• HOME

Stellar(ステラ)M22の効果と特徴・治療の経過目安やリスク

0
0

SHARE

IPL治療のStellar M22でシミ以外のトラブルも改善に導き肌質が向上する効果

Stellar M22(ステラM22)は「IPL」といわれる光を照射して施術をおこなうマシンです。光を照射すると生じる熱エネルギーで、シミ・そばかすの原因であるメラニン色素や、赤ら顔の原因である血液中の赤いヘモグロビンにダメージを与え、症状を改善に導きます。

そのほか、光の熱で皮膚の細胞が刺激されることにより、自然治癒の過程でコラーゲン生成が促進され、肌のハリ感がアップする効果も期待できます。

ただし、後悔のない施術の選択とするためには、施術前の注意点や組み合わせるとよいとされる施術メニューを事前に知っておく必要があります。

複数の波長をもつIPL治療の特徴

美容医療でおこなわれる光治療では、多くがIPL(Intense Pulsed Light)といわれる光が使われ「IPL治療」とも呼ばれています。光(IPL)治療をおこなうマシンは複数あり、Stellar M22はそのひとつです。

光とは、空間を波でつたわる電磁波といわれるエネルギーで、電磁波は波の長さである波長によって「紫外線」「赤外線」などのように分類され、波長はそれぞれnm(ナノメートル)という単位であらわされます。

IPLの波長域の図解

IPLなどの電磁波に含まれる波長には、特定の物質に選択的に吸収される性質があり、この性質が美容医療で活かされています。IPLの波長域はおよそ500nm~1200nmあたりで複数の波長をもち、照明や太陽光にあたると暖かく感じるように、皮膚に照射すると熱を発します。

メラニンやヘモグロビンといった肌悩みを引き起こす原因物質にIPLの波長が吸収されることで、これらの対象を熱で損傷(熱変性)させて体外への排出を促すことにより、シミや赤ら顔などの症状を改善に導くことが可能です。

症状に適した波長をフィルタで取り出す

IPL治療をおこなうマシンには、波長を選択する「フィルタ」が装備されています。シミや赤みといった改善したい対象、施術部位の肌の色、エネルギーを届かせたい深さごとに、適した波長をフィルタで選択して施術がおこなわれます。

たとえば、560nmのフィルタを使うと559nm以下の波長がカットされ、560nm~1200nmの波長が照射される仕組みで、フィルタの値に近い波長がもっとも強く照射されます。

IPL治療マシンには、施術者が持つハンドピースにフィルタが内蔵されているタイプと、ハンドピースにフィルタを装着するタイプがあります。内蔵タイプである「ハンドピース式」は、ハンドピースごと付け替えて治療をおこない、装着タイプの「フィルタ式」はハンドピースのフィルタのみを付け替えて波長を切り替えます。

フィルタ式の方が選択できる波長が多い傾向にあり、Stellar M22はフィルタ式です。

適切なパルス幅とフルエンスも重要

IPL治療でダウンタイムを抑えつつ十分な治療効果を得るためには、改善したい肌悩みの原因物質に合った波長の選択に加えて、適切な「パルス幅」と「フルエンス」の設定も必要です。

パルス幅とはIPLの1発あたりの照射時間のことで、パルス幅が短いほど吸収される物質に対して作用する瞬間的なエネルギー(ピークパワー)が高くなります。また、照射されるエネルギーの高さは、1㎠あたりのエネルギー密度であるフルエンスで表されます。

IPL治療のマシンごとに設定できるパルス幅が異なり、それにともないフルエンスにも違いがあらわれます。

IPL治療で得られる効果

シミや赤ら顔の改善効果

IPLの波長には、メラニン色素やヘモグロビンの赤い色といった特定の物質に吸収される特徴があるため、それぞれの症状に適した波長を選択することでシミやそばかす、赤ら顔などの改善が期待できます。

一般的なシミ・そばかすの原因となるメラニン色素は表皮に存在し、血管は真皮からその下の皮下組織に存在することから、波長は皮膚の深くから表層にまで作用することになります。

Skin Rejuvenation効果

Rejuvenationは若返りと訳されますが、IPLを顔全体に照射することでSkin Rejuvenation効果が期待できます。皮膚は、外側から表皮・真皮と層状になっていますが、IPL治療では冷却装置によって、熱で表皮が損傷することを防ぎながら意図的に真皮に刺激を与えることができます。

真皮は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分が存在し、皮膚の大部分といえる層です。この真皮にある水分にIPLの波長が反応すると熱エネルギーが発生します。すると、熱による刺激が加わった細胞を治そうとする自然治癒力が働き、成分が新しく生成されます。それによって、浅いシワや毛穴の開き、ハリや弾力不足といった症状を改善に導きます[※1]。

[※1]参考文献

Non-ablative skin rejuvenationとは、冷却装置を用いて表皮を熱損傷から保護しつつ真皮に微細損傷を与え、これを引き金にした治癒過程を経て、結果的にコラーゲンを増生させて整容的改善を得る治療方法である。~IPLの熱作用は比較的弱いので、ごく細く浅いシワやある程度の毛穴の開き、弾力の低下は治療適応であるが、たるみや深いシワは適応外である。

引用元:Intense Pulsed Lightによる美容皮膚治療

また、真皮の上にある表皮では、熱による損傷は生じないものの、熱の刺激で細胞の新陳代謝(ターンオーバー)が促進されます。それによってくすみが改善されてキメが整うといわれています[※2]。

[※2]参考文献

正常部位の表皮は強い熱損傷からは保護されるが、熱刺激によりターンオーバーが促進され、臨床的には肌理の改善や美白効果が得られる。

引用元:Intense Pulsed Lightによる美容皮膚治療

IPL治療マシンのStellar M22

IPL治療で用いられるマシンのStellar M22は、施術者がIPLの出力や照射範囲、波長を詳細に設定できます。そのため、自身が気になる肌の悩みに合わせて適切なIPLを用いた治療を受けることが可能です。

また、複数あるIPL治療マシンのなかでも、Stellar M22は厚生労働省に認められた医療機器です。

Stellar M22は承認機器

歴代のルミナス社のIPL治療マシン

Stellar M22は、イスラエルのルミナス社によって開発されました。「ナチュライト」「M22」に続くIPL治療マシンで、2021年2月9日に薬事承認を得ています。また、米国のFDA(アメリカ食品医薬品)においても承認を得ています。

日本国内での承認 承認番号30300BZX00035000:日本ルミナスPMDA情報
FDA(米国食品医薬品局)での承認 K193500:FDA

薬事承認を得るとは

美容医療にはさまざまな医薬品や機器がありますが、すべてが承認を得ているわけではありません。むしろ承認されたものの方が少数です。

厚生労働省による承認は、不良品や害のある医薬品や医療機器が出回ることを防ぐのが目的で、承認を得ているStellar M22は、有効性と安全性が国に認められていることになります。

Stellar M22が向いている方

  • シミ・そばかすが気になる方
  • 肌のくすみや色ムラを改善したい方
  • 毛穴開きや毛穴の黒ずみに悩んでいる方
  • 赤ら顔(酒さ)が気になる方
  • 毛細血管拡張を改善したい方
  • 肌のハリ不足やキメの乱れ、小ジワを改善したい方
  • ニキビ・赤いニキビ跡に悩んでいる方

Stellar M22で産毛が薄くなる効果

Stellar M22の施術では照射部位の産毛が薄くなる可能性があります。

エステサロンにおける光脱毛のメニューや光を用いた家庭用のセルフ脱毛器があるように、光が毛のメラニン色素に反応すると減毛される場合があります

Stellar M22の適応部位

顔におけるシミや赤ら顔、肌質の改善だけでなく、首・肩・背中・脇・腕・手といった体への施術も可能です。また、各部位において副次的に脱毛効果も期待できます。

  • 顔(頬、目の下)
  • 首(うなじ)、デコルテ
  • 背中
  • 上腕(二の腕)、前腕
  • 手指+手背(手の甲)

上記のほか美容医療とは異なりますが、眼科ではドライアイの治療で、ひとつ前の機種「M22」が用いられることがあります。

ドライアイは異物感や目の疲労、涙目といった症状で、まつげの付け根あたりにある皮脂腺の「マイボーム腺」の出口が詰まって引き起こります。このマイボーム腺周辺にIPLを照射すると、ドライアイの症状が改善されたという研究結果が報告されています。

参考文献:Evaluation of the Safety and Efficacy of Intense Pulsed Light Treatment with Meibomian Gland Expression of the Upper Eyelids for Dry Eye Disease

Stellar M22の特徴

視認性と操作性の向上により丁寧な施術が可能に

Stellar M22は、ひとつまえのM22と比較して、以下のように視認性と操作性が大きく向上しました。より丁寧な施術が可能となったことで、施術効果が高まることが期待できます。

ハンドピースデザインとタッチスクリーン

握りやすくなったハンドピース
人間工学に基づいたユニバーサルデザインによりデザインされたハンドピースは、施術者の負担を軽減。また、ハンドピースに装着するライトガイド(詳細は後述)による照射範囲の肌の状態が確認しやすくなり視認性がアップ
確認しやすくなったタッチスクリーン
照射方法の設定や確認をおこなうマシンのスクリーンが拡大

Stellar M22のフィルタは6種が承認取得済

Stellar M22には、9種のフィルタが装備されています。

これまで5種(560nm、590nm、615nm、640nm、695nm)のフィルタが承認されていましたが、Stellar M22の承認とともに515nmのフィルタも承認されたことで、9種のうち6種のフィルタが承認を取得したことになります。

新たに承認を取得したフィルタは、到達度は浅いもののメラニンに吸収されやすい515nmの波長を照射できることから、皮膚の浅い層に存在するシミに対して切れ味が良く、より高い治療効果が期待できます

6種のフィルタ

 

専用フィルタ 対応する症状
515nm 皮膚表面に近い位置にあるシミなど
560nm 皮膚表面に近い位置にあるシミ、毛穴、小ジワ、ニキビなど
590nm 赤ら顔(毛細血管拡張症)、ニキビ跡の赤み
615nm 515nmや560nmで取り切れなかったシミなど
640nm 515nmや560nmで取り切れなかったシミなど
695nm 肌深層部のシミや毛穴、小ジワ、脱毛
755nm 肌深層部のシミや脱毛
Vascular(血管専用フィルタ):530~650nm、900~1200nm 赤ら顔、毛細血管拡張症、内出血など血管性病変に特化
Acne(ニキビ専用フィルタ):400~600nm、800~1200nm 炎症を抑えてアクネ菌を殺菌するニキビ治療に特化

IPLの波長は、施術者が握るハンドピースから照射されますが、Stellar M22はハンドピースのフィルタを交換するだけで波長を切り替えることができます。

Stellar M22は3つのライトガイドで照射サイズを調整可能

Stellar M22は、それぞれサイズが異なる3種類の「ライトガイド」を使い分けることで施術部位に合わせた照射が可能です。

ライトガイド 対応する部位・症状
スクエア型(ビッグ):15mm×35mm 頬や顔全体
スクエア型(スモール):8mm×15mm 目元や口元など細かい部位
丸型(スポット):直径6mm 狭い部位のシミやくすみなど

ライトガイドにより、「シミが気になる部位にスポットで限定的に照射し、スモールライトガイドで目や鼻周りに照射、さらにビッグライトガイドで頬や顔全体に照射」などといった複合的な治療を受けることもできます。

また、ライトガイドは皮膚に触れる面がサファイアでできていて、照射と照射の間に冷却をおこなう「コンタクトクーリング機能」が働きます。これによって、皮膚表面が熱によってやけどするリスクと施術中の痛みが軽減されています。

Stellar M22はパルスごとに均一なエネルギーで照射可能

opt機能Stellar M22は、IPLの照射時にパルスをダブル、トリプルと分割して照射することも可能で、その際にエネルギー(フルエンス)も均一に分割できることが特徴です。例えば、シングルパルスでは100%の出力を1回で照射しますが、ダブルパルスは出力の100%を2分割して、50%ずつ照射できます。

分割されたパルスのことを「サブパルス」といいます。パルスを分割照射できるマシンはほかにもありますが、実際に照射される各サブパルスのエネルギーは均等ではないマシンがほとんどで、1分割目のサブパルスのエネルギーが最も強くなる傾向にあります。

一方、Stellar M22には、エネルギーが均等に分割されるOPT(オプティマル・パルス・テクノロジー)が搭載されているため、各サブパルスでエネルギーが過剰になりません。それによって、やけどのリスクが軽減されており安全性の高い治療を受けられます。

また、Stellar M22ではパルス幅を固定できるため、高いピークパワーを保ったまま出力を強めることができます。

一般的に、IPLの出力を強めるとパルス幅が長くなることで作用も弱くなってしまいますが、Stellar M22では、出力を強めても作用が弱まることがありません。このOPTは、M22から引き続き搭載されている機能です。

Stellar M22はサブパルスのフルエンスやパルス幅を個別に設定可能

aopt機能OPTに加えて、Stellar M22はダブルパルスやトリプルパルスの照射時に、施術者が各サブパルスのフルエンス(エネルギーの高さ)やパルス幅、休止時間(ディレイ)の長さを個別に設定できる機能のAOPT (Advanced OPT)が搭載されています。

AOPTは、赤ら顔や毛細血管拡張といった血管病変において、従来の照射治療では十分な効果が得られなかった方に有効とされています。

AOPTはサブパルスごとにフルエンスを5J(ジュール)・6J・7Jなどと分割でき、パルス幅もそれぞれ4ms(ミリ秒:1/1000秒)・5ms・6msといった設定ができます。また、各サブパルス間の休止時間を意味するディレイの長さも任意で設定可能です。

赤ら顔などの血管病変は血管拡張が生じている深さやその色調にそれぞれ違いがあり、深部の血管拡張で色調が紫色の場合はAOPTで2パルス目以降のパルス幅を長く、そしてフルエンスを高く設定することで、ターゲットに熱を入れることができ症状の改善が期待できます。

一方で、浅い部位に血管拡張があり色調が赤色の血管病変に対しては1パルス目のフルエンスを高くする設定など、異なる深さや色調に対してパルスを調整して照射できるのがAOPTの特長です。そのため、従来の照射方法による血管病変の治療では満足のいく結果が得られなかった方は、AOPTによる治療が次の一手として期待できます。

Stellar M22で必要な施術回数や頻度・経過

Stella M22の施術回数や頻度の目安

Stellar M22による施術は1回でも効果が実感できますが、施術を継続して繰り返し受けることで肌の質感アップや透明感が増し、トラブルのない健康的な肌へと導きます。

施術回数は3回~5回の施術が一般的で、なかには3回セットなどコース料金を設定している医療機関もあります。 施術頻度は症状によって異なりますが、ターンオーバーの周期に合わせて4週~6週に一度程度の間隔が推奨されています。

また、最後の治療を受けてから一定の期間が空いた場合でも、急激にシミや赤みといった症状が再発することはありません。個人差はありますが、数カ月は効果の持続が期待できます。

Stellar M22によるシミ治療の経過目安

Stella M22でIPL治療をおこなうと、シミの原因となっているメラニン色素にIPLの波長が吸収されて熱エネルギーが発生します。熱エネルギーで損傷したメラニン色素は、皮膚のターンオーバーによって上層に押し上げられていき、やがて体外へ排出されます。

照射直後 IPLを照射したシミの部位に赤みが生じる
照射2日~3日後 赤みが引いて、一時的にシミが濃く見える
照射5日~6日後 シミが黒くなって、剥がれ始める
照射おおよそ1週間後 黒くなったシミが剥がれ落ちる

Stellar M22を受ける前に知っておくべきこと

Stellar M22施術前の注意点

日焼けによって皮膚に炎症があると施術できない場合があるので、施術前は紫外線対策が必要です。

また、施術の前日は強い刺激をともなうスクラブやフェイスパックなどの使用は控えてください。飲酒は血流を促す作用で赤みやかゆみが生じる原因となるため、施術前の12時間以内は飲酒を避けることが推奨されています。

Stellar M22による施術を途中でやめた場合

Stellar M22に限らず、IPL治療は繰り返し受けることで効果を実感しやすくなります。推奨される施術回数よりも少ない回数で治療を中断してしまうと、期待する改善が見られない可能性が高まります

そのため、キレイな仕上がりを希望する際は、医療機関で指示された施術回数を守ることが大切です。また、施術を定期的に受けることで、シミや赤みなどの肌悩みを改善に導くことが可能なほか、肌のハリ感がアップする効果も期待できます。

Stellar M22改善が見込めない症状もある

Stellar M22では、以下のような改善が見込めない症状もあるため、もともと適応ではないことが原因であっても「失敗した」と誤解してしまう可能性があります。

  • 薄いシミ
  • 盛り上がりのあるホクロ
  • 肝斑
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
  • 扁平母斑(茶あざ)

Stellar M22では、薄いシミにおいては改善が見られない場合があります。これは、薄いシミほどメラニン色素の量が少ないことが原因です。薄いシミをさらに改善したい場合は、小さな対象でも粉々に粉砕するピコ秒レーザーで、効果が期待できる可能性があります。

ただし、メラニン色素が多かったとしても大きく盛り上がっているホクロなどの場合は、Stellar M22よりレーザー治療など他の治療が有効な場合があります。また、あざのなかには、シミのように見える症状もありますが、そのようなADMや扁平母斑などのあざの治療はレーザー治療が有効とされます。

そのほか、肝斑がある施術部位に強い出力で照射すると悪化する可能性がありますが、フィルタを変更することで、肝斑が悪化するリスクも抑えられるようになりました。

Stellar M22を受けられない方

  • 妊娠中、授乳中の方
  • アトピー性皮膚炎の方
  • 光過敏症の方
  • てんかんやがんなどの既往歴がある方
  • 皮膚がん・前がん病変の既往歴がある方
  • 治療中の持病がある方
  • 日焼けをしている方または日焼けをする予定のある方
  • ケロイド体質の方
  • 照射部位に外傷がある方
  • 照射部位に入れ墨やアートメイクが施されている方
  • 施術部位に金属の糸またはプレート等を入れている方
  • 施術部位にプロテーゼを挿入している方
  • 心臓ペースメーカー等を体内に埋め込んでいる方
  • そのほか施術を受ける医療機関が不適応と判断した場合

Stellar M22のダウンタイム・リスクや副作用

Stellar M22のダウンタイム

Stellar M22によるIPL治療は、ダウンタイムがほとんどありません。施術後に赤みやかゆみ、ヒリヒリとした痛みが生じる場合がありますが、時間の経過とともに数時間程度で落ち着きます。

メラニン色素が反応した部位は、薄いかさぶた(マイクロクラスト)が生じる場合がありますが、1週間程度で剥がれます。

Stellar M22のリスクや副作用

  • 熱エネルギーによる肌の赤みや、ヒリヒリとした痛み
  • マイクロクラスト
  • 施術部位のやけど、色素沈着

また、反応が強く出ると稀にやけどや水膨れが生じる場合がありますが、これらの症状が見られた場合は医療機関にご相談ください。色素沈着が起こる可能性もあるため軟膏やテープ保護などにより対処することになります。

Stellar M22の施術の流れと費用相場

Stellar M22の施術の流れ

(1)カウンセリング・診察

Stellar M22による施術を受ける際は、改善したい肌の悩みに対して本機が適応であるかなどを判断するために、ドクターによるカウンセリング・診察を受ける必要があります。

適応である場合は期待できる効果や治療回数の目安といった詳しい説明を受けるので、施術に関する不安なことや疑問点がある際はこのタイミングでドクターに質問してください。

(2)クレンジング・洗顔

実際に施術を受ける日は、カウンセリング・診察を終えた後日となる場合があります。施術当日は、医療機関で事前にクレンジング・洗顔をおこない施術部位を清潔にします。

(3)ジェルの塗布・IPL照射

施術部位にジェルを塗布し、小斜面の滑りを良くしてIPLの照射がおこなわれます。照射時間は15分~30分程度が目安です。

部位によっては照射をおこなう都度、ゴムで弾かれるような痛みを生じることがありますが、痛みを強く感じる場合は照射の出力が調整されます。

(4)クーリング・終了

塗布したジェルを拭き取り、IPL照射部位のクーリングをおこなって施術終了です。

施術後は肌が乾燥しやすい状態のため、十分な保湿と紫外線対策が必要ですが、施術後当日からメイクが可能です。また入浴や運動などの日常生活も問題なく過ごすことができます。ただし、飲酒は血行促進で赤みが出やすくなるため避けることが推奨されます。

肌の状態や症状によっては、美白効果が期待できる「ハイドロキノン」や古い角質を取り除く「トレチノイン」といった塗り薬の使用、シミに対して効果があるトラネキサム酸の内服をすすめられることもあります。

施術部位に痛みが残る場合は、ステロイド含有の軟膏(ロコイド軟膏)を塗布することがあります。

Stellar M22の施術の費用相場

StellarM22による施術は自由診療となり保険適用外になります。医療機関により施術料金は異なりますが、全顔施術の費用相場は1回あたり24,000円~50,000円程度です。

Stellar M22と相性の良い併用施術

イオン導入

イオン導入とは微弱な電流を使って、肌の奥まで美容の有効成分を届ける方法です。

Stellar M22の施術後に、美白成分や保湿成分によるイオン導入をおこなうと、より高い作用や乾燥を防ぐ効果が期待できます。

ピーリング施術

ピーリング施術には、サリチル酸やグリコール酸といった酸を肌に塗布してふき取ることで古い角質や汚れを取り除く「ケミカルピーリング」や、水流を利用するピーリングマシンを用いた施術があります。

ケミカルピーリングは薬品が肌に合わない可能性がありますが、ピーリングマシンによる施術では、薬品が肌に触れるのは一瞬であるため、肌に合わずに肌が荒れてしまうことはありません。また、美容液により保湿もおこなわれることで施術効果がマイルドです。

Stellar M22による治療を受ける前に、ケミカルピーリングやピーリングマシンによる施術を受けることで、古い角質や汚れの壁がなくなりIPLのエネルギーが肌の奥深くまで届きやすくなるといえます。

Stellar M22の施術を受ける医療機関の選び方

Stellar M22の施術を受ける場合、併用できる施術メニューがある医療機関を選ぶことで、相乗効果が期待でき、施術効果が高まる可能性があるといえます。

また、Stellar M22では推奨される回数の施術を受けることで、くすみやシミが目立たなくなり、毛穴トラブルが改善され、キメが整うなど肌質の全体的な向上が期待できる一方で、薄いシミ、盛り上がりのあるホクロ、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)、扁平母斑(茶あざ)といた対処がむずかしい症状もあります。

Stellar M22による施術が適応かどうかをしっかり診察で見極め、治療の提案をしてくれるドクターであれば安心です。

0
0

SHARE