• HOME

イオン導入でトラネキサム酸やビタミンCを肌の奥まで浸透させる効果

0
0

SHARE

イオン導入でトラネキサム酸やビタミンCを肌の奥まで浸透させる効果

美容医療にはヒアルロン酸注入や水光注射など、注射で薬剤を皮膚に注入する施術がありますが、「イオン導入」であれば針で皮膚に穴をあけることなく、肌の奥まで美容の有効成分を送り込むことができます

最近では、美容院でも髪にイオン導入をおこなうメニューもあり、また家庭用のさまざまなイオン導入器が市販されていることもあり、身近な美容方法のひとつといえます。

ただし、自宅でおこなう場合はいくつかの注意点があり、間違ったやり方を続けると炎症を起こすことになりかねません。安全におこなうためにはメカニズムやイオン導入できる薬剤について知っておく必要があります。

肌のバリア機能を超えるイオン導入

イオン導入とはイオントフォレシス法(iontophoresis)といわれ、イオン導入器を使用して皮膚に微弱な電流を流すことで、手で塗るだけでは肌の表面にしか届かない水溶性の美容有効成分を、肌の奥まで浸透させる方法です。

Iontophoresis is the process of increasing the penetration of drugs into the skin by application of an electric current. The drug is applied under an electrode of the same charge as the drug, and a return electrode opposite in charge to the drug is placed at a neutral site on the body surface. Electrical energy assists the movement of ions across the skin using the principle "like charges repel each other and opposite charges attract".

引用元:Iontophoresis in dermatology

肌には通常、体外からの異物や細菌、紫外線、化学物質、ホコリ、ウィルスなどの有害物が体内に入ってこないようにブロックし、水分の蒸発を防ぐバリア機能が働いています

The skin provides an effective barrier between the organism and the environment, preventing the invasion of pathogens and fending off chemical and physical assaults, as well as the unregulated loss of water and solutes.

引用元:The skin's barrier

肌を守るバリア機能は、一方で肌にとっての有効成分の浸透もブロックしてしまうため、美容成分を皮膚表面に塗布しても、通常の状態では肌の奥まで届くことはありません。

しかし、イオン導入であれば、微弱な電流により一時的にバリア機能を超えて、美容有効成分を肌の奥まで届けることができます。

イオン導入で期待できる効果

イオン導入では美容の有効成分によって、以下のような効果が期待できます。

  • 活性酸素の除去
  • メラニン色素の排出や抑制
  • 色素沈着の改善
  • ニキビの改善
  • ハリやキメの向上

イオン導入のメカニズム

イオン導入では、まずマイナスに帯電したアルカリ性の美容の有効成分を肌に塗布、あるいは成分を含ませたコットンやシートマスクを肌に置き、そのうえからイオン導入器でマイナスの微弱な電気を流します。

すると、成分と電気はマイナス同士で反発しあうため、バリア機能を突破して肌の奥へと逃げ込んでいく、つまり肌の奥まで浸透していくというメカニズムです。

これは、磁石でN極とS極が引き合い、同じ極同士だと反発するのと同じ特性です。

汚れを落とすイオン導出

肌へ塗布する美容の有効成分と同じ電極の電流を流すことで、成分を肌の奥へと送り込むのがイオン導入ですが、マイナスとプラスで引き合う性質を利用して、プラスの電流を流すことで、マイナスに帯電している古い角質やホコリなどの汚れを排出する方法をイオン導出といいます。

イオン導入が向いている方

イオン導入は、使用する有効成分によって異なりますが、以下のような効果が期待でき、顔(上まぶたと唇はのぞく)への施術だけでなく、首やデコルテ、背中への施術も可能です。

  • 毛穴の開きが気になる方
  • 肌にハリ感が欲しい方
  • シミやくすみを改善したい方
  • ニキビ跡の赤みが気になる方
  • ニキビ跡の凹凸の予防
  • 肌にキメや透明感がほしい方
  • 脂性肌の改善
  • 光老化予防
  • ターンオーバー正常化
  • 保湿効果
  • アトピー肌が気になる方
  • 目もとのクマが気になる

イオン導入で推奨される頻度や回数

イオン導入の効果は1回でも保湿の効果を感じられるとされますが、定期的に継続することで徐々に肌質が向上し、効果と持続性が高まるとされます。

また、施術の効果は個人差があるものの、1週間~2週間程度、持続するとされます。1週~2週に1回のペースで、5回~10回程度が目安です。

イオン導入と自宅でおこなうスキンケアとの違い

スキンケア用品が浸透するのは角質層

皮膚は、外側から表皮・真皮と層状になっていて、表皮はさらに角質層・顆粒層・有棘層・基底層と4層に分かれています。 皮膚の表皮層では、おおよそ28日の周期で、皮膚の細胞が新しく生まれ変わっています。この皮膚の新陳代謝を「ターンオーバー」といいます。

新しい細胞は表皮の一番下にある「基底層」から生み出され、およそ14日間かけて、「有棘層」「顆粒層」と上の層へと押し上げられ、最終的に一番上の「角質層」へ押し上げられます。この過程は角化といわれます。

基底層から生み出された細胞は薄く積み重なり、最終的に角質層としてバリア機能の役目を果たします。そこで役目を終えると垢となってはがれ落ちる仕組みです。

通常のスキンケアでは、このバリア機能により表皮の一番下にある基底層やその下の真皮層まで有効成分が浸透することはほとんどありません。スキンケア用品の目的は、角質層の保湿にとどまります

皮膚の厚さは約2mm程度ですが、その大部分は真皮層です。真皮層には、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸とこれらを生成する線維芽細胞が含まれていて、ハリや弾力を保つ重要な役割を担っています。そのため、美容成分の効果を真皮層まで届かせることが重要です。

イオン導入では、30分ほどの施術で「肌の奥」にあたる真皮層まで、多くの有効成分を送り込むことができます

イオン導入できる成分の条件

イオン導入でつかわれる美容の有効成分にはいくつかの条件があります。

①水溶性の成分である

スキンケア用品には化粧水などの水溶性のものと、オイルやクリームといった油分を含んでいる油溶性のものがありますが、イオン導入できるのは、電気を通す「水」に溶けやすい成分である必要があります。

油溶性のビタミンAやビタミンE、ビタミンCのなかでも油溶性のものは、電流を流してもイオン化できない(水に溶けづらい)ため、イオン導入では使われません

②分子が小さい

物質は、物質をつくっている最小粒子である原子が結びついた分子からなります。美容成分において、原子の総数である分子量が大きいと肌への浸透は期待できません。

美容成分は、細胞間に吸収されるには分子量がおおよそ500ダルトン(ダルトンは分子量の単位)以下である必要があるとされ、イオン導入でバリア機能を突破しても、分子量が大きすぎると意味がない、効果がないということになります。

そのため、分子量が100万ダルトン以上のヒアルロン酸、分子量が10万ダルトン以上のコラーゲンは、イオン導入では使われません。

経皮吸収に適応可能な物質特性として,低分子量(受動拡散では 500 Da 以下1)であること,ある程度の疎水性を有すること,があげられる.

引用元:イオントフォレーシスによる高分子の経皮浸透

③防腐剤などが使用されていない

一般的な化粧水には、多くの場合脂溶性の成分がふくまれているため、水分と油分を分離しにくくする界面活性剤がつかわれています。そのほか香料や防腐剤も含まれています。

これらの成分がイオン導入で肌の奥へ届けられると、炎症を起こす可能性があり、イオン導入でつかわれる美容の有効成分は防腐剤無添加のものである必要があります。

イオン導入できる美容有効成分の種類

イオン導入でつかえる成分としては、以下の種類があり、それぞれの成分を組み合わせてイオン導入することも可能です。

  • ビタミンC(ビタミンC誘導体)
  • トラネキサム酸
  • プラセンタ
  • グリシルグリシン

シミやくすみが気になるならビタミンC

ビタミンCには、メラニン色素の生成を抑制する作用があるため、シミやくすみの改善する作用がよく知られていますが、コラーゲンやエラスチン生成の促進による肌の弾力アップ、シワ、ニキビ跡、毛穴の開きの改善、皮脂抑制によるニキビが生じにくい肌質へと導く効果も期待できます。

また、真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成が促進されることで、表皮層のターンオーバーが正常化して、ハリやキメが整います。

さらに、活性酸素を除去する作用により新陳代謝を高め、美白効果が期待できます。

ビタミンCで期待できる効果

  • 皮膚の老化を防ぐ:抗酸化作用により紫外線によって増殖する活性酸素を減らし美白効果
  • シミ・くすみ・ニキビ跡などの色素沈着の改善:メラニン色素の生成を抑制・ターンオーバーの正常化
  • ニキビの改善:皮脂の分泌をコントロールする
  • コラーゲン生成を促し、肌の生まれ変わりをスムーズにすることで、ハリ・キメが整い、毛穴の開きも改善

ビタミンC誘導体

ビタミンCはすぐに酸化したり、光や熱に弱い不安定な成分です。ビタミンCを安定化させて扱いやすくしたのが「ビタミンC誘導体」です。肌への浸透もしやすく、水だけでなく油に溶けやすいものもあるためクリームなど油分をふくむ化粧品への配合も可能です。

ビタミンCの作用と同様、活性酸素の減少、シミ・くすみの改善、ハリ・キメの向上や毛穴の開きの改善等の効果が期待できます。

肝斑が気になるならトラネキサム酸

トランサミンともいわれ、止血剤・抗アレルギー・抗炎症作用として内服や注射で用いられていた成分ですが、シミ・そばかすを薄くするなどメラニン色素の生成を抑制することから、美肌効果が期待できるとして、美容の分野で内服薬、外用薬として用いられています。

また、シミの一種で刺激で悪化する傾向のある肝斑にも効果があるとされ、低容量のトラネキサム酸であれば市販薬として購入が可能です。

そのほか、抗炎症作用があるため、日焼け後の肌を鎮静化させたり、ニキビの炎症・肌荒れの炎症を抑えたりする効果が期待できます。

トラネキサム酸で期待できる効果

  • 肝斑・シミの改善・ニキビ跡などの色素沈着・くすみ:メラニン色素の生成を抑制する
  • ニキビや肌荒れの炎症・日焼け後の肌の鎮静化:抗炎症作用

シワや肌質の改善ならプラセンタ

プラセンタとは「胎盤」のことで、成長因子やアミノ酸、ペプチド、ビタミン、ミネラル、タンパク質、ヒアルロン酸など、胎児が育つのに必要な栄養素が豊富に含まれています。

細胞の新陳代謝や抗酸化作用、血流改善、炎症抑制、メラニンの生成抑制と排出、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生成する線維芽細胞の活性化といった効果があります。

プラセンタで期待できる効果

  • 皮膚の老化を防ぐ:抗酸化作用により紫外線によって増殖する活性酸素を減らし美白効果
  • シミ・くすみ・ニキビ跡などの色素沈着の改善:メラニン色素の生成を抑制・ターンオーバーの正常化
  • コラーゲン生成を促し、肌の生まれ変わりをスムーズにすることで、ハリ・キメが整い、毛穴の開きも改善

毛穴の開きにはグリシルグリシン(GG)

グリシルグリシンは、2つのアミノ酸からなり、ペプチドの一種で、毛穴の開きを改善するといわれる成分です。

「毛穴が開いている」とは、毛穴の周りの皮膚に凹みが生じている状態です。皮脂に含まれる「不飽和脂肪酸」が多いと皮膚の細胞分裂が正常におこなわれず、毛穴の周りの皮膚が凹んだようになり毛穴が開いたように見えることがあります。

グリシルグリシンは、コラーゲンの構成成分でもあり、すり鉢状にへこんだ毛穴の周りの皮膚の細胞を正常化する効果が期待できます。

そのほか、肌荒れの原因となる炎症を抑制します。

グリシルグリシンで期待できる効果

  • 毛穴の開き改善
  • 肌荒れ:抗炎症化作用

エステや家庭用イオン導入と注意点

医療機関、エステ、家庭用の順で出力は小さくなります。

また家庭用の美顔器としてのイオン導入器には、イオン導入の機能のみ、あるいはイオン導入とイオン導出の両方の機能がついているものがあり、機能により価格に幅があります。

家庭用イオン導入を始める際には、1カ月~2カ月は毎日朝晩2回おこない、トラブルが改善されはじめたら週に数回おこなうなど、自身の肌の状態に合わせて使用頻度を調整していくことになります。

エステサロンや家庭用のイオン導入器は、医療従事者でなくても安全に使えるように設計されているため、医療機関でおこなうイオン導入より浸透力が劣りますが、家庭用のものであれば好きな時におこなえる点がメリットといえます。

炎症などトラブルが起こる可能性

化粧品には、デパートで販売されている高価なブランドものもあれば、プチプラといわれているような、ドラッグストアなどで比較的安価で販売されているものまで、さまざまな種類があります。

これらすべての化粧品がイオン導入で使えるわけではありません。前述のとおり、油分が含まれておらず分子が小さいものでなければなりません。また、防腐剤など肌に浸透してしまうと悪影響がある成分が含まれる化粧品は避ける必要があります。

また、微弱とはいえ電流を流す施術であるため、同じ部位にイオン導入器を当てるのは30秒程度が好ましいとされています。

イオン導入に適さない化粧品や自分に合わない成分を含ふものを使い続けたり、イオン導入器の使い方をあやまると、肌に炎症が起こる可能性もあります。

肌に有効成分を届けるほかの施術との違い

イオン導入のほかに、有効成分を肌の奥に届ける方法には、超音波導入(ソノフォレーシス)やエレクトロポレーション(電気穿孔法)があります。

これらの方法は、血液中に薬剤を送り込むことで臓器に届け、症状を緩和させるために医療分野で開発された技術です。歯科においては局所麻酔であったり、丈夫な歯をつくるとしてフッ素を導入するのに用いられていて、美容医療では皮膚に有効成分を浸透させる方法に応用されています。

エレクトロポレーション(電気穿孔法)

エレクトロポレーションも、イオン導入と同様に電流を用いますが、皮膚の角質層に小さな穴を開けることで、美容の有効成分を真皮層まで浸透させます

有効成分をイオン化させる(水に溶かす)必要がなく、分子量が大きいヒアルロン酸やコラーゲンも浸透させることができます。

成長因子(グロスファクター)や、臍帯血幹細胞培養上清液といわれるいわゆるへその緒に含まれる成分を製剤化し「ベビースキン」ともいわれる薬剤も、エレクトロポレーションであれば、肌に浸透させることができます。

また、健康な人の肌はpH4.5~6.0の弱酸性に保たれていますが、イオン導入では、マイナスに帯電しているアルカリ性に傾いている美容成分を浸透させることで、肌のph値が変化します。一方エレクトロポレーションでは、肌のph値は変化しないため、刺激が少ないともいえます。

超音波導入(ソノフォレーシス)

超音波導入は、超音波で1秒間に300万回ほどの振動を皮膚に与えることで、角質層に一時的な空洞を形成して(キャビテーション)、そこから美容成分を浸透させる方法で、イオン導入よりも、分子量が大きい成分を導入することが可能です。

なかには、エレクトロポレーションと超音波導入が同時にできるマシンもあります。

イオン導入の注意点や副作用

イオン導入による施術の痛み

イオン導入では、微弱の電気を使用するので、ピリピリした感じ、あるいはむずむずする感じがあるかもしれませんが、痛みはありません。

自宅で行うスキンケアである「ゼオスキンヘルス」をおこなっている場合は、染みるような感覚がある可能性がありますので、刺激に敏感で違和感がある場合は、施術者に伝えれば出力を調整してもらえます。

イオン導入を受けられない方

イオン導入は電流を伴うため、以下のような方は禁忌で施術を受けられません。

  • ペースメーカーを使用している方
  • 妊娠中の方
  • 心臓に障害ある方
  • 傷や炎症、湿疹がある部位
  • 金の糸が入っている方
  • イオン導入する薬物が禁忌になっている方

また、ピアス、指輪といったアクセサリーなどの金属類、補聴器などは施術中は外します

イオン導入の副作用

イオン導入の副作用はほとんどないといわれますが、有効成分が肌に合わない場合はアレルギー反応として以下のような症状があらわれるケースがあります。

  • 発赤
  • かゆみ
  • 発疹
  • かぶれ

これらの症状は時間の経過とともに数日程度でおさまる傾向にありますが、万が一、症状が長引く場合は施術を受けた医療機関にご相談ください。

イオン導入の費用相場

イオン導入の料金は、施術範囲が広くなるほど高くなるため、施術部位によって変わり、また浸透させる美容成分によっても変わりますが、顔への施術であれば、1回あたり5,000~15,000円程度です。

また、複数回おこなうことで、より肌質の向上が期待できるため5回~6回コースなどを設けている医療機関も多くあります。そのほか、ケミカルピーリングとのセット料金が設定されている場合もあります。

なお、イオン導入は保険適応で「多汗症」の治療法でつかわれる場合もあります。手のひらや足の裏を水に浸し、微弱の電流を流すことで生じる水素イオンの働きにより発汗が抑えられるとされます。

施術の流れと施術後の注意点

施術時間は30分程度です。

(1)カウンセリング

カウンセリング・診察で肌の状態をドクターが確認し、肌の悩みに適した美容成分を決めていきます。

(2)クレンジング・洗顔

顔への施術の場合はクレンジングでメイクを落とし洗顔で肌を清潔に保ちます。皮脂やメイクが残っているために浸透率が低くなったり、メイクに含まれる防腐剤(パラベン)などが導入され肌トラブルが起こることを避けるためしっかり落とします。

(3)施術

美容成分を含ませたシートを肌に置き、イオン導入器で電流を流します。施術後は、肌を鎮静させるパックをおこなうなどセットメニューがある医療機関もあります。

ごくまれに赤みやかぶれ症状が出ることがありますが、直後からしっとりした保湿効果を感じられることが多く、ダウンタイムはほとんどないとされています。

日焼け直後の肌でも施術を受けることができ、どのような肌の方でも施術可能ですが、施術後は保湿と日焼け対策を十分におこなってください。

イオン導入と組み合わせておこなわれる施術

ピーリング施術

ピーリング施術は、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーの周期の乱れにより、厚くなった古い角質を除去して、肌の再生を促す施術です。医療機関では、薬剤を塗布してふき取るケミカルピーリングのほか、水流を利用するマシンによる施術、ハイドラフェイシャル(ウォーターピーリング)もあります。

ピーリングで余分な角質が取り除いたあとは、肌の吸収力も高くなっているためイオン導入をおこなうと、浸透率が高まることが期待でき、外界からのダメージも防ぎます

レーザー治療や光(IPL)治療

レーザー治療や光(IPL)治療など照射治療の後にイオン導入をおこなうことで、栄養を欲している施術後の肌にイオン導入で有効成分が吸収されると、施術によるダメージからの回復が早まることが期待できます。

照射治療後は、真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成が促進されて、メラニン色素の排出がうながされるなど、新陳代謝が活発になります。

照射治療後にイオン導入で有効成分を補うことでこれらの働きをサポートします。

ダーマペン4

ダーマペン4は、針が高速スピードで上下運動することで、皮膚表面に目に見えない微細な針穴をあけていき、あいた針穴を修復しようとする自然治癒力を利用する施術です。

その過程で、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸のもととなる線維芽細胞の働きとともに、皮膚のターンオーバーが活性化し、ニキビ跡や傷跡を改善、小ジワに作用してハリのある肌へと導きます。

ダーマペン4の施術後にイオン導入をおこなうことで肌を鎮静化させます。

イオン導入で効果を得るために

イオン導入は家庭で使えるイオン導入器をつかえば自宅でもできますが、イオン導入に適した有効成分を選択する必要があり、また、微弱ではありますが電気を流すため、全体的にまんべんなくおこなうなどイオン導入器のあて方にも注意が必要です。

医療機関であれば、症状に合わせた有効成分を選択したうえで、医療従事者のもと安全に施術を受けることができます

また、レーザー治療や光(IPL)治療、ケミカルピーリングなど、他の施術と組み合わせることで相乗効果が期待できるため、これらの施術と一緒におこなうことで、高い効果が期待できます。

0
0

SHARE