「目もと整形」の特集

アイラインのアートメイクで必要な施術回数と痛み・経過や...

アイラインへの医療アートメイク(以下:アートメイク)は、ノーメイクの状態でも印象的な目もとを目指せる美容施術で、汗をかいたり水を浴びても落ちる心配がありません。 一般的にアートメイクで理想の仕上がりを目指すためには複数回の施術を受ける必要があって、一度施したアイラインは歳月...

理想の眉を目指す眉アートメイクの持続期間とリスク・失敗...

理想とする眉の形や色味を目指せる眉の医療アートメイク(以下:眉アートメイク)は、日々のメイク時間を短縮できて、水や汗で眉が崩れる心配がないといったメリットがあります。 眉アートメイクで毛を描く際はいくつかの技法があって、それぞれ再現できる毛並みや色味の濃淡、立体感などが異な...

二重埋没法による腫れのピーク・期間とまぶたが腫れないた...

埋没法は、皮膚を切らずに糸でまぶたを留めて二重のラインをつくる方法で、自身の顔立ちに合った二重のラインに仕上げることが可能とされています。施術の直後から二重のラインができますが、施術の直後は泣いたあとのような腫れがまぶたに生じて、腫れによって二重のラインが強調されるため一時...

まぶたが下がる眼瞼下垂の原因と症状・治療方法と知ってお...

正面を見て目を大きく開こうとしたとき、自身の意思とは反して、上まぶたが黒目の瞳孔にかぶさった状態になってしまう目の病気のことを眼瞼下垂(がんけんかすい)といいます。 まぶたが重く感じられて、視界が狭くなり物が見えづらくなるだけではなく、肩こりや頭痛などの症状を引きおこす場合...

目頭切開・目尻切開・タレ目形成で失敗しないために聞くべ...

幼い頃から細くて小さな目がコンプレックスだったという田崎めぐみさん(仮名)。はっきりとした大きな目に憧れて、目もとの皮膚や結膜を切開して目を大きく見せる目頭切開・目尻切開・タレ目形成、3つの目もと整形を受けることを決意します。 整形をするためにSNSの美容整形アカウントで情...

二重整形の埋没法と切開法・眼瞼下垂手術で失敗しないため...

家族全員が二重まぶたの中、自分だけが一重まぶたでずっとコンプレックスだったという田崎めぐみさん(仮名)。最初に医療用の糸でまぶたを留めて二重のラインを作る埋没法の二重整形を受けましたが、6カ月ほどで糸が外れて一重に戻ってしまいました。 その後、糸が外れて一重に戻ってしまうリ...

やり直しできる二重整形の埋没法の持続と知っておくべきダ...

共立美容外科総括院長である久次米秋人医師はフランチャイズ制度を導入することで、共立美容外科を全国に展開。腫れづらい・痛みが少ない二重施術「共立式二重埋没P-PL挙筋法」の確立や、特許を取得した部位別のカニューレの開発により、日帰りできる脂肪吸引手術を実現するなど、長期にわた...

二重埋没法体験者に質問!施術前に知っておくべき美容整形...

「プチ整形」という造語が生まれるほど身近となった美容整形。今では審美性を職業とする芸能人に限らず社会人から学生など、誰もが気軽に美容施術をうけるようになりました。一方、美容整形によるトラブルや後遺症など失敗談も少なくありません。実際に美容整形手術をおこなった方は、失敗しない...