• HOME

0
0

SHARE

治療直前

治療直後 ひと回り小顔に

経過

コロナ禍で8kg体重が増加し、頬やあご下、フェイスラインのたるみ、ほうれい線が気になるという48歳女性の症例です。 目尻周囲から頬にヒアルロン酸(カイセンス)を注入することで頬の位置が高くなり、お顔全体がリフトアップ。 あごにも注入することで輪郭が整い、あご下のたるみも改善しました。もともと小顔の方ですが、フェイスラインがスッキリしてさらにひと回り小顔になりました。 目尻周囲~頬:ボリューム4cc(4本)25G鈍針・鋭針使用 あご:エクストリーム1cc(1本)鋭針使用 施術にはスイスのメーカーで開発されたヒアルロン酸注入剤のカイセンス(KYSENSE®)を使用しています。 カイセンスはEU(欧州連合)加盟国の安全基準条件を満たすことを証明するCEマークを取得。 特許技術のOXIFREE(オキシフリー)製法によって、少ない架橋剤(※)でも高い粘弾性と隆起力をもち、形成力に優れ、自然な仕上がりを長期間保つとされています。 ※架橋剤(かきょうざい):粘弾性や凝集性を高め、効果を長持ちさせるためにヒアルロン酸の分子構造を結び付ける接着剤のようなもの。 架橋剤が多すぎると皮膚へ注入した際に周囲の組織の動きや外部からの圧力に対して柔軟に伸び縮みしたり形状を復元する能力が落ちて、皮膚にしこりや凹凸ができやすくなる、赤みや炎症が起こるリスクが高くなるといわれています。

施術・マシン

ヒアルロン酸/ヒアルロン酸注入

シワやほうれい線といった、肌の溝にヒアルロン酸を注入して盛り上げるほかに、顔全体にヒアルロン酸薬剤を少量ずつ注入することで、肌の乾燥を改善し、潤いある肌へと導く治療としても使用されます。 一度注入したヒアルロン酸は、ヒアルロニダーゼなどの溶解剤により溶解、修正ができることもヒアルロン酸注入治療の特徴といえます。

リスク・ダウンタイム
メイク・入浴
注意事項
0
0

SHARE