• HOME

脂肪冷却マシンの一つであるCLATUUα(クラツーアルファ)の効果とダウンタイムや注意点

0
0

SHARE

脂肪冷却マシンの一つであるCLATUUα(クラツーアルファ)の効果とダウンタイムや注意点

クラツーアルファは、脂肪を冷却して破壊することで痩身が期待できるマシンの一つです。脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、クラツーアルファでアプローチできるのは皮下脂肪です。

皮下脂肪は、特にボディラインに影響を与えるとされていて、クラツーアルファの施術は体重の減少を目的とするのではなく、ボディラインを整えること(ボディコントゥアリング)を目的とした施術になります。皮下脂肪を冷却することで脂肪細胞だけを破壊できるとされていて、皮膚や筋肉などの周辺組織への影響が少なくダウンタイムがほとんどないとされています。

施術可能な部位や施術にかかる時間、施術時の痛みなどを確認しておくことは、満足のいく効果を得ることにつながります。また、クラツーアルファの施術にはリスクや副作用があるため施術を受ける前に確認することで安心して施術を受けることができます。

脂肪冷却と呼ばれるクラツーアルファのメカニズムと特徴

脂肪細胞を凍結させて破壊するクラツーアルファのメカニズム

脂肪冷却は「水は0℃で凍るのに対して脂肪は4℃で凍る」というクライオリポライシス論をもとに考えられた痩身施術です。

一般に脂肪と呼ばれているのは脂肪組織のことで、脂肪組織は脂肪細胞が集まってできています。脂肪細胞の中には脂肪滴と呼ばれる風船のような器官があり、食事で摂取したエネルギーを脂肪として蓄える働きがあります。

脂肪滴が脂肪を蓄えると風船に空気を入れたように膨らみ、脂肪細胞が大きくなります。一方、日々の生活や運動などでエネルギーが必要になると脂肪を燃焼させてエネルギーに変換することで風船の空気が抜けたように脂肪細胞は小さくなります。

脂肪細胞は乳児期や思春期に数が増えて、成人するとほとんど数が変わらないといわれています。しかし、脂肪冷却や医療痩身で脂肪細胞が破壊できると、脂肪細胞の数を減らすことができ、脂肪を蓄えたとしても脂肪細胞が多くある場合に比べて脂肪細胞の体積は少なくなるとされています。

脂肪冷却マシンで凍結された脂肪細胞は摂取したエネルギーを蓄えたり脂肪を燃焼させてエネルギーに変換する本来の働きができなくなります。ヒトの体は、細胞が本来の働きができなくなった場合、自死するようにプログラムされていて、細胞が自死して細胞死に陥った状態をアポトーシスといいます。

アポトーシスした脂肪細胞は、体に不要になった細胞や体内に侵入した細菌などを捕食して体内を掃除する役割のあるマクロファージによって捕食されて消化されます。マクロファージに捕食されなかった脂肪細胞はリンパ管や血管から汗や尿、便として排出されます。

アポトーシスした脂肪細胞がマクロファージによって捕食・消化されたり、リンパ管や血管から排出されるまでには時間がかかるため、脂肪冷却の効果を感じるまでに1カ月~3カ月程度の時間を要します。

脂肪冷却の施術をおこなうとリバウンドがしにくいといわれる理由

脂肪細胞の大きさは肥満度により異なります。肥満度の目安の一つであるBMI値を基準にすると、BMI18.5未満の方は「低体重(やせ)」、18.5以上25未満の方が「普通体重」、25以上の方が「肥満」とされています。低体重に当たる方の脂肪細胞は50㎛前後の大きさで、普通体重の方は70㎛~90㎛、肥満の方は90㎛を超えているという研究データがあります。

運動や食事制限などの脂肪細胞を小さくするダイエットは、一時的に脂肪細胞の大きさが50㎛前後や70㎛~90㎛になったとしても、継続的に続けなければ脂肪細胞が大きくなりリバウンドしてしまう可能性が高くなります。

一方、脂肪細胞を破壊できる脂肪冷却では脂肪細胞の数が減るため、50㎛前後や70㎛~90㎛の脂肪細胞の大きさが食事によって90㎛を超えたとしても、脂肪細胞の数が少ないため、運動や食事制限などの脂肪細胞を小さくするダイエットに比べて体重の増加やボディラインの崩れなどのリバウンドをしにくいとされています。

ただし、暴飲暴食を繰り返して脂肪細胞の大きさが130㎛を超えるとそれ以上脂肪細胞が大きくなれずに分裂して脂肪細胞の数が増えるとされているので注意が必要です。脂肪細胞の大きさが130㎛を超える基準はBMIが27を超える程度とされています。

脂肪冷却マシンであるクラツーアルファの特徴

脂肪冷却マシンの一つであるクラツーアルファは、マシンに2本のハンドピースが搭載されているため、1回で1部位のみ・2部位の施術が可能です。施術部位に合わせてハンドピースに装着するカップ状のアプリケーターが7種類あり、アプリケーターは日本人を含むアジア人に装着しやすいように設計されています。

施術の際にどのアプリケーターを使用するかは、施術前におこなわれるドクターの診察・カウンセリングのときに脂肪の付き方や施術部位を確認したうえで決定されます。脂肪の付き方や施術部位に合わないアプリケーターを使用した場合、期待した痩身効果が得られないばかりか、凍傷などのリスクが発生する可能性があるため、患者自身でアプリケーターを選ぶことはできません。

施術部位にアプリケーターを装着すると、皮膚ごと皮下組織を吸引してアプリケーターのカップ内に収めます。アプリケーターのカップ内全体で冷却が可能(360℃冷却)で、一世代前のマシンであるクラツーに比べて冷却効率が18.1%向上したといわれています。最大で-9℃までの温度で冷却が可能です。

アプリケーターに収まった脂肪細胞は最大で約20%減少するとされています。

クラツーアルファで施術が可能な部位や部位ごとの施術時間

クラツーアルファは、7種類あるアプリケーターを使ってあご下から足までほぼ全身の施術をおこなうことが可能です。日本人を含むアジア人向けにアプリケーターが設計されているため、多種多様な体型に対応ができるとされています。

アプリケーター 適応部位 施術時間
・腹部・背中・腰回り・バナナロール 40分
・腹部・腰回り 50分
・あご下(二重あご)・ブラジャー回り・膝上 40分
・腹部・背中・腰回り・バナナロール 40分
・太もも周り 50分
・二の腕・腹部・背中・足 40分
・あご下(二重あご)・頬肉・ブラジャー回り・膝上 40分

クラツーアルファで推奨される施術回数や頻度

1回の施術で効果を感じる方が多いとされていますが、1回の施術で効果を感じなかった場合2回~3回程度の施術が推奨されています。

1度施術をおこなった後、次に施術をおこなうまでは1カ月~3カ月程度あけることが推奨されています。

クラツーアルファの施術中の痛み

アプリケーターに皮膚ごと皮下脂肪を吸引された際に引きつった感覚や軽くつねられた感覚を感じることがあります。また、冷却を始めた際に、冷感やピリピリとした感覚を感じることがあります。双方ともに麻酔なしでも我慢できる痛みといわれています。

また、クラツーアルファの施術後に滞った血流を促すためにマッサージがおこなわれますが、そのさいにつねられたような感覚を感じることがあります。脂肪量が多いほどつねられたような感覚が強く痛みを感じる傾向にあります。

クラツーアルファのダウンタイム・副作用・リスク

クラツーアルファのダウンタイム

クラツーアルファの施術はほとんどダウンタイムがないとされています。

クラツーアルファのリスク

  • 長期的な知覚異常
  • 施術部位の色素沈着
  • 凍傷、低温ヤケド
  • 奇異性脂肪化形成(施術部位の脂肪が減少せずに増加する現象)

クラツーアルファの副作用

  • 施術直後に知覚麻痺が出る可能性があります。
  • 施術後に赤みが出る可能性がありますが、原則として数日で緩和されます。
  • 施術後に内出血がおこる場合がありますが、原則として3週間ほどで消失します。
  • 施術後、施術部位にピリピリ感・しびれなどを感じる場合がありますが、最大3カ月ほどで落ち着きます。
  • 冷え・腹痛

クラツーアルファは国内で未承認の医療機器

 

クラツーアルファは国内で未承認の医療機器にあたります。そのため、施術を検討する際は次の注意点があることを理解して、医療機関でリスク・副作用などについても十分な説明を受けた上で施術をおこなうか決定してください。

クラツーアルファは国内未承認の医療機器です。
医療機器の入手経路:入手経路は各医療機関のドクターによるメーカーからの個人輸入です。
個人輸入において注意すべき医薬品等について(厚生労働省のページ)
日本国内での承認の有無:クラツーアルファと同一の性能・作用があり、日本国内で承認を受けているほかの医療機器はありません。
諸外国における安全性等に関する情報:ヨーロッパCE、KFDA (韓国)承認済み

クラツーアルファの施術が向いている方・施術が受けられない方

クラツーアルファの施術が向いている方

  • メスを使わない痛みの少ない施術をおこないたい方
  • ダウンタイムが短い・ない施術をおこないたい方
  • ダウンタイムが短い・ない施術をおこないたい方
  • 運動せずに痩せたい方
  • リバウンドしやすい方
  • 部分痩せしたい方

クラツーアルファの施術が受けられない方

  • クリオグロブリン血症性血管炎の方
  • 発作性寒冷ヘモグロビン尿症の方
  • 妊娠中または授乳中の方
  • 寒冷蕁麻疹やレイノー症の方
  • 施術部位に末梢循環障害・糖尿病性神経障害がある方
  • ヘルペス後神経痛などの神経障害がある方
  • 皮膚の感覚異常がある方
  • 施術部位に1年以内の手術痕や創傷がある方
  • 出血障害があり、抗凝固剤を使用している方
  • そのほか医師が治療に適さないと判断した方

クラツーアルファの施術と併用することで相乗効果が期待できる施術

脂肪細胞を破壊する脂肪溶解注射

脂肪溶解注射は、薬剤を施術部位に注入することで注入部位の脂肪細胞を減少させることができるとされています。

脂肪溶解注射の薬剤はさまざまなメーカーが開発・販売していますが、おもな成分としては3種類の成分があげられます。

  • デオキシコール酸(DOC)
  • フォスファチジルコリン(PPC)
  • 植物由来成分

デオキシコール酸は脂肪細胞の細胞壁を破壊することで脂肪細胞を細胞死させるメカニズムが分かっています。フォスファチジルコリンや植物由来成分は脂肪細胞が破壊できるメカニズムが分かっていませんが、すべての成分で臨床をおこなった結果、数々の臨床で脂肪細胞の減少が確認されています。

脂肪溶解注射は、脂肪が存在する場所すべてに施術が可能で、効果を感じるまでに1週間~2週間ほどかかるといわれています。

クラツーアルファの施術がおこなえない部位に施術をおこないたい方や早く痩身効果を感じたい方は、クラツーアルファの施術と同時に脂肪溶解注射を併用することで相乗効果が期待できます。

代謝を上げることで痩身が期待できる高周波マシン

高周波は電磁波の一つで、光と同じく波型の性質があります。高周波を含む電磁波は1マイクロ秒(1/1000000秒)あたりに繰り返される振動や波動の回数であるMHzという単位であらわされ、3MHz~300MHzあたりの周波数が高周波にあたります。

高周波を皮膚にあてて振動が体内に伝わると、分子同士がこすりあうことで熱が発生します。高周波のマシンにより前後しますが、高周波をあてることによって発生する熱は41℃~45℃程度です。高周波によって体温が上がると基礎代謝を上げることができるので脂肪細胞に蓄積された脂肪の消費量を上げることができるとされています。

クラツーアルファの施術では凍結しきれなかった脂肪細胞にアプローチができるため、併用して施術を受けることで痩身効果に相乗効果が期待できます。

また、高周波のマシンは部分痩身と同時に皮膚の別部位にも熱をつたえて刺激を与えられるため、肌のたるみやむくみの改善にも効果が期待できます。

筋肉を発達させて基礎代謝を上げる電磁場エネルギーマシン

美容医療には電磁場を発生させて筋収縮を引き起こし、筋肉を鍛えて発達させるマシンがあります。通常、筋肉を鍛えるときは運動をする必要がありますが、電磁場エネルギーのマシンであれば、リラックスした状態で勝手にマシンが筋肉を収縮してくれるため、大変な運動は必要ありません。

電磁場エネルギーマシンがアプローチできる筋肉は骨格筋と呼ばれる全身のあらゆる部位に存在していて、腕や脚など身体を動かす際に使用される筋肉です。骨格筋には血流を促す機能があり、骨格筋が発達すると血流が良くなり新陳代謝が促進されます。新陳代謝が活発化するとエネルギーを消費するため脂肪滴の中に存在する脂肪が多く燃焼されることになります。

そのため、クラツーアルファの施術と併用することで、クラツーアルファでは凍結しきれなかった脂肪細胞にアプローチができ、痩身に相乗効果が期待できます。また、骨格筋を鍛えることでヒップアップやバストアップなどボディコントゥアリングに対しても相乗効果が期待できます。

電磁場エネルギーマシンの一つにHIFEM®(ハイフェム)と呼ばれる電磁場エネルギーを利用したマシンがありますが、こちらは筋肉を収縮させた際に脂肪細胞を細胞死させることができるマシンといわれています。筋肉に近い脂肪細胞にアプローチするため、クラツーアルファで冷却できる表皮に近い部位にある脂肪細胞とアプローチ先が異なります。併用して施術を受けることで、表皮に近い脂肪細胞と筋肉に近い脂肪細胞にサンドイッチするようにアプローチができるとされています。

クラツーアルファ以外で部分痩身が期待できる施術

脂肪組織を熱することで痩身が期待できるHIFU(ハイフ)マシン

HIFU(ハイフ)は正式名称をHigh Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)といいます。ハイフのマシンは、虫眼鏡が太陽の光を一点に集めるように超音波を一点に集めることができます

超音波が一点に集まると、その焦点に熱を発生することができます。部分痩身を目的とする場合は、皮下脂肪に対してハイフを照射することで照射部位が高温になり、脂肪細胞を破壊することができるといわれています。

美容医療で使用されているハイフのマシンはさまざまなメーカーが開発・販売していることから多種多様で、中には部分痩身を目的としていないマシンもあります。ハイフのマシンで部分痩身をおこないたい場合は、部分痩身を目的としているマシンかどうかご確認ください。

脂肪細胞の細胞膜を破壊することで痩身が期待できるレーザーマシン

レーザーは太陽光や蛍光灯などと同じく光の一種です。光には波型の性質があり、波の山から山(谷から谷)までの長さを波長とよびます。太陽光や蛍光灯はさまざまな波長が集まっていますが、レーザーは一つの波長を取り出して増幅させています。

レーザーのマシンによって照射可能な波長は複数あり、波長によって皮膚のどの深さに到達するかが変わります。またレーザーの波長はシミやそばかすの原因であるメラニンや、赤ら顔などの原因であるヘモグロビンなど特定の物質に吸収され熱に変換される特徴があります。特定の物質が吸収する波長は物質によって異なるので、破壊したい物質に合わせて波長が選択されます。

部分痩身を目的としてレーザーを使用する場合は、メラニンやヘモグロビンなどほかの物質に吸収されにくい波長で、皮膚の深い部位に届く波長が使用されます。レーザーを脂肪細胞に照射することで照射部位が高温になり、脂肪細胞を破壊することができるとされています。

すべてのレーザーのマシンが部分痩身が期待できる波長を搭載しているわけではないので、レーザーで部分痩身を目指す場合は医療機関に部分痩身を目的としたマシンがあるのかご確認ください。

物理的に脂肪組織を吸引する脂肪吸引

脂肪吸引は施術部位をメスで小さく切開し、切開部からカニューレと呼ばれるストローのような吸引管を挿入して物理的に皮下脂肪を吸引する方法です。

物理的に皮下脂肪を吸引するため、ほかの施術に比べて確実に効果が実感できるとされています。ただし、カニューレを挿入したうえで前後左右に動かしながら皮下脂肪を吸引するため、毛細血管などの皮下組織を傷つけてしまうため、ほかの部分痩身の施術に比べてダウンタイムが長くなります。

原則として2週間~3週間ほどのダウンタイムが必要といわれています。下半身の脂肪吸引は吸引量が別の部位よりも多くなる傾向にあり、3カ月~6カ月程度のダウンタイムが必要な場合もあります。

クラツーアルファの施術の流れや料金相場

クラツーアルファの施術の流れ

1)診察・カウンセリング

痩身を希望する部位や理想のボディラインなどを伝えてます。既往歴などを確認されて施術が可能か判断されます。不明点や不安なことがあればこの際に質問をして納得した上で施術を受けてください。

2)マーキング

施術部位に適切なアプリケーターが選ばれて、施術部位のマーキングがおこなわれます。

3)ジェルシートの貼り付け

凍傷などのリスクの軽減のため、施術部位には必ずジェルシートを貼り付けます。

4)アプリケーター装着・冷却

施術部位にクラツーアルファのアプリケーターを装着して、皮膚ごと皮下脂肪を吸引しアプリケーター内に収めて冷却をおこないます。

5)マッサージ

冷却したことにより滞った血流を促すためにマッサージをおこないます。

クラツーアルファの料金相場

クラツーアルファの料金相場は1回で何部位の施術をおこなうかで異なります。

1回に1部位のみの施術であれば、30,000円~68,000円が料金相場です。1回に2部位の施術をおこなう場合は、50,000円~126,000円が料金相場です。

クラツーアルファは保険適用外の施術のため全額自己負担になります。

 

クラツーアルファの施術を受ける医療機関の選び方

クラツーアルファの施術はダウンタイムがほとんどなくリスクや副作用がおこることも稀です。しかし、ダウンタイムには個人差がありますしリスクや副作用がおこることもありますので、診察やカウンセリングのさいにしっかりとした説明をしてくれて、万が一のさいにはどのような対処方法があるのかまで相談にのってくれる医療機関であれば安心して施術を受けることができます。

また、クラツーアルファの部分痩身は、アプリケーターを装着する場所や選択するアプリケーターによって施術の効果に差が出るといわれています。個人差のある骨格や筋肉の付き方、脂肪の付き方に精通している解剖学に詳しいドクターがいる医療機関を選ぶことは理想のボディラインやフェイスラインに対して期待する効果を得ることにつながります。

0
0

SHARE