特集

肌質の改善まで目指せるフォトフェイシャルM22のニキビ...

フォトフェイシャルM22は、さまざまな肌悩みの改善が期待できるIPL(光)治療マシンです。一般的に、シミやそばかす、赤ら顔、毛穴の縮小、皮膚のキメなど肌質を改善に導くマシンとして知られていますが、ニキビの鎮静やニキビ跡の改善にも効果が期待できるとされています。 ニキビにはさ...

スレッドリフトとウルセラを比較検討するための効果やダウ...

スレッドリフトとウルセラはどちらもたるみの改善に効果がありますが、結論からいうと、スレッドリフトのほうがリフトアップ効果が高い施術です。スレッドリフト単独でも効果が見込めますが、ウルセラを併用することでより効果的にたるみを改善に導きます。 とはいえ、たるみの程度やたるみが気...

ダウンタイムがほとんどないフォトフェイシャルM22でお...

フォトフェイシャルM22は厚生労働省から安全性や有効性の承認を受けている医療機器で、さまざまな肌悩みの改善が期待できるIPL(光)治療マシンです。そばかすの改善にも効果があるとされ、フォトフェイシャルM22と一緒に受けると相乗効果が期待できる施術もあります。 そばかすの改善...

アイラインのアートメイクで必要な施術回数と痛み・経過や...

アイラインへの医療アートメイク(以下:アートメイク)は、ノーメイクの状態でも印象的な目もとを目指せる美容施術で、汗をかいたり水を浴びても落ちる心配がありません。 一般的にアートメイクで理想の仕上がりを目指すためには複数回の施術を受ける必要があって、一度施したアイラインは歳月...

たるみ治療のシルエットソフトの注意点と併用治療で軽減で...

シルエットソフトは、糸(スレッド)を皮膚の下に入れて顔や首元のたるみを引き上げる「糸リフト(スレッドリフト)」の1つで、溶ける糸を使うタイプのスレッドリフトのなかでも高いリフトアップ効果があるといわれています。 しかし、シルエットソフトをやってみたいけれどデメリットが気にな...

鼻へのヒアルロン酸注入による施術の種類と比較・失敗しな...

ヒアルロン酸は元々体内に存在している粘弾性のある物質で、注入した部位の肌のボリュームを補う作用があることから、美容医療では主にシワの改善を目指す施術や鼻や顎などの輪郭形成で使用されています。鼻へのヒアルロン酸注入をおこなうことで、鼻の高さを出したり形を整えたりする鼻形成の効...

ほうれい線の進行状況ごとに適したスレッドリフトの種類と効果

見た目年齢をおおきく左右するほうれい線。メイクで隠すことがむずかしく、加齢によって目立ちやすくなりますが、それには頬のたるみが大きく影響しています。たるみによるほうれい線を改善する方法のひとつがスレッドリフト(糸リフト)という施術です。 スレッドリフトは糸(スレッド)を皮膚...

理想の眉を目指す眉アートメイクの持続期間とリスク・失敗...

理想とする眉の形や色味を目指せる眉の医療アートメイク(以下:眉アートメイク)は、日々のメイク時間を短縮できて、水や汗で眉が崩れる心配がないといったメリットがあります。 眉アートメイクで毛を描く際はいくつかの技法があって、それぞれ再現できる毛並みや色味の濃淡、立体感などが異な...

二重埋没法による腫れのピーク・期間とまぶたが腫れないた...

埋没法は、皮膚を切らずに糸でまぶたを留めて二重のラインをつくる方法で、自身の顔立ちに合った二重のラインに仕上げることが可能とされています。施術の直後から二重のラインができますが、施術の直後は泣いたあとのような腫れがまぶたに生じて、腫れによって二重のラインが強調されるため一時...

ヒアルロン酸注入による隆鼻術で失敗した経験者に聞いた外...

これまで二重整形の埋没法、鼻とあごへのプロテーゼ挿入による輪郭形成、シリコン挿入による豊胸術など、さまざまな美容整形を受けてきた西島亜美さん(仮名)。西島さんが失敗を経験した唯一の美容整形は、ヒアルロン酸注入によって鼻の高さを補う隆鼻術です。 ヒアルロン酸注入は仕上がりに失...