「たるみ」の特集

韓国美容でのフェイスライン脂肪吸引による効果と失敗を回...

韓国の美容クリニックで二重切開による美容整形をおこなった田崎めぐみさん(仮名)。抜糸をおこなうために再び渡韓する際、抜糸のためだけに韓国へ行くのは時間と飛行機代が惜しいと思って、さまざまなクリニックを調べてフェイスラインの脂肪吸引セットメニューを予約して施術を受けたそうです...

医療HIFUマシンのウルセラによる効果のピークとダウン...

加齢によるフェイスラインのたるみを改善へ導く医療HIFUマシン「ウルセラ」。長期的なダウンタイムを必要とする外科的手術をおこなわず、超音波を照射することで表情筋を覆う筋膜(SMAS層)が熱により収縮して、たるみを強力に引き上げることが可能とされています。 ウルセラによって発...

長期持続型といわれる注入剤「エランセ」のコラーゲン生成...

注射器を使って皮下に注入する皮膚注入剤「エランセ」。持続期間が約1~4年と長いことや、成分は体内に吸収されるという特徴があります。くぼみのボリュームアップやアゴの輪郭形成などの施術にも使われますが、特筆すべき点は、コラーゲンブースターとも呼ばれる自分自身のコラーゲン生成を促...

ヴァンキッシュMEで期待できる効果と副作用があるかを確認

ヴァンキッシュMEは、お腹まわりと太ももの脂肪細胞だけを狙って、部分痩身が目指せる医療痩身マシンです。 施術中は、お風呂やこたつに入っている、もしくは岩盤浴をしている、と感じられるような温度で施術部位をあたためて、脂肪細胞のみを選択的に破壊します。皮膚や筋肉といったほかの組...

部分痩せができるクールスカルプティングの効果と必要な施...

KUMIKO CLINICの院長である下島久美子医師。痩身治療の第一人者として、ドクターを対象としたセミナーでクールスカルプティングについての講演実績が豊富。クールスカルプティングによる施術は、海外でも高く評価されていて、日本で一番はじめにクールスカルプティングエキスパート...

スカルプシュアーで部分痩せができる部位と必要な施術回数

みやた形成外科・皮ふクリニックの院長である宮田成章医師はレーザーによる肌質改善治療をいち早く取り入れ、現在40台を超える美容医療マシンを所有。スキンケア・脱毛・痩身以外の施術はすべて院長自らがおこなう。国内外の学術会では毎年多くの研究を発表、豊富な医学知識と経験を活かし医療...

ショッピングスレッドの持続効果やダウンタイムと気になる副作用

「しわやたるみが気になる」「肌のハリや弾力を取り戻したい」など、肌の悩みはつきもの。 肌悩みの一つである顔のリフトアップを目的とした治療には、メスを使用するフェイスリフト手術やマシンによる治療、ヒアルロン酸などの注入治療など数多くありますが、ショッピングスレッド(ショッピン...

痛みが少なくなったサーマクールFLXの効果と従来のサー...

サーマクールは、電磁波の一つである高周波を照射して皮膚を引き締めるマシンです。そして、従来のサーマクールよりも痛みやダウンタイムが軽減されたのが、サーマクールの4代目にあたる「サーマクールFLX」です。 サーマクールFLXは、毎日のスキンケアではどうにもできない加齢による顔...

脂肪溶解注射の顔とボディへの効果と薬剤で異なる炎症や腫...

脂肪溶解注射は、顔や体の皮下脂肪に薬剤を直接注射するだけで、脂肪細胞を破壊して溶解するといわれる、メディカルダイエット治療法(医療機関でおこなわれる痩身治療)のひとつです。 食事制限など通常のダイエットでは痩せにくいとされる、あご下や二の腕などの余分な脂肪に作用して、メスを...

美容医療ヒアルロン酸注入のすべてを徹底解説

肌のハリや弾力、うるおいを保つヒアルロン酸。ヒトの体内にもともと存在する粘弾性の物質で、美容医療だけでなく化粧品、サプリメント・食品などにも幅広く利用され、コラーゲンと並び認知度の高い物質です。 体質によってはアレルギーを引き起こす可能性があるコラーゲンとは違って、副作用が...