを感じる程度には個人差があるため、痛みが苦手な方は局所麻酔に加えて笑気麻酔や静脈麻酔といった複数の麻酔を併用できる医療機関で施術を受けると安心です。

取り扱っている麻酔の種類は医療機関によって異なり、麻酔の使用は別途で料金がかかるケースもあるので、MISKOの施術で使用できる麻酔の種類や追加料金の有無が気になる方は各医療機関のホームページやお問い合わせ先から確認してください。

MISKOの施術によるダウンタイムとリスク・副作用

MISKOの施術によるダウンタイム・リスクと副作用

MISKOの施術によるダウンタイム

MISKOを鼻に挿入する際は鼻先に小さな針穴をあけるため、皮下の細かい血管が損傷して軽度の内出血が生じることにより、施術を受けた後は2日~4日ほど鼻先に赤みがあらわれることがあります。施術直後は肌色の保護テープを施術部位に貼って、赤みを目立たないようにケアをおこなっている医療機関もあります。

また、ダウンタイム中は赤みのほかに施術部位に軽度な痛みや腫れが生じることがありますが、通常は5日~7日ほどで落ち着く傾向です。

MISKOの施術によるリスク・副作用

  • 施術後の内出血や痛み、腫れ、むくみといった副作用があらわれることがある
  • 皮下組織を引き上げることによって稀に皮膚の表面に凹凸が生じることがある
  • 糸の挿入によって左右差や不自然さ、異物感、ごく稀に感染症のリスクを伴う
  • ごく稀に挿入した糸が皮膚から突出することがある
MISKOは厚生労働省未承認医薬品です。
医薬品の入手経路:入手経路は各医療機関のドクターによるメーカーからの個人輸入です。
個人輸入において注意すべき医薬品等について(厚生労働省のページ)
日本国内での承認の有無:MISKOと同一の成分・作用があり、日本国内で承認を受けている医薬品はありません。
諸外国における安全性等に関する情報:MISKOの素材であるPDOは、CEマークを取得しているほか韓国のMFDSから認可を受けています。また、MISKOの施術による主な副作用としては、内出血・発赤・疼痛・浮腫・倦怠感・熱感・蕁麻疹・痒み・異物感・左右差・感染症・糸の突出などが挙げられます。

鼻の高さや形を補うことができるMISKO以外の施術

鼻の高さや形を補うことができるMISKO以外の施術

MISKO以外の主なノーズリフトの種類

ノーズリフトの施術で用いられる糸の種類はMISKO以外にも多数あり、それぞれ糸の素材や持続期間、構造が異なります。

糸の種類 素材 持続期間 構造
Y-KO(ワイコ) PDO 6カ月~12カ月 糸の表面にコグと呼ばれるトゲのような突起が360度張り巡らされている
G-メッシュ PCL 約24カ月 果物を保護するネットのように糸全体が網目(メッシュ)の構造になっている
G-コグノーズ PCL 約24カ月 トゲ状のコグ(突起)ではなく糸全体が鉄条網のような形状

PCL(ポリカプロロラクトン)とは、主に外科手術などで用いられる縫合糸の成分で、PDOと同様に体内で少しずつ自然に分解・吸収される性質があり、体内で分解される過程で周囲に新たなコラーゲンの産出を促す作用があるとされます。また、PCLはアメリカのFDA(米国食品医薬品局)による承認を得ているほか、EU(欧州連合)加盟国の安全基準条件を満たすことを証明するCEマークを取得しているため、安全性が認められている素材といえます。

Y-KO(ワイコ)

PDOを素材として、韓国のN-Finders社によって開発された吸収性の糸がY-KO(ワイコ)です。主に鼻中隔や鼻背の高さを補うことを目的とした施術に用いられる傾向で、糸の長さが2種類あり、鼻中隔への挿入は40mm、鼻背は60mmのタイプを使用します。

糸の表面にはトゲのような突起(コグ)が360度張り巡らされていて、この突起が挿入部位のの皮下組織に食い込むことで鼻の高さを支えます。また、PDOの性質として糸が分解される過程で周囲にコラーゲンの産出が促されて皮膚が内側から持ち上げられる作用が期待できるため、糸が吸収された後もある程度は効果が持続するとされています。

MISKOは糸の両端で細かい繊維が扇状に広がっている加工が施されていますが、Y-KOの場合は両端で皮下組織を引っ掛けて支える構造を持っていません。また、1回あたりの施術で鼻背や鼻中隔に挿入する糸の本数は、1箇所につきMISKOが4本であるのに対してY-KOは5本が目安とされています。

G-メッシュ

G-メッシュ(G-Mesh)は韓国のSkinMedience社によって開発された吸収性の糸で、主に鼻背へ挿入して高さを補うことを目的とした隆鼻術で用いられます。糸全体が果物を保護するネットのように網目状の構造になっていて、この網目が皮下組織をしっかりと引っ掛かけることで挿入部位の形状を維持するボリュームアップの作用が働くため、あごのラインを整える形成術などに用いられることもあります。

隆鼻術としてはヒアルロン酸注入などの施術もありますが、鼻へのヒアルロン酸注入は注入剤が稀に意図しない部位へずれてしまうリスクがあり、ヒアルロン酸注入のかわりとなる隆鼻術のひとつとして、韓国の形成外科のドクターが携わる形で開発された糸です。

G-メッシュは鼻背に挿入することでボリュームを補い高さを出すことに長けた糸で、PDOを素材とするMISKOは持続期間が6カ月~12カ月であるのに対して、G-メッシュはPCLが素材で持続期間は約24カ月であるため、より長期的な効果を希望する方に向いている糸といえます。

G-コグノーズ

G-メッシュと同様に、韓国のSkinMedience社によって開発されたノーズリフト用の糸がG-コグノーズです。G-メッシュは主に鼻すじの高さを出す隆鼻術で用いられますが、G-コグノーズは隆鼻術に限らず、鼻中隔に挿入して鼻先の高さを補うことを目的とした施術でも使用されます。

素材はG-メッシュと同様に持続期間が約24カ月と長期であるPCLで、G-コグノーズの糸は鉄条網のように特殊な形状をしていて、鼻の皮下組織に接触する面積が広いことから皮下組織を引っ掛けてしっかりと保持する作用が期待できます。また、鼻すじの高さを出すことを目的とした場合、G-コグノーズを先に鼻背へ挿入して土台をつくった後に、上からG-メッシュを挿入する組み合わせの施術(コンビネーション)によって、よりキレイな仕上がりを目指すことが可能です。

ノーズリフト以外の主な鼻形成術

鼻形成術にはさまざまな施術があり、大別すると、皮膚の切開を伴うものとそうでないものがあります。

切開を伴う鼻形成術は腫れや赤みなどが落ち着いた自然な状態へ仕上がるまでに長い期間を要しますが、長期的な効果の持続が得られます。切開が不要の施術は前者と比べると持続期間は短い一方で、身体への負担が少なく腫れや赤みが落ち着いて自然な状態に仕上がるまでに必要な期間が短いというそれぞれの特徴があります。

ノーズリフト以外で鼻先や鼻すじの高さを補うことができる主な施術は、次の5つです。

施術 切開の有無 効果の持続 仕上がり
プロテーゼ挿入 半永久的 1カ月~3カ月後
耳介軟骨移植 半永久的 約1カ月後
鼻尖形成術 半永久的 2カ月~3カ月後
ヒアルロン酸注入 6カ月~24カ月 腫れや内出血などの副作用が2日~7日ほど生じることがある
レディエッセ注入 10カ月~18カ月 腫れや内出血などの副作用が2日~3日ほど生じることがある

プロテーゼ挿入

鼻のプロテーゼ挿入とは、シリコン製のプロテーゼ(人工軟骨)を鼻背に挿入して鼻すじの高さを補う施術で、MISKOとの併用も可能といわれています。プロテーゼの形には「I型」と「L型」の2種類があって、それぞれ希望する鼻の形に合わせたものを鼻背に挿入します。

プロテーゼはもとの鼻の形に左右されることなく、希望する鼻の形に合わせて一人ひとり細かくデザインを調整することができます。また、プロテーゼは体内で吸収されることがほとんどないとされるため、挿入後は鼻の状態を半永久的に維持でき、皮下組織に癒着しにくいことから除去や再手術も可能とされます。

ただし、切開を伴う鼻形成術なので手術後は腫れや傷跡が伴い、仕上がりまでに1カ月〜3カ月を要します。挿入後はレントゲン検査にてプロテーゼの影が写るほか、ごく稀に歳月の経過によって挿入したプロテーゼが浮き上がってくるなどのリスクがあります。

耳介軟骨移植

自身の耳に存在する軟骨の一部を採取して、取り出した軟骨を鼻先に移植することで鼻先の高さを出す手術が、耳介軟骨移植(じかいなんこついしょく)です。一般的には、傷跡が目立ちにくいように耳の裏側からメスを入れて軟骨の採取をおこなった後、軟骨の大きさや形状を調節してから鼻先に移植します。

使用する耳の軟骨は自身の組織であるため、鼻先に移植した際にアレルギー反応を生じるリスクが低いです。また、移植した後も軟骨は鼻先に残り続けるため、半永久的に鼻先の高さを維持できるとされます。

ただし、切開を伴うため仕上がるまでには1カ月以上かかり、手術後は切開部位に腫れが生じたり傷跡が残ります。また、移植した軟骨は歳月の経過によって周囲の皮下組織と癒着するので、癒着が生じた後は再手術による除去が困難とされています。

鼻尖形成術

鼻尖形成(びせんけいせい)は、鼻先を意味する鼻尖の形を整えることを目的とした手術です。鼻中隔の皮膚表面である鼻柱(びちゅう)、または鼻の穴から皮膚の切開をおこなった後、左右にわかれており鼻先の形を決める軟骨の大鼻翼軟骨(だいびよくなんこつ)同士を非吸収性の糸で縫い合わせて中央に寄せるという方法が基本的な手術内容とされます。

左右にそれぞれ広がった大鼻翼軟骨が中央に寄せられることで、以前よりも鼻先が細くなったり高さが出るようになり、団子鼻の改善が期待できます。大鼻翼軟骨同士の縫合のみでは十分な効果が期待できない場合、耳介軟骨移植を併用しておこなうこともあります。

非吸収性の糸で縫合をおこなった場合、一般的に効果の持続は半永久的とされていますが、大鼻翼軟骨がもとの位置に戻ろうとする力が働くことで、効果が低減する後戻りの可能性があります。また、過度に縫合をおこなうことで、鼻が洗濯バサミでつままれたような状態になってしまうピンチノーズを引き超すリスクを伴います。

ヒアルロン酸注入

ヒトの体内にも存在するヒアルロン酸を鼻背や鼻の付け根部分に注入してボリュームを補うことで、高さのある鼻を目指すことが可能です。鼻への注入は、架橋剤が含まれた弾力性のある硬いヒアルロン酸が主に使用されます。

ヒアルロン酸は少しずつ体内へ吸収される性質があり、持続期間は注入剤によって差がありますが6カ月~24カ月ほどです。分解酵素製剤を注入することにより、もとの鼻の状態に戻すことが可能で、皮膚の切開が不要なため身体への負担が少なくダウンタイムはほとんどありません。

注入後は腫れや内出血が生じることが稀にありますが、1週間ほどで落ち着く傾向です。ただし、血管が密集している部位にヒアルロン酸を注入すると血管内に注入剤が入り、血栓となって血流を止めてしまうリスクがあるため、多くの医療機関では鼻先へのヒアルロン酸注入をおこなっていません。

MSKOと組み合わせて施術を受けることも可能であり、たとえばMISKOを鼻中隔に挿入して鼻先の高さを出し、ヒアルロン酸注入によって鼻すじの高さを補うなどの併用をおこなうことで理想とする鼻の仕上がりを目指すことができます。

レディエッセ注入

レディエッセ注入とは、カルシウムとリン酸イオンから成る「カルシウムハイドロキシアパタイト(CaHA)」を注入する施術です。レディエッセは鼻すじや鼻先の注入が可能であり、CaHAは歯や骨をつくる成分のひとつでもありますが、注入する際は細かい粒子状に加工されてジェルで包まれた状態で使用されます。

ヒアルロン酸と同様に、注入した部位の肌のボリュームを補われることで鼻筋や鼻先の高さを出す効果が期待できます。持続期間は10カ月~18カ月間ほどで、皮膚の切開が不要なためダウンタイムはほとんどありません。

ただし、血管内に注入剤が入ってしまった場合、血管が詰まることで皮膚の壊死などを引き起こすリスクがあります。また、施術後は注入部位に腫れや内出血といった副作用が2日~3日ほど生じることがあります。

MISKOの施術を受ける際に知っておきたいこと

MISKOの施術を受ける際に知っておきたいこと

施術を受ける前後の注意点

  • 施術を受ける前日から当日にかけての飲酒は控えてください。
  • 鼻ピアスなどの装飾品は施術を受ける前に外す必要があります。
  • メイクは施術を受けた翌日から可能です。
  • シャワーは施術を受けた当日から可能、入浴は翌日から可能です。
  • 施術後の2週間は飲酒・喫煙・サウナ・激しい運動を控えることが推奨されています。
  • 施術後はうつぶせ寝を控えて、鼻を強くこするなどの刺激を与えないでください。

施術を受けられない方

  • 妊娠中・授乳中の方
  • 施術部位やその周囲に未治癒の外傷や炎症がある方
  • 施術を受ける当日に飲酒をしていた方
  • そのほか医療機関で施術を受ける医療機関で不適応と判断された方

また、施術を受ける方が未成年者の場合、保護者の許可が必要となります。

MISKOの施術の流れと料金相場

MISKOの施術の流れと料金相場

(1)診察・カウンセリング

問診票を記入した後、ドクターによるカウンセリングでMSKOの施術が可能であるか診断を受け、希望する鼻の仕上がりに応じて糸の挿入部位や本数などを決めます。

(2)クレンジング・洗顔・マーキング

施術を受ける当日にメイクをしてきた場合は、クレンジングでメイクを落とした後に洗顔をおこなって施術部位を清潔にします。その後、糸の挿入口にマーキングをおこないます。

(3)麻酔・施術

麻酔を使用して痛みをやわらげた後、針で糸の挿入口に小さな穴をあけ、MISKOを挿入していきます。施術の所要時間は挿入する糸の本数によって異なりますが、10分~20分ほどです。

(4)終了

施術後の注意事項などの説明を受けて終了です。保護テープを施術部位に貼って、赤みを目立たないようにケアをおこなう場合もあります。また、施術を受けた当日はメイクができないため、見た目が気になる方は顔を隠すマスクなどを持参しておくと安心です。

MISKOの料金相場

MISKOの施術は美容を目的とした保険適用外の自由診療であるため、料金は医療機関によって異なりますが、糸1本あたりの料金は20,000円~50,000円が目安です。

MISKOの施術を受ける医療機関の選び方

MISKOの施術を受ける医療機関の選び方

MISKOは皮膚の切開をおこなわないため身体への負担が少なくダウンタイムは2日~7日ほどと短いですが、プロテーゼ挿入や耳介軟骨移植などの外科的な鼻形成術と比べると大きな変化は期待できないため、「鼻先や鼻すじを今より少し高くしたい」といった自然な変化を望む方に向いている施術といえます。

また、理想とする鼻の仕上がりによってはMISKOに加えてヒアルロン酸注入の併用が適していることもあります。もともとの鼻の高さや形は一人ひとり異なるため、MISKOをはじめとするノーズリフトの施術は、鼻形成術の実績が豊富な医療機関やそれぞれ異なる糸の構造や性質を熟知しているドクターが在籍している医療機関で受けると安心です。

0
0

SHARE