• HOME

プロテーゼをアゴに挿入することで得られる効果とリスクやダウンタイム

0
0

SHARE

プロテーゼをアゴに挿入することで得られる効果とリスクやダウンタイム

医療用シリコンでできた人工軟骨をプロテーゼと呼びます。アゴにプロテーゼを挿入することで顔の輪郭や横顔を美しく整えることができるとされています。プロテーゼを挿入して輪郭や横顔を整えることを一般的にアゴ修正、アゴプロテーゼなどといいます。

プロテーゼをアゴに挿入する施術は、口の中を切開する必要があり、外科手術となります。そのため、術後に腫れや痛み、ダウンタイムがあるのが特徴です。また、プロテーゼを挿入してから時間がたつにつれて挿入したプロテーゼの形が浮き出てくるリスクもあります。

プロテーゼを挿入することで得られる効果だけではなくて、挿入後のリスク、ウンタイム注意点を事前に把握しておくことで安心して施術が受けられます

プロテーゼをアゴに挿入することで期待できるフェイスライン

プロテーゼをアゴに挿入することで、アゴの輪郭をシャープにし、正面や横から見た顔のフェイスラインをスッキリ見せることができるといわれています。ただし、どのようなアゴの形状でもプロテーゼを挿入することでフェイスラインを整えることができるわけではありません

アゴのプロテーゼ挿入の施術に向いているといわれるのは以下のような方です。

  • 上下の唇が前方に出ている方
  • アゴと首のの境をハッキリさせたい方
  • アゴ先の高さをだしてシャープな輪郭にしたい方
  • アゴが後方に出ている方、アゴが短い方
  • 二重アゴの改善をしたい方
  • 梅干しジワを改善したい方
  • 丸顔を改善し面長にしたい方

 

1954年に歯科矯正医のロバート・リケッツが提唱した「美しい口元の基準」は、鼻の先端とあごの先端を結ぶエステティックライン(Eライン)上に上下の唇が触れず、少し後ろにあるのが極めて美しい横顔と定義しました。

欧米人は、鼻が高くアゴの先端も前方に出ているため、唇の位置はEラインから数ミリほど後方に出ていることが多い一方、アジア人は鼻が低くアゴの先端も後方に出ているためEラインから上下の唇が前方に出ていることが多いとされています。

アゴが後方に出ていてEラインから上下の唇が前方にでていると、口元が強調されて上下の唇が突出しアヒル口に見えたり、顔の下部がふくらんでしもぶくれのように見える、横顔がアゴと首の境がハッキリして見えないなどの印象があります。

しかし、人工軟骨といわれている医療用シリコンで作れられたプロテーゼをアゴに挿入することでEラインから上下の唇を後退させ、アヒル口、しもぶくれに見える状態を改善し、アゴと首の境がハッキリするといわれています。

プロテーゼをアゴに挿入できない方

妊娠中又は授乳中の方は安全性が確立されていないためアゴにプロテーゼを挿入できません。

アゴに挿入するプロテーゼの特徴

アゴに挿入するプロテーゼに使用されているシリコンは安全性が高い

アゴに挿入するプロテーゼは、人間の軟骨に非常に近い人工軟骨といわれるシリコンを素材を使用しています。

プロテーゼで使用されるシリコンは、心臓弁膜症患者の心臓に移植される医療機器の1つである人工心臓弁や、人工関節、人工血管に使用される素材としても使われている樹脂製の医療用シリコンで安全性に優れているといわれています。

何十年体内に入っていても変質しない特徴もあるためドクターが一人ひとりのアゴの骨の形やアゴの厚みなどをしっかりと確認してアゴの骨にあったプロテーゼの形・大きさ選び挿入することで、半永久的な持続効果を得ることができるといわれています。

参考文献:隆鼻術後長期経過後にCOPD治療器具による顔面皮膚の炎症のためプロテーゼを除去した2例

皮膚がプロテーゼを覆うためブラックライトに反応しても光が見えない

ブラックライトとは、紫外線を放射する蛍光管やランプなどのライトの事をいいます。ブラックライトの光自体はほとんど目に見えませんが、蛍光塗料を使用したワイシャツや歯などの白い物質にブラックライトをあてると光る作用があります。

アゴに挿入するプロテーゼも白色であるため、ブラックライトを当てると光ります。しかし、プロテーゼをアゴに挿入する場所はアゴの骨の表面を覆っている骨膜下に挿入します。

骨膜下に挿入することで皮膚がプロテーゼを覆っている状態になるためブラックライトの光がプロテーゼに届いたとしてもプロテーゼのが光っている状態は皮膚にさえぎられて外見上光ることはありません

万が一、経験の浅いドクターがプロテーゼの挿入場所を間違えてしまい骨膜下ではなく皮膚の浅い場所に挿入してしまった場合は、プロテーゼを覆う皮膚が薄くなりブラックライトに反応したプロテーゼの光が皮膚から透けて見えてしまう可能性があります。

プロテーゼはレントゲンで映る可能性がある

プロテーゼで使用されるシリコンは液体や気体ではなく固体のため、放射線や磁気を用いて体の中を写し出すレントゲン、CT、MRIなどの装置を使用した場合、プロテーゼを挿入したアゴを撮影すれば、写る可能性があります。

ただし、アゴをぶつけてしまい病院で骨折を疑われて撮影する以外、プロテーゼが入っているアゴをターゲットに絞って撮影することはほとんどありません。そのためアゴにプロテーゼを入れていることはばれにくいといわれています。

また、歯科で歯の治療をするときに撮影するレントゲンの場合、治療する歯にターゲットを絞って撮影するレントゲンであればプロテーゼは写りません。セファログラムなどの一部の特殊なレントゲン撮影の場合、プロテーゼが写る可能性はありますが、プロテーゼが写ることで病気の診断や治療の妨げになることはほとんどありません

プロテーゼをアゴに挿入する方法

医療機関で用意されている形や大きさが異なるプロテーゼを選択

アゴにプロテーゼを挿入する前に、ドクターと相談しつつご自身が理想とするアゴの形にするため、医療機関で用意されている形や大きさが異なる複数のプロテーゼから1つ選びます。選んだプロテーゼの形や大きさにあわせて一人ひとりアゴの形にフィットするように削るプロテーゼを「オーダーメイド」といいます。また、1から作るプロテーゼを「完全オーダーメイド」といわれています。

アゴに挿入したい形や大きさのプロテーゼが医療機関に無い場合は、プロテーゼを完全オーダーメイドすることができますが、完全オーダーメイドができる医療機関は限られています。

医療機関で用意されているプロテーゼをオーダーメイドする場合は、医療機関によっては当日に手術することができます。 また、プロテーゼを1から作る完全オーダーメイドする場合は、プロテーゼの作成に時間がかかるため翌日以降の手術となります

プロテーゼをオーダーメイド

アゴに挿入するプロテーゼの形や大きさを決めたあとは、ご自身のアゴの骨格に合うようにオーダーメイドします。

挿入部位にマーキングをして局所麻酔をおこなう

アゴに挿入するプロテーゼが完成したあと、挿入部位にマーキングをおこない、局所麻酔を注射します。注射の痛みがが苦手な方のために麻酔クリームを塗布している医療機関もあります

プロテーゼを挿入

局所麻酔注射をしたあとに口の中の下唇の粘膜を1㎝~3㎝ほど切開して、骨と骨膜の間を剥離してできたスペース(骨膜下)にプロテーゼを挿入します。 口の中の下唇の粘膜を切開してアゴにプロテーゼを挿入するため、顔の表面に傷が残る心配はありません

また、口内は傷の治りが早いため傷跡もほとんど残らないといわれていてダウンタイムも短いとされています。

切開した場所を縫合

挿入後は、傷口を縫合します。縫合するときに使用する糸は溶けるタイプの糸と溶けないタイプの糸がありますが、医療機関によって使用される糸が異なります。 溶けるタイプの糸を使用した場合、体に溶けて吸収されるため抜糸をするために医療機関に通う必要がありません

溶けないタイプの糸を使用した場合は、医療機関に通い抜糸してもらう必要があります。プロテーゼの挿入から縫合まで約30分程度で終わります。

施術後

プロテーゼをアゴに挿入して縫合したあとは、挿入したプロテーゼがズレないように皮膚の上からアゴをテープで固定します。そのあとは、ドクターから施術後の注意点の説明をされて終了するため、術後はすぐに帰宅することができます。

プロテーゼ挿入後の経過とダウンタイム

術後初日

術後当日はシャワーは可能です。また、術後数日間、アゴや切開した箇所に刺激を与えないように食事は柔らかいものを食べるようにしてください。

術後2日間~5日間

術後2日間~3日間は、アゴに挿入したプロテーゼを固定させるため、アゴをテープで固定します。テープで固定したアゴを隠したい場合、マスク等で隠してください。テープを剥がすタイミングは医療機関によって異なるため、ドクターによる指示に従い指示されたタイミングでテープを剥がしてください。
また、術後2日間~3日間は鈍痛があります。痛みに弱い方は医療機関で痛み止めを処方していただくようドクターに相談してください。メイクは施術後5日から可能といわれています。

術後1週間~2週間

切開した下唇の粘膜を縫合する際に溶けないタイプの糸を使用した場合は術後1週間~2週間後に医療機関に来院して抜糸をする必要があります。また、術後の歯磨きは上歯は1週間、下歯は2週間できないため食後はうがい液ですすぐようにしてください。

術後2週間~3週間

術後はアゴの腫れと内出血があります。腫れが落ち着くまでに約2週間、内出血は2週間~3週間で鎮静するとされています。

術後1カ月~3カ月

術後1カ月~3カ月は強い力でのアゴをマッサージしたり、うつ伏せになって寝る、などをして強い力を与えないようにしてください。アゴに挿入したプロテーゼがズレる可能性があります。

プロテーゼをアゴに挿入するリスクと副作用

長年プロテーゼを挿入していると石灰化が起こる可能性がある

石灰化とは、軟部組織(腱・靭帯・筋膜・皮膚・脂肪組織などの骨組織を除く結合組織)にカルシウム・リン酸が沈着する現象、または沈着した状態のことをいいます。 ヒトの体は挿入したプロテーゼを異物として感知します。異物が体内に影響を及ぼさないように挿入したプロテーゼの周りにコラーゲン繊維の被膜を形成して取り囲みます。

コラーゲン繊維の周囲にカルシウム、リン酸が沈着して石灰化を起こすことでプロテーゼを挿入した部位が凸凹したり、腫脹(しゅちょう)、疼痛などを伴う可能性があります。 挿入するプロテーゼの形や大きさが合わずアゴの骨のラインに綺麗にフィットしていないことで骨と骨膜下にすき間(死腔)が生じた場合、石灰化を起こしやすいとされています。

参考文献:頬部に埋入されたシリコン周囲に石灰化を来した1例

稀にプロテーゼ挿入部位のアゴの骨が骨吸収によってくぼむ

自分のアゴに合わない大きさのプロテーゼを入れると、骨に負荷がかかることでプロテーゼがあたっているアゴの骨の部分がごくわずかにくぼむ、骨吸収という現象が起こることがあります。 骨吸収が起こると、プロテーゼがアゴの骨のくぼみに沈み込むことで数ミリほどアゴが後方に出てしまう可能性があります。

参考文献:下顎骨前方移動術後に生じるProgressive Condylar Resorptionのリスクファクター

老化で皮膚が薄くなるとアゴに挿入したプロテーゼが目立つ

アゴに形や大きさが合わないプロテーゼを挿入した場合、老化によって皮膚が薄くなると挿入したプロテーゼの輪郭浮き出て見えることがあります。そのため、ご自身のアゴに合わない大きさや形のプロテーゼを無理に挿入しないようにしてください。

稀にアレルギー反応を起こす可能性がある

プロテーゼをアゴに挿入したあと、稀にプロテーゼに対してアレルギー反応を起こす可能性があります。アレルギー反応を起こした場合は、アゴに挿入しているプロテーゼを除去する必要があります

また、術後に医療機関で処方される痛み止めなどの薬でアレルギー反応を起こす可能性もあります。痛み止めなどの薬などでアレルギー反応を起こした場合は、薬の使用を止めて、すぐにプロテーゼを挿入した医療機関にお問い合わせください。

稀に感染症を起こす可能性がある

プロテーゼを挿入時に切開した部分から細菌が入り込んでしまい、稀に感染症にかかる可能性があります。感染症にかかった場合、手術後の数日以内にプロテーゼを挿入した部位が赤く腫れて痛みが出るとされています。

万が一、プロテーゼを挿入したことで感染症にかかった場合は、一度プロテーゼを除去し感染症が治癒するまではプロテーゼを挿入せず、抗生剤の投与などをおこなう必要があります。感染症が治癒したあとは再びプロテーゼを挿入することができます。

感染症やアレルギーなどによってプロテーゼ除去が必要な場合、医療機関によってはプロテーゼを挿入後1年以内であれば無料で入れ替えや除去をおこなっているケースがあります。

感染症やアレルギーなどによるプロテーゼ除去の費用が心配な方は、挿入後1年以内であれば無料でプロテーゼの入れ替えや除去をおこなっている医療機関で手術を受けると安心といえます。

プロテーゼをアゴに挿入する痛み

アゴにプロテーゼを挿入する前に局所麻酔注射をおこないます。そのため皮膚にチクッとした痛みがあります。ただし、局所麻酔注射による痛みを和らげるために皮膚に麻酔クリームを塗布してから局所麻酔注射をおこなう医療機関もあります。 また、手術中は麻酔が効いた状態で行うため、痛みを感じる事はほとんどありません

また、麻酔が切れる施術後は痛みを抑える痛み止めの薬を処方する医療機関もあります。

そのため、施術後に医療機関で痛み止めの薬を処方して貰うようドクターにお伝えしてください。 痛み止めの薬を使用することで施術後の痛みはある程度抑えられるといわれています。

プロテーゼをアゴに挿入する注意点

手術前後は喫煙禁止

喫煙は血液の循環を悪くするため、傷の治りが悪くなります。そのほかにも細菌がついて感染を引き起こす原因にもなります。術前2週間前~術後最低1ヶ月は禁煙をすることが推奨されています。

術後は入浴や運動などの体を温める行為をしない

術後に運動や入浴をして身体が温まると、血流が良くなり腫れや痛みが強く出ることがあります。また術後24時間は、血流が良くなると切開した傷口から出血することもあるため注意してください。

万が一切開した傷口から出血した場合は、軽くガーゼで抑える、氷やアイスノンなどの氷嚢をガーゼでくるんだもので軽く抑えれば止まるとされています。出血が止まらない場合は手術を受けた医療機関にご相談ください。

プロテーゼを挿入したアゴは術後4カ月間は再手術しない

プロテーゼを挿入後、納得いく形にならなかったなどの理由でプロテーゼを除去する場合は、プロテーゼを挿入後4カ月間は再手術しないように注意してください。

手術後4ヶ月は傷が酷く残りやすい、または、本来離れているべき組織同士が癒着(ゆちゃく)しやすく変形が起きやすいといわれています。再手術を希望する場合は、ドクターの指示に従い再手術の日程を組んでください。

プロテーゼを挿入したアゴは転ぶなどをして強い衝撃をあたえない

挿入したプロテーゼは、転ぶなどをしてアゴに強い衝撃を与えることでズレる可能性があります。そのため、強い衝撃を与えないように注意してください。

アゴ先にプロテーゼを挿入することは難しい

プロテーゼをアゴ先の骨の上に留置することが難しいといわれているため、プロテーゼをアゴ先に挿入して下方向に出すことは難しいといわれています。もしアゴを下方向に出したい場合は、ヒアルロン酸注入やレディエッセの注入の施術を推奨している医療機関もあります。 くわしくは、ヒアルロン酸注入やレディエッセの注入の施術をおこなっている医療機関にご相談ください。

プロテーゼをアゴに挿入する方法とプロテーゼ以外でアゴを前方に出す方法のメリットとデメリット


治療方法 メリット デメリット 施術時間
プロテーゼ挿入 半永久的な持続効果 メスを使用する
2週間~3週間程度のダウンタイム
プロテーゼを除去する場合は施術後4カ月
約30分程度
ヒアルロン酸注入 メスを使用しない
ダウンタイムがほとんどない
溶解剤でヒアルロン酸をすぐに除去できる
持続期間が1カ月~2年程度
継続的な注入が必要
約10分程度
レディエッセ注射 メスを使用しない
ダウンタイムが少ない
持続期間が10カ月~18カ月程度
継続的な注入が必要
レディエッセを除去できない
約10分程度

ヒアルロン酸をアゴに注入する方法のメリットとデメリット

ヒアルロン酸をアゴに注入するメリット

ヒアルロン酸はヒトの体内にもともと存在していて、肌のハリや弾力、うるおいを保つ働きがあります。 ヒトの体内にあるヒアルロン酸は極めて高い水分保持能力と粘弾性を持っていますが、そのままアゴに注入しても体内の酵素によって分解されて吸収されやすい特徴があります。

しかしアゴに注入するヒアルロン酸は、ヒアルロン酸同士を架橋剤という接着剤のようなものを加えて人工的に結合させ吸収を防いでいます。ただし、半永久的に吸収されないわけではなく、徐々に吸収されていきます。ヒアルロン酸の結合の強さは製造・販売しているメーカーごとに異なるため、ヒアルロン酸の持続期間については医療機関にお問い合わせください。

ヒアルロン酸注入はメスを使わず針を使用してヒアルロン酸を注入するため10分程度の施術時間で終了します。また、ダウンタイムはほとんどないといわれています。 ヒアルロン酸は注入直後から注入部位にボリュームがでるため即効性があります

もし、注入したヒアルロン酸の量が多くて理想のアゴの形にならなかった場合は、ヒアルロニダーゼなどの溶解剤によりヒアルロン酸を溶解させて元のアゴの形に戻すことができます

ヒアルロン酸をアゴに注入するデメリット

ヒアルロン酸は架橋をおこなったとしても徐々に体内の酵素によって分解されて吸収されるため持続時間が短いとされています。

ヒアルロン酸の架橋方法によって持続時間は異なりますが、1カ月~2年程度といわれています。そのため、継続的な注入が必要です。

レディエッセを注入する方法のメリットとデメリット

レディエッセをアゴに注入するメリット

レディエッセとは、ヒトの体内にもともと存在するカルシウムとリン酸イオンから成るカルシウムハイドロキシアパタイト(CaHA)を成分にした注入剤のことで、アゴに注入することでアゴをシャープに形成する効果が期待できます。 メスをつかう外科手術ではなく、注射を使用して皮膚から注入するため、約10分程度の施術時間で終了します。

レディエッセは注入直後から注入部位にボリュームが出るため即効性があります。 また、ダウンタイムも短く、腫れ・赤み・鈍痛・内出血・かゆみなどが出た場合でも、2日~3日程度で鎮静するといわれています。

レディエッセをアゴに注入するデメリット

レディエッセを注入後の持続期間は約10カ月~18カ月間程度といわれています。そのため、継続的な注入が必要になります。 また、レディエッセ注入後に除去を希望する場合、レディエッセにはヒアルロン酸と違い、注入材を溶かす溶解剤が無いため、自然に体内に吸収されるの待ってアゴの形を元に戻すことになります

 

プロテーゼをアゴに挿入した場合にかかる費用相場

アゴにプロテーゼを挿入してアゴを前方に出す手術は美容目的のため保険適用外となり、費用はすべて自己負担となります。 アゴに挿入するプロテーゼの形や大きさによって費用は異なりますがもともと医療機関で用意されているプロテーゼを挿入する場合は150,000円~400,000円が費用相場になります。

また、アゴに挿入するプロテーゼを1から作る、完全オーダーメイドする場合は200,000円~500,000万円が費用相場になります。 麻酔代や初診料、術後の来院に対しての費用が別途必要な場合もあります。

プロテーゼをアゴに挿入する医療機関の選び方

プロテーゼをアゴに挿入する際、アゴの形や大きさが合わないプロテーゼを挿入することで、将来プロテーゼの周りにカルシウムやリン酸が付着することで石灰化を起こし除去する必要があります。そのため、カウンセリングの時にご自身がどのくらいの形や大きさまでのプロテーゼを挿入できるのかを説明する医療機関を選ぶことが大切です。

また、医療機関によってはコンピューターを使いプロテーゼをアゴに挿入した場合のシミュレーション画像を見ることができます。ドクターからアゴに挿入する形や大きさが異なるプロテーゼの提案、プロテーゼを挿入したあとのシミュレーション画像を元にどのプロテーゼを挿入した方が良いのか説明を受けることができます。そのため、コンピューターを使いプロテーゼをアゴに挿入した場合のシミュレーション画像を見ることができる医療機関を選ぶと安心です。

0
0

SHARE