「多汗症」の特集

ボツリヌス注射によるワキや手足の多汗症治療

多汗症とは、体温調整をおこなうための汗の量が異常に多い病気です。ワキや手のひらなど汗腺がある部位に発症し、日本人口の10人に1人が多汗症ともいわれています。 多汗症治療の方法として、メスを使用しないボツリヌス注射があげられます。ボツリヌス注射の成分であるボツリヌストキシンは...