加齢や遺伝による自分で取れない目の下のクマは美容医療で改善

目の下のクマは老若男女問わずあらわれて、「たくさん寝てもなくならない」「メイクでは隠せない」など、悩む方が多い症状です。

クマは誰にでもできるので、食生活や睡眠といった生活習慣の影響が疑われることもありますが、生活習慣を見直しても一向によくならないなら、加齢や遺伝によるクマかもしれません。

自分ではどうにもできない加齢や遺伝によるクマの原因を取り除き、症状を改善できるのが美容医療です。

目の下のクマには原因と特徴が異なる3つの種類があって、それぞれ改善できる美容医療が異なります。クマを自分では解消できない理由を確認しながら、クマにはどんなクマがあってどんな美容医療があるのか、また自分でできるクマ予防方法もお伝えしていきます。

 

 

3つある目の下のクマの原因と特徴

クマはおもに「黒クマ」「茶クマ」「青クマ」の3つにわけられ、特徴と原因が異なります。 クマの種類によってクマを改善する美容医療の方法は異なりますので、自分のクマのタイプかを確認しておきましょう。

 

影クマともいわれる黒クマ

黒クマメイクで隠すことが難しく、上を向いたり、皮膚を引っ張ったりすることで薄くなる傾向にあります。

黒クマの原因黒クマの原因の一つは、目の下の脂肪である眼窩脂肪(がんかしぼう)が前に出てきてしまうことです。眼窩脂肪が前に出てきてしまうと、涙袋の下に眼袋といわれるふくらみが作られて下に影ができてクマといわれる症状になります。

黒クマのもう一つの原因は、頬上の脂肪であるメーラーファットが痩せたり下に垂れ下がったりしてしまうことです。メーラーファットのボリュームが少ないと、眼袋の下の影が大きくあらわれたり、眼袋のラインが深くなったりすることにつながります。

赤や紫ともいわれることがある、青クマ

青クマ目じりを横や下に引っ張ってみて、クマが薄くなるようなら青クマです。メイクで目立たなくすることができますが、完全に消えることはありません。

青黒く見える「青クマ」は、薄い皮膚を通して皮膚の内側にある毛細血管や、眼輪筋という目のまわりにある筋肉の色が透けて見えている状態です。

茶色くくすんで見える茶クマ

茶クマ茶クマは上向いても皮膚を引っ張っても、残念ながら薄くなることはありません。しかしメイクの仕方によっては目立たなくなります。

茶クマの原因は、メラニン色素による色素沈着です。肌は目をこすったりクレンジングの強い摩擦などの物理的な刺激や、紫外線のような外的刺激を受けると、刺激から細胞を守る防御機能として色素細胞(メラノサイト)がメラニン色素を生成します。

通常、メラニン色素は肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーによって垢となって剥がれ落ちますが、過剰に生成されたり、ターンオーバーの周期が崩れたりすると剥がれ落ちずに蓄積されて色素沈着が起こります。

混在型のクマもある

クマはおおきく分けて3つのタイプに分けられるのですが、茶クマと青クマ、茶クマと黒クマといったように2つのクマが混在しているタイプもあります。その場合は、「青クマだと自己判断して青クマを隠すためのメイクをしていているのに隠し切れない」といった悩みにつながる場合があります。

歳をとるほどクマが目立つようになる理由

3つあるクマの原因はそれぞれ異なりますが、加齢により目まわりの筋肉がゆるんだり皮膚のハリがなくなったりすることによって、若い頃よりクマが目立ちやすくなることは共通しています。

黒クマ、青クマ、茶クマごとに、加齢とともにどのような変化が起こるのかを詳しく確認していきましょう。

黒クマができるのは目まわりの筋肉が衰えて皮膚にハリがなくなるから

目の構造黒クマの原因は、目の下の脂肪である眼窩脂肪と、頬上の脂肪であるメーラーファットです。

眼窩脂肪の役割は、眼球を衝撃から守ること。眼球は、ロックウッド靭帯や眼窩脂肪に保護され、眼輪筋、眼窩隔膜、皮膚のハリや弾力によって支えられています。

しかし、これらの支えが加齢によってゆるんだり骨が痩せたりすると、眼球が沈みこんで眼球を覆っている眼窩脂肪が前に出てきて眼袋ができてしまうのです。

眼窩脂肪の量は生まれつき多い方がいるので、遺伝によりクマになりやすい人がいるといえるでしょう。

また、頬上の脂肪であるメーラーファットのボリュームが少ないと黒クマの症状が重くなることがありますが、メーラーファットが減ったり下に下がったりして状態が変化するのも加齢によります。

日々のスキンケアで皮膚のハリを保って眼袋ができるのを多少遅らせることができたとしても、出てきてしまった眼窩脂肪を自分で元に戻したり、メーラーファットのボリュームを取り戻したり上方の位置に戻したりすことは不可能といえます。

青クマができるのは皮膚が薄くなるから

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層構造で、真ん中の真皮層に、肌の弾力のカギとなるコラーゲンやそれを支えるエラスチン、そしてヒアルロン酸が含まれています。しかし、加齢とともにコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の量が減ってくると肌のハリがなくなり真皮層が薄くなります。

皮膚が薄くなると、皮膚の内側にある眼輪筋や毛細血管が透けて見えやすくなります。目の下が青っぽく見え、つまり青クマが生じます。

また、先ほど眼輪筋と眼窩脂肪の関係をお伝えしましたが、肌のハリや厚みがなくなることでも眼窩脂肪が押し出されやすくなります。皮膚が薄くなることで、たるみによる影ができ、黒クマにもなりやすくなります。

茶クマができるのは皮膚の新陳代謝が低下するから

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっていますが、一番うえにある表皮はさらに、角層・顆粒層・有棘(ゆうきょく)層・基底層にわかれています。基底層ではどんどん新しい細胞が作られ、作られるたびに古い細胞は上へ押し上げられ、最後には垢となって角層から剥がれ落ちます。この過程がターンオーバーといわれる肌の新陳代謝です。

成人では通常28日前後で行われますが、歳をとるにつれ、40日前後と長くなり乱れやすい傾向にありますので、クマができる目の下も、若いころより古い角質やメラニン色素が蓄積しやすい状態になるのです。

遺伝によりもともとクマができやすい人

クマは加齢とともにあらわれやすい症状ではありますが、加齢にほかに脂肪の付き方やもともとの体質といった遺伝によってクマになりやすい方もいます。

生まれつき眼窩脂肪が多い人は黒クマになりやすい

先ほど説明したとおり、黒クマには眼窩脂肪の量が関係しています。

黒クマになるのは眼窩脂肪が前に出てきてしまうことが原因です。眼窩脂肪が前に出てきてしまう理由は眼球の支えが緩んでしまう加齢のほかに、眼窩脂肪の量がもともと多い生まれつきの遺伝があります。

眼窩脂肪の量は人により異なるので、遺伝によって眼窩脂肪が多いと前に出てきやすく眼袋が生じやすいといえます。

生まれつき皮膚が薄い人は青クマになりやすい

皮膚が薄いほど皮膚の内側の状態が見えやすいので、もともと皮膚が薄いと青クマになりやすくなります。

血管の色が青く見えるのは血液中の酸素不足

毛細血管は透けて見えるほど皮膚表面ちかくを通っているため、血液の赤い色がそのまま見えると考えられています。

血管が赤く見えるのは、鉄分(ヘモグロビン)と酸素が結合した状態であるため。酸素が多く含まれた血液は赤く見えます。しかし、血の巡りが悪いと十分な酸素が運ばれず、酸素が不足することで赤みがないように見えてしまうのです。

「青クマの青い色は血行不良の血管の色。そのため血行不良を改善しましょう」といった情報が多いのはそのためといえそうです。

しかし皮膚の厚さが変わらなければ、毛細血管が見えてしまう状態は変わりません。

アトピー性皮膚炎・アレルギーがあると茶クマになりやすい

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーがあると、かゆみで目元をこすってしまいがちです。つまり癖や無意識で強い摩擦を起こしてしまっています。

目まわりの皮膚は、耳たぶの皮膚とともに身体の中でもっとも薄い場所です。

3層構造(表皮+真皮+皮下組織)である皮膚において、表皮+真皮の厚さの平均は1.5mm前後。顔の皮膚は身体のなかでも薄い場所ですが、とくに薄いのが目まわり。表皮+真皮の厚さはわずか0.6mmほどしかありません。

もともと皮膚が薄い目もとに、目をこするなどの摩擦が継続的におこると、色素が沈着して茶色にくすんでしまいます。

茶クマは日常的な習慣でもできやすい

目元は皮膚が薄くデリケートでありながら、毎日1万回以上の瞬きを行うなどよく動いています。また現代は、スマホやPCの画面を凝視する時間が増え、目を閉じるときに使う眼輪筋に衰えが生じやすい状況です。

普通に過ごしていても衰えが表れやすい部位といえますが、さらに自分でクマになりやすい状況を作っていないかを、下記でチェックしてみましょう。

茶クマができやすい習慣
  • アイメイクをしっかりと行っている
  • アイメイクのクレンジングに、ポイントメイククレンジングはしていない
  • 紫外線対策を怠っている
  • 目まわりをこする癖がある

目まわりはほかのパーツと比べてしっかりメイクをする方も多く、メイクの落とし忘れが蓄積しやすい部位。逆にしっかりメイクをしているために、クレンジングで必要以上に強くこすってしまっている方もいるかもしれません。

また、茶クマとなる色素沈着は紫外線によっても起こりますので、目まわりも日焼け止めクリームなどのケアが必要です。

目元は皮脂腺が少なく乾燥しやすい部位です。アトピーや花粉症がなくても、乾燥によりかゆみは発生しますので、目のこすり過ぎには注意しましょう。

美容医療ならクマを根本的に解決できる

加齢や遺伝が理由にあるクマは自分で解消するのは難しくなりますが、美容医療でならクマの症状を改善できます。

黒クマには目の下のふくらみやたるみをとる治療

軽度の黒クマの場合

黒クマの原因には眼窩脂肪とメーラーファットがりますが、メーラーファットの影響を受けていない黒クマの症状は軽度の黒クマに分類されます。軽度の黒クマの場合は、経結膜脱脂法(けいけつまくだっしほう)のように目の下の脂肪である眼窩脂肪を取り除いたり、ヒアルロン酸注入、多血小板血漿(PRP)療法、線維芽細胞増殖因子(FGF)注入、リジュランi(サーモン注射)、サーマクールアイのように目の下の肌のハリを取り戻したりすることで改善が見込めます。

治療方法 説明
経結膜脱脂法 下まぶたをひっくり返した粘膜側から眼窩脂肪を除きます。
ヒアルロン酸注入 凹みやたるみのある部分に注入します。
多血小板血漿(PRP)療法 細胞を修復する血小板が含まれるPRPを自身の血液から採取し、凹みやたるみのある部分に注入します。
線維芽細胞増殖因子(FGF)注入 ハリや弾力の元である線維芽細胞を増やすFGFを凹みやたるみのある部分に注入します。
リジュランi(サーモン注射) サーモンから抽出したポリヌクレオチド(PN)を注入することで肌そのものの若返りを目指します。
サーマクールアイ 凹みやたるみのある部分に高周波のエネルギーをあてることで、自身のコラーゲンの増生を目指します。

中度以上の黒クマには頬上の脂肪をプラスする

眼窩脂肪を取り除くだけでは改善しない黒クマは、頬上の脂肪であるメーラーファットの脂肪が少なくなったり、下に下がったりしていることも影響しています。頬上に脂肪が少ないと、眼窩脂肪が前に出てくることでできた眼袋の影が、広範囲に及んでしまうので、黒クマの症状は重くなります。

その場合は、眼窩脂肪を取り除くのではなく以下で紹介するような、脂肪が少ないところに移動させたり、経結膜脱脂法のあとに脂肪を注入したりする治療をおこないます。

治療方法 説明
眼窩脂肪移動術 ハムラ医師により開発された治療方法なので、ハムラ法とも呼ばれています。
適しているのは、眼窩脂肪を取り除くことで、眼袋の下の凹みが目立ってしまう方。皮膚の表側を切開してから、眼窩脂肪を取り除くのではなく、眼袋のライン側に移動させる方法です。
経結膜的眼窩脂肪移動術 皮膚の表側を切開するハムラ法に対して、下まぶたの裏側からアプローチするため、経結膜ハムラ法や裏ハムラ法ともいわれます。下まぶたの裏側(結膜側)を切開するため、経結膜脱脂法とおなじように表に傷は残りません。
経結膜脱脂法で取り除いた眼窩脂肪を注入 まず、経結膜脱脂法で眼窩脂肪を取り除き、そのあと取り除いた眼窩脂肪をボリュームが不足している頬の部分などに注入します。
腹部や太腿などから採取した脂肪を注入 自分のお腹や太腿の脂肪を採取し、ボリュームが不足している頬などに注入し、凹凸を目立たなくする方法です。定着率が安定しないことから、必要量より少し多めの脂肪を注入する必要があります。
腹部や太腿などから採取した脂肪の定着率を向上させてから注入 自分のお腹や太腿から採取した脂肪を、不純物などをなくす処置をしてから注入します。不純物などがなくなることで定着率がアップ。
必要量以上に脂肪を注入する必要がなく、治療後の腫れが軽度です。

青クマには脂肪を注入する治療

皮膚の薄さを解消するために、脂肪を注入し薄く脂肪層を作ります。

経結膜脱脂法と脂肪注入

経結膜脱脂で眼窩脂肪を取り出し、それを今度は目の下に注入します。

もしくは経結膜脱脂で眼窩脂肪を取り除いてふくらみを改善してから、太ももやお腹周りなどから脂肪を吸引して目の下に注入します。

茶クマにはメラニンを破壊する治療

茶クマには、くすみの原因であるメラニンを破壊する、レーザートーニングなどのレーザー治療が一般的です。

メラニン色素のみを破壊するため、他の細胞にはダメージがありません。皮膚が再生されることで透明感のある肌へ整えます。

また、茶クマは黒クマが混在している場合もあるため、黒クマを解消する経結膜脱脂法などで改善する場合が多くあります。

自分でできるクマの予防方法

老化や遺伝によりできるクマですが、できる限りクマにならないよう、日常的に肌環境を整えておくことは決して悪いことではありません。自分でできるケア方法をまとめていくつか紹介しましょう。

血行不良につながる冷えの解消

とくに「冷えがある」などの自覚症状がある方は、血行不良につながるような習慣を見直してみてはいかがでしょうか。皮膚が薄いと目の下の毛細血管が透けて見えてしまうのは免れませんが、血行を良くすることで不健康に見えてしまう赤みのない色は改善できる可能性はあります。

血行改善には温感のアイマスクや入浴、ツボ押しも有効です。入浴中に以下のような顔のツボ押しをするのもいいでしょう。

睛明(せいめい)

鼻の根元と目頭の間のくぼみにあるツボ。両手の人差し指の腹で左右のツボを押す。

瞳子膠(どうしりょう)

目尻の少し外側の骨辺りのわずかなくぼみにあるツボ。両手の人差し指の腹で左右のツボを押す。

四白(しはく)

瞳の真下のわずかなくぼみにあるツボ。両手の中指の腹で左右のツボを押す。

そのほか、寝る前のスマートフォン操作は避け、しっかり睡眠をとりましょう。睡眠不足が続くと血管が縮まり、血行が悪くなります。

美白や紫外線対策で色素沈着につながる要素を残さない

紫外線は曇りの日にも降り注いでいます。晴れの日だけではなく外出の際には必ず日焼け止めなどの紫外線対策を心がけましょう。

そのほか、洗顔やクレンジング、目のかゆみがおこった際にこすり過ぎないよう、普段から目もとがデリケートであることを意識するといいかもしれません。

眼輪筋の衰えを緩やかにする

黒クマ予防になる目まわりの眼輪筋を鍛える目元のエクササイズを紹介します。

眼輪筋全体を鍛える

  1. 目をギュッと強く閉じて5秒間キープします
  2. ゆっくりと目の力を抜いていきます
  3. 目を思いっきり見開きます
  4. 5秒キープします

下まぶた部分を鍛える

  1. 「お」の口を作り、鼻の下を伸ばします
  2. 目線を上にしながら目の下がしっかり伸びているのを感じます
  3. ②の状態で目を細めて5秒キープします
  4. ゆっくりと戻します

それぞれ毎日5セット行いましょう。

目元のハリ感を引き出す有効成分を取り入れる

目元はとてもデリケートなので、スキンケアの際は、アイクリームや目元専用の美容液などを取り入れるのがおすすめです。スキンケア用品を選ぶ際には、以下で紹介する有効成分が入っているか気にしてみてもいいでしょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンCを安定化させ、肌の角質層に浸透しやすい状態に変えたものが「ビタミンC誘導体」です。ビタミンCは肌の弾力をつかさどるコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどを生成する線維芽細胞の働きを促すだけでなく、メラニンの生成を抑制する役割があります。

レチノール

エイジングケアの成分として注目されており、別名「ビタミンA」ともいわれています。肌のヒアルロン酸量や水分量を増やしてくれるので、ハリのある肌を目指すことができます。

セラミド

肌から水分が蒸発するのを防ぐ成分で、人の肌にもともと存在している重要な保湿成分です。さまざまな種類のセラミドがありますが、「ヒト型セラミド」という人の持つセラミドと同じ構造のセラミドが配合された化粧品を選ぶと良いでしょう。