• HOME

2
0

SHARE

2人のドクターがいいねしています

経過

下眼瞼の脂肪除去と脂肪注入 治療前と治療1カ月後の状態です。 30代女性。目の下の脂肪の膨らみと青クマを気にされていました。 治療前の状態として、右はしっかりと、左にはうっすら脂肪の膨らみがあります。 また、やや青みがかった状態です。脂肪の膨らみとその膨らみの下の影が目立ちます。 脂肪の突出とその下の溝の窪みによる「黒クマ」と軽度の「青クマ」の状態です。 下眼瞼の脂肪は、やはり右側に多くあり、右側を多め、左側は適量を慎重に摘出しています。 脂肪の突出や、窪み、青クマの程度が組み合わさっており、それぞれの状態は軽症でしたが、しっかりと長期間効果のでる治療を行なっています。マイクロファットによって窪みを埋め、ナノファットによって皮膚の小じわや青クマの改善を行いました。 目の下の脂肪による膨らみは無くなり、凹みと青クマが改善しています。

施術・マシン

目もと整形/下眼瞼の脂肪除去と脂肪注入

下眼瞼の脂肪を適量摘出します。その後、自身から少量採取した脂肪を遠心分離機を使って脂肪と血液成分を分離させ、特殊なサイズの違うフィルターを使い、大きさの違うマイクロファットとナノファットを作成します。 出来上がったマイクロファット・ナノファットを、目の下の窪みを埋めるよう、また青クマの改善のため皮膚の浅い層に注入します。

リスク・ダウンタイム
2
0

SHARE